« 254.1000mTT | トップページ | 256.シングルスカルより マスターズ2010 中編 »

2010年5月18日 (火)

255.フォアで1000,エイトで1000 マスターズ2010 前編

14日~15日にかけて兵庫県城崎の円山川漕艇場で開催されました「第3回全日本マスターズレガッタ」に参加してきました。一部の種目は魚崎RCでの登録でしたが、高知大学漕艇部OB会(涛溟会)として全国からOBさんが集まり、シングルスカル、ダブルスカル、フォア、エイトの4種目の1,000mレースにでてきました。2007年の高知総会から3年目の出来事です。

今回参加されたOBさんは、関東からはHさん、N西さん。関西からは、N波さん、K村さん、K鳥さん、早Kさん、N谷さん、O部さんと私。広島からは鳥Sさんの10名です。会場となる円山川漕艇場は城崎温泉の目の前、大会前夜には城崎温泉の寿司屋でミニOB会を開き、OB会のことや大学漕艇部の事など、いろいろな話しをして盛り上がりました。Imga0343

ダブルスカル:関東組のHさんとN西さんのペアです。この大会に向けて200kmの漕ぎ込みをされたそうで、関西組みは脱帽しきりでした。43歳~49歳のカテゴリーCに出漕。朝早く2番目のレースでした。結果は、6艇中4位。しかも4位~6位までは2秒差という接戦でした。Imga0378

Imga0383 フォア:N谷さん、K鳥さん、N波さんと私の関西組で編成したクルー。COXは神戸市漕艇連盟の伊Tさんにお願いしました。カテゴリーは50歳~54歳までのDです。レース相手は、カテゴリーC(43歳~49歳)の稲門ミドル、名古屋RC、元祖おやじクルー(瀬田RC)と同じカテゴリーの君津BCです。涛溟会は6レーン。全ての対戦相手をバウサイドに見ながらのレースです。スタート直後、Bの私がミスオールを出したものの、大きな失速はなく、隣の君津BCと併漕。でも瀬田RCや稲門ミドルの姿は既にありませんでした(笑)。レースは同一カテゴリーの君津BCとのマッチレース模様。500m付近ではキャンバス1/2位は我が方がでたものの、後半、相手はレートを上げて引き離しにかかりました。こちらは、一番艇が安定しているレートで水中強く漕いで引き離されまいと必死。1000mまで2艇がべったり併漕した状態でした(あ~しんどかった)。惜しくもやぶれはしましたがレースを堪能しました。タイムは1秒差で惜しくも金メダルを逃しました。1,000m全力で漕ぎきれたことに満足です。でも金メダルほしかったです。04 01 Imga0384

シングルスカル~エイト:後半につづく・・・。

|

« 254.1000mTT | トップページ | 256.シングルスカルより マスターズ2010 中編 »

コメント

良くも悪くも鶴見川漕艇場のヤマハ製ダブルスカル艇に慣れてしまった為か、4月25日に潮来で開催された大久保杯レガッタではリギングしたにも関わらずミス連発で惨敗、という結果でした。
21世紀になってからこれほど落ち込んだ事は無い、という位に落ち込み、その後の鶴見での練習でもどうもスタートが上手くいかずにマスターズ本番を迎えてしまいました。
円山川での前日の練習でもスタートには不安が。。。
ところが、レース番号2番という事が幸いしてか、2009年製の貸しオールを本番では確保でき、このオールが漕ぎ易いことこの上なく、これ程の差があるものかと驚愕。
おかげでレース本番では思い切り漕げました。
幸運と、スカル初心者の私に辛抱強く色々と教えて頂いたH先輩に感謝!の大会でした。

投稿: N西 | 2010年5月20日 (木) 12時51分

 みなさま、お疲れさまでした。城崎のスタッフの皆さんにも大変感謝!です。あのコンディションの中ほぼ定刻で運営した陰にはさぞかし多くのバタバタ・ご苦労があったかと。ありがとうございました。
 ダブルでは何度かごめんと叫びながら(失敗多し。N西さんごめんね)漕いでいました。でも準備していったものはほぼ出し切れたかなと思います。シングルでは、後半お花畑が見えました。もういまのHにはあれ以上のスピードは出ないです。でもシングル復帰久々だったので、漕ぎ切れて満足でした。どうもありがとうございました。
PS:Y本さん、寄付ありがとうございました。K鳥さん久々にお会いできて楽しかったです。謝謝。
ではでは。

投稿: H | 2010年5月19日 (水) 07時48分

伊Tさん、OBの皆さま、D島RCの皆さま、大会裏方の皆さま、全てのボート好きの皆さま、ありがとうございました。
感動shineそして出来過ぎですfuji
ダブル:一番の本気モード(出るからには、こうでなくちゃ)、中国D力は別格として、S田ローの2クルーに競り勝ったのは、なにげにすごい!Hさん、N西さん、遠方からのご参加、ありがとうございました。
フォア:Bはミスオールと控えめに言ってますが、あれはハラキリと言いますsmile しかし、焦らずに立て直し、中盤、少しリードする。はっきり言って「勝てる!」と思いました。後半、K津BCは脚蹴りでリード、しかしスパートを入れれば射程距離内でついていく。よし、ラストスパート・・あれっ?なんもなし?そのままの1秒差でゴール。カテゴリーD、最後の花道を飾ってあげた・・ってことにしておこう。後半、落ちるはずだったのにぃ~きっと当ブログのレース展開を見て、後半に体力を温存する作戦に変えたに違いない・・ってことにしておこう。中央のほうが流れが速く有利・・ってことにしておこう。岸からの応援の声、はっきり聞こえ、最後まで諦めずに漕げました。感謝。

以下、予告編(乞う、ご期待)
シングル:船台に帰ってきたお二人の艇には大量の水が・・shock エントリーしてなくて(したくてもできませんが)本当によかったと思った瞬間。
エイト:まさにぶっつけ本番とはこのこと。にもかからず練習量豊富なT青会に15秒差、出来過ぎです。大阪が予想外に速かったってことで・・バランスは非常によかったですよ。K村さんは1,000mは余裕だったとか。頼もしいお言葉。
ナックル:D島RCが、あのHイテンズに3秒差?!出来過ぎです。スタートが決まれば、恐ろしい存在に・・
全般:石を投げれば(失礼)60代、70代、80代に当たる。(最高88歳?! ナックルで500m漕ぐ?! エイトで1,000m漕ぐ82歳?! 信じられない光景)我々はひよっこ・・ってとこですか。

投稿: K鳥 | 2010年5月18日 (火) 23時09分

4+は負けたけどいいレースでしたね。
ライトパドルの方が艇速が出ているので、
レースの時もこのペースで、という伊Tさんの
目から鱗のアドバイスもばっちりでした。
このクルーでもっと漕ぎ込めば更に速くなりますね。
来年も頑張りましょう!!

投稿: 整体師 | 2010年5月18日 (火) 22時21分

楽しかった~。
1000mレースに出たのは32年ぶり
4+でゴールした時は感動して身震いがしました。クルーの皆さんありがとうございます。エイトでレガッタ参加は始めてでした。これもまた感動。
次もやれそうです。福島に是非参加します。
最高齢88歳の方が500mのナックルを漕ぎきっておられました。これも又すばらしい。あと30回全日本マスターズに出れます。Y本代表がんばっていきまっしょい。

投稿: マレーの鯨 | 2010年5月18日 (火) 21時27分

素晴らしい!
1000mを漕ぎきり、しかも接戦を演じたなんてっ!
レースの様子が目に浮かびます。
良かったですねぇ〜!

投稿: ペガサス | 2010年5月18日 (火) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/48389427

この記事へのトラックバック一覧です: 255.フォアで1000,エイトで1000 マスターズ2010 前編:

« 254.1000mTT | トップページ | 256.シングルスカルより マスターズ2010 中編 »