« 256.シングルスカルより マスターズ2010 中編 | トップページ | 258.全日本マスターズ参戦記 »

2010年5月20日 (木)

257.エイト マスターズ2010 後編

いよいよ各OBさんがいちばん楽しみにしているエイトのレースです。クルーは、C:N村、S:鳥Sさん、7:K鳥さん、6:N波さん、5:O部さん、4:早Kさん、3:K村さん、2:N谷さん、B:N西さんのメンバーです。K村さんはこの日のために5kgの減量をされたとか。エイトを差し上げ、エイトを肩に担ぎ船台まで歩きます。川側にエイトを返し水面に浮かべます。オールをセットして『蹴り出そう~1.2.3.』で船台を蹴り出します。そのひとつひとつをオールメン楽しんでいます。本番の今日の調子は、昨日の練習から比べるとまずますの状態。UP練習をやりながらスタートに向かいます。スタート地点に着いて時間待ちしていると、対戦相手のエイトが練習をしながらのぼってきます。力強いフィニッシュがバッチリきまったクルーばかりです。オールメン、ドキドキしながら食い入るように相手を伺います(この時、いちばん現役時代を思い出したのではないでしょうか)。

涛溟会は2~5レーン4艇レースの4レーン。強風の中、補助艇に助けられながらスタートに着け方向を正すと、クイックスタートですぐさまアテンション&ゴー!スタートはバタツキを抑えるべく低ピッチで丁寧にはいり、トラブルなくコンスタントに移行。周りをみると、何と涛溟会エイトはスタート終了後で3位のよい位置に付けています。サイド負けもなくレーンブイの中央をゴール目指して一直線に進んでいます。レース前は5レーンの大阪ボート協会さんとのマッチレースを予想していたのですが、その5レーンの大阪さんについで3レーンの東海大かもめ会をキャンバス一つ分くらい抑えて3位をキープしながら中盤へ。レース中、どうしても自分のオールが気になり、8人の頭がヨコを向きます。COXは終始『ヨコを見ない!省エネ!リラックス!後半もたないよ!』の声を掛けます。岸の距離標も読んで『今、600m!』のコール。中盤からは、東海大さんとはジリジリと間がひらいてセーフティの差を確保しているものの、1位の艇ははるか前を走っている状態。2位の大阪さんとも残りで詰めるのは難しい距離。ラストにバテて差されないように東海大さんを気にしながら『ラスト200!』。ゴール前のオレンジブイ区間に入るとすぐに『ビィ~ッ!』と1位のゴール音。オレンジブイの区間を結構長く感じながら涛溟会エイトも無事ゴール。1000mのゴールタイムは逆流・逆風の中で4分28秒26でした。涛溟会として3年前に総会をひらいて以降、大きな1歩でした。36 45 57 61 64 87 来年のマスターズは福島県で開催されます。今年参加できなかったOBのみなさま、来年の参加をお待ちしております。エイトは楽しいですよ!

|

« 256.シングルスカルより マスターズ2010 中編 | トップページ | 258.全日本マスターズ参戦記 »

コメント

エイトはえ~い。
これを考えながら漕いだわけじゃないです。でもアット言うまの1000mでした。
COXのN村さんスタートにつけるまで大変でしたね。それが印象に残るぐらいで、スタートしてからはまずまずのバランス(自画自賛)艇速もそこそこで漕ぎきったと思います。前日の練習では整調のT崎さんのハイピッチが心配でしたけど、さすがレースでは落ち着いたピッチで皆を導いてくれました。さすが。
私のまえのK鳥さん、しっかり漕いでましたね。やはり薬が・・・・。
漕いだ後はしゃいでいたK村さん練習に来て下さいよ。楽しみが倍増しますよ。
とにかく、クルーの皆さんありがとう
全日本マスターズに大きな名前を刻みましたね。来年もがんばりまっしょい。

投稿: マレーの鯨 | 2010年5月20日 (木) 23時01分

関東から遠征していただいた、Hさん、N西さん。
広島から馳せ参じていただいた鳥Sさん。
姫路から来ていただいたO部さん。
初めて参加していただいた早Kさん。
久々登場のK村さん。
事務局本当にお疲れさまでした、N谷さん。
地元で事務局をサポートしていただいた、N村さん、N波さん、K鳥さん。
みなさん、本当に楽しそうで良かったですね。
お疲れさまでした。
ありがとうございました!

私を含め途中で参加を断念した方も、
今回は最初から計画できなかった方も、
来年は、又は再来年は参加できるよう、
今から準備して行きましょう!

涛溟会エイト、マスターズで大健闘!
素晴らしい!よくやったぁ~!
ありがとう~!!
万歳~っ!!
\(^o^)/

投稿: ペガサス | 2010年5月20日 (木) 17時43分

皆さん、お疲れさまでした。楽しかったですね。
試合前はラフコンにバランスが崩れとても1000は保たず、
ダントツ最下位になるのでは、と内心心配してましたが、
自分でも驚くくらいのタイムで(組は違えど、全日本
エイト4連覇クルー中心のT青会と15秒差なんて信じられない)
やれば出来るもんだと感心しました。実に痛快です!
来年はもうちょっと上を目指しましょう!

投稿: 整体師 | 2010年5月20日 (木) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/48398550

この記事へのトラックバック一覧です: 257.エイト マスターズ2010 後編:

« 256.シングルスカルより マスターズ2010 中編 | トップページ | 258.全日本マスターズ参戦記 »