« 324.高下駄履いてシングル1000mで4分切り達成! | トップページ | 326.琵琶湖市民レガッタ UOZAKIレディース編 »

2011年9月26日 (月)

325.琵琶湖市民レガッタ UOZAKIダンディーズCOXより(予選)

今年の琵琶湖市民レガッタでCOXをした。S:T内,3:K鳥,2:N村(光),B:Y山というメンバー。50歳台二人、60歳台(正直65歳)二人という年齢を考えると市民シニアでもいいくらいだ。いつもながら、300mという短い距離にスタスパで行けるところまで行くというのが、戦法の常道であるが、クルー年齢を考えてコンスタントを入れることにした。しかし、スタートで頭を取らなければ、短い距離での逆転は難しいので、乗艇前にクルーに伝えた戦法は、                                                 スタート(5本)→スパート(10本)→ハイレートコンスタント→状況に応じてイベント(足蹴り+レート2枚上げ)→足蹴り(3本)→ラストスパート というもの。この予選では、毎年のように優勝しているK阪とあたっている。『優勝候補のK阪には絶対に勝てないので、敗復で有利な組み合わせになるように2位狙い。全部で30本程度のロウイングでスタスパが終わったら残り20本』と全員で確認して、レートを上げる練習をしながらスタート位置に付た。

                                                     相当流れが早いなか、アテンション&ゴッ!。スタート決まった!K阪が頭ひとつ出ているが予想どおり。スパート終えた時点で2位・3位争い!思いのほかいい位置に付けている。ここでK阪は1艇先を走っていたが、『お先にどうぞ!』って感じでCOXの視界からは完全消去。距離は100mを通過したあたり。ここで2番手の頭を取って3位の相手を見ながら漕げるようにしたい。『加速するぞーッ!!』のコールとともにすぐさま足蹴りのイベント5本を投入。艇速伸びている!続けざまにレートを2枚上げる。どうやら2番手を走っているようだが、3番手とはキャンバス差程度しかない。ハイレートコンスタントを2~3本漕ぐか漕がないうちに200mのランドマークが近くに迫り、ゴール目前。すかさず足蹴りイベント3本に続けてラストスパートのコール。レートを上げられるところまで上げたが5本も漕がないうちに『ビッ!』とゴール音。                                                作戦どおり、2位をゲット。タイムは1位K阪の1'02秒代に次ぐ1'09秒。65歳ローヤーが2人もいるにもかかわらず、他の組をみてもなかなかのタイム。かなり忙しい300mだったが、オールメン渾身のロウイング。COXもマジにやると面白い。2309251 2309252 クルー名に合わせてダーティな文章で仕上げました(笑) ひさびさのby N村

|

« 324.高下駄履いてシングル1000mで4分切り達成! | トップページ | 326.琵琶湖市民レガッタ UOZAKIレディース編 »

コメント

あ〜いいですねぇ〜
試合の緊張感がビシバシ伝わって来ますよ。
次の試合は如何に!?
乞うご期待!
ですなっ!
早く載せてっ!

投稿: Y本 | 2011年9月26日 (月) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/52831046

この記事へのトラックバック一覧です: 325.琵琶湖市民レガッタ UOZAKIダンディーズCOXより(予選):

« 324.高下駄履いてシングル1000mで4分切り達成! | トップページ | 326.琵琶湖市民レガッタ UOZAKIレディース編 »