« 398m.大阪レガッタで2000m漕いできました | トップページ | 400m.もう一つのワールドマスターズ »

2012年11月 9日 (金)

399m.11月3日(土)

久々のベストコンディション。水面がとても静かだ。ということで、T田さんや関学生のH田君と芦屋浜へ漕ぎ出してみる。
いつもはうねりがひどい青木の旧フェリー乗り場~新明和も静かで、思いっきりフルレンジで漕ぐことができた。艇を止め、南側の神戸港を写真に撮ることも可能だった(写真(1)橋は深江浜と六甲アイランドを結ぶ阪神高速湾岸線)。1
新明和のスロープ(写真(2)を横目に深江浜に入るとますます静か。水面は鏡のよう。土日とあって貨物船の往来もなく、水の重さも心地よく水中を蹴れる。2
深江浜西~芦屋川河口あたりからは六甲山の風景がすばらしい。デジカメの標準レンズではとらえきれません。パノラマレンズでないと(写真(3))。3
芦屋浜はさらにベストコンディション。N谷監督によると直線で1・7キロが取れるコース。モーターボートが8時以降に出てくるも、護岸が石積みなので、吸収してくれる(最初の直撃波を耐えられれば、うねりはあまりない)。
西宮浜で北上し、芦屋の海洋体育館から吊り橋へ。4 写真(4)は夙川河口付近(左の建物は西宮回生病院)。吊り橋の真ん中を渡り(あまり広くない。魚崎運河の西詰の橋くらいの広さ)、西宮大橋も通過。西宮浜をさらに東へ。左はヨットハーバー、右は西宮製鉄所。デジカメのバッテリーがピンチで写真撮影を断念した。
気がつくと、右に今津港の今津灯台の常夜灯(確か大関が江戸時代に寄贈したという木製の常夜灯)が見える。もう少しで甲子園浜だけれども、そろそろ帰らないと、皆さんの帰宅時間に影響するので、引き上げる。そろそろ海面がうねりだしていたので、ちょうどいいか。
帰りも西宮浜~芦屋浜~深江浜は静か。蹴れば蹴るほど進むし、艇が立つ。気持ちいい! 新明和当たりからうねりだし、フィニッシュ周りを慎重に漕ぎ、艇庫にゴールイン。予想通り一番最後の納艇でした。みなさんにお手伝いいただきました。深謝! この日は往復約10キロ。ピッチはだいたい22~24だったでしょうか。気持ちいい汗を流せました。
新明和付近を乗り越えることができれば、後は至福のひとときです(モーターボートという伏兵がいますが)。皆様、チャレンジ如何ですか。

|

« 398m.大阪レガッタで2000m漕いできました | トップページ | 400m.もう一つのワールドマスターズ »

コメント

素晴らしい水域ですね
私も11月4日、監督とT田さんにエスコートしてもらいながら吊り橋まで行ってきました。六甲の眺めを楽しみながらゆっくりとローイング。すっかりストレスもなくなり晴れやかな気持ちで帰りました。フェリー乗り場前がかなりやばかったです。
エンジョイローイングでした。感謝します。

投稿: マレーの鯨 | 2012年11月 9日 (金) 19時12分

T畑さん、お疲れ様でした。
T畑さんやT田さんが「過去の歴史に埋もれていた」
練習水域を掘り起こしていただいて
俄然、練習のバリエーションが増えました。
有難うございます。

投稿: 整体師 | 2012年11月 9日 (金) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/56066485

この記事へのトラックバック一覧です: 399m.11月3日(土):

« 398m.大阪レガッタで2000m漕いできました | トップページ | 400m.もう一つのワールドマスターズ »