« 374m.全日本マスターズレガッタ参加の記 | トップページ | 376m.全日本マスターズ 番外編 戦い終わって »

2012年6月 7日 (木)

375m.全日本マスターズ4+ カテゴリE(55歳~59歳)

”魚崎RC、本日5本目のラストレースはカテゴリーE男子4+。シングルN谷監督の僅差の2位がありましたがここまで金メダルゼロの魚崎RCとしてはなんとか一つ持ち帰りたいところ。クルーはCox:N谷監督、S:T崎、3番:N波さん、2番:N村広報、B:Y山さん、N波さんは本日2本目、Y山さんにいたっては3本目の1000mです。
前日練習ではSサイドの力負け(整調:T崎の力不足が原因か?)が見られたもののどうにか良い感じ(?)でレース本番に臨みました。相手は団塊号(高峰)一クルーのみ、レースはカテゴリーFの2艇を加えた5杯レースでスタート。「アテンション」・・・・・(長い)・・・なかなかゴーのコールが掛からない。まるで艇が曲がるのを待ってるかのように長い。長い間の後「ゴー!」のコールと同時に各艇一斉にスタート。
長く待たされたこととは関係なくスタート1本目からいきなりミスる魚崎RC、整調T崎、スタートダッシュ5本の内何本まともに漕げただろうか?(おそらくCoxはスタート直後相当ラダーを引いたと思われる)。当然、隣の団塊号は視界から消える。しかしまだ100mもいっていない、大丈夫だ。スパートの後コンスタントに落とし少し落ち着きを取り戻したところで団塊号からも離されていないことを確認。よし行ける、と思う間もなく今度はバランスを崩したところで慣れないBサイド3番のN波さん、フェザーでミスり減速、またしても団塊号から離される。コンスタントでは付いていくも差は縮まらず中盤Coxの仕掛ける足蹴りもさほど効果なくラストスパートもなかなか上がらず結局カテゴリーF、2艇にも大きく離されまったく見せ場を作れず完敗。
マスターズでのメダル獲得はまたしても次回に持ち越しとなりました。私、T崎個人的にはたいへん悔しくもありまた練習もせずに参加させて頂いたことに申し訳ない気持ちも強く感じたレースとなりました。今後はエンジョイローイングとエキスパートローイングの融合(意味不明?)を目指して行きたいと思います。魚崎RCの皆さん、ありがとうございました。(広島から参加のT崎)071

|

« 374m.全日本マスターズレガッタ参加の記 | トップページ | 376m.全日本マスターズ 番外編 戦い終わって »

コメント

T崎さん、N村さん
申し訳ございませんでした
この種目にのみエントリーされているのに
足を引っ張りました。
2?3回ぐらいキャッチで切り込んでしまい
艇速を落としてしまいました。
どちらでも漕げるようにしとかないといけませんね。3番での1000mは初めてでした。
精進します。ペコリ。

投稿: マレーの鯨 | 2012年6月 8日 (金) 03時05分

みなさん、お疲れさまでした!
今年もカテゴリーFの4+は2艇レースだったのですね。
みなさんの戸田での活躍を拝見して、羨ましい限りです。
私もスカルがまともに漕げるようになりたいです。
やっぱり漕がないと楽しくないweep
魚崎へなかなか足が向かず、悶々としております。

投稿: K鳥 | 2012年6月 7日 (木) 23時45分

T崎さん、皆さんお疲れ様でした。
N波さんは普段漕いでないBサイドでいきなり1000を
漕ぐ事になって申し訳なかったです。
やはり急造クルーでは勝つのは難しいですね。
コンスタントでは差が無いのに、カスリ、切れ込みと
ミスオールする度に相手との差が開き、
COXとして何も手を打てませんでした。申し訳ないです。
次回からはサイドの力のバランスが取れない時は
クォドでの参加も考えて行かないといけませんね。

投稿: 整体師 | 2012年6月 7日 (木) 21時23分

みなさん、お疲れ様でした!!
天下の戸田コースに「魚崎RC」の名前がとどろきましたねぇ~
監督はいよいよ全国区になってきました!
さすがです。
Y山さん、N波さんも日頃の練習の成果が出ましたね。
T崎さんも広島からの遠征ご苦労さまでした!
また加古川で漕ぎましょう!
これからもみなで幅広く活動して行きましょう!!

投稿: 代表Y本 | 2012年6月 7日 (木) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/54879514

この記事へのトラックバック一覧です: 375m.全日本マスターズ4+ カテゴリE(55歳~59歳):

« 374m.全日本マスターズレガッタ参加の記 | トップページ | 376m.全日本マスターズ 番外編 戦い終わって »