« 384m.2012年世界ローイングマスターズレガッタ(ドイツ・Duisburgデュイスブルク)参戦 | トップページ | 386m.ワールドマスターズレガッタ参戦記・Galaパーティー編 »

2012年9月17日 (月)

385m.ワールドマスターズレガッタ・D1X編

午前中実施のダブルの予想以上の出来にうれしくて、Marcさんが買ってきてくれたビールを一気に飲み干してからシングルの試合がまだ残っていたのを思い出しました。
やってもうたー。だがスタート時間まで3時間以上あるのでノープロブレムと、借艇時間になるまで艇庫の2階の休憩室のソファで寝てすごしました。
借りたシングルはロンドン五輪でエジプトが使用したカーボンリガーの軽量級艇。ササッとリギングを済ませ船台を蹴り出し、回漕水路を通って待機場所まで。
借りたコンセプトオールはブレードがシャフトに対し垂直方向に湾曲したもので、Y山さんも書かれてましたが抜群に水の掴みが良く素晴らしい感触でした。(その代わりオールが重く感じピッチが上がりませんが)
風は残念ながら逆風。馬力勝負になるので軽量級には不利ですが仕方ないですね。タイムはあきらめていかに欧米人に食い下がれるかに目標を変更しました。
スタート(8レーン)につけると2艇が棄権で5艇レースの模様。すぐに2ミニッツのコール。隣で漕ぐのは映画ロッキー2で敵役のロシア人ボクサーを演じたドルフ・ラングレンのようなドイツ人(この人はC1Xの試合にも出て1位を取ってました)。相手にとって不足無し(いや、手に余るかな)。
ACMが浮上してバウボールを固定。スターン側キャンバスを保持していたドイツ人の小学生の子が「グッドラック」。嬉しいなあ「ダンケシェーン!」。ロールコール(都市の名前を呼びます。我々は「ウオザーキ」でした)の後アテンション・・・プーで飛び出しました。
スタートスパートが決まって200mまでは1位。しかし1本1本の漕ぎの強さが違いすぐに並ばれ徐々に差をつけられていきました。500m過ぎて最下位のラトビアには大差をつけて4位はほぼ確保しましたが、思うようにレートが上がらず艇速も伸びないまま。上位3人には後半も差を広げられ結局3位のイギリスに7秒差の4位でゴール。タイムは4’14”81でモロに逆風の影響が出た形になりました。
1位はクロアチアで3’53”。逆風でなければ3’40”くらいで漕ぐんでしょう。私の年代ではそれくらいでないと勝てないということですね。最下位は免れ最低限の目標は達成し、取り敢えずは一安心。巨漢の外国人相手にいつもトップ争いを演じる瀬田ローのA達さんのすごさを改めて実感しました。
それにしてもオリンピックや世界選手権気分を味わえた実に楽しいレースでした。サポートいただいたY山さん、応援と合わせ写真も撮っていただいたY山さんの奥さんとお嬢さん、有難うございました。402
写真① スタートの瞬間。手前からラトビア、イギリス、クロアチア、ドイツ。そしてN谷
405
写真② スタート後100m。トップをキープ
770
写真③ 結果

|

« 384m.2012年世界ローイングマスターズレガッタ(ドイツ・Duisburgデュイスブルク)参戦 | トップページ | 386m.ワールドマスターズレガッタ参戦記・Galaパーティー編 »

コメント

ペガサスさん、有難うございます。
実に楽しかったですよ。
行く前に桑野の古川社長より「勝ち負けより交流が大事」
とアドバイスされてましたが、ホントにその通りですね。
会話が出来ないと「損」に感じました。

投稿: 整体師 | 2012年9月18日 (火) 23時07分

監督、お疲れ様でした!
素晴らしい体験でしたね。
世界で堂々と戦うなんて、
すごいっ!の一言です。
これからも益々の活躍を期待していますよっ!

投稿: ペガサス | 2012年9月18日 (火) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/55676447

この記事へのトラックバック一覧です: 385m.ワールドマスターズレガッタ・D1X編:

« 384m.2012年世界ローイングマスターズレガッタ(ドイツ・Duisburgデュイスブルク)参戦 | トップページ | 386m.ワールドマスターズレガッタ参戦記・Galaパーティー編 »