« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月27日 (金)

41.明日は、きっと、できる。エッセイ&フォトコンテスト

みなさん、ミズノから耳よりなおしらせ。                                              ミズノで『明日は、きっと、できる。』と題したエッセイorフォトを募集しています。賞金はグランプリがなんと30万円!!その他にも、各賞が用意されています。もちろん、ミズノなのでスポーツに関する題材であることが条件です。                              
みなさんのボート部での活動を通して経験されたことや、現在熱中しているスポーツ、涛溟会の活動などなど、みなさんの熱い思いを大募集していますので、投稿されてみてはどうでしょうか。私も一筆ウデを奮ってみようと思ってます。詳細についてはミズノHPでご案内しています。(by 河内) 
                               Essephot_title                               →http://www.mizuno.co.jp/essay-photo/index.html 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

40.朝日レガッタの組合せが決まりました

みなさん!琵琶湖で毎年恒例の朝日レガッタが近づいてきました。5/3~5/Race1_2 6の日程 で滋賀県琵琶湖漕艇場にて開催されます。何年かぶりの琵琶湖復活です。本日、組合せの発表がありました。高知大学は男子シングルスカル(1×)と男子舵手つきフォア(4+)に各1艇づつエントリーしています。艇は京都大学さんのご配慮で借りることができました。また、総会の時にみなさんから頂いた寄付金の一部を今回のエントリー費と遠征費にあてさせてもらいました。                                                   高知大クルーは1日の朝に高知を出発、その日の午後に琵琶湖に着いて艇を借り受け、翌2日に調整を行ってレースに備えるという予定だそうです。波が高い琵琶湖ですから調整は大変かもしれませんね。大会期間中の宿泊先は事務局木村邸です。組合せと発艇時間は上のとおりとなっています。シングルスカルに出場する堀田君は、あさが早いレースのうえ、2艇あがりと少々厳しいですが頑張ってほしいものです。フォアのレース時間は午後3時ですが、予選第1組とフォア初っぱなのレースです。5艇のうち3艇が上がれるので期待大ですね。「イチコロ敗コロ」にならないよう各クルーとも練習の成果をしっかりと出し切ってほしいものです。                     

さて、応援に来られる方の集合場所ですが、当日は会場のどこにいるか、はっきりいって分かりません。高知大学漕艇部の部旗と『鯨に乗った金太郎』を目指して来てください。では、会場で会いましょう!!                       

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

39.部旗と先生と社長とちびっ子とチャンピオン

本日、キャナルレガッタ神戸『春の陣』に行ってきました。本当は、この大会に高知大学涛溟会 でエントリーし ていたのですが、諸事情により棄権することになりました。というこPict0024_6Pict00081_2で、今日は丘からのレガッタ観戦です。 そこへ、部旗を持った山本さんが登場してびっくり! 部旗を作ったときに予備で作っていたものをわざわざ実家の倉庫をひっくり返して探していたPict0010_2だいたようです(ありがとうございました)。部旗は、朝日レのときに現役部員に渡したいと思います。今後の高知大が出場する各大会では、みなさんこの部旗を会場内の目印にしてください。 さて、今日のレガッタは、ちびっ子クルーも登場する地域スポーツ振興の手作りレガッタで、山本さんの母校である神戸高校漕艇部も参加していました。 顧問の先生とお話しをしていると、またそこへ桑野造船の新艇『オデッセイ』が登場して ビックリ!初心者用のナッ クルタイプの艇ですが、 フルカーボン製で艇底がやや円形のしいタイプの艇でした。山本さんはオデッセイを組み立てている桑野造船の綺麗なPict0018_7お姉さんに色々とちょっかいをだし、丘で本領発揮(?)という感じでびっくり!またそのお姉さんがスカルで何度もチャンピオンになっ て、滋賀県民スポーツPict00261_3大賞にも輝いている黄瀬選手と聞いてビック リ!!!でした。新艇をバックにして写真を撮った時に桑野造船の社長さんから  『高知大学さんですか!!』と声を掛けられ、色々と話を 聞かせていただきました。社長の考え方も社員の方も桑野造船はとても良い会 社だと思いまし た。 高知大学漕艇部の現状もお話しし、 中古艇の調達にご協力を頂けるかもしれないという希望も持て、レガッタには出場できませんでしたが、 別のところで収穫があった日曜日でした。                       

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

38.高知総会おまけ

3月17日に行いました涛溟会高知総会のおまけです。P3180026_3                                          総会の翌日、現役の堀田君にお願いして、急遽フォアに乗せてもらうことができました(堀田君ありがとう!)。下の写真はその時の様子です(写真を提供してくださった堀江さんに池上さん、ありがとうございます)。朝の早い時間に日曜市に出かけて、その続きに国分川の県艇庫に行きました。急な乗艇にもかかわらず、準備万端の方もいらっしゃいました。COX堀田君、S堀江さん、3谷さん(日本漕艇協会)、2中村、B中西さんとで数年ぶりにアメンボウに。最初は岸から様子を見ていた村上君や松本君らもウズウズしてきたようで、「ROWパン貸してくれ~!」と続いて彼らもアメンボウに。彼らの漕ぎは、堀田君曰く「さすがですね~」という漕ぎっぷりだったようです。水遊びの後は、現役堀田君と長身OB松本君のエルゴ対決に発展。現役の面目に懸けて負けられない堀田君とOBの意地で勝ちに行く松本君。ガチンコ対決の勝敗は、僅差でしたが堀田君の勝利に。でも、松本君はバテバテの酸欠状態で「さすがは現役!」という感じでした。                                                           その後お腹が減ったので、わざわざ朝倉まで引き返して、朝倉時代によく行った大学近くの『キング』で学生達に混じってランチを食べました。出てきたランチの変わらない味を懐かしみ、食べても食べても減らないランチのボリュームに驚いていたその時、艇庫で一緒だった岡部さんや中川さん達も、同じようにランチを食べに『キング』に入ってきました。『考えることはみんな同じ』というとこですな(笑)。

190318row_1

上の写真にカーソルをあわせてクリックすると拡大になりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

37.大阪シティレガッタ(4/8)→3位?でした!!

大阪シティレガッタの報告です。 桜のメッカ、桜宮にて多くの花見客の中、行われました。涛溟会クルーは、C中村、S奥田、3山本、2田辺(愛媛大OB助っ人)、B竹上 応援:河内、山本副会長の奥様と竹上ファミリー というメンバーでした。レースの結果は、みごと3位入賞で賞状もいただきました!・・・というのは、大会本部のご配慮で、各レース毎に順位が決まり、賞状がもらえるというものでした。3艇レースの3位ということは・・・・ということです。でも、山本副会長は29年ぶりに艇に乗ったという具合だし、竹上さんも卒業以来、愛媛大学からは田辺君が飛び入り助っ人という混成即席クルーでけっこう楽しめました。レースの後は、満開の桜の下で花見で一杯となりました。楽しい春Pict0002_4の1日でした。レガッタの様子は右のマイフォトからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

36.大阪シティレガッタ(4/8)

お待たせしました。今週の日曜日(4月8日)に大阪大川で開催されます大阪シティレガッタのレース時間が分かりましたのでお知らせします。涛溟会のレース時間は下記のとおりとなっています。

○会場 大阪桜宮 大川(都島橋付近~源八橋~桜宮橋付近までの毛馬桜宮公園沿いのコース)                                                  ○レース開始 9:00~                                                           ○涛溟会のレース 12:10~(男子KF 400m) V.Sミズノ、芝蘭会OSAKA                                                   ○涛溟会集合場所 10:30 環状線「桜宮駅」西口(『クジラに乗った金太郎』が目印)

当日は、舵手付きフォアからエイトまで色々な種目があります。涛溟会クルーはメンバーが未定です。乗艇したい方から優先にレガッタに出てもらう予定ですので、皆さんレガッタに出るつもりで来てください。桜の名所『桜宮』でボートを見ながら花見で一杯といきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »