« 408m.新型スピードコーチはスグレモノ | トップページ | 410m.新年明けましておめでとうございます »

2012年12月28日 (金)

409m.千葉で高校生シングルスカル18艇転覆事故

TV、新聞等、マスコミでかなり大きく取り上げられていたので皆さんもご存知と思いますが、12月26日、千葉と茨城の県境にある黒部川で、国体・インターハイに向け合宿を張ってシングルに乗艇中の関東地区5県9校の高校生34名中、18名が転覆するという事故がありました。

原因は強風にあおられて、という事のようですが、幸い4名が軽い低体温症になっただけで済んだようです。

警察が調査を開始したとの話もあるので、事故の詳細は調査結果を待つしかありませんが、我々にも起こりうる話として、雑感を述べたいと思います。

①当日の天気予報
・当日は強風の天気予報は出ていたようですが、出艇時は風は穏やかだったようで出艇しない判断は難しかったと思います。(5県9校の選手が集まったなら尚更)

②天候の急変による中止の判断
・ところが、事故時は白波が立つほどの強風になっていたようです。高校生達は6000mのタイムトライアル中だったようですので、選手が自己判断でトライアルを止める事は難しかったと思います。「やばいなあ」と感じながらも必死で漕いでいたのでしょう。
・となれば指導者側(伴走用モーターボート2艇と岸からもメガホンで指導していたとの話)が、白波の発生状況を見て中止の判断をすべきであったかと思います。

③自力再乗艇
・国体目指すような高校生達なら皆、単独での再乗艇、最悪でも1艇が補助をしての再乗艇は出来そうに思うのですが、それが出来ないくらい風が強かったのでしょうか。それとも普段から再乗艇の練習をしていなかったのかもしれません。
・一般に水温×3倍の時間(分)を超えて水中にいると体温を奪われ危険になります。とにかく早く水中から脱出する事が重要です。

④再乗艇しにくいバックステー
・ニュース写真で見る限り、転覆した艇は3点式リガーの艇であったようです。経験者ならわかると思いますが、自力再乗艇はバックステーがあると一気に困難になります。この機会にバックステー無し、もしくはウイングリガーの艇の普及を期待します。

結論としては、合同練習が災いして先生方も誰も中止を言い出せなかったのかも知れませんが、中止判断の遅れが今回の事故の最大の原因と感じます。「2艇が転覆したので中止判断」ではいかにも遅すぎます。

一方で、我が魚ローの場合、各人がマイペースで練習する事が多いので、各人が臨機応変に練習中止の判断を求められる場合が多くなります。

改めて「白波が立った場合は問答無用で練習中止」の判断を各自でできるようお願いしたいと思います。また、自力再乗艇できるように、単独は無理でも他艇の補助を受けたら再乗艇できるようなスキルを身につけていただきたいと思います。(by監督)

|

« 408m.新型スピードコーチはスグレモノ | トップページ | 410m.新年明けましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/56408601

この記事へのトラックバック一覧です: 409m.千葉で高校生シングルスカル18艇転覆事故:

« 408m.新型スピードコーチはスグレモノ | トップページ | 410m.新年明けましておめでとうございます »