« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月30日 (土)

188.第42回水郷潮来レガッタ / イタコシティーレガッタ2009(第30回)

6月28日(日)に常陸利根川の潮来市ボートコースにおいて開催されます。水郷潮来レガッタ がナックルフォアの1000mレース、イタコシティーレガッタがナックルフォアの500mレースです。涛溟会関東支部としては、どちらかのレースに1艇は出場したいと考えております。 
現地には、この大会に詳しいHさんが在住されており、戦術はバッチリです。都内や神奈川県から参加される方々の中で、潮来までの”足”を気に掛けておられる方々もいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫です。涛溟会会員車輌の都合が付く見込みです。
横浜市民ボートレース大会の際には、3位までの入賞者にしか賞状と副賞が授与されませんでしたが、潮来の場合は4位から6位入賞者にも副賞が出ます!横浜で重ねて好成績を収めている涛溟会クルーの事ですから、潮来では何も貰えずに帰る、という事にはならないと思います。
6月5日(金)を1次締め切りとして、参加者大募集です!
事務局の中西(メール:nonani1010@yahoo.co.jp)までご連絡の程をお待ちしておりま~す。1207801619

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

187.グラシアス エルゴに挑戦!

今日の練習は、K戸高校OBの黒Dさん、そういやぁずいぶん前からマスクしているK鳥さん、整体師さんにグラシアスクルーです。黒さんと整体師さんがさっそうとスカル練習する中、グラシアスクルーはS本リーダーの方針により、基礎からきちんとやろう!と、今日はエルゴに挑戦です。みなさん、元気にエルゴで一汗かいたあと、ナックルを出します。今日はS本リーダーはコーチャー席に乗り込みます。整調はマスクマンがマスク無しで務めます。
魚崎大橋を抜けて500m往復、艇庫前を通り過ぎて、サンシャインワーフを2往復しました。途中、S本リーダーの厳しいコーチが入ります。一人ずつ漕ぐワンワークが続きます。
しかし、そのかいあって、練習が終わる頃にはけっこうみんな大きく漕げるようになってました。合言葉は「リベンジ!伊藤忠」ですわ。
その後、代表Y本とマスクマンはスカルにそれぞれ乗り込みます。マスクマンのおっかなびっくりの練習の後、仕上げはいつもの「並べよかぁ~」。結果は代表の圧勝でした。マスクマンさん、お疲れ様でした~。200905241023000 200905241155000 200905241005000

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

186.関東組 練習報告1

終始天気を窺いながらの初の定期練習となりました。8時前までは雨。天気予報によれば、横浜地方は午前・午後ともに降水確率80%。さすがに今日の練習は無理かと一旦は諦めたのですが、最も遠方から参加されるHさんに電話をかけところ、やるにせよ延期するにせよ、いずれにしても出て来られるとのお言葉に、ちょうどその時に雨が上がった事もあり、10時まで待って最終判断をする事としました。
その後も雨が降る様子はなく、練習をする鶴見漕艇場からの風が気になるものの練習はできるのでは?という言葉を聞き、決行する事として参加の皆さんにその旨連絡しました。
シェルフォアを借艇したのは午後1時からの2時間。風はありましたが雨は降らず、練習中は風も一時的に弱まり、ベストコンディションとは言えないものの、なんとかシェル艇を漕げる程度に。久しぶりのシェル艇は難しいながらも、ナックル艇では味わえない面白みを思い出させてくれました。
距離にして8キロ程を漕いで全員が心地よい疲労を感じ、今後も継続して行く事で、レベルアップ出来る事を実感できる有意義な初回練習となりました。
628日に開催される潮来シティレガッタ・水郷レガッタの参加受付が始まりました。涛溟会関東支部としては、65日を一次の締め切りとして参加者を募りたいと思います。全く事前練習をしなかった4月の横浜市民ボートレースでも良い成績を収められましたから、この流れを潮来でも是非とも発揮して、入賞を狙いたいものです。勿論エンジョイローイング精神基本ですので、賞狙いは二の次ではありますが、、、Pa0_0000 (by中西典男)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

185.秋田通信5

この秋田通信も5回目となります。シーズンに入り皆さんローイングをエンジョイしている様子が伝わってきます。もうすぐ加古川レガッタですね、去年の500m漕を思い出します。バウでの500mは苦しかったです。今年のレースは2クルーの出漕ですか?結果楽しみにしています。前回の通信から(十和田湖漫遊)から9箇所の温泉を廻ってきました。4月26日には関西より約1ヶ月遅れの大潟村の「菜の花と桜並木」の桜満開を楽しみ、また全国的に有名な玉川温泉に行ってきました。ここは強酸性の温泉で、源湯100%につかると身体のあちこちがピリピリ。打たせ湯を直接頭に掛けたもんで、まぶたと目の下が火傷でただれてしまいました。(後で注意書を読むと、直接お湯を掛けないでくださいと書いてありました)本当に効きそう。

東北の特色として、道の駅に温泉があって、400円の手ごろな値段で、掛け流し湯で、設備も充実しています。潟上市の『天王温泉くらら』や上空をミサイルが通過した八峰町の『八森いさりび温泉ハタハタ館』にもいってきました。日本海の落日が楽しめる温泉ですが、あいにく曇りであきらめました。やはり日本海の落日は『黄金崎不老不死温泉』で楽しみたいと思います。ボートから遠ざかった休日ですが目標の30温泉まであと7箇所です。K山さん2泊3日8温泉ツアーを企画しました。内容知りたいですか。うふっ。(混浴露天風呂4箇所あり)01 03 04 02 05 06 07 08

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

184.朝日レガッタ2009

今年も朝日レガッタを観に行きました。現役部員は残念ながら出ていませんでしたが、高知からは岡豊高校が出場しています。彼らの応援とエイトの観戦です。会場の琵琶湖漕艇場に着くと、さっそく日ボのTさんの姿が。会場のテントにマスターズのポスターを貼ってました。昨日、琵琶湖入りされたそうで、会場では色々な方から声を掛けられていました。エイトは今年も東レが強そうです。700m地点で観てましたが、頭ひとつ以上出て独漕状態でした。K大の応援団、今年も元気いっぱいです。岡豊高校の岩崎先生、今年も生徒を連れて高知から遠征です(毎年、ご苦労様です)。今年のクルーは全て敗復廻りとなったそうです。グラサンと自転車・大型メガホンの姿が板に付いてました。そんな中、男子1×のレースでは、レガッタ仲間のSさんの力漕が目の前を通り過ぎて行きました。少々ラフコンの中、懸命の1,000mでした(岸からの声援、届いたかなぁ)。やっぱり、水の上に浮かびたいと思いつつ、早々に会場を引き上げました。何年か先には僕も復活したいなぁ。Rimg2975 Rimg2976 Rimg2981 Rimg2970 Rimg2983 Rimg2982_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »