« 266.32年ぶりの関西漕艇選手権 | トップページ | 268.名古屋でエイトの試合に出てきました »

2010年7月20日 (火)

267.「沈」の回復練習が必要です

先日の朝錬でこの1年間で3度目の「沈」をやってしまいました。漕いでる最中にBサイドのオールが外れてしまったことによります。1回目は愛知マスターズでスタート地点に向かうために船台を蹴り出した時。2回目は朝日レガッタのゴール直後。今回もそうですが、いずれもローロックピンの締め忘れか緩みによるオール外れで、ホント学習能力ゼロですねえ。朝日レの時はゴール直後であったため、ローアウトして転覆した様に見えてしまい、大会関係の皆さんにはずいぶんと迷惑をかけてしまいました。
さて、今回は練習中だったので「これは回復練習するのに良い機会」と思いチャレンジしてみました。まずは転覆した艇を元に戻します。次に外れたBサイドのオールをローロックに
取り付け。次にそのオールを艇に直角に。反対側のSサイドのオールはあらぬ方向を向いているので、艇の下を潜って反対側に回りオールの位置を直角に。もう一度潜ってBサイドに出てBサイドのオールのブレードの向きを下向きにします。Sサイドのオールのハンドルをつかみ、Bサイドのオールとオーバーラップさせて左手で握ります。ここまで来たらもう少し。バタ足で体を浮かせて一気にレールの上に上体をかぶせます。ここで艇が安定するまで我慢します(この段階で我慢しきれず体の反対側のサイドが浮き上がって再び転覆が多い)。安定したらキャンバス部分に脚をかけて艇の上に腹ばいに。ここまで来たら大丈夫。
時間にして10分くらいだったと思いますが、やってみて思った事は「思いの外体力を消耗する」でした。イザという時にあわてないように慣れておく必要がありますね。
ところが魚崎運河の水質はお世辞にも良いとは言えず(透明度30cm!)、正直水に入るには勇気がいりますし、特に女性陣に不評です。とは言え安全面からも水のきれいな所に出向いて沈の練習会を開く必要性を痛感しました。
琵琶湖は遠いし、浜寺は水質は魚崎と変わらずだし、艇を借りられて近場となると加古川になりますかねえ。加古川の漕艇センターにはシャワーもあるそうなので、ちょうどよいのではと思います。近日中に企画したいと思いますので皆さん是非ご参加を!

|

« 266.32年ぶりの関西漕艇選手権 | トップページ | 268.名古屋でエイトの試合に出てきました »

コメント

加古川漕艇センターに聞いたのですが、
8月以降は借艇開始時間が9:30からという事で
この炎天下では健康上ちょっとリスクが高いと思います。
(7月中なら7:30からOKだったとのことでタイミングを
外してしまいました)
気温がもう少し下がるのを待ってから企画したいと思います。

投稿: 整体師 | 2010年7月24日 (土) 16時51分

賛成!
参加します!
再乗艇練習、去年出来ませんでした。
今年はやろう!と思いつつ、今日はやめとこ。の連続です…
海パン履いて着替え用意して参加しますよ!

投稿: ペガサス | 2010年7月20日 (火) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/48923264

この記事へのトラックバック一覧です: 267.「沈」の回復練習が必要です:

« 266.32年ぶりの関西漕艇選手権 | トップページ | 268.名古屋でエイトの試合に出てきました »