« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月24日 (火)

381m.スカル再乗艇練習会行いました

先週から急に暑くなりましたね。暑くなり出した最初のうちは体が順応できておらず熱中症になりやすいので、皆さん水分補給はたっぷりと行いましょう。
さて、22日の日曜は毎年実施しているシングルスカル再乗艇(沈の回復)練習を行いました。
参加者はY山さん、N波さん、堂島RCのT谷さん、N谷の4名でした。
スカルの再乗艇は体重や体の柔軟性等で単独では難しい人もおり、今回は僚艇の補助を受けながら再乗艇する方法を中心にしました。
これならほぼ100%再乗艇出来ます。
とは言え助けられる側は疲労していたりパニックになったりしているので、助ける側が落ち着いて行動する必要があります。そのためにはやはり経験を積んでおくことが大事。
今回はY山さん、N波さんが助ける側、T谷さんとN谷が助けられる側でした。コツさえ覚えればすぐ対処できるようになります。出来るだけ多くの人に覚えてもらいたいと思います。
助けられる側で要領をつかんだT谷さんは単独での再乗艇にも挑戦。スカルが漕げないにもかかわらず、見事に再乗艇に成功しました。
練習後はY山さんとN波さんはT内さん、K原さんと翌週の神戸市民レガッタのブイ敷設作業、T谷さんはツーリングスカルで乗艇練習、皆さん暑い中たいへんお疲れ様でした。(by 監督)
P1030054 P1030055 P1030062 P1030065

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

380m.新艇進水式、無事執り行われる!

7月8日(日)快晴。
10時から神戸市漕艇連盟、魚崎艇庫前にてダブルスカル2杯、シングルスカル1杯のお祓いと進水式が行われました。
日頃魚崎運河で練習しているボート愛好者が約30名集まりました。宮司さんはB田会長です。
うやうやしく「お祓い」をササッ~、ササッ~とした後、悠長な「祝詞」が魚崎運河に響き渡ります。見事なもんです。そのあと、参加者が一人ずつ「榊」を奉納します。さらにB田宮司会長が「お神酒」を新艇にかけていきます。最後に全員で2礼2拍1礼して、滞りなく進水式が終わりました。7月29日に魚崎運河で行われる「神戸市民レガッタ」は、この新艇ダブルスカルを加えて5種目で開催されます。ますます装備が充実する神戸市漕艇連盟の魚崎艇庫です。これからもガンガン漕いで、魚崎運河を拠点に活動するボート愛好家をどんどん増やしましょうぞ!022 023 026 081

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

379m.魚崎艇庫に新艇入りました

7/7の七夕の土曜日朝、魚崎艇庫にダブル2艇、シングル1艇の新艇が入りました。
いずれも桑野から買った中古艇ですが、どれもきれいなものです。
早速、伊Tさん、T内さん、朝練に参加していたH口さん、Y山さん、N谷の5人でリガーを取りつけました。
艇名はダブルが「中勇1」「中勇2」で、先日亡くなられた中村勇司前神戸市漕艇連盟会長にちなんで命名されました。
シングルは主たる寄付者のN波さんのご希望で「アトム」です。
一気に艇庫が狭くなってきました。ガンガン漕いで艇を活用しましょう。
明日7/8、9:30から帽田宮司(神戸市漕艇連盟会長)によるお祓いと進水式です。P1030043 P1030045

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

378m.関西選手権、今年も準決勝進出!

6/30~7/1の関西選手権(於浜寺、2000m)に今年もシングルで参加しました。
今年の目標は、現役学生の最低1人には勝つ事(これは毎年同じ)と2000mの自己記録8’30”の更新です。
初日の予選は5クルー(トヨタ紡織、瀬田ロー大阪、京大G、福山大、私)の2杯上がりでしたが、逆立ちしても勝てないトヨタと京大が棄権。瀬田ローか福山大のどちらかに勝てば予選突破出来る、またとないチャンスではありませんか。
無風静水の絶好のコンディション。前半で瀬田ローには置いて行かれましたが福山大は5~6艇身のリード。最後追いあげられましたが逃げ切って予選突破。タイムは8’22”の自己記録更新。棄権に助けられたラッキーな勝ち上がりでした。
当然ながら準決進出クルー中タイムは最低。私より速いのに敗復落ちしたクルーがたくさんいました。歳に免じて許して下さいな。
その日は早めに自宅に帰ってゆっくりしましたが、翌朝起きるとやはり疲れが残っています。なかなか回復してくれません。
12 
いささかの不安をかかえて準決へ。6クルー(瀬田ローS、佐賀大医学部、長崎大医学部、京大D、京大F、私)中の1杯上がり。勿論私の持ちタイムが最低。勝ち目はないので予選で最も私のタイムに近い京大Fの子にどれだけ食い下がれるか、そして自己新を狙いました。
結果は惨敗。前半に後れを取り後半も艇速上がらず、8’29”の最下位でした。なかなか思うようにいきませんね。難しいもんです。
しかし今回の2レースで、どんな練習をすれば2000のレースが速く漕げるか、少しわかった様な気がします。来年に向けての課題としておきましょう。
初日、早朝から応援に来ていただいたH口さん、2日間にわたってサポートしていただいたY山さん、有難うございました。感謝申し上げます。艇庫を使わせていただいた浜寺RCさん有難うございました。また宜しくお願いします。3 4

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »