« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

283.第1回須磨レガッタに参戦

10/24(日)阪神間で唯一の海水浴場として有名な「須磨海岸」で開催された「第1回須磨レガッタ」に参加してきました。
ここは昔は「神戸市民レガッタ」も開催されていた場所です。
神戸市の須磨高校、神戸工業高校(通称「市工」)の練習場所でした。
そのなつかしさもあってたくさんのクルーが参加されていました。
「魚崎RC」の初戦クルーは、C・O島、S・Y山、3・Y本、2・キャミー、B・K野、です。
浜風が強く、バウサイド方向に流されます。バウチョイローが続く中、アテンション・ゴッ!
大きくバウサイド方向に曲がって行きます・・・。
幸い一番浜側の3レーンなのでちゃんばらにはなりませんでしたが、大きく舵を切って、切り過ぎたのか2レーンに寄って行きます・・・。
結果、S字蛇行してしまい、2位でゴールイン。
ま、こんなもんですね。
敗者復活戦は、C・O島、S・Y山、3・磯B、2・Y本、B・K野、です。
1クルー棄権が出たので、和田岬蜂の巣クラブさんとの一騎打ちです。
メンバーを見るとシングルでは負ける若きメンバーが中心です。
これはあなどれない・・・・。
アテンション・ゴッ!
今度は真っ直ぐ進んでいるようです。
スタート直後から頭出たので、相手見ながら漕げます。
そのままゴールイン・・・・なのですが、ゴール直前からバウサイドが負けて、どんどん相手レーンに入って行きます。
ゴール後は完全に相手レーンに入ってました。
審判艇からしっかり注意を受けてしまいました。
でも、2次予選進出です。
2次予選は、C・K野、S・Y山、3・Y本、2・T志、B・磯B、です。
なんとか勝ち上がりたいっ!
アテンション・ゴッ!
スタート終わって、隣の浜寺Mより出ています!
その隣の神鋼クルーは遅れているようです。
いけるっ!!
中盤、相手が足蹴りを入れてきましたが、差はあまり縮まりません。
こちらは遅めのピッチで大きく漕いでます。
だんだん、差が縮まって来て追い詰められます。
コックスたまらず、「ラストスパート行こうっ!!」
しかし、悲しいかなピッチが上がりません・・・・・
なだれ込むように浜寺Mクルーとともにゴールイン!!
逃げ切った!と思ってましたが・・・・・
結果は0.5秒差で逆転2位・・・・・
残念・・・・無念・・・・・・悔しい・・・・・
浜寺M、恐るべし。宿敵です。
でもがんばりました。大海原で漕ぐのは気持ち良かったです。
また来年も須磨海岸で漕ぎましょう!
20101024080809 20101024080748
029 By Y本代表

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

282.第1回須磨レガッタに参加しました

24日・第1回須磨レガッタに参加しました。
はじめて海でのレガッタです。
思っていたより波が高く・・大丈夫かな~と心細くなって来ました。
いざ、スタートとはりきって漕ぎ始めいいスタートをきれたと思っていたのに、他のクルーのスタートミスで何度もスタートやり直しでした。
気を取り直して頑張りましたが・・。
さあ、次こそはと『敗者復活戦』。ゆっくり大きく合わせて・・頑張りましたが~時間の都合上『劣敗予選』は行われず。
3回目の試合は、『劣敗決定戦』全チーム中で最下位のタイム。
ここで、第一回須磨レガッタのビリになり、記録を残すか・・イヤイヤひとつでも勝つべく試合に望みました。
N監督のゲキの声に応えられるようしっかり足蹴りして頑張りました。
記録はなんと3回のうちで、一番いいタイムでした!
しかし・・結果は『奮闘賞』。
小雨の中での、表彰式。
皆様の記憶に残るグラシアスになれたでしょうか。
さあ、ここから上を目指し、出発です。
今年の冬は筋力つけるぞ~!
by O島041 058 072

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

281.第1回須磨レガッタ参戦記(URC編)

源氏物語「須磨」の舞台でもあり、近くには源平ゆかりの須磨寺のある須磨海岸コース(250m)で第1回須磨Regatta20101024日(日)開催されました。大会のテーマは「須磨の海で楽しくボートを漕ごう」でした。 

N谷監督によれば今から2030年前は須磨海岸はボートのメッカでいくつかの高校・企業や神戸市役所のボート部の艇庫があったそうです。ところが大火によりこれらの艇庫が消失し、当地のボート競技がすっかりと下火になったとのこと。夢よもう一度というわけかどうか(多分そうでしょう)、須磨ローイングクラブの主催により今大会の開催と相成りました。午前中は晴れていましたが、幸い試合が終わる3時までなんとか天気はもってくれました。あとは野となれ山となれで、雨脚が激しくなってきました。

さてさて、わが魚崎ローイングクラブも早速エントリーし参加しました。試合は、老若男女乱れてのクラス分けなしのガチンコレース。

予選Crew  B:K野さん 2:K山さん 3:Y本さん S:Y山 C:O島女史

1位:須磨RC/MKG 1m6s16 2位:魚崎RC 1m8s44(追込不足:Stroke:バテ気味) 3位:キャナロー行けMen’s 1m11s64

敗者復活戦Crew 2: K山さんに代わり磯Bさん

1位:魚崎RC 1m8s9(やりました) 2位:はちのすクラブ 1m13s65 

須磨RC/Kingstoneは棄権。

2次予選Crew  2:T志君 C:K野さん に交代。

1位:浜寺マスターズ1m3s21 2位 魚崎RC 1m3s74 3位 神鋼加古川Mix 1m6s14 

2次予選は若い力を投入し、万全の態勢で臨むも0.53秒の差で決勝進出ならず。しかしながら、会のテーマ通り、須磨の海で楽しくボートを漕ぐことができました。

特に私、Y山は魚崎RCのメンバーとして初めて参加させて頂きありがとうございました。まだ、デビューするには早すぎると思い、見学だけに行こう思っておりましたところ、どうせなら選手で出たらどうかという那谷さんの言葉に魅かれ、あと先を顧みず出場しました。案の定スタミナ不足。全力では200mが限度。もう少し練習します。あらためてありがとうございました。

by Y山(新参者)017 096 134 126

※当日の写真集はデータが届き次第、右サイドバーの「フォト」にUPします。明日は、グラシアス編の予定です。(by管理人)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

280.男子(おじさん)チームの快挙

2010年10月17日(日曜)天候暑くもなく寒くもなく絶好のローヤン日和でした。
「かいつぶりって何やん」って監督に聞いたら「湖底までえさをつつきに行く水鳥」って回答 納得。やけにスタッフにイケメンと今時ギャルが多いんで「どこ?」って監督に聞くと「S大」と「DS大」って回答。納得。
って前ふりはこのくらいにして、我が魚崎ローイングのAチームはC:N谷 S:池D部長 3:K鳥 2:キャミー B:I部さんの布陣で、Sが若手なので一般の部にエントリーという暴挙に打ってでました。
恒例によりこのメンバーでは初陣なので予選は肩慣らしってことでオールを合すことに集中。さすが池D部長、スタートから最後までピッチ34。ゴール後、I部さんと私は酸素不足で死人のように眠り続けました。
で敗者復活戦。監督の「コンスタントでは空中はゆっくり、水中は早く」ってアドバイスを池D部長がきっちり守ってくれて、な な な なんと一位通過。視界にすべてのクルーがいるってことはめちゃくちゃ気持ちがいい。加古川レガッタのシニア以来です。(視界の遥か向こうに堂島クルーがいました。後で聞けばシートが外れてしまったとのこと 残念です)
ゴール後、準決勝はいつって聞くとなんと20分後って答え。ガーン体力使い果たしている。
案の定、準決勝は最下位でした。地元消防署チームのシュワルツネッガー達や、つい最近学生を卒業したてみたいなラグビーチームやらは1分そこそこ。我がチームは1分15秒 この差は年齢の差です。
でもがんばりました。帰りアイスクリームとたこ焼きを食べ、女子達を車で送り届けた後、緊張の糸がはずれたのか太股がつりました。整体師さん治療お願いします。
楽しい一日でした。スタッフの学生諸君、協賛の企業の皆様、応援に来ていただいたY山さん、N村さん、T中さんの同窓生の方、そして一日裏方をして頂いた監督さんありがとうございました。 来週は須磨レガッタです。エンジョイローイング。(byきゃみー)0611
磯Bさんから、当日の写真を頂きました。右サイドバーの「フォト」からお入り下さい。(by管理人N村)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

279.かいつぶりレガッタ楽しかった

瀬田川の広さにびっくり!魚崎の運河より波も無くとても漕ぎやすくまたびっくり!
テクニックのない私でもうまくなったかなと勘違いする程でした。水も澄み天気も良く爽快。視界良く自然の中で食べるお弁当やおやつの美味しいこと。おっと忘れてはいけません、試合の方は残念ながら女子マスターズ1回戦は5チーム中4位、2回戦は4チーム中4位。スタート練習にも励み次回にリベンジをと思いを1つにしました。
男子1回戦は3位、2回戦はなんと1位、いいぞ~、でも最終戦は女子と一緒で・・・残念! 我が女子チーム一パワフルなT中さんの中学の同窓生の応援ももらいうれしいサプライズがあり良い休日となりました。それにしても暑かった。ビールとアイスクリームを買って帰ったN川でした。(byN川)0461 Fh000025

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

278.京都レガッタでエイトの1000mに挑戦

10/10(日)快晴、初めてエイトで1000mのレースに出ました。
相手は息子達のような年代の現役大学生です。
コックスの伊Tさん曰く、「なんと無謀な挑戦を・・・・・・」。
しかし、私達はチャレンジャーです。失うモノはありません。
私自身は予選前の練習で燃え尽き、スタート前には既にエクスタシーに達しておったのですが・・・。
予選メンバーは、C・伊T、S・S口、7・M川、6・平T、5・Y本、4・せむどん、3・K鳥、2・N村、B原D、です。
左右をK都大に挟まれてます。左のさらに向こうはS賀大が並び、4杯レースです。
艇が整調サイドに風で流されて2番チョイローが続く中、アテンション・ゴッ!
無我夢中でスタートを終わって、ふと気が付くと・・・
なんと勝っている!!S賀大が半艇身ほど遅れているではありませんか!
さらに左隣のK都大もまだ横に並んでいます。
こここここここれは、すすすすごいぃ・・・・
力が入ります。K都大は離れて行きますが、S賀大はなかなか追いついて来ません。
行けるかもっ!
と、思った瞬間、次なるハプニングが!!
なんと、隣のK都大が漕ぐのを止めて止まっているではないですかっ!
何が起こっているのか訳わからず、もしかして試合中止かも?
と思いながらも必死で漕ぎます。
なんと瞬間的に2位になって・・・・もしかして、まさかの予選通過?????
しかし、私達のレースは500mで終わってしましました。
K都大が再度漕ぎ始めると、あっと言う間に抜かれ、S賀大にも程なく抜かれ、後は、孤独な独自のローイングワールドにひたるのみです・・・・
しかし、1000mを無事漕ぎ終えて、みんな充実・満足でした。
500mのレースなら予選通過していたかも・・・と思いつつ・・・・

B決勝は、再びS賀大との一騎打ちです。
メンバーは、4番がN村光、2番がN谷に交替します。
予選で善戦したので、クルーは「もしかして・・・」と内心思っています。
スタート前に、「若いなぁ~」「年寄りは大事にせなあかんでぇ~」とか緊張感を失わせる神経戦を仕掛けます。
イザ!、アテンション・ゴッ!
スタートを予選よりピッチを落としてゆっくり目に出たのが裏目に出たのか、スタートが終わって、今度は逆にもう半艇身ほど差をつけられています。
あとは、なすがまま、きゅうりがパパ・・・・
疲れ果ててゴールインしました。
1日に1000m2本はなかなかきつかったす。
しかし、びわ湖でエイトで1000mの試合に出れるとは、本当に夢のようでした。
次は、エイトで瀬田川をゆっくり下りてみたいですね。
幸せな1日でした。
みなさんありがとう!!
また、がんばりましょう!!

代表Y本02 04 05 07 08 09 Imga0449

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

277.かいつぶりレガッタに向けての練習会

ボートシーズンも終盤になってまいりました。
11日は、17日のかいつぶりレガッタに向けての練習に、I垣さん・N川さん・O島と、T中さんの代わりにY山さんに加わってもらい、N監督に練習をみてもらいました。
以前、一度乗ったシェルフォアです。
いつもの魚崎漕艇場を越えて今まで行ったことのない所で練習しました。
途中で底に溜まった水をかきだしながらでしたが・・・。
ひとりひとりの漕ぎ方やオールの持ち方まで細かい所まで何度も練習できました。最後はなんとか揃って漕ぐことができました。
私は、はじめてのストロークです。
みんなで息があうよう、大きくゆっくり漕ぐことを忘れないように・・・。
楽しい琵琶湖での一日になりますよう、頑張ってきます!!

by O島101011_092101 Sn3f0010

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

276.今年最後のシングル1000m

はやいもので、シングルスカルの1000mレースは今回の京都レガッタで最後(多分)になってしまいました。何とか4分を切り、有終の美を飾りたいところ。魚崎から分割艇の「バマダ1」を持ち込み必勝を期します。
レースの組合せは6杯レースで4杯が準決勝進出ですが、同組の蜂の巣CのN川さんには勝てるとして(失礼!)、あと学生を1人食わないと勝ち残れません。事前に出漕者の実績を調べると、3人には逆立ちしても勝てない事がわかり、あと1人にどう食い下がるかが問題でした。
意気込んで艇を置かせてもらった龍谷大艇庫を出発しましたが、結果は2秒差の4’06”81の5位で敢え無く予選落ち。私の今年のシングル1000mは終わりました。
1本1本のストロークの強さが学生とはずいぶん差がありました。3分台も出なかったし、課題は来年に持ち越しです。
龍谷大の皆さん、お世話になりました。スタート前に声援をいただいた蜂の巣CのT崎さん、K村さん、瀬田ローのヴ~さん、K所さん、有難うございました。
次はHead of Seta、頑張るぞ!!(by監督)
P10203571

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »