« 271.全国ボートクラブ選手権 | トップページ | 273.初めてのシェルフォア »

2010年9月 7日 (火)

272.加古川で沈の回復練習をしました

最高気温34℃の5日、加古川でシングルスカルの「沈」の回復(再乗艇)練習会を行いました。
参加したのはY本さん、伊Tさん、T志君、私の4名です。伊TさんはT志君の指導者として陸上から指示を飛ばす役割です。
私のへたくそな見本の後、Y本さんとT志君がチャレンジします。まずは1人で回復を試みますが、2人とも見事に成功! 2人は1回だけのチャレンジに飽き足らず何度もスカルから水中に転がり落ちては回復を試みました。
何回かトライしていると、時々どうしても回復できない場合が出てきます。その時は近くにいるもう1艇の補助を受けながらの回復になりますが、こうすると2人とも一発で成功、2艇連携すれば確実に回復出来ることもわかりました。
今回はバックステーなしのタイプのスカルでしたので割合に簡単にいきましたが、バックステー付きのタイプだと難易度は倍増します。次回はバックステー付きでもチャレンジしてみたいですね。
秋(暦の上ではもう秋ですが)にもう一度回復練習会をしたいと思います。イザという時にパニックにならないためにも、次回は是非多数の方の参加をお待ちしてます。
P10203281
まずはY本さんがチャレンジ・・・
P10203291 うまく艇によじ登れました
P10203221 続いてT志君がチャレンジ・・・
P10203241 何とか成功
P10203251 もう一艇が補助をする場合、バックローでスターン(艇尾)側から艇を接近させます
P10203261 補助者がリガーをしっかりつかんでやると・・・
P10203271 一発で乗艇できました。ちゃんとシートに腰かけるまでリガーを離さないことが大事です
P10203311 有意義な2時間でした。お疲れさまでした。(by監督)

|

« 271.全国ボートクラブ選手権 | トップページ | 273.初めてのシェルフォア »

コメント

わあー大変そう

足が水につかないのは、やっぱり怖いです。
ライフジャケットを着るのは・・・だめですよね。

これからのために、次回はチャレンジしてみます。


投稿: O島 | 2010年9月 9日 (木) 08時24分

うぇ~。沈回復って相当体力がいるのですね。1発目で「思いきって!」っていうのがコツですかね。沈するくらいにボートが漕ぎたいです・・・。

投稿: N村 | 2010年9月 9日 (木) 00時34分

そうですね。
1人では無理でも、もう1艇の支援があれば
誰でも再乗艇できると思います。
次回は、2艇での回復練習をメインにしたら
皆に成功体験をしていただけると思います。
ただ、魚崎はシャワー設備がないので・・・
早くお金を貯めないと。

投稿: 整体師 | 2010年9月 8日 (水) 19時36分

いやぁ~良かった良かった!!
去年からやりたいと思っていた「沈再乗艇訓練」がやっとできました!
実際にやってみて思ったこと。
①当然1回めが成功確率が高い。
②2回失敗すると体力を消耗し3回目以降の成功確率は格段に下がる。艇がひっくり返ると本当に溺れそうになります・・・・
③もう1艇が介助してくれると、3回目でも一発で乗れる。
結果わかった事。
シングルスカルの単独漕行はやはり危ないが、
2杯で行けば安全度は格段に増す。
しかし、助け方もあるのでこれはいっぺんやっとかないとわからない。
今回は助け方も習得したので、沈した仲間を何とかすることができます。
この訓練はシングルスカルを漕ぐ者は全員するべきです。
次回は魚崎で、できるだけ多くの人に参加してもらってやりましょう!
ボートを漕ぐ者にとって本当に有意義な訓練でした。
企画してくれた監督、細かいアドバイスをしていただいたI藤さん、ともに訓練したT志くん、みなさんありがとう!!
感謝感謝です!!

投稿: ペガサス | 2010年9月 7日 (火) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/49376876

この記事へのトラックバック一覧です: 272.加古川で沈の回復練習をしました:

« 271.全国ボートクラブ選手権 | トップページ | 273.初めてのシェルフォア »