« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

215.うわさのダブルスカル、鮮烈デビュー!!

9/27(日)は11月のヘッドオブ瀬田目指して、代表が早朝練習にやってきました。朝の6時から、「狩野じぃさんの発見!人間力」を見てから来たので、艇庫着が7時45分になりました。待ち構えていたK高校OBのK田さんとダブルスカルに乗り込みます。はじめて組んだわりにいい感じです。魚崎運河もとてもきれいで運河の底が見えるほどでした。早朝練習は気持ちいいなぁ~。N谷監督がはまるわけやっ!運河の西の魚崎大橋を越えて800mをノンストップで漕ぐことができて、なんとか瀬田の3500m往復7000mに挑戦できる気持ちになってきましたわ。200909270807000_2                                       K田さんは仕事があるので9時過ぎにあがります。その後は、Y美さんの特訓です。まずはエルゴに挑戦。あるていど基本を理解していただいて、さっそくツーリングダブルに乗り込みます。やったぁ!「ゴールデンカップルダブルスカルペア」の誕生です!(あほらしゅうて聞いてられへんてかっ??すんまへん・・・・)。いつの日か、50オーバーのミックスダブルのカテゴリーがあれば、挑戦したいと思います。
続いて、びわ湖市民レガッタ準優勝の堂島ローイングのメンバー、堂々の登場です。今回も新人登場です(池D部長のすごい新人勧誘パワーです)。 バウに乗り込み池D部長がキャンバスから指導します。なかなかいい感じです。来春のお花見レガッタは堂島ローイングで2クルーエントリーですねっ!
ところで、キャミーさんは、ツーリングスカルシングルで練習です。ツーリングスカルはもうすっかり安定して来ました。調子に乗って、ナックルとのすれ違いざまに「Vサイン」です。
早く、本チャンに乗って同じことをしてもらいたいもんです。
さて、グラシアスクルーの「超若手新人O島さん」も今日は2回目の練習です。今回は念願のナックルフォアの2番に乗ってもらいました。さすがは社内レガッタ7年連続出場、優勝経験もあるだけあって、とてもきれいな漕ぎ方をしていました。10/18のかつぶりレガッタでは、「グラシアス」はびわ湖デビューします。とても期待が持てそうです。楽しみですね。そんなこんなの今日も話題豊富な魚崎運河でした。あ~疲れたぁ~。(by代表)200909270916000 200909270948001 200909271104000 200909271149000 Ca3d00110002 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

214.須磨ローさんの艇庫開きに行ってきました

9月22日(火・祝)は須磨ローさんの艇庫開きでして、式典に出席してきました。須磨海岸地区はかつてはエイトも漕がれていたとの事で、ボートの盛んな地域だったそうですが、昭和50年代に立ち並んでいた艇庫が火災で焼失してから下火になっていたようです。今回、須磨ローさんの艇庫が開設され、かつての栄華よ再び、というところです。式典には須磨高校関係者、浜山運河地区、相生地区からも多くの団体が参加、市漕連からはN村会長、I藤さん、それとT志君も出席しました。ということで総勢100名を超し、たいへんにぎやかな式典になりました。
ところで、若い方はご存知ないでしょうが、かつて安宅産業という大手総合商社がありましたが、1977年に経営破綻し伊藤忠商事に吸収されました。その当時の安宅産業にはボート部があり、経営破綻後もボート部としての結束を維持しているということで、当時の新聞にも取り上げられ有名になりました。今回、その当時のメンバーの方々も5名参加され、私も大先輩の方々と話をさせていただき、
その変わらぬ情熱に大変感激いたしました。魚崎地区も負けずに兵庫のボートを盛り上げましょう。(by監督)P1000954 P1000957 P1000958 P1000961
写真解説
1枚目:須磨ローさんの新艇庫
2枚目:神事の様子
3枚目:須磨ロー・中村会長さんの挨拶
4枚目:式典後7艇のナックルが須磨の海岸を漕ぎ出します

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

214.おめでとう堂島RC!

『副賞は~、近江牛2kgです!!』、『おおぉ~っ!!』という感じで最後まで盛り上がった「びわこ市民レガッタ2009」に参加してきました。今回で3回目の出場で、全97クルーという盛況ぶりでした。我々は、『高知酔鯨』→OBオープンと『魚崎RC』→OBシニアの2クルーで望みました。また、友好クルーの『堂島RC』は市民オープンでエントリーです。

『高知酔鯨』 C:K野、S:N村、3:K鳥、2:M村、B:池Dのメンバーです。残念ながら、予選・敗復ともにドンケツでゴールでした。スタート練習なしのいきなり本番って感じで、2本のレースともにスタートで出遅れてそのままゴールって感じでした。

『魚崎RC』 C:H本、S:K山、3:Y本、2:M岡、B:N谷のメンバーです。予選は、結構良い線でしたが、おしくも敗復廻りとなりました。敗復対戦相手のタイム差はほとんどなく、準決勝進出の可能性が十分に期待されている中、昼食のBBQが盛り上がってしまい満腹状態でレースに望み、レース後半、自らジリジリと遅れる何とも言えないレースをしてました(笑)。

そんな中で頑張ったのが友好クルーの『堂島RC』です。今回は初心者のクルーで2回ほど練習した程度だったのですが、予選をぶっちぎりで通過、準決勝ではスタートでバタツキ、相当離されたものの後半リズムにのって最下位から巻き返してトップ通過して決勝までコマを進めました(通過タイムが良いので決勝レースでも真ん中のレーンです)。SのH本ファミリーとゴール前で応援です決勝レース、相当練習を積んだと思われるクルーが抜けだし、ゴール手前で堂島艇は激しい2・3位争いをしてます。。『お父さんガンバレ~』とあらん限りの声を出してチビッコが応援します。残念ながら最後は差されて僅差で3位、でも銅メダルで「良かった良かった」と言いながら船台でクルーを迎えました。クルーが到着したときに場内放送でレース結果が流れて、僅差のタイムに全員が耳を傾けてました。『2位、堂島RC~。タイム○×△□』の放送を聞いたとたん、全員が『おおぉ~っ!』と大喜び。チビッコも繰り返しジャンプして喜びが身体から溢れ出してます。艇の上でも全員がガッツポーズ。堂島RCの活躍で大いに盛り上がった初秋の一日でした~。

びわこ市民レガッタの様子はコチラから→http://picasaweb.google.co.jp/uradoweb

動画は右サイドバーの『ムービー』をクリックしてくだい。Imga0017

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

213.地道な活動は続きます

全日本も終わってしまうと、今年のシーズンも終わりに近づいた感じが急にしてきます。今年のインターハイ会場となっていました琵琶湖漕艇場では、インターハイの期間中、大学ボート部の新人勧誘ポスターとチラシを設置していただいてました。大会期間中はたくさんの高校生やコーチ、顧問の先生方に見て頂いていたそうです(残念ながら、問い合わせはありませんでしたが・・・)。大会が終わって、ポスターは撤収しましたが、漕艇場のご厚意に甘えて、チラシは今も設置していただいております。チラシには、大学ボート部の栄枯盛衰や高知の風情について記事が書かれています。今年のお盆には、高知大学の卒業生の方々が琵琶湖漕艇場に集まられボート体験をされたそうで、このチラシが高知を懐かしむのに一役かっていたそうです。いずれまた、全日本に参加出来るほどの部になるよう、地味ですが細々とできる活動は続けて行きたいと思います・・・。0011 0009 0010

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

212.グラシアスに期待の「超若手」新人デビュー!

今日は新しいメンバー、「O島さん」が来てくれました。若かりし頃、S和銀行の社内レガッタに7年連続出場し優勝経験もあるという素晴らしい経歴の持ち主です。しかも、グラシアスの平均年齢を一回り以上下回る超若手です!
今日はO島さんの長年の憧れであるスカルに挑戦しました。代表とペアを組んで運河に漕ぎ出します。初めてのスカルオールでの両手漕ぎにちょっと戸惑いましたが、久しぶりの水面の感触を楽しみました。次回はナックルを出して昔の感覚を思い出していただきましょう!グラシアスクルーとして市民レガッタにも挑戦していきたいですね!これからもがんばりましょう!!(by代表)0003 0004 0007

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

211.浜寺で練習してきました

9/13、いつも魚崎に来てくれている堂島RCのホームグラウンドの浜寺漕艇場で練習してきました。
私はシングルスカルを借艇(料金は860円/1h、オール込み)、堂島RCはお揃いのユニホームに身を固めナックルで練習です。練習は9:30過ぎから始めましたが、最初は漕ぐ人もチラホラでしたが、10:30を過ぎる頃からたくさんの人たちが漕ぎ出しました。全部で20艇以上(そのうち半分はシングルスカル)出ていましたね。淡路島から洲本高校もマイクロバスに艇とオールを満載して練習(合宿?)に来てました。
私のほうは、2000mをフルに取れる浜寺の広さを満喫し、ロング漕を休憩入れながら約9キロ。その後、500mのタイムトライアルをしましたが、下手な漕ぎでタイムは2分19秒もかかりガックリ。先が思いやられるなあ。
池D部長はじめ堂島RCの皆さん、またお付き合いしてくださいね。浜寺マスターズの山本さん、今後ともご指導よろしくお願いします。
P1000944 P1000945_2 P1000946 P1000948 P1000949
・1枚目
 「乗艇前に山本さんからエルゴの指導を受ける。エルゴは山本さんが購入した最新式。円高効果で16万!」
・2枚目
 「新型エルゴは、漕手のストローク中のピークがどこにあるかグラフで表示する機能あり。欧米ではストローク
 開始直後にピークが来るように漕いでいるとか」
・3枚目
 「皆さん続々と漕ぎ出します」
・4枚目
 「堂島RCの雄姿」
・最後
 「練習後の記念撮影。皆さんお疲れ様でした」
(by監督)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

210.復活したK田さんとグラシアス

先週 (29日)朝練をしましたが、神戸市民レガッタ直前に腸炎を患い無念のリタイアをしたK田さんが二週間ぶりに復活しました。
療養中は絶飲絶食で点滴生活だったそうですが、思いの外体力の低下は少なかったとの事で、しっかり漕いでました。
グラシアスからはS本さんとT中さんが参加、それぞれツーリングシングルスカルを漕ぎましたが、T中さんは初挑戦でした。
最初は苦戦しましたが、K田さんの水上でのコーチもあり、スムーズに漕げるようになりました。
ようやく気温も下がり練習しやすい季節になってきましたね。頑張りましょう。(by監督)1 2 3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

209.トライアスロン選手のMさんに聞いたトレーニング効果を最大限にする方法

私の知人のトライアスロン選手Mさんは、39歳の時に健康対策でトライアスロンを始めましたが、47歳の今年、40代カテゴリーで並み居るプロを尻目に(Mさんはフルタイムのサラリーマン)
国内ランキング1位となり、来年の世界選手権とアジア選手権に日本代表として出場することに
なりました(MさんのHPはhttp://www.eonet.ne.jp/~koji-ironman/)。
先日、そのMさんと会い、中高年がどのような点に注意してトレーニングを実施すれば効果が上がるのか、その秘訣を聞きましたので報告します。(順不同です)
①サプリ(プロテイン)を有効に使うと短期間で身体を作ることができる
 ・SAVASタイプ2、アミノバイタル3600がオススメ
 ・練習後30分以内、睡眠1時間前に使用。食事前の練習の場合、サプリの効果で
  食事量が減り、ダイエット効果もあり
 ・アミノバイタルは練習中も使用すると集中力が持続し練習効果が向上
②ストレッチをしっかり行う
 ・関節の可動域を広げると、筋肉の収縮、弛緩がスムーズに行え、乳酸の蓄積を
  遅らせることができる
 ・当然、故障もしにくくなる
③持久系トレーニングは心拍数管理をしながら(心拍数を一定にしながら)実施する
 ・毛細血管発達に効果があり、乳酸の蓄積スピードを遅らせることができる
 ・30分以上が望ましい
 ・心拍数の管理はハートレートモニターが有効。ポラール社かスント社のものがよい(※)
  ※殆どのハートレートモニターが腕時計タイプで、両手のふさがるボートでは見づらい。
   よいものがあれば教えてください
④普段からしっかり水分補給をする習慣をつける(1日2リットルくらい)
 ・ドロドロ血液をサラサラにすると乳酸の分解速度が向上し、疲労回復が早くなる
以上です。世界選手権に出るような人の取組なので簡単ではないかもしれませんが、Mさんの経験に基づいた内容ですので一つでも取り入れてみたら効果があるのでは、と思います。
(by 監督)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »