« 221.琵琶湖でシングルスカルの試合にでました(かいつぶり2009Y本代表の場合) | トップページ | 223.横浜市民ボートレースその1(関東組報告:コックスをしたNより) »

2009年10月22日 (木)

222.ナックルレース(かいつぶり2009)

「なんでいつも準決勝止まり?」レースの数日前にこんなことを考えて、レースの組合せと過去レースの記録を調べ初めたのが始まりでした。市民レガッタは300mレースが多いのですが、決勝に進むクルーのタイムは1分05秒レベルです。『高知酔鯨』や『魚崎RC』は1分10秒の壁をなかなか越えれません。だいたいが1分15秒前後です。とそこで、「300mスプリントレースだから、ノーミスでバンバン漕ぐことが絶対条件だわな」と思い、体力に絶対的な自身がない我らの考えを改め、今回のレースではスパートを入れる事にしました。スタートスパートとラストスパートを入れるだけでも2秒は縮まるのでは?特にスタートスパートで加速を付ければ、コンスタントも伸びて1本1本も軽く感じるだろう。調子に乗れば5秒くらいは縮まるかも?と考えました(←他のクルーでは当たり前にスパートを入れているのですが)。

レース前にレースの組み立てを全員で確認して予選に望みました。いつもは、スタートで置いてけぼりをくらってそのままゴールのパターンです。今回は、「スタートで先頭集団に入っていたい」そんな思いです。4艇レースの2艇上がり。スタートコールのあと、ノーミスでスパートへ突入。スパート10本を入れてコンスタントに。と、そこでクルーの位置は1位、2位争いで遅いクルー2艇を置き去り状態に。イメージ通りの展開です。相手は昨年1分10秒を出しているクルーだったので、当初からガチンコ勝負を予想してました。スタートスパート効果か加速も十分。艇は抵抗なくグングン進んでいる感じです。レース中盤を過ぎて相手が遅れだしたので、こちらも最後は流してゴールとなりました。タイムは1分11秒85。手応え十分なレースでした。

準決勝。1クルーが棄権したので、予選タイム的には2位通過で決勝進出間違いなしでした。が、準決勝ではオールと艇の相性が悪く、タイムも平凡な結果で、毎度の準決勝敗退という結果になりました。相手も蓋をあければメチャクチャ早く、我らの実力を十二分に発揮しても太刀打ち出来ない感じでした。今シーズン最後のレース形式のレガッタでしたが、十分に収穫の多いレガッタでした。

当日は昼前から風が出て、肌寒い1日でしたが、グラシアスの初勝利やY本代表・N谷監督の琵琶湖スカルデビュー、堂島RCの『おでん』の出張サービスもあって、話題満載のとても楽しい1日でした。

『かいつぶりレガッタ2009』の様子は右サイドバーの「フォト」から入ってください。

Rimg3600 Rimg3605 Rimg3604 Rimg3646

|

« 221.琵琶湖でシングルスカルの試合にでました(かいつぶり2009Y本代表の場合) | トップページ | 223.横浜市民ボートレースその1(関東組報告:コックスをしたNより) »

コメント

予選は気持ち良かったぁ~
準決勝は、艇に負けたような・・・・
悔しいですっ!
来季は決勝に残れるようがんばろう~!!

投稿: 代表Y本 | 2009年10月22日 (木) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/46526987

この記事へのトラックバック一覧です: 222.ナックルレース(かいつぶり2009):

« 221.琵琶湖でシングルスカルの試合にでました(かいつぶり2009Y本代表の場合) | トップページ | 223.横浜市民ボートレースその1(関東組報告:コックスをしたNより) »