« 230.ヘッドオブ瀬田 2x編 | トップページ | 232.マレー通信1 »

2009年11月19日 (木)

231.ヘッドオブ瀬田 番外編

秋恒例のヘッドレース、3年前にヘッドに出る現役部員を手伝ったときに、『来年は出てみよう』と思いました。瀬田ヘッドレースは、瀬田川いっぱいにボートが浮いて、それはそれは楽しいレースです。はじめ、『7kmも無理や~』と言っていた皆さんも、レース当日は漕ぐ気マンマンで、今年のレースの楽しいぶりが文面や写真から伝わってきます。僕も、岸からレースを楽しみました。別の角度からの二日間のヘッドレースの模様をどうぞ。

初日。蹴り出しを手伝ったあと1×&4+クルーを迎えようと唐橋の上でスタートを待ってました。ほどなく東レ4+がレースを思わせるスピードで下ってきました。後続の4+も東レと同じ軌跡をたどって下ってきます。『いよいよ始まった~』って感じです。そのスピード感にコチラもドキドキしてきます。遠くに目をやると、黄色いユニフォームのフォアが小さく見えます。『高知酔鯨』です。が、なんと早くもスカルに捕まっているようです。スカルに囲まれて身動きが出来ないダンゴ状態で唐橋を通過していきました。左に曲がる瀬田川に逆行するように酔鯨フォアは右に寄って小さくなっていきました・・・。しばらくすると、上流の彼方にライムグリーンの姿が小さくでもハッキリと見えます。N谷監督です。遠くからでもちゃんと判別できる魚ローユニフォームのすごさ発揮です。N谷監督の漕ぎはしっかりとしていて、他の大学生とひけはとりません。コース取りもちゃんとしてました。ある程度、艇が通り過ぎた後、唐橋から川岸に移りました。なんと東レのフォアがもう帰って来ているではありませんか!「ドンッ」「ドンッ」って感じで、メッチャしっかりと1本1本のフィニッシュがきまっています。さすがでした。トップのスカルも力漕で昇ってきます。次々と数多くのスカルが戻ってきました。本当に多くのスカルが戻ってくるようになりましたが、酔鯨フォアは全く見えません。O島Jr.と『ママ、遅いね~』と話しなんかして、『トラブルかな?』と心配になってきます。それでも本当に戻ってきません。『マジで・・・』といよいよ心配になってきた時に彼方に小さく黄色いユニフォームが見えました。ノーワーク的のんびりロウイングで前を通過していきます。その姿をみてホッとしたのか、『ラスト!がんばれー!』の応援が『待ちくたびれたぞー!』に変わっていました。『アハハハ~』とCOXの笑い声。しばらくするとN谷監督のスカルが後を追って昇って行きました。N谷監督は疲労困憊でレースに参加しているって感じです。コチラは本気モード全開です。さすがです。

二日目。代表&黒Dペアの2×です。朝早いのにK鳥さんもクラブハウスに駆けつけてくれました。曰く、『昨日のフォアは、しんどくなる位まで漕げなかった。筋肉痛も何もない』との事(笑)。今日は、応援の他にエイト観戦も楽しみのひとつです。強風と三角波で凹み気味のY本代表を瀬田川に放り出し、昨日に続いて唐橋上で待機です。迫力満点のエイトをやり過ごすと、やたらオールの多いエイトが下ってきました。それは初めて見るオクトプルでした。そして、遠くに魚ローのライムグリーンが確認できます。本当に魚ローユニフォームはすごいです。徐々に近づいてきます。唐橋付近では、思った以上にしっかりした魚ロー2×でした。スピードもあったように思います。またまた、すぐに唐橋を降りて川岸に移ると、遠くにエイトの「ドンッ」「ドンッ」という響きが聞こえてきます。本当に戻りの早い東レです。オクトプルも続きます。多くのクオドやダブルが戻ってきますが、案の定、ライムグリーンの姿は見えません。色々な選手のオール捌きやブレードワークが見れて勉強になります。カヤックのスピードにもオドロキです。しばらくK鳥さんとボート談義をしているとようやく見えてきました、ライムグリーンの二人が。カヤックに紛れてました。黒Dさん、まだしっかりとしてます。Y本代表、ヘロヘロ状態です。目の前を通過する時には、せむどんさんのエイトがスイ~って抜かしてゆきます。ガンバッテ!って感じで今年のヘッドは終わりました。

4+、1×、2×の皆さん、ロングレースお疲れさまでした。秋のロングレース、いいですねぇ~。今年は岸からの観戦となりましたが、それはそれでけっこう楽しめました。来シーズンは是非エイトで出ましょう!Imga0049

|

« 230.ヘッドオブ瀬田 2x編 | トップページ | 232.マレー通信1 »

コメント

Hさん
そうですね、一番苦労して7Kmを漕ぎきったのは、4+のCOX ○島さんですね。
トップCOXやし、おじさんクルー(1名ヤングマン)やし、バランス悪いし、たくさんの1×にコースを譲る為キープライトを守らんといかんし、藻に引っかかるし。一瞬ゴールにたどり着くにかなーと不安になったと思います。あらためて、ありがとうございます。おじさんクルーを代表して。
マレーシアよりペコリ。とどくかなぁ。

投稿: マレーの鯨 | 2009年11月22日 (日) 18時46分

関西のみなさま、こんばんは。
先週はヘッドの様子を楽しく拝見していたのですが
次から次へと記事が掲載され突っ込み損ねてしまいました(笑)。
結構混雑した感じでこわそうですね?
HのおもうMVPは4+のCOXさんかな?
トップコックス艇だと後ろの視界が辛かったのでは。お疲れ様でした。

投稿: H | 2009年11月22日 (日) 18時12分

N村さん、
当日は何かとフォローしていただいて有難う!
序盤のコース取りはA達さんが迫ってきたので、A達さんの
進む方向なら間違いないと、進路を合わせていただけでした。
A達さんに抜かれてからはたちまち暗中模索状態でしたよ。

投稿: 整体師 | 2009年11月19日 (木) 19時29分

みなさん、お疲れ様でしたぁ〜! 
魚ローライムグリーン軍団がびわ湖・瀬田川を席巻できるよう、来季はもっとがんばりましょう!

投稿: 代表Y本 | 2009年11月19日 (木) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/46800169

この記事へのトラックバック一覧です: 231.ヘッドオブ瀬田 番外編:

« 230.ヘッドオブ瀬田 2x編 | トップページ | 232.マレー通信1 »