« 390m.高知大学涛溟会 第7回琵琶湖総会 | トップページ | 392m.京都レガッタエイト 男子予選 »

2012年10月 8日 (月)

391m.芦屋浜まで足を伸ばしました

7日の日曜は波も穏やかだったのでY山さんとシングルで芦屋浜方面に出かけました。
以前に芦屋浜まで出かけていたT田さんとT畑さんから「深江大橋の向こうはコンディション抜群」と聞いていましたので、行ってみたかったところです。10/28のエイト遠漕会の下見になりました。
魚崎を出てから深江大橋までの1.5kmは頻繁に出入りする釣り船の波で四苦八苦しますが、そこを越えると後はベタ凪の別世界。
芦屋海洋体育館の手前まで行きましたが、特に芦屋浜の水路は(正確には潮見町・若葉町・高浜町と南芦屋浜の間の水路)5レーンの1000mコースが余裕で取れます。波もさざ波程度で、しっかりインターバルトレーニングも出来ました。
兵庫の国体予選もラフコン名物の城崎・円山川や雨ですぐ使用不可能になる加古川よりもここでやればよいのにと思います。
遅れてT田さんも来られましたが、朝8時を過ぎたころからモーターボートと水上スキーが登場、残念ながらまともな練習は不可能になってしまいました。
T田さんによると浜寺の水上パイクやモーターボートは多少ボートに配慮してくれるが、ここは容赦なしとの由。日頃ボートを見ないんだから仕方ないか。
それでも、朝早ければいいコンディションで練習が出来るのでこれからも活用してボートのPRにも努めましょう。P1030189 芦屋川河口付近から六甲山頂を望むP1030191 芦屋浜水路

|

« 390m.高知大学涛溟会 第7回琵琶湖総会 | トップページ | 392m.京都レガッタエイト 男子予選 »

コメント

漕ぐ人がいなくなったところの穴を埋めるように、
水上バイクのような新しいレジャーが普及
したんでしょうね。
一度手放した「権益」を取り戻すのは
極めて難しいと思います。
少しずつでも認知度を高めていくしかないような
気がします。

投稿: 整体師 | 2012年10月13日 (土) 12時43分

高校生の頃(約40年前!)
商船大からナックル艇を出して、
深江大橋から芦屋浜までの
約1kmの運河が練習拠点でした。
当時は海は真茶色で、白波ではなく茶色波を立てて漕いでいましたよ。
芦屋浜南側のコースは、
約20年前は芦屋海洋体育館から艇が出せて
ボートの練習も活発に行われ、県大会等も開かれたと聞いています。
その後諸般の事情により、
漕艇練習が出来にくい環境になったようです。
とても残念ですね。

投稿: ペガサス | 2012年10月13日 (土) 08時20分

どんどん水域が広がりますね
楽しくなっちゃいます。
今度行ってみたいです。

投稿: マレーの鯨 | 2012年10月11日 (木) 21時39分

nobikoさん、コメント有難うございます。
是非、魚崎にも足を伸ばして下さい。
お待ちしてます。

投稿: 整体師 | 2012年10月 9日 (火) 21時38分

小さい頃泳いでいた浜とは景色も大分変わりましたが 機会あれば芦屋浜で漕いでみたいですね。

投稿: nobiko | 2012年10月 9日 (火) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/55839878

この記事へのトラックバック一覧です: 391m.芦屋浜まで足を伸ばしました:

« 390m.高知大学涛溟会 第7回琵琶湖総会 | トップページ | 392m.京都レガッタエイト 男子予選 »