« 225.遠漕会ならぬ近漕会? | トップページ | 227.武田大作選手にアドバイス貰いました »

2009年11月 3日 (火)

226.加古川で武田大作選手と2000mの試合をしてきました

10/30~11/1の期間、加古川では関西学生秋季選手権が開催されていまして、最終日の11/1、決勝レース前にエキジビションでシングルスカルの2000mレースが行われ、それに出漕してきました。こういうレースがあることは9月の須磨ローさんの艇庫開きの日にせむどんさんから聞いていたものの、その時はとても無理と考えていましたが、その後、気が変わり急に思い立って参加することにしました。参加料、借艇料はタダで実に有難いレースです。
初めての2000mレースですが、まあ何とかなるやろ、というノリで、朝6時に現地着。現地に着いて加古川ボート協会のN村さんから「今日のレースに急遽、武田大作選手が出ることになったよ」という話を聞きビックリ。何でも前日の学生向けのセミナーの後、せっかくだからと漕ぐことにした、との事。艇は神戸大のものを借用です。もとより武田選手も本気で漕ぐ気はなく、試合前には「スタートの様子を皆さんに見てもらいましょうか」という話になっていました。
出艇場所がゴール前のため、2000m漕いでスタート地点へ移動。下流から上流へ向かって漕ぐ為、若干の逆流であることを除けば波もなく風も弱く絶好のコンディション。武田選手の他は、せむどんさん、岡山大の若手OBのY上さん、そして私。事前の打ち合わせ通り、武田選手は我々の10秒後にスタート。スタートの様子を見させてもらう事に。武田選手のスタートは「ガッ、ガッ、ガーッ」という感じではなく、「サッ、サッ、サーッ」という感じでした。ところがスタートの速さは世界トップクラスとの事で、効率抜群の漕ぎ方なんですね。で、先にスタートしたもののすぐに追いつかれてしまいましたが、そこから何と武田選手は我々に合わせて「ノーワーク」で並漕。各人の漕ぎ方を見てレース中にアドバイスもしてくれるのですが、何せこちらは必死に漕いでいる為アドバイスもよく聞こえないし、息絶え絶えで返事も出来ません(武田選手、失礼しました)。
結果は当然ながら武田選手が1位、2位が私でして、タイムは9’12”83。残念ながら9分を切ることができませんでした。それにしてもめったに出来ない経験をさせていただきました。武田選手、関西学生ボート連盟、加古川ボート協会、そして一緒に漕いでくれたせむどんさん、Y下さん、皆さんに感謝、感謝です。
レース後、武田選手からいろんなアドバイスをいただきました。それは次回ご紹介します。(by監督)
※武田選手は、全国区の超有名選手なのでそのまま記載させていただきました。(管理人)
0031 0041 0051
写真解説
1枚目 レース後皆で記念撮影。右からY上さん、武田選手、私、せむどんさん、加古川ボート協会・N村さんと?さ ん(お名前伺えませんでした)
2枚目 レース結果
3枚目 賞状と副賞のビール券をいただきました

|

« 225.遠漕会ならぬ近漕会? | トップページ | 227.武田大作選手にアドバイス貰いました »

コメント

大阪タイガースさん、コメント有難うございます。
試合は、まったくの偶然でして、ホントにラッキーでした。
犬も歩けば棒に当たる、試合には出てみるもんですね。

投稿: 整体師 | 2009年11月 7日 (土) 05時07分

大阪タイガースさん、久しぶりの書き込みありがとうございます。
見ていただいてて光栄です。 
愛媛の鹿野川湖は四国インカレで行きました。
バスに揺られて、帰りは酔っ払い連れて大変でしたわ。 
結局高知まで帰れず、確か宇和島の駅前で蚊に刺されながら一晩過ごしましたわ…  
そんなことを思い出しましたわpaper 
また書き込み、よろしく頼みますよ!

投稿: 代表Y本 | 2009年11月 6日 (金) 12時28分

自分も高校2年の時、鹿野川湖で開催された、国体四国予選で、シングルスカルで対戦したことありますが、当時から滅茶苦茶速かったのを記憶にしてますcoldsweats01
対戦した選手が、今やオリンピックに出る程の有名選手になるとは思ってもみませんでしたけどねcoldsweats01
そんな方と、エキシビションとはいえ、対戦するとは、羨ましい限りですhappy01

投稿: 大阪タイガース | 2009年11月 6日 (金) 06時38分

初めての「沈」経験、おめでとうございます。 
シングルスカルの練習は、そこから始まります。 
くじけず魚崎でがんばりましょう! 
ちなみに、わたしは去年は魚崎で五回「沈」しました。すっかり平気になりましたわ。 

投稿: 代表Y本 | 2009年11月 4日 (水) 21時08分

ばっし~さん、シンスカに挑戦したんですか!
浜寺は試合用の艇しかないと思いますので、
いきなり難しいのに挑戦したんですねえ。その勇気に拍手です。
魚崎はフロート付の絶対ひっくり返らない艇ですから
安心してくださいね。
8日は私はあいにく終日ボートのインストラクター講習会出席で
魚崎に行けません。
ばっし~さんの雄姿見たかったですね。残念。

投稿: 整体師 | 2009年11月 4日 (水) 19時52分

那谷さん、お疲れ様です。2000mて凄いですね、僕は、昨日浜寺で、はじめてシングルスカルに乗って、チンしました。8日練習にいくのでよろしくお願いします。

投稿: 堂島ばっし~ | 2009年11月 4日 (水) 13時10分

なまはげさん、有難うございます。
並漕と言っても武田選手の漕ぎ方を拝見する余裕は
まるでありませんでした。艇をまっすぐ進めるのに精一杯で。
今から思えば実にもったいない事をしました。
2000mですけど、しんどさは1000mと変わりませんよ。
何とかなるもんです。
武田選手も年をとると2000の方が楽、と言ってました。
一番しんどくて漕ぎたくないのがナックルの300mだとか。

投稿: 整体師 | 2009年11月 3日 (火) 15時47分

感動!(いや~、すごいっ、の後に)
監督やりますね。やりましたね。
2000m漕への挑戦と完漕すばらしい。
武田選手との並漕、なかなかできませんね。
今年の監督の活動には、頭が下がります。ペコリ。
今年のMVPは決まりですね。MVPの賞品は何かありましたっけ。代表、認定証位は発行してくださいね。
監督、7日の朝練よろしく。魚崎レガッタに向けていきまっしょい。

投稿: 秋田のなまはげ | 2009年11月 3日 (火) 12時31分

Y本さん、N村さん、有難うございます。
いい経験させてもらいました。試合には出てみるものですね。
武田選手は長年日本のトップに君臨しているにもかかわらず
尊大なところがまるでなく、実に気さくな人でした。
素人のオッサンスカラーのレベルの低い質問にも丁寧に対応してくれ、
2000mの疲れもどこへやら。
いっぺんで武田選手のファンになってしまいました。

投稿: 整体師 | 2009年11月 3日 (火) 09時30分

すごいっ!
躍進する魚ロー監督整体師!
魚崎運河の新しい「誉(ほまれ)」誕生ですねっ!
間違いなく今年のMVPですねっ!
やりました!
ありがとう!!
おつかれさん!!

投稿: 代表Y本 | 2009年11月 3日 (火) 08時41分

いや~、監督すばらしい!今年のMVPですね!去年の瀬田HEADで後発の武田選手に高知酔鯨のフォアがあっさり抜かれたのを思い出しました。身近大会にトップ選手が参加してもらえるのもボート競技の特徴なのですね。

投稿: 魚ローN村 | 2009年11月 3日 (火) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/46659028

この記事へのトラックバック一覧です: 226.加古川で武田大作選手と2000mの試合をしてきました:

« 225.遠漕会ならぬ近漕会? | トップページ | 227.武田大作選手にアドバイス貰いました »