2017年5月22日 (月)

896m.古希を過ぎてスカル初挑戦

20日の土曜日、皆さんの練習が一段落したころ、箕面からT田さんが試乗に来られました。

T田さんは元海上自衛隊の自衛官で、15年前に退官して東京から関西に戻ってこられたものの、ボートを漕ぐ機会がなく、もっぱらエルゴとカッターを漕いでおられたそうです。

ボートは大学時代からスイープばかりで、スカルオールを握るのは今回が全くの初体験との事。N谷とダブルに乗艇していただきましたが、遠出は厳しいので魚崎運河を行ったり来たりして、スカルオールに慣れていただく事に専念しました。 

とは言え、日頃からエルゴを漕がれているだけあって、ストロークは力強く、ほんの30分と少しの乗艇でしたが、たちまちオールさばきに慣れてきて、最後はパドル10本で締めくくりました。 Bサイド専門だったとの事で、右手のフェザーに少し苦戦されていましたが、すぐ慣れますよ。これからもお時間ある時は是非スカルを漕ぎに来てください。

Dsc_0223_2


Dsc_0191_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

895m.大学卒業したて、バリバリの若手が遊びに来てくれました

20日の土曜日、艇庫に今年の3月大学を卒業したばかりのバリバリの若手が魚崎に試乗に来てくれました。

 

O山大ボート部出身のH田さんで、出身が神戸。就職で地元に戻って来て、週末ボートを漕げるところを探していたとの事。シングルで試合に出たこともあるとの事でしたので、早速、N谷とダブルに乗艇。練習水域の案内兼ねて芦屋浜から西宮浜まで足を延ばしました。

 

一年半ぶりの乗艇との事でしたので、往復ノーワークでゆったりと漕ぎましたが、ほぼ現役だけあって体の使い方が柔らかくストロークレンジが長いのと、ハイフェザーがしっかりできていて、さすがO山大出身者はスカルが上手いと感心しきりでした。

 

最近若手の練習参加が少なく、平均年齢が上がり気味だった魚ローにとって若い力は元気をもらえます。是非引き続き魚崎に遊びに来てください。

Fullsizerender_1

Fullsizerender_2

Fullsizerender_5



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

894m.朝日レガッタの打上げ

 

ボートシーズンの始まりを感じる朝日レガッタから1週間、514日日曜日の夕方、朝日レガッタの打上げを行いました。

 

場所は西宮の居酒屋で鳥肉主体の飲み食べ放題があるお店でした。

 

今回の朝日レガッタマスターズ種目は例年のシングル・ナックルフォアに加えて、記念大会エイトと70歳年齢別クラスも加わり、魚ローとしても50歳シングルとエイトで参戦しました。

 

今回の打上げは、レース2回戦の様な2時間の飲み食べフードファイトとなりました。コンスタントに皆さんよく食べられるといつも感心します。

 

飲み食べつつ今シーズンの試合の事や、2020年東京オリンピックの話など話題は広がります。

 ラストスパートとばかりに、ラストオーダーで鳥肉タンパク質に加えてご飯もの炭水化物を追加し、満腹限界までいただきお腹もローアウトいたしました。
Cce20170515_00000
Img_0113





| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

893m.久し振りの定例クォド練習

14日の日曜は定例クォド練習でしたが、4月がメンバーが集まらず中止にしていましたので、久し振りの練習になりました。参加メンバーは敬称略で、C:N谷、S:U南、3:K戸、2:N川、B:Y山でした。

Y山さんは腰とひざの故障で半年乗艇から遠ざかっていましたので、あまり無理はできません。一方でN川さんは全日本マスターズに備えて特にスタート周りの強化が希望でした。という事で、双方のニーズを満たすため、やや中途半端な練習になり、お付き合いいただいたU南さんとK戸さんには物足りない練習になったと思います。

練習メニューは深江から芦屋浜入り口まで一本漕ぎで、ペア単位でノーフェザー漕ぎを入れました。芦屋浜から西宮浜の奥まではノーワークと3本ダッシュ付きの10本パドルの繰り返し。帰りはスタート練習から始めましたが、N川さんのフェザーがうまく出来ないので、10本のハーフスライドのハイレート漕ぎ(SR40)の繰り返しに切り替えました。最後の方は少し感覚をつかんでもらえたようです。漕行距離は10km。


この日は他に、O川さんとM村さんがダブル、N波さん、T野さん、U塚さん、T多Dさんがシングルでした。中でもU塚さん、T多Dさんは500mの並べを8セットもやってました。皆さんお疲れ様でした。
Img_0099

Img_0101

Img_0103_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

892m.朝日レガッタ第70回記念50才以上エイトレース激漕記

C:伊T、S:T橋、7:O川、6:T多D、5:R、4:K戸、3:T野、2:I川、B:Y本邦

距離1000m、作戦:コンスタントピッチ30、第2Qピッチ1枚上げ、終盤出ていたら第4Q1枚上げ、出られていたら第3Q1枚上げ、第4Qさらに1枚上げのダブルスパート

天気曇天時々小雨、北西の風、朝日レガッタにしてはまずまずのコンディション。魚崎RC6杯レースの3レーン。1レーン瀬田工OB夕照会、2レーン同志社・浜寺連合、4レーン瀬田漕艇クラブA5レーン瀬田漕艇クラブB6レーン滋賀大陵水艇友会。
意識するのは2レーンと4レーン、スタート5本+10本、完全に出遅れた。4レーン瀬田漕艇クラブA速い。コンスタントですぐに1枚上げるも追いつけず、さらに離される。中間地点で5番手、第3Q5レーンの背中を見ながら、コンスタントピッチ31から321レーン、2レーン、6レーンを猛追。大きな差がないまま第4Qへ突入。1レーンには出たところで1枚上げ、2レーンが視野に入ってさらに1枚上げての激漕。スパート合戦となり、2レーンをつかまえかけたところでゴールラインを通過。残念4着。タイム3:41:4932レーンとの差は、、終わってみれば0.53秒。1着瀬田漕艇クラブA(現役女子2名乗艇していた)好タイム3:30:72

着順:12レーン、26レーン、32レーン、43レーン、51レーン、65レーン

揚艇後の反省会では、もう少し早く3着狙いに切り替えておけばよかった等の感想もあったが、特に24番の漕手は20数年ぶりのレースでもあったので、やり切った感とレースを満喫した感想があってうれしかった。エイトやフォアのクルーボートは関西マスターズオアーズパーソンの活動の盛り上げになるし、全国で活躍しているクラブチームとの競争という楽しみも増える。もちろん、魚崎RCは普段のスカル種目での鍛錬があってこそのエイトでもある。みなさん、これからもマスターズレースを盛り上げていきましょう。

By T野

Image5

Image6_2

Image7

Image4

Image1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«891m.ラフコンの朝日レガッタ50歳以上シングル