« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月30日 (木)

205.打ち上げ!

26日開催の横浜市民体育大会の様子は既に報告されている通りですが、少し補足をさせて頂きます。
スタート直後の河岸への激突という事態に、何が起こったのか良く分からないながら、「棄権」の文字がクルーの頭の中では湧いたかと思います(私はそうでした)。 しかしながら、多少混乱しつつもレース復帰を果し、しっかりラストスパートまでしてゴールイン。さわやかなスポーツマンシップをギャラリーに見せつけました(拍手やねぎらいの声がけはありませんでしたが・・・)。 
上陸後、勝手にライバルと目していた濃青会さんの方から、「1本目の結果から涛溟会クルーに注目していたのだがどうしたのか?」と聞かれ、大会本部のみならず、濃青会さんにもシッカリチーム名を印象付ける結果となりました。次回は是非とも濃青会クルーと同じレース組で競り合いたいものです。11_5
M上さんのコメントにもありましたが、BのN西は激突直前に河岸にオールが触れ、その反動でシートから吹っ飛ばされました。幸い水に落ちる事はなかったのでそのまますぐにレースに復帰出来た次第。
学生時代に四選合宿をしていて、夕方になって暗くなった浦戸湾に浮いていたブイにオールが当たり、パドルで漕いでいた為に軽く飛ばされて海に落ちた事が、急に思い出されました。最も舳先に座るバウは位置的にクルーから見えにくく、浦戸湾に落ちた時も今回も、すぐには気付いてもらえませんでした(笑)。
クルーは2レース目が終わった直後から皆脱力していて、結果の確認もしないままに着替えを終えてそそくさとレース会場を後にしたので、結局総合では何位になったのか分からず終い。29日に確認したところ、ナックル男子全体では20/24位、平均年齢分けによるBグループでは7/8位でした。10 8
レース結果はコチラから→090726result.pdf
それから予約していた打ち上げ会場の居酒屋が開店するまでの間、駅前のマック(関西ではマクドです)で涼みながらの時間つぶし。南極への11月出発を控えて、休日返上で仕事にいそしむ I さんも打ち上げからは加わり、勝利の美酒とはなりませんでしたが、なかなか盛り上がる宴会となりました。
クルーの皆さん、本当にお疲れ様でした。リベンジは10月18日(日)開催予定の横浜市民ボート大会で!
Uchiage_0726 ↑「東方見聞録」での宴会でしたが、駅前にいた「甘太郎」の呼び込みを捕まえて、甘太郎で今宴会してきたなどとうそぶきながら写真を撮らせました。 バックのせいで犯罪者を並べて警察が撮った写真のように見えるのは気のせい!?(by N西)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

204.激突!!!

いゃまいった。世の中何があるかわからないとは言うが、よもやこのような事態を招くとは・・・。考えられない。あり得ない。
7月26日(日)は横浜市ボート協会による横浜市民大会。N西さんの段取りで、高知大学涛溟会として(ふりがな付きで)エントリー。おかげでアナウンスでも読んでもらえ、真っ赤なユニフォームも揃えましたが当日参加はギリギリ5名(B:N西、2:M上、3:I上、S:K保、C:N住)のみで、当方ギャラリーなしが寂しいとほざいていました。
天気晴朗なれど波高く、決してよいとは言えないコンディションの中、2回漕ぎタイムレースの一回目は暫定2位。逆転優勝も狙えるが下位に抜かれるおそれもあり得るポジション。とは言うものの内心「これはいけるぞ」と皮算用。
あぁそれなのに、それなのに。二回目のスタート直後、艇は右コンクリート河岸に一直線。
原因はコックスのラダーミス(ラダーに問題があったのだが・・・)。それにしても考えられないトラブルで無念の惨敗。順当に行けば逆転優勝、少々ヘタを打っても入賞確実だったのですが・・・。幸い艇とオールは擦り傷程度で、ごめんなさいで済ませましたが、クルーの皆様、大変申し訳ありませんでした。
久しぶりに夏らしい日曜日を迎えた横浜鶴見川の苦い苦い一日でした。P2000817 ↑これから恐ろしい運命が待っていることを知らない出漕前クルー。(by N住)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

203.インターハイ選手の方へ

8月1日(土)~4日(火)まで、琵琶湖漕艇場でインターハイ(ボート競技)が開催されます。大会事務局に問い合わせますと、参加高校以外にも近県からもたくさんの高校生が観戦にくるとのこと。新人獲得に大変苦慮している我が大学ボート部に少しでも興味を持ってもらえればと思い、会場に大学ボート部のPRポスターの掲示とチラシを設置しております。選手・関係者のみなさん、高知大学漕艇部をどうぞよろしくお願いします!0007 0004_2 0005

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

202.関東通信7/20

いよいよ来週7/26に迫った横浜市民体育大会に向け、Hさん、N西さん、N住さん、K保さん、I上さんが最終練習に参加。朝9時に集合し借艇したシェルフォアにて早速練習開始。天気は晴れときどき曇り、気温30度強、水流ほとんど無し、風速少々という絶好のコンディションの中、1時間半ほど汗を流しました。へビュー級のナックルに比べ、少し漕ぐと滑らかに加速する感覚が非常に心地よく、初めてシェルに乗った若かりし学生時代の記憶を思い出しました。また方向転換は楽チン!指2本で簡単に艇は向きを変えました!徐々にピッチを上げ、パドルで背中に感じる風のスピードはこれまた格別。ボートの面白さを久しぶりに感じることが出来た1日でした。
来週、横浜市民体育大会で新調した真っ赤なユニーフォームのクルーがどのような結果を残すか乞うご期待!
Vfsh0022 Vfsh0024
PS:HさんとN西さんはシェルフォアの練習後、スタスタとダブルスカルを準備し、また川に戻って行ってしまいました。Vfsh0023_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

201.グラシアス朝練する

本日(7/18)の朝練は、いつものN波さん、K田さんに加え、グラシアスからも3名(S本さん、T中さん、N川さん)が参加しました。テーマは前回から引き続きスカルのオール捌きの習得ですが、着実に進歩しており、ダブルスカルでは結構スピードが出るようになって来ました。
更に今回はフロート付のツーリングシングルスカルにも挑戦しましたが、漕げるもんですねえ。感心しました。8/9の市民レガッタに向け盛り上がってきましたよ。0304 02 05  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

200.蹴り出しが出来た!

7/12(日)の定期練習は、N谷監督の朝練に始まり、グラシアスのダブルスカル訓練、堂島ローイングの新メンバーとにぎやかな練習となりました。
今日の特筆モノは、なんと言ってもY代表の「蹴り出し」訓練です。ひとしきり、シングル・ダブルを漕いだあと、代表は意を決して、「蹴り出し」に挑戦します。空はカンカン照り、水ぬるくそれなりにきれい。沈しても大丈夫。でもやっぱり怖い。右手で2本のオールをしっかり握り、左手でバウサイドのリガーを握り締め、右足はレールに乗せ、左足で桟橋を蹴ろう・・・蹴ろう・・・としますが、なかなか踏み出せません。息を整えて、目をつぶり、もう一度決心して清水の舞台から飛び降りる気持ちで(ほんとにそんな気持ちです)、ついに代表は蹴り出しました!
ガチャガチャ・・・やったぁ~!!きたぁ~!!なんや、どってことないやん!
調子に乗った代表はその後何回も練習し、蹴り出しの感覚を身につけました。次回からは、さっそうと一人でシングルスカルを蹴りだす代表が見られることでしょう。
200907121156000 090712_114301 200907121112001 蹴り出し動画→090712_115801.3gp

さて、今日の新メンバーは堂島ローイングの池D部長の紹介で岡山操山高校出身のH本ファミリーです。しばらくシングルスカルを楽しまれたあと、かわいいお子さん(お姉ちゃんと弟)をひとりずつダブルスカルに乗せてボート初体験。お父さん、とてもかっこ良かったです。子供達がこれをきっかけにボートに興味を持って、将来、奥さんも入ってクルーを組んで、市民レガッタに出るようになれたらいいですねぇ~。200907121210001 200907121234000

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

199.関東通信7/12

月末の26日に迫った横浜市民体育大会のせいか、朝9時台から鶴見漕艇場は練習をする数多くのクルーで活気を帯びていました。エイト、シェルフォア、ナックル、クオドプル、ダブルスカル、シングルスカル、オーシャンスカル、全ての艇種が出艇していて壮観です。しかも、エイトは都合4艇も!
先週半ばまでは「週末は雨の予報です」と言っていた天気予報も、木曜日からは「週末は曇りの天気でしょう」に代わり、当日は少し日も射す好天に恵まれました。
関東の定期練習日は毎月第三日曜日。12日はその日ではなかったのですが、HさんとN西の二人は、ダブルスカルでの来年の大会出場を目指して、月2回位は練習しようとこの日が練習始め。
スカルに乗るのは学生時代以来というN西は懸命に漕ぐも、スカル経験者のHさんにはさぞかし物足りない練習だった事かと思います。申し訳ありません。常に沈の心配をしながら漕いでいたシングルとは違い、スイープオールとの漕ぎ方の違い、難しさを体感しつつ、早く慣れて力走できる状態に持って行きたいところです。 それまでHさん、見捨てんとって下さい!!
ジムで走ったり軽いウェイトをした程度では感じられない、プールから帰る子供の頃のけだるさを思い出すような心地良い疲労につつまれて帰宅の途に着き、ビールと枝豆で腹ごしらえした後は気持ちよくお昼寝を楽しみました。 たった1時間半程度の練習時間でしたが、実に充実したものでした。(by N西)090712_1 090712_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

198.魚ローの帽子 その2

今日、ホームセンターKナンに行ったら、なんと!「魚ローの帽子」が売られてました。しかも、とてもお安く!思わず、11個買ってしまいました。2クルー分と自分の分です。(笑)
これはメッシュタイプでみなさんのお気に召すと思います!12日の練習の時に一つ500円で販売します。お安くゲットしたい方は、今すぐホームセンターKナンにゴー!です。そうでない方は魚ローの営業外収入にご協力下さい。これからの夏場の練習に欠かせませんよっ!200907041550000 200907072058000 200907072054000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

197.朝練

魚ローはさまざまな職業の方が集まってますので、日曜の昼が必ずしも都合よい方ばかりではないと思います。ということで、少しでもそのような不都合の解消になればと有志が集まって高校の部活みたいに朝練をはじめました。
一回目は7/4と7/5の土日で7:30~9:30頃まで、参加者はN波さん、K田さん、堂島RC・池D部長(5日のみ)、私(整体師)の4名です。早朝は暑くもなく、水上バイクも来ず(5日の練習終了直前に1台運河に突入してきましたが)、なかなか快適で、1時間も連続して練習したらすぐヘロヘロになって、しっかりシングルスカルを堪能できました。
朝練への参加希望があればY本さんまでご連絡ください。日程、時間は参加者同士で調整しましょう。(パターンが固定化してきたら、定例化していきますので)次回予定は定例練習日の7/12の7:30~です。Img_3247 (by整体師)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

196.水上バイク対策

兵庫県には「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」というものがあります。その中に、
(モーターボート等による危険行為の禁止)
第8条
何人も、モーターボートその他の原動機を用いて推進する舟又はヨツトをみだりに疾走させ、急転回させ、縫航させる等により、遊泳している者又は手こぎのボートその他の小舟に乗つている者に対して危険を覚えさせるような行為をしてはならない。
第13条
第8条の規定に違反した者は、20万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。
2 常習として前項の違反行為をした者は、6月以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。
と記載されています。
水上バイクで運河に突入してくる人たちは上記条例違反となります。しかし、条例には強制力がなく、実効性という面からは疑問符がつきます。
そこで、神戸海上保安部(TEL 078-331-2027)に状況を説明するとともに対策を相談しました。保安部の見解は「練習場所はわかりましたので部内に周知しておきます」と言いつつ、「水面は皆の物であり、仲良くしてください」、「水上バイクの来ないところで練習できないのですか」と、イマイチ煮え切りません。
思うに、夏は水上バイクの迷惑話があちこちで出てきて、人身事故にでもならない限り海上保安部の人手が回らないのが原因ではないかと思います。
結局、①条例違反という事も含め、水上バイク運転者に理解を求めていく、②危険な場合は海上保安部にこまめに電話し対応を訴え続ける、という行動で「魚崎運河に侵入するとヤバそうだ」という雰囲気を作っていくしかなさそうです。(by監督)Jetski12

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

195.グラシアス ダブルスカルを漕ぐ

28日の練習はグラシアスの漕ぎ手が4人揃わなかったので、ツーリング・ダブルスカルに挑戦することになりました。
ダフルスカルの経験が殆どない私は当初、「大丈夫かいな」と懐疑的でしたが、「去年の神戸市民レガッタで皆ナックルクォドに乗ってるから大丈夫やろ」というY本さんの声に押され、いざ乗艇。グラシアスメンバーが整調の位置に、私がバウに乗り、グラシアスが交代しながら私がコーチするという形です。
結論は、皆さん一気に上達してくれ、教える側から見てもたいへん教えやすく、ダブルスカルの効能に目から鱗でした。これなら人数が揃わなくても心配なし。グラシアスの今後に期待大ですな。(by監督)03 04 01 02

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »