« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

422m.ウォーターローワー

ついに買ってしまいました。ウォーターローワー。
仕事の都合でいままで練習は月に2~3回。
このままではなかなか上手くならないし、体力もつかないと危惧してました。
そこで注目したのがウォーターローワー。
エルゴは風を抵抗に使うのでかなりの音が出ますが、ウォーターローワーは水を抵抗に使います。エルゴよりも静かということで、壁の薄い自宅のアパートでも安心。
ちょっと高かったですが思い切って買ってしまいました。
この時ばかりは大人になった気分になりました。
すべて木製で、素材は野球のバットで使用されている木材らしいです。
かなりの剛性がありますが、余計な音は吸収してくれます。
ツヤもあって高級感もあります。
乗り心地というか漕ぎ心地はエルゴとは違います。
水という物質を使っているからか、キャッチからフィニッシュまでずっと抵抗が感じられます。抵抗は入れる水の量で変わりますが、同じ量でも力漕すると極端に重く感じられました。
実際のボートとも感覚は違いますね。
メーターは多機能なんですが、メーター表示が5本くらい前の漕ぎを反映しているようで、あまり参考にはなりませんでした。
音はやはりそこそこあります。
昔の二層式の洗濯機のすすぎみたいな音質・音量です。
(二層式洗濯機わかります?)
シートの動きはスゴく滑らかで振動はないのですが、やはり時間を気にして練習をしないと、横の部屋からクレームが来そうです。。
今年はウォーターローワーでもしっかり練習します!
記録に乞うご期待!!Photo
(by T田)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

421m.17日(日)

神奈川県に転勤なさったO田さんが引っ越し作業の関係で魚崎に顔を出されました。そこで、O田さんとペアを組んでダブルスカルで遠漕としゃれこんでみました。
西宮浜のはね橋をくぐり、まずはO田さんの自宅があった今津の南端、大関の常夜灯付近をうろつきました。昔は大関は今津港から東京に日本酒を船便で出荷していたのですね。常夜灯はその名残。隣はワールドベースボールクラシックでも活躍した阪神の能見もかつては投げていた大阪ガス野球部の専用休場です。Ima
今津からもう少し足を東へ延ばして甲子園浜へ。西宮浜から甲子園浜の間は若干うねりがありますが、ダブルスカルならまったく問題なし。気持ち良く漕げました。
写真は光が強く、よく見えませんが遠くに武庫川団地も写っているはず。関西でウインドサーフィンのメッカである甲子園浜。この日は時間がまだ早いせいか、ウインドサーフィンは出ていませんでした。Ko_2
ここら辺で時間もきりがよくなったので、西へ戻りました。O田さんに満足していただけた見たいです。Ota
みなさん、機会があれば遠出してみませんか。
O田さん、神奈川でのご活躍をお祈り致します。オックスフォード盾レガッタで再会できますように! また魚崎に遊びに来てください。(T畑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

420m.フォアで今季の初練習

3/10(日)ゆっくり組は、3月になったのでやっと動き始めました。
今季は初心に戻って、フォア中心に練習しようと思います。
メンバーは、S:キャミー、3:Y山(克)、2:Y本、B:池D です。
コックスは今日はN谷監督にお願いしました。
バウはK戸高校OBで20数年振りにオールを握るそうです。

せっかくなので芦屋方面まで遠漕しました。
K戸高校OBにとっては、深江の旧商船大から深江大橋を抜けて
芦屋川河口までの約1kmが懐かしい昔の練習場です。

このクルーで、4/7のキャナルレガッタ「春の陣」に臨みます。Img_17361

ペガサス

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

419m.尼Kさん送別会

魚ローの仲間の尼Kさんが転勤で4月からカナダ・トロントに単身赴任する事になりました。
そこで、3/12に阪神尼崎駅近くの焼肉屋に有志が集まって、ささやかですが送別会をさせていただきました。
尼Kさんの新しい住まいは湖のほとりにあり、カナダだけあって真冬は-30℃まで気温が下がるそうです。
1Km離れた所に地元のボートクラブがあり、入会金は300ドル。向こうでの生活が軌道に乗ったら早速入会するとのお話です。
魚ロー・カナダ支部の誕生ですね。ボートクラブ内で顔が売れ出す頃に「カナダ合宿」を企画しましょう。その時は宜しくお願いしますね。
料理の方は焼肉食べ放題・飲み放題で、さすがにお腹一杯になりました。最後に尼Kさんのご活躍を祈念して三三七拍子でお開きとなりました。Amako

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »