2012年12月28日 (金)

409m.千葉で高校生シングルスカル18艇転覆事故

TV、新聞等、マスコミでかなり大きく取り上げられていたので皆さんもご存知と思いますが、12月26日、千葉と茨城の県境にある黒部川で、国体・インターハイに向け合宿を張ってシングルに乗艇中の関東地区5県9校の高校生34名中、18名が転覆するという事故がありました。

原因は強風にあおられて、という事のようですが、幸い4名が軽い低体温症になっただけで済んだようです。

警察が調査を開始したとの話もあるので、事故の詳細は調査結果を待つしかありませんが、我々にも起こりうる話として、雑感を述べたいと思います。

①当日の天気予報
・当日は強風の天気予報は出ていたようですが、出艇時は風は穏やかだったようで出艇しない判断は難しかったと思います。(5県9校の選手が集まったなら尚更)

②天候の急変による中止の判断
・ところが、事故時は白波が立つほどの強風になっていたようです。高校生達は6000mのタイムトライアル中だったようですので、選手が自己判断でトライアルを止める事は難しかったと思います。「やばいなあ」と感じながらも必死で漕いでいたのでしょう。
・となれば指導者側(伴走用モーターボート2艇と岸からもメガホンで指導していたとの話)が、白波の発生状況を見て中止の判断をすべきであったかと思います。

③自力再乗艇
・国体目指すような高校生達なら皆、単独での再乗艇、最悪でも1艇が補助をしての再乗艇は出来そうに思うのですが、それが出来ないくらい風が強かったのでしょうか。それとも普段から再乗艇の練習をしていなかったのかもしれません。
・一般に水温×3倍の時間(分)を超えて水中にいると体温を奪われ危険になります。とにかく早く水中から脱出する事が重要です。

④再乗艇しにくいバックステー
・ニュース写真で見る限り、転覆した艇は3点式リガーの艇であったようです。経験者ならわかると思いますが、自力再乗艇はバックステーがあると一気に困難になります。この機会にバックステー無し、もしくはウイングリガーの艇の普及を期待します。

結論としては、合同練習が災いして先生方も誰も中止を言い出せなかったのかも知れませんが、中止判断の遅れが今回の事故の最大の原因と感じます。「2艇が転覆したので中止判断」ではいかにも遅すぎます。

一方で、我が魚ローの場合、各人がマイペースで練習する事が多いので、各人が臨機応変に練習中止の判断を求められる場合が多くなります。

改めて「白波が立った場合は問答無用で練習中止」の判断を各自でできるようお願いしたいと思います。また、自力再乗艇できるように、単独は無理でも他艇の補助を受けたら再乗艇できるようなスキルを身につけていただきたいと思います。(by監督)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

408m.新型スピードコーチはスグレモノ

最近、T田義さんがニールセンケラーマン社の新型スピードコーチを買われました。
従来のスピードコーチは艇速・距離を船底に取り付けたインペラー(小さなプロペラ)の回転から計測していましたが、新型はGPSを利用するためインペラーと配線不要。ストロークレート(ピッチ)は当然の如く振動から計測するのでこれまた配線不要。ストロークレート、スピード、経過時間の他に、ストローク数、平均速度、距離、1ストロークあたりの距離を表示する機能があります。
ということで、共有艇主体で日によって乗る艇がコロコロ変わる魚ローのようなクラブには誠に便利なツールです。値段は37,800円で、有線式のスピードコーチより安くはなったものの、お父さんのお小遣いにはチト痛い出費になります。
もっとも、自転車やランニングの世界ではこの手の機器は常識で、価格も随分安く出回っているようですが、ようやく我が漕艇の世界にも出現したという事で喜ばないといけませんね。
セッセとお小遣いを貯めましょう。
(写真)T田さんの自艇に取り付けた新型スピードコーチ。本日の漕行距離は約14.7Kmでした。002 004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

407m.Head of The SETAの写真

瀬田ローさんのホームページに写真が掲載されました。了承をいただいたので我がクルー分を転載します。
(Y山さん、N波さん、N谷、ダブルで参加したT島君)
左向きに漕いでいるのが往路、右向きに漕いでいるのが復路の撮影です。D3a_0042 D4a_8840 D4a_8894 D4a_8916

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

406m.芦屋浜水路での練習ではご注意を

T田さん、T畑さんに「開発」していただいて、最近皆さんが足を伸ばすようになった芦屋浜水路。いつもベタ凪でボート乗りにとって天国みたいな所ですが、先週土曜日に「沈」の事故がありました。

事故のご当人はH口さんで、ツーリングシングルに乗艇中でしたがモーターボートの波に揺らされた際、ローロックのゲートピンが上向きの力に耐え切れずオールが外れ転覆となったものです。

幸いにすぐ近くにY山さんがおられ、Y山さんがH口さんと艇を近くの岸まで引っ張り上げたため事なきを得ました。芦屋浜水路の護岸は石組みで傾斜をしているためたやすく上陸できたのも幸いでした。H口さんは再乗艇して艇庫まで帰投。事故後しばらくは体が冷えて心配でしたが、しばらくたって回復されました。

問題は、当のモーターボートがY山さんの救助活動中も、手伝うどころかUターンして再度すぐ近くを通過し救助活動の妨害をしたとの事。このような遵法精神の無さ、反社会的姿勢は特殊なものと思いたいですが油断は出来ません。

兵庫県の「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」の第8条にはモーターボート等による危険行為の禁止がうたわれ、第19条に常習者は6ヶ月以内の懲役、もしくは20万円以下の罰金という規定があります。でもH口さんを転覆させた犯人達はそんな条例の存在など全く知らないでしょう。

一方で、バブル期以降、芦屋浜水路からボートの姿が消えていたのは事実ですので、プレジャーボート派から見れば「自分達の縄張りに見慣れないよそ者が入り込んできた」と見えるのも事実と思います。

当然ながらプレジャーボート派に遵法精神を持ってもらうような働きかけも重要ですが、その一方で自己防衛も必要です。そこで、芦屋浜水路で練習される場合は以下の点にご注意いただき、事故を防ぐためのご協力を宜しくお願いします。

①出艇の際は艇に異常無いか十分な確認を(ゲートピンもしっかり締めましょう)。
②シングルで出艇する場合は必ず複数で。単独航は避けましょう(冬季は絶対に)。
③プレジャーボートが芦屋浜水路に侵入し出す8時以降は出来るだけ避けましょう。
④プレジャーボートによる事故発生の場合は直ちに神戸海上保安部(078-331-8440)、もしくは海上保安庁(全国共通、局番無しの118)に通報をお願いします。相手の写真が撮れればベストです。
⑤毎年実施している「沈」の再乗艇練習会には必ず参加をお願いします。
(by監督)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

405m.第五回 魚崎レガッタ シングルスカル初級 奮戦記

「ツー、ミニッツ。」

初級のレースは二人が棄権して2杯の2回勝負になったけど、最初にリードしないと不利になる。生まれて初めてのシングルスカルのレースだけど、慎重に行くだけでは駄目だ。

2レーン、1メートル後ろに。」

分かりました、分かりました、ヨイショっと。追い風のせいか、それにしてもバランス悪いなあ。

1レーン木村、2レーン尼子。」

はーい。シングルスカルのスタート姿勢は不安定や。オールの位置を見るために横向いただけでひっくり返りそう。落ち着いて、落ち着いて。

「アテンション!

さー、行くで!

「ゴー!!

(こわごわ)バランス取りながら、ノーワークのスタートだけど、まずまずや。でも、少し相手の方が強く出たせいか、リードされてる。このまま離されて見えなくなるとまずい。危険を冒しても、少しピッチを上げて蹴りを入れよう。

よしよし、並んだみたい。この調子で少しリードしてしまえ。

そろそろ半分だけど、一艇身ほど勝ってるかな。

(グラッ) バウが切れ込んで、大きくバランスが狂ってしまった。危うかったけど、まだリードは守れてる。少し落ち着いて重心を元に戻そう。フォワードをゆっくり、上半身の力を抜いてと。

「がんばれー!

ゴール近くの声援が聞こえてきた。もうすぐゴールかも。このままリードを保って、落ち着いて漕ごう。それにしても、ボート競技はなんて封建的なスポーツだろう。リードして相手を見ながら漕ぐのと、リードされて見えない相手に追いつこうと焦るのでは、えらい違いだ・・・。

「プーッ」

勝った。1分07191レーンとは2艇身ほどの差か。初出場の初勝利はやっぱり気持ちいい。グラグラ、危うい漕ぎだったけど、まずはひっくり返らなくて、めでたし、めでたし。

「女性相手に、必死で漕いだらあかんよ~。」

面目ありません、でも相手が誰だろうと、こっちも必死だったのです。この調子で、午後の2レース目もがんばるぞ!!

天気予報に反して、時折「狐の嫁入り」になる空模様も、昼過ぎには安定した青空になった。でもシングルスカル初級優勝者の漕ぎは、午後も安定することなく、グラグラ、ドキドキのスリル満点だった。来年は、もっとバランスを良くして思い切って蹴られる実力をつけて、中級に挑戦しよう。

(by尼子)065 066 068 069

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月30日 (金)

404m.神戸マラソン・ボランティア参加報告

11/25(日)、神戸マラソン(参加19000名弱)のボランティアに参加してきました。神戸市体育協会から傘下の各スポーツ団体にボランティアの提供を求められ、それに応じたものです。

市漕連の伊Tさんをボランティアリーダーに、同じ市漕連のT内さん、魚ローからはY山さん、T中さん、I垣さん、N谷の4名、他に浜山地区からT崎さん、K村さん達、須磨ローのN織さん達、兵ボの柏Gさんも参加し、我がグループ総勢17名でした。(大会全体では参加ボランティア7000名)

担当の仕事は「自主走路員」というもので、要は沿道整理係。お揃いのウインドブレーカーと帽子に身を固め、レースコースに背を向けて観客がコースに入ったりしないか、選手の邪魔をしないか監視する役割です。

ところが担当地区が山陽電鉄・須磨浦公園駅西側で、山と海に挟まれた鉄道と道路しかない所。当然観客は殆どおらず最初から選手を見守るのが仕事になり、特に女性陣は殆ど応援団になってました。

また、そこは折り返し地点の明石大橋を望む往路の12Km、復路の24Km地点でしたが、往路でも先頭ランナーが通り過ぎてから最終ランナーが通るまで2時間近く、ものすごい人また人の流れ。ランニング人気の高さに圧倒されました。

幹線道路の国道2号を通行止めにしてのレースで、大会運営はさぞや大変だったろうと思いますが、須磨海岸沿いにはマラソン応援で大漁旗を掲げた多数の漁船が行き来したり、地震つながりで東北のランナーを招待したり趣向が凝らされていました。全体の仕切り役は電通との事でトラブルもなく大したものと思います。

仕事は復路の最終ランナーが通り過ぎた13時半頃にお役御免。平敦盛の墓がすぐ近くにあり、その隣の蕎麦屋で蕎麦とビールをいただき解散しました。

天候に恵まれ寒さからは免れたものの、さすがに5時間以上の立ちっぱなしはくたびれました。とは言え「話のネタ」として参加する価値は十分あったように思います。皆さんお疲れ様でした。(by監督)011 コーンポット設置作業(真中は緊急道路)044 道幅狭しの看板197 折り返しのトップランナー216 Cosplayeur:セーラームーン(?)237 往路選手団体と復路選手の団体



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

403m.第5回魚崎レガッタ:ダブルスカル(中級):スタート地点からの観戦記

この種目には6チームがエントリー。
魚崎RCは期待の新人のT畑O田組(秋の加古川市長杯500mで優勝)と超弩級ペアーY本KY山組の2チーム。
神戸高校もA・Bの2チーム。また、鵬漕会60、RC神戸のチームポチャ。果たして優勝は?
いずれも強そうで全く予想がつきません。
W1試合目:神戸高Bvs鵬漕会60:年の功で鵬漕会60に軍配。
W2試合目:チームポチャvs魚崎T畑O田組:元シングルスカラーのコンビで楽勝(流石)。
W3試合目:神戸高Avs魚崎Y本KY山組:華奢な高校生相手で魚崎かと思いきや、華奢組の勝ち。
これより中入り:タイム順に4チームの選抜。
W4試合目:鵬漕会60vs魚崎T畑O田組:元スカラーペアーのT畑O田組の勝ち。
W5試合目:神戸高Avs魚崎Y本KY山組:第3試合と同じ面々。リベンジを期待していましたが、今回も華奢組の勝ち。
真打ち登場。
決勝は神戸高Aと魚崎T畑O田組。第5試合目のリベンジもあり、魚崎の優勝を期待。
ゴールからスタート地点に向かっている神戸高Aを見ると意外と力強い感じで漕いでいる。
華奢ではあるが侮れないなという感じ。Attention...Go!
2艇一斉にスタートしました。殆ど並んでいます。しかしながら150m地点で神戸高Aが少しリードしている模様。
ゴールではスタート地点からはどちらが勝ったのか分からず。あとで確かめましたら、0秒37の差で神戸高Aの勝ち。
後で聞いたところどうやら魚崎組みがオールを途中切り込ませたとのこと。惜しいの一言。
さてもう一試合:誰が考えたか、魚崎レガッタには地獄の敗者沈没戦があります。負けても負けても次の試合があります。
今回は運悪く、チームポチャT崎K村コンビが該当。お疲れさまでした。これに懲りずまたおいで下さい。

幸いにお天気に恵まれ楽しい1日でした。319

By IY山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

402m.第21回ヘッド・オヴ・セタに参加しました

9月のドイツにおけるワールドマスターズレガッタにて世界的に名の知られるようになった(?:単なるロール・コール)UOZAKI Rowing Clubより3人がシングルスカルの種目に参加しました。
50歳代の部(全6人)にN監督とN波さん、60歳代の部(全5人)にIY山です。
Head of the Setaとは瀬田川のチャンピオンという意味です。種目は1X,2-, 2x, 4x, 4x+, 8+、K4にカヌー、ドラゴンボートと済済。
シェル艇のレースは国道1号線に架る瀬田川大橋をスタート地点とし、瀬田川を下流に向かって瀬田の唐橋を漕ぎ抜け、東海道新幹線と名神高速道路の橋梁を潜り抜け、石山寺前を通り過ぎ、更に京滋バイパスの橋を越えて約500m先のブイを折り返し点としてスタート地点をゴールとする往復約7kmのコースです。競技タイムは往路の時間と復路のタイムの合計ですが、折り返し点で2分の余裕があり、これを超えると正式タイムには超過時間が加算されます。
当日は雨模様。また、IY山は風邪気味でどうしようかと迷いましたが、現地に着いてから
参加、不参加を決めることとし、早朝に魚崎の艇庫よりScull3杯を2台の車に積んで出発しました。
現地に着いてすぐさま艇のリガー取り付け作業。雨脚が激しくなってきました。IY山は参加を迷っていましたが、ここまで来たからには「流して」漕ぐこととし、出艇しました。
雨は幸いにもスタート時は小降りとなり、また、波はあまりなくコンディションとしては悪くありません。
スタートはロールコールが艇の番号でかかり、15秒間隔で五月雨式に行われました。スタート地点前から漕ぎ始め、スタート地点を通過した時から、計測が始まります。
IY山はスターターとは橋脚の反対側にいたためのロールコールがよく聞こえず、もたもたしていましたら、次の選手のI佐さんから、もうスターとしていいんですよとの声。サンキュー。
N監督からは前半はセーブして後半に力をためておいた方がいいよとのアドバイスでやおらと漕ぎだしました。
とにかく、オールを水に擦らせないように綺麗に、また、大きく漕ごうということだけを念頭におきました。(実際はオールはベタベタ。但し片方のみ)。
600mほど行ったところに瀬田の唐橋があります。ストロークコーチを見ましたところピッチ26。アカン、これではバテルと思い、22に落としました。行けども行けどもおり返し点に着きません。途中、名神高速道路の橋の下を通り、しばらく行くと川が曲がってますがこれに気付かずバウサイドのオールが岸辺の石垣に接触。
ここはあせったら「沈」するぞと思い3本位漕ぐのをストップし沖の方に無事回復。やがて折り返し点が近づいてきました。全方からは1分後にスタートした瀬田ローのN女史(60↑)に追い抜かれる。
そして折り返し点に到達し、向きを変えて一休み。余裕の時間は2分。水をゴックンと飲みすぐ復路スタート。(2分以内にスタートしたのかどうかわかりませんでしたが、後で確かめると1分22秒:セーフ。)
風邪をひていることも忘れひたすら漕ぐ。アクセントとなる橋には中々到達せず。それでもやがて、京滋バイパスの橋を超え、名神、新幹線の橋桁くぐり、ようやく瀬田の唐橋に到達。あと、600mぐらいか。
ピッチ計器を見る。26。ちょっとハイペース。
ここまで来たからにはやるぞ。このペースでゴールイン。
無事完漕できたのでほっとし、船台に戻るのがシンドイ。船台ではN波さんに迎えられ上陸。
果たしてタイムはどうだったのかな、と思いながら、今度は艇を車に積んで帰る準備。
お茶を飲み、一路魚崎までのドライブ。雨脚が激しくなってきました。試合は小雨で幸いでした。
帰宅後タイムが知りたく、瀬田ローに電話をしました。目標は40分を切ることでした。
IY山のタイムは37分31秒(1km平均では約5分21秒)。60歳代のカテゴリーでは5人中4位。
ちょっぴり嬉しい気持ちになりました。
このカテゴリーはつわものぞろいで優勝は瀬田ローAさん:なんと、28分27秒(4分4/km)。
N監督、N波さんはお世話になりました。お二人は優勝こそなりませんでしたが、私とはちょっとレベルが違いすぎます。次は少しは追いつきます(全体の記録は瀬田ローのホームページに掲載されています)。
今年のシーズンは3月の中川運河ロング漕(5.5km)に始まり、朝日レガッタエイト、全日本マスターズのシングル・ダブル・シェルフォー、愛知池のボートクラブ選手権のシングル・ダブル、ドイツにおける世界マスターズでのシングル・ダブル、京都レガッタでのエイト、はたまた、瀬田川ロング漕シングルに終りました。
結果良ければすべてよし。Rowingを堪能しました。

冬場は来年に向けて頑張ゾー!

BY IY山

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

401m.第7回キャナルレガッタに参戦

11月11日(日)小雨そぼふる中、兵庫・浜山運河で行われたキャナルレガッタに出てきました。
予選
C:Y本(達)、S:O太、3:Y山(克)、2:キャミー、B:Y本(邦)
で臨みます。
対戦相手は、5レーン:ジュニア○ーイングOB、3レーン:キャナ○ー行けMens
私達は4レーンで真ん中です。
スタートに向かうまでにスタート練習をしますが、
なぜかしら整調サイドが負けます。なんででしょうかねぇ~
コックス思わず、「バウサイドぅ~、あまり力まないでぇ~、かぁるく行きましょうぅ~」

と指示を出します。
スタートに付けると風がやや強くて、艇がバウサイドに流されます。
コックス「おっ!いい風やん!」
アテンション・ゴッ!!
スタートばっちり決まって頭ひとつ飛び出します。
いい感じ!艇もまっすぐ進んでます。
コックス、ひたすら真っすぐに進むませる事に専念!
すぐに両サイドの艇がコックスの視界から消えます。
かなり水を空けた感じなのでそのまま流してゴール!!
快勝でした。

準決勝
C:キャミー、S:O太、3:Y山(克)、2:Y本(邦)、B:Y本(達)
に組み替えます。
この試合が一番大事。メンバー気合が入ります。
対戦相手は、2レーン:A生RC・B、3レーン:M鶴RC、5レーン:威S会さんです。
私達は4レーンです。
予選タイム的には接戦が予想されます。
スタートまでにスタート練習も2回やってばっちりOK。
気合はいります。
アテンション・ゴッ!!
またもや、スタートばっちり決まって頭ひとつ出ます。
いい感じでぐいぐい引けてます。手ごたえ充分です。
両サイドの艇が少しずつ離れて行き、行けるっ!と思った瞬間、
突然整調が漕ぐのをやめてしまいました!
何が起こった??腹切りかっ!?早く立て直せぇ~
と思うや否や、今度は3番も漕ぐのをやめてしまいました・・・
コックスが叫びます。「バウペアがんばれぇ~!!」
なにぃ~??????
とにかく必死で漕ぎますが、次々と抜かれて最下位でゴール・・・・
残念!!
後で聞くと、雨でストラップがばらけて足が外れてしまったらしい・・・
そりゃぁ~漕げませんわ。
ハプニングではあるが、万全の準備を怠った自分達が悪い。仕方ないですね。

2年連続の決勝進出は逃しましたが、
となりのテントのピンク○ルフィンさんが作っていた、
暖かいおいしいおでんをいただいて、
気をとりなおして幸せな気分で満足して帰って来ました。
とてもおいしかったです。
ありがとうございました!!

来年こそはっ!!

ペガサス121111_092924 121111_102615 121111_113600_2 121111_122255 121111_123122 121111_131312

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

400m.もう一つのワールドマスターズ

魚崎でもおなじみの堂島RCのバウ竹さんが、米国カリフォルニア州ロングビーチで10月に行われた「ブラジリアン柔術world masters and seniors」のsenior2(41~45歳)、紫帯ライトフェザー級で優勝しました。
遅ればせながら、ご本人からその様子を伺おうと報告会(=祝賀会)をY山さんの事務所の会議室をお借りして行いました。参加メンバーはご本人とバウ竹さんを良く知る7名(Y山さん、T崎さん、T畑さん、T中さん、N川さん、K村さん、N谷。但し、漕手としてのバウ竹さんですが)。手分けして軽食、おつまみ、飲み物を持参しての懇親会です。
バウ竹さんが撮影してきた写真をプロジェクターに映して説明を聞きながらワイワイガヤガヤと話は弾みました。基本的な体力に勝る外国勢に打ち勝つのはホントに至難の業との事で、超多忙な仕事の合間を縫って練習に励み、大舞台で成果を出したバウ竹さんには頭が下がります。
格闘技はTVでは良く見たりするものの、身近に格闘家がいて、そのお話をナマで聞けるのはなかなか無い経験です。バウ竹さんの筋骨隆々ぶりにも皆感心しました。
また、ついでながらドイツでのワールドマスターズの様子も同じように写真を映してY山さんとN谷で説明しました。
会費1000円でお腹一杯になり、残ったお菓子、ビールは皆で持ち帰りました。主人公のバウ竹さんがアルコールがダメなのに他のメンバーが飲んだくれていたのが申し訳なかったですね。皆さんお疲れ様でした。 P1000575_2 P1000577_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧