« 407m.Head of The SETAの写真 | トップページ | 409m.千葉で高校生シングルスカル18艇転覆事故 »

2012年12月21日 (金)

408m.新型スピードコーチはスグレモノ

最近、T田義さんがニールセンケラーマン社の新型スピードコーチを買われました。
従来のスピードコーチは艇速・距離を船底に取り付けたインペラー(小さなプロペラ)の回転から計測していましたが、新型はGPSを利用するためインペラーと配線不要。ストロークレート(ピッチ)は当然の如く振動から計測するのでこれまた配線不要。ストロークレート、スピード、経過時間の他に、ストローク数、平均速度、距離、1ストロークあたりの距離を表示する機能があります。
ということで、共有艇主体で日によって乗る艇がコロコロ変わる魚ローのようなクラブには誠に便利なツールです。値段は37,800円で、有線式のスピードコーチより安くはなったものの、お父さんのお小遣いにはチト痛い出費になります。
もっとも、自転車やランニングの世界ではこの手の機器は常識で、価格も随分安く出回っているようですが、ようやく我が漕艇の世界にも出現したという事で喜ばないといけませんね。
セッセとお小遣いを貯めましょう。
(写真)T田さんの自艇に取り付けた新型スピードコーチ。本日の漕行距離は約14.7Kmでした。002 004

|

« 407m.Head of The SETAの写真 | トップページ | 409m.千葉で高校生シングルスカル18艇転覆事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/56361479

この記事へのトラックバック一覧です: 408m.新型スピードコーチはスグレモノ:

« 407m.Head of The SETAの写真 | トップページ | 409m.千葉で高校生シングルスカル18艇転覆事故 »