« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月29日 (月)

16.再送します

名簿作成用の往復ハガキですが、返信頂いた皆さま有り難うございます。まだ返信していただいていない方(特に30歳代のあなた達)、早く返信をお願いします。現住所に投函して「転居先不明」として戻ってきた方については、分かる限り実家(帰省先)の方に再送します。まだ、現住所にハガキが届いていない方は、実家等に届いている可能性がありますので、実家等に確認してください。また、ハガキとは別に電話にて3/17総会の出欠確認をします。近日、電話をさせていただきますのでよろしくお願いします。

現時点で、現住所・実家等ともに不明な方がいます(下記の方々です)。その方の連絡先を知っている方は下記アドレス(涛溟会事務局)までメールで構いませんので至急連絡をお願いします。

(現住所・実家ともに不明な方々)

池上幸良さん(S36年卒 文理)/鷲崎絖さん(S39卒 林学)/川上鉄夫さん(S40卒 文学)/上野彰久さん(S46卒農工)/須藤広美さん(S49卒 養護)/泉説也さん(S50卒 中学)/吉尾二郎さん(S51卒 栽漁)/宮崎進さん(S51卒 教育)/古賀悦二郎さん(S53卒 林学)/玉岡国治(S54卒 化学)/此松信孝(S55卒 特美)/佐伯博明さん(S56卒 中学校)/平田伸治さん(S57卒 栽漁)/中江弘さん(S59入 暖農)/高木恭子さん(S62入 教育)/長谷川和也さん(H3入 物理)/米津克也さん(H3入 生物)/岩本光弘さん(H5入 経済)/鶴征子さん(H6入 経済)/御厩 仁さん(H7年入 経済)

以上の方々です。

先日、大阪の事務局で3/17総会の事前調整を行いました。

Pht0126233629_1 

2月半ばをメドに具体的な案内を送付します。宿泊先についてですが、高知会館でも宿泊可能ですが、数に限りがありますので希望者は早めに下記アドレスまで連絡をお願いします。

涛溟会事務局:terno@nifty.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

15.返信お待ちしてます

本日、名簿再編用の往復ハガキをみなさんに発送しました(現在、涛溟会会員は160名を越えています)。返信用ハガキに現住所や勤務先などの連絡先を記入して投函してください。なお、往復ハガキが配達されていない方は、当方で把握している現住所が実家等になっている方です。その場合には、実家等に確認してください。

各OBの近況報告などはこのブログで紹介しますが、日ごろの細かな連絡や記事を更新したアナウンスなどは直接メールに送りたいので、メールアドレスはできる限り記入してください。また、涛溟会や現役部員へのメッセージ欄も設けてありますので、できる限り記入をお願いします。何人もの方から3月の総会出席の連絡をいただいております。有り難うございます。総会でやってほしいことや準備してほしいことなどがありましたら、返信ハガキのメッセージ欄にご記入ください。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

14.涛溟会高知総会開催決定!

涛溟会高知総会の開催が決定しました!

総会のスケジュールは下記のとおりです。

開催日:平成19年3月17日(土) 14時~                                   会 場 :高知会館(高知市本町5丁目6-42 088-823-7123)

当日は、小畠先生はじめ、現役部員も勢揃いする予定です。昔の練習や艇庫を映したビデオの上映、懇親会などその他色々な企画を予定しています。また、翌日には国分川でミニレガッタなど企画満載!詳細は後日、ハガキ等でご案内いたしますのでお楽しみに。

なお、高知までは伊丹・羽田から宿泊付き格安航空券(往復)で\2,5000~\2,7000でした(もちろん、高知会館でも宿泊可能です)。飛行機でゆったり来るもよし、車に乗りあって楽しみながら来るもよし。皆様、近くにお住いのOBを誘って、この春は高知に全員集合!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

13.新年会!

OBの皆様。新年おめでとうございます。

本日、ささやかながら大阪で涛溟会新年会を開催しました。そこで、涛溟会の今後や現役部員のサポートなどについて話をしました。酒も入ってかなり夢が膨らみました(木村、河内、中村)。

Pict0001_2 

その場で、3月中旬の土・日に高知で涛溟会復活総会を開催することが決まりました(小畠先生の了解も得ています)。また、詳細が決まればブログ・メールorハガキにて連絡します。お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »