« 247.マスターズ4+ | トップページ | 249.さくら舞い散る大阪シティレガッタ »

2010年4月 3日 (土)

248.中川運河ロングレースに出てきました

3/28は名古屋市の中川運河で第37回ロングレースがあり、それに出てきました。
中川運河は昭和初期に生産物の運搬用に名古屋市中心部と名古屋港を結ぶために開鑿されたもので、ほぼ一直線。現在は運河として殆ど活用されておらず、流れも無いため絶好のボート環境を提供しています。試合は運河の上流から河口近くの漕艇センターまでの5.6Kmを一方通行で漕ぐもので、今回はシングルからエイトまで42クルー、100名弱の参加となかなか盛況でした。
シングルは21名(内高校生12名、大学生は無し)のエントリーです。無風静水の絶好のコンディションのなか、ゴール地点の漕艇センターを出発し5.6Kmを遡ってスタート地点へ。着いたら4クルーずつ5分刻みで即スタート。
結果は26’44”で21人中14位でした。1位は高校生で23’10”。それでも12人の高校生のうち2人には勝ちましたよ。
スタートからゴールまで全部で9か所の橋をくぐるのですが、橋桁の間隔が狭いところが多く、途中でぶつかりそうになりブレーキをかけたものの、橋桁に密着してしまい、バックローで脱出、さらに途中で注意喚起用のブイにリガーがひっかかり、もがくうちに外れましたが、合わせて1分はタイムロスをしてしまいました。それでも、試合というより密度の濃いロング漕の練習という感じで、充実した時間でした。これで参加費1000円、借艇料500円ですから、往復の交通費を入れても十分にお値打ちです。
去年の愛知マスターズでお世話になった愛知クラブの皆さんとも会え、写真も撮っていただき、たいへん楽しかったです。
021
名古屋市漕艇センターの全景
023
準備のできたクルーから順番に漕ぎだします
026
借艇(たぶん中国製?)を抱えて順番待ち
028
あぶなっかしい出艇
035
残り150m地点、最後の踏ん張り

|

« 247.マスターズ4+ | トップページ | 249.さくら舞い散る大阪シティレガッタ »

コメント

Y本さん、マレーの鯨さん、有難うございます。
実はブイに引っかかった時は沈と途中棄権を覚悟しました。
注意喚起用のブイはなぜかネットをかぶせて
固定してありまして、ローロック部分がネットに食い込み、
押しても引いても取れず、沈を覚悟で
左右に揺らしまくってやっと外れたんです。
どんどん時間は経過するし、愛知マスターズでの
沈を思い出すし、焦りました。

投稿: 整体師 | 2010年4月 3日 (土) 23時59分

監督、カッコイイ
魚ロウのユニホームがすがすがしさをかもし出しています。
お疲れ様でした。

投稿: マレーの鯨 | 2010年4月 3日 (土) 22時04分

監督、素晴らしい!お疲れさまでした!
沈せず無事の生還、おめでとうございます。
今年もガンガンがんばりましょう!
遅ればせながら着いていきますよっ!

投稿: 代表Y本 | 2010年4月 3日 (土) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/47981516

この記事へのトラックバック一覧です: 248.中川運河ロングレースに出てきました:

« 247.マスターズ4+ | トップページ | 249.さくら舞い散る大阪シティレガッタ »