« 226.加古川で武田大作選手と2000mの試合をしてきました | トップページ | 228.ヘッドオブ瀬田 4+編 »

2009年11月 6日 (金)

227.武田大作選手にアドバイス貰いました

前回は武田選手と一緒に試合させてもらったことを報告しましたが、今回はその際にいただいたいろんなアドバイスを報告します。
ボート用語が多いので分かりにくいかもしれませんがご容赦ください。
①フォワードについて
ストレッチャーにハンドルが自然に引き寄せられるようにフォワードする事。ストレッチャーを「引き寄せようとする」と艇にブレーキをかけてしまうスカルの場合、手を前に出すのではなく横に広げる意識でフォワードするとストロークレンジを長く取れる。
②キャッチについて
「キャッチで水を掴む」は勢いよくオールを戻すことになりストロークレンジを短くしてしまう。「オールを置きにいく意識」で。
③ドライブ前半について
親指と人差し指でオールを引くと肩の三角筋が使われる。一方小指と薬指でオールを引くと広背筋が使われるので引く力そのものが強くなるし肩、腕のリラックスも容易。
④ドライブ後半について
ブレードは支点、ローロック部が作用点。従ってオールを押すのではなくローロック部を動かす意識が大切(この当たりの感覚は実際に艇を漕いでみないと理解しづらいと思います)。
⑤フィニッシュについて
最後まで引ききるフィニッシュを身につけるにはフェザーせずに漕ぐ練習が有効。
⑥バランスについて
シートの真ん中に座ること。これが出来ていない人が多い。艇速が上がればバランスもよくなる。ゆっくり漕げば誰でもバランスは悪い。
⑦最後に
ボートの試合はいかに艇を早く進めるか。単に人間が頑張って漕げばよいというものではない。常に艇速が出ているか、なめらかに進んでいるか意識すること。
武田選手がレース中に私に言ったアドバイスは「肩に力が入りすぎ。もっと足で漕ぐように」という内容であったと後で聞きました。上半身ガチガチの突っ込んだフォワードで艇にブレーキをかけピッチング引き起こし、これでは艇速が上がらない、という話でした。その原因は親指と人差し指でオールを引く事であるとの事。目から鱗でした。
その後、武田選手は母校の愛媛大のレースの応援に行きました。(by監督)

|

« 226.加古川で武田大作選手と2000mの試合をしてきました | トップページ | 228.ヘッドオブ瀬田 4+編 »

コメント

加古川西高 篠倉様
ご連絡ありがとうございます。
11/14-15はあいにく琵琶湖での「ヘッドオブ瀬田」に出ておりますので魚崎へは参りません。
次の22日(日)は10時~13時が定期練習日になっておりますので魚崎運河で活動します。
詳細連絡は、トップページのアドレス、又は下記携帯へ電話をお願いいたします。
090-6970-8801
魚崎ローイングクラブ 代表 山本

投稿: 代表Y本 | 2009年11月12日 (木) 17時32分

加古川西のササクラです。
度々すみません。

14日の土曜日14時ごろにしていただけないでしょうか?もし無理なら、ご都合の良い日を教えてください。

投稿: 加古川西ササクラ | 2009年11月12日 (木) 14時31分

加古川西高校ボート部顧問の篠倉(ササクラ)と申します。

活動や艇庫設備に関してお聞きしたいことがあるので、急ですが15日(日)PM3時ごろに艇庫にお邪魔してもよろしいでしょうか?


メールいただけると助かります。
ご無理申し上げてすみません。

投稿: | 2009年11月12日 (木) 13時24分

とにかくフォワード時のリラックスが重要と思います。
なかなか思うようにいきませんが、お互い頑張りましょう!

投稿: 整体師 | 2009年11月 7日 (土) 17時43分

ありがとうございます。
意識してやって見ます。

投稿: マレーの鯨 | 2009年11月 7日 (土) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/46686562

この記事へのトラックバック一覧です: 227.武田大作選手にアドバイス貰いました:

« 226.加古川で武田大作選手と2000mの試合をしてきました | トップページ | 228.ヘッドオブ瀬田 4+編 »