« 149.初漕ぎ、今年も年中夢求! | トップページ | 151.がんばれ!高知!!(番外編) »

2009年1月11日 (日)

150.高知大学漕艇部OBさんの全国分布状況(その1)

涛溟会名簿から全国におけるOBさんの分布状況を調べてみました。日本地図に整理すると下図のようになります。

①最も多くのOBさんがいる都道府県は1位兵庫県で20名、次いで2位は大阪の14名で方がおれれます。地元高知は3位の13名でした。ちなみに東京は岡山、神奈川と同数の8名で5位でした。詳細をみると仕事関係で東京に在住されている傾向があるようです。

②最も多くのOBさんがいる地方は これも1位は近畿地方で46名のOBさんが住まわれています。割合にして28%と3割近くが近畿地方に集まっているということになります。次いで四国地方29名、関東地方25名、中国地方20名となっています。東北や北陸、北海道方面は分布が低いようです。やはり近畿・中四国からの大学進学者が多いということですね。関東地方はやはり仕事関係での転勤組のようです。

③高知県には13名、四国地方には29名のOBさんが住まわれています。現役ボート部のサポートには十分な数だと思います。また、分布的にも最も多い近畿地方(関西組)でOB会をコントロールするのが適しているようですね。Obmap_4

関西組だけでなく、関東組も四国組、中国組、九州組もそれぞれ集まってガヤガヤやってほしいものです。楽しいですよ~。次回は、OB会の年齢分布、年齢別地域分布について整理します。

|

« 149.初漕ぎ、今年も年中夢求! | トップページ | 151.がんばれ!高知!!(番外編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/43703414

この記事へのトラックバック一覧です: 150.高知大学漕艇部OBさんの全国分布状況(その1):

« 149.初漕ぎ、今年も年中夢求! | トップページ | 151.がんばれ!高知!!(番外編) »