« 405m.第五回 魚崎レガッタ シングルスカル初級 奮戦記 | トップページ | 407m.Head of The SETAの写真 »

2012年12月 4日 (火)

406m.芦屋浜水路での練習ではご注意を

T田さん、T畑さんに「開発」していただいて、最近皆さんが足を伸ばすようになった芦屋浜水路。いつもベタ凪でボート乗りにとって天国みたいな所ですが、先週土曜日に「沈」の事故がありました。

事故のご当人はH口さんで、ツーリングシングルに乗艇中でしたがモーターボートの波に揺らされた際、ローロックのゲートピンが上向きの力に耐え切れずオールが外れ転覆となったものです。

幸いにすぐ近くにY山さんがおられ、Y山さんがH口さんと艇を近くの岸まで引っ張り上げたため事なきを得ました。芦屋浜水路の護岸は石組みで傾斜をしているためたやすく上陸できたのも幸いでした。H口さんは再乗艇して艇庫まで帰投。事故後しばらくは体が冷えて心配でしたが、しばらくたって回復されました。

問題は、当のモーターボートがY山さんの救助活動中も、手伝うどころかUターンして再度すぐ近くを通過し救助活動の妨害をしたとの事。このような遵法精神の無さ、反社会的姿勢は特殊なものと思いたいですが油断は出来ません。

兵庫県の「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」の第8条にはモーターボート等による危険行為の禁止がうたわれ、第19条に常習者は6ヶ月以内の懲役、もしくは20万円以下の罰金という規定があります。でもH口さんを転覆させた犯人達はそんな条例の存在など全く知らないでしょう。

一方で、バブル期以降、芦屋浜水路からボートの姿が消えていたのは事実ですので、プレジャーボート派から見れば「自分達の縄張りに見慣れないよそ者が入り込んできた」と見えるのも事実と思います。

当然ながらプレジャーボート派に遵法精神を持ってもらうような働きかけも重要ですが、その一方で自己防衛も必要です。そこで、芦屋浜水路で練習される場合は以下の点にご注意いただき、事故を防ぐためのご協力を宜しくお願いします。

①出艇の際は艇に異常無いか十分な確認を(ゲートピンもしっかり締めましょう)。
②シングルで出艇する場合は必ず複数で。単独航は避けましょう(冬季は絶対に)。
③プレジャーボートが芦屋浜水路に侵入し出す8時以降は出来るだけ避けましょう。
④プレジャーボートによる事故発生の場合は直ちに神戸海上保安部(078-331-8440)、もしくは海上保安庁(全国共通、局番無しの118)に通報をお願いします。相手の写真が撮れればベストです。
⑤毎年実施している「沈」の再乗艇練習会には必ず参加をお願いします。
(by監督)

|

« 405m.第五回 魚崎レガッタ シングルスカル初級 奮戦記 | トップページ | 407m.Head of The SETAの写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/56248083

この記事へのトラックバック一覧です: 406m.芦屋浜水路での練習ではご注意を:

« 405m.第五回 魚崎レガッタ シングルスカル初級 奮戦記 | トップページ | 407m.Head of The SETAの写真 »