« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月28日 (日)

321.第11回全国ボートクラブ選手権競漕大会参戦記

2011年8月21日、愛知県愛知池漕艇場で開催されました。第11回全国ボートクラブ選手権競漕大会(1000m漕)に魚崎RCよりは2チーム参加しました。

当日は10時から11時の間雷の伴う土砂ぶりで、あわや中止かと思われましたが、その後小雨となり、無事全試合が行われました。

その1:Double Scull
N監督と私Y山がTagを組み、Double Scullに出場しました。Y山にとっては高校以来の50年ぶりの1000m競漕。完漕できるのか不安は募るばかり。世界マスターズは年齢は5歳刻みのレースですが、この大会は15歳刻み。45-59歳の熟年の部には5チームがエントリー。新潟RC-A(平均年齢46歳。以下同じ)、新潟RC-B(59),瀬田漕艇C(50)、MBCパルテ会(54)、我が魚崎RC(59)。

N監督曰く『年齢と筋肉マン度より新潟Aと瀬田には歯が立たないので、3位を目指そう』ということで『Attention...Go!』。予定通り750mはパルテ会と競り合いながらも3位通過(写真を見てください!)。ところがどっこい、最後の250mでY山がバテてパルテ会に追いつかれ4位でゴール。

N監督の足を引っ張り、シンドイことこのうえのないレースでしたが、曲がりなりにも1000mを漕ぐ事が出来嬉しい限り。また、なお嬉しいことに、賞金2000円がでました(一杯飲み代の足し)。

その2:Single Scull熟年の部(45-59歳)
N監督はDouble ScullとのDouble Entry。Single Scull予選は2位で通過。その後に上記のDouble Scull出場。また、1時間後には当日の最後のハイライトレースのSingle Scull決勝戦。結果は6選手中3位でしたが、大忙しの3レース目にも拘わらず予選のTimeより10秒も時短。立派!

快い試合の緊張を味わうことができ、楽しい1日でした。次はバテないように努めます。

By Y山198 045 065 251 279

写真1:大会スローガン
写真2:Double Scull戦 750m地点
写真3:Double Scull ヒョーショージョー
写真4:Single Scull決勝 800m付近
写真5:Single Scull ヒョーショージョー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

320.フロート無しのシングルスカルに初挑戦・第2弾

お盆の14日、朝練にはY山さん、K野さん、T中さん、N谷の4人が参加しました。中でもT中さんは先週の神戸市民レガッタ・フロート付シングル2位の余勢を買ってフロート無しのシングルに挑戦しました。
最初はコワゴワでソロソロと方向転換をしていましたが、バランスを崩した時にパニくってオールから手を離してしまいあえなく沈。幸い船台のすぐ近くだったので難なく泳いで上陸できました。普段ダイビングで鍛えている人は違いますね。普通はここで意気消沈してしまうのですが、Y山さんの「どうせ濡れたんだから」の声に押され、T中さん勇気を出して再挑戦。
再挑戦は開き直りが功を奏したのか、たちまちコツをつかみグイグイ漕ぎだしました。なんでこれが今まで出来なかったのか、横で見ていて不思議なくらいです。ツーリングスカルが漕げたらレース用のスカルもすぐ漕げるようになります。そうなれば、他の水域のスカルの試合にも参加できるようになります。先日のN川さんに続き楽しみが増えましたね。(by監督)Cimg7774 Cimg7785

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

319.平成23年度 第49回神戸市民レガッタに参戦

8/7(日)魚崎運河にて7団体34クルーの参加にて開催されました。
神戸市民レガッタが魚崎運河で開催されるようになって4年目になります。
種目は4種目
①フロート付ツーリングスカル、②シングルスカル(初級)、③シングルスカル(中級)、  ④ツーリングダブルスカル、 参加者は小学生から現役高校生、中年おっさんスカラー、ご婦人スカラー、実年・熟女スカラーまで、まさに老若男女入り乱れての対戦となりました。 試合中沈もありましたが、ほぼ時間どおりに進み、真夏の熱い戦いを無事終えました。結果は、①フロート付スカルで、T中さんが準優勝。②シングルスカル(初級)で横Yさんが優勝。Y本が準優勝。③シングルスカル(中級)で監督が見事優勝。を成し遂げました!!(by Y本)1 2 3 4

レースの模様は右の『フォト』からどうぞ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »