2018年5月23日 (水)

1025m.神戸市漕艇連盟総会のご報告

20日の日曜日、神戸市漕艇連盟(略称:市漕連)の総会に出てきました。市漕連は魚崎ローイングの上部組織にあたります。市漕連管理の施設やボート・オールを使わせてもらっている魚ローの立場から言えば、大家と店子みたいなものです。

今年の行事計画では毎年お盆の時期に実施していた魚崎運河の神戸市民レガッタですが、運河の工事の関係で9/16(日)に変更になりました。また、HAT神戸レガッタは10/21(日)に実施されます。HAT神戸レガッタでは大会前に昨年と同様に体験乗艇会が何度も実施されますので、魚ローの皆さんはお時間あればご支援宜しくお願いします。日程は、魚崎会場が7/16、22、29、8/4。HAT神戸会場が8/26、9/2、10/14となります。後は11/18(日)の神戸マラソンボランティアの沿道整理係。こちらも選手枠1枠確保のためご協力よろしくお願いします。

総会後は懇親会が実施されました。うどんすき、すき焼きで飲み放題。懇親会も盛り上がって料理も堪能しました。

(By N谷)
20180520_162209

20180520_193853

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

1024m.全日本マスターズ、最初で最後のクォド練習

19日の土曜に全日本マスターズのクォド練習を行いました。メンバーはC:伊T博、S:N谷、3:N波、2:I之上、B:H詰です。

先日、COXがいなかったため舵手無しクォドに挑戦しましたが、極端にトップヘビーになりとても漕げず断念した所でしたので、試合前に揃って漕ぐのは今回が最初で最後です。

この日は風波とも強く、ウォームアップで芦屋方面に向かいますが、そのせいもあってか全然オールが合わない、とのCOX談。3Kmほど漕いでようやくオールが揃い出したので2分間漕を2本。あまり艇速は出ていませんがコンディションから已む無しでしょう。

帰りはスタート練習。これも最初は全然でしたが、最後の方はだいぶ合ってきました。スパートはレート35くらいで、徐々に下げて行ってレースペース28位で行きたいと思います。

実はI之上さんは今回の全日本マスターズがスカル初レース。そこは残る3人でカバーしながら気分良い結果を期待したいものです。

(By N谷)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

1023m.新人歓迎会兼朝日レガッタの打上げを行いました

有り難いことに、新たに魚崎ローイングクラブに定着する方が増えてまいりました。

そこで、直近に行われた朝日レガッタの打上げも兼ねてこの1年くらいから定着された方、と幅広の新人歓迎会兼打上げを行いました。場所は焼き鳥の「はる」で飲み食べ放題2時間コース。

が、土曜日の夕方という家族団欒の時間帯を設定したことがよくなかったのか、新人で参加は4月から来られるようになった、Rイーズさんのみとなりました。N波さんによるいつもの「アテンション、ゴー!」で乾杯!宴たけなわの中、Rイーズさんはじめ全員の自己紹介で大いに盛り上がりました。Rイーズさん、英国の大学入学までの短い期間ですが、よろしくお願いします!

朝日レガッタ打上げの方は強豪ナックルクルー、Yバセなどが話題になりました。楽しい時間はあっと言う間に過ぎて、翌週行われる全日本マスターズに向けて皆さんの気持ちも盛り上がって散会となりました。

皆さん、お疲れ様でした!

by U
Img_8936


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

1022m.初めてのシングルスカルと気付き

今日は魚崎ローイングクラブでの5回目の練習で、N谷さんが初めて一人でシングルスカル(フロート付き)に乗るのを提案してくれましたので、やってみました。天気が悪くて雨がちょっとずつ多くなってきましたが、10月からケンブリッジのボートクラブに入るとどんな天気でも練習しないといけないし、イギリスはほぼ毎日雨ですので、今慣れた方がいいです!

一人乗りで最初に気づいたことはボートがすぐに自分の動きに反応することでした。片手で一瞬止まったり、少し力強く漕ぐと、一瞬で斜めになってしまいます。ある程度まっすぐ漕ごうと、常に調整しないといけませんでしたが、経験が長くなれば、技術が上手くなれば、自然に直線で漕ぐようになるでしょう。(そうなるといいですが。)

狭いスペースで方向を変えられますのでボートの反応の速さがとてもありがたいです。が、方向変更の時に二つ目の気づきがありました。フロートが付いていても、まずバランスが悪いです!自分でローイングをやってみてから、ボート選手をもっともっと尊敬するようになりました。速さは別として、ボートを逆さまにしないことだけでもすごい!私はフロートを卒業したら運河の魚の顔を覚える機会がきっと多いと思います。

最後の気づきですが、実は頭の後ろには目が付いていません。何回か岸から「後ろ!」「気をつけて!」との声が上がってきて、後ろを見たら、少し前までなかったはずだった柱・他のボート・障害物が急に現れていました。このいたずらは誰がやっているかわかりませんが、これからは頭の前にある目をもっと使って犯人を探します。笑

30分位が経ったら風がかなり強くなってきましたので帰る時間になりました。自分の弱点は何なのかが少し分かってきましたので、これから頑張ってその弱点を直す決心が着きました。

いつも指導をしてくださっているN谷さん、毎回温かく歓迎してくださるURCの皆さん、本当にありがとうございます。また次の練習でお会いしましょう!

 

ルイーズ

 

Today was my fifth session with the Uozaki Rowing Club, and N san, who has been my patient teacher and double scull companion over the past couple of weeks, decided that I could try rowing a single scull (with floats) for the first time. It was not the best weather for it with the rain getting harder as the session went on, but when I join my college's club in Cambridge there will be practice come rain or shine, and in the UK its mostly the former, so what better time to get used to it than the present?

The first thing I noticed is just how responsive the boat is when rowing alone. One slight pause or a strong stroke on one side, and before you know it youre diagonal! It was quite an effort to constantly adjust direction to stay in a straight line, but I suppose (hope) that will start to come naturally with practice, and improved technique.

The boats responsiveness is a blessing when turning around, as its easy to turn in a small space. But when turning I made my second observation- even with floats on, its really unstable! Giving it a try myself made me respect rowers even more, even just for keeping the boat upright! I can see myself getting well acquainted with the canal fish in the future, when I graduate to rowing without floats.

Rowing alone also made me realise that in fact, I dont have eyes in the back of my head. A couple of times I had reminders from the shore that I was, in fact, headed right for the pillar/other boat/random obstacle, but I swear someone made them magically appear from nowhere. Now on I will make sure to use the eyes in the front of my head to look for the culprit!

After 30 minutes or so the wind really picked up so it was time to head back to base, armed with a better realisation of my flaws and an increased determination to correct them. Thank you as always to N San for taking time out of his own training schedule to teach me, and everyone at Uozaki Rowing Club for giving me such a warm welcome. See you at the next session!

 

Louise

Img_5512_2

20180513_091317

20180513_091329_burst01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

1021m.朝日レガッタ50歳以上シングル

せむどんです。朝日レガッタに50歳以上シングルのカテゴリーで出場してきました。結果を先言いますね。私には今までなかった3位入賞でした。
はじめに
朝日レガッタにシングルスカルで出場したのは、2年ぶりで、過去を振り返るとどうも5回目です。昨年は腰痛回復期でエイトなら少しくらいなんとか出場できるだろうと、ちょっと不遜な気持ちで申し込んでいたのですが、腰痛が再発しそのエイトも交代してもらい皆に迷惑をかけました。さて、シングルスカルでの出場は、私の年中行事として参加しようと申し込むのですが、事前準備もしっかりせず、また過去、ほとんど良い結果が伴いません、最下位とか、途中でバランス崩してとか、失速したりとか・・・今回も事前準備は同じようなものです。ゴールデンウィーク中に3回ほど練習し、あまり使っていない分割自艇「TREK」のリギングをもういちど調整。
予選
当日は朝5時に魚崎の艇庫に皆で集合し、そこから琵琶湖へ。7時半に瀬田ローイングさんに船台をお借りして、「TREK」を組み立て、いざ予選。今日はなんとか波が収まっているもよう。アテンションGOとともに、漕ぎ出す。スタートは思ったよりきれいに出られたのですが、隣のM本さんはすでに視界から消えています。レート30前後で漕いでいくと、Uさん、Tさんとは少し差がついたので、このまま行こうと後半はレートを3つ落として進みます。結果は2位、タイムは4分26秒5でした。私にしては、良い展開ができた模様。
決勝
3時間後に決勝が迫ってきます。きれいな瀬田ローイングさんのハウス(すばらしい)でゆっくり休ませてもらいました。さて時間となってスタートに向かいます。予選では大きい漕ぎができなかったような反省もあり、前半のレートは低め狙いで。そしてアテンションGO。予選よりは波があります。スタートはぼちぼちでレートは32からすぐにコンスタント28に落とし狙いの漕ぎを目指します。先行のMさん、Oさんは視界からだんだん離れ、同じクラブの3人で3位を争います。予選でよいタイムだったUさんはなぜか進んでいないもよう。またTさんとは並んでいるもようですが、レーンが離れているので細かいことはわかりません。後半も3位争い中なので、800m位からはレートを30、31と挙げてスパートに入ります。そしてフィニッシュ。結果は3位、4分24秒2でした。2位とは1.6秒差でした。
表彰
そしてゴールで休んでいたところ、審判艇から表彰台にくるよう指示があります。そうでしたね。今まで声をかけられたことがない(審判して声をかけたことはあるのですが・・)のでちょっとうれしい。そして表彰式、大きい賞状をもらって、写真もとってもらいました。大学同期のI塚さんにも会えました。
最後に
今回、練習不足で臨んで、数週間前は、棄権したいと思ったりもしましたが、漕ぐことができてよかったです。個人的には自艇のリギングの調整も合わせて出られたように思います。まだまだ良いタイムではないので、練習を積みたいと思います。最後に応援してくださった皆さん、船台を貸していただいた瀬田RCの皆様、大会運営の皆様ありがとうございました。
Img_5451

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«1020m.朝日レガッタ60歳以上シングル