« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

429m.世界マスターズ混成付フォア始動

4/27の土曜日、M大艇友会のH詰さんが魚崎に来られ、一緒に付フォアで練習しました。
実は、9月のイタリアでの世界マスターズレガッタにM大艇友会と魚崎RCで付フォア(F4+)の混成チームを結成して出漕する事が決まっており、今回はその初練習になります。(エントリークルー名はUozakiRC/NagoyaRC)
正式メンバーはM大がK合さんとH詰さんと、魚ローがY山さんとN波さん、N谷ですが、生憎当日はK合さんとN波さんが都合悪く、助っ人で伊Tさん(COX)と樋G(2番)さんに入っていただきました。
練習は両サイドの力のバランスを取るため、Y山さんとN谷が普段のサイドとは逆のサイドを漕ぐようにしましたが、これが失敗。ものすごくバランス悪く、終始四苦八苦しながら漕がざるを得ませんでした。次回は元のサイドに戻して漕いだ方が良いようです。
また、波も高かったため、住吉運河の奥まで行ったものの練習としてはバランスの悪さも相まって消化不良感が残りました。せっかくお越しいただいたのにH詰さんには申し訳ない事になりました。
次回は全日本マスターズが終わって一段落してからになりそうですが、フルメンバーでやりたいですね。
急なお願いにもかかわらず快く助っ人を引き受けていただいた伊Tさん樋Gさん、たいへんお世話になり有難うございました。(by 監督)20130427

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

428m.第3回 加古川スプリングカップに参戦

4/21(日)に行われた「加古川スプリングカップ」に参加してきました。
開会式では、「第3回ですが初めて開催できました。」と挨拶がありました・・・
メンバーは、C:樋G、Sキャミー、3:横Y(克)、2:Y本、B池D です。
コックスは初挑戦です。
バウは20数年振りの大会参加です。
事前に魚崎でシェルフォアで3回練習しました。
その成果を試します。

予選は、加古川〇スターズさん、バッ〇スさん、いわ〇ーずBさんとの対戦。
スタートまで・やや緊張して・・・アテンション・ゴッ!!
スタート直後、艇が曲がったのか大きく舵が切られました。
しかし、スタートが終わった時点で既に頭ひとつ飛び出してました。
後はぐんぐん引き離して余裕のゴール。
しかし、やはり500mは長い。
300mから先は流した、というよりあれで精一杯。
予選通過タイムは全体で2位!いけるやん!!
しかし、予選1位通過は大差が多かったのでわかりません。

準決勝は、三〇高砂Aさん、メ〇メンテさん、明〇浪会人さんとの対戦。
1位のみが決勝進出です。
予選タイムでは三〇さんとの一騎打ち・・・・さて、どうなるか?
再度・・・アテンション・ゴッ!!
スタートでやや離されました・・・
コックス、「大丈夫!大丈夫!!」の声。
300mぐらいまでは食らい付いて離されないよう必死!
しかし、やはり500mは長い・・・・
最後は1艇身強差がついたと思います。
残念!!
しかし、なんと、タイムは準決勝全体(14クルー)で2位!!
あ~~ なんと残念~

しかし、決勝は三〇さんが見事優勝!
優勝クルーに負けたんだから仕方ないですね・・・・・

やはり、メンバー固定しての事前練習は効果があったと思います。
個人的には、整調サイドを漕ぐのにだいぶ違和感が無くなりました。
今年は、バウサイドも整調サイドも、スカルも漕げる、
歌って踊れるボートマンを目指します。

でも500mは長いっす。
しかも逆風やし・・・・・

ペガサス
20130421_105911_5

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

427m.@バリー、カナダです

お久しぶりです。
こちらに来てもうすぐ2週間ですが、まだバタバタしています。
ただ、湖の氷はほぼ解けましたので、5月になれば漕ぎ出せると期待してます。
バリーローイングクラブから見た風景をお送りします。
左手がクラブハウスで、湖の向こうの2棟並んで立っている青いマンションが
私の住処です。皆様に宜しくお伝え下さい。(by 尼K)
Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

426m.マスターズエイト、初練習しました

4/14の日曜は全日本マスターズにエイトで出漕するメンバーが集まり練習しました。
但し、正式メンバーのうち3名欠席で、ピンチヒッターに3名入っていただきました。

エイトはいつも人数を集めるのに一苦労しますね。
参加は敬称略で、C:伊T、S:井D、7:多D義、6:N波、5:Y本邦、4:濱D(PH)、3:多D信(PH)、2:T畑、B:Y山(PH)です。またT畑さんが途中で抜けたため、その後はN谷(PH)が2番に入りました。(PH)が代わりのメンバーです。
ちょうど満潮で魚崎運河西側の橋がくぐりにくいため、魚崎運河東側の橋から新明和にかけての波のあるエリア約1Kmを行ったり来たりしました。
まあ、今回が初練習なのと波とうねりの中で漕ぎましたので、バランスも悪いしブレードワークは揃いませんが、あと2回ほど練習すればだいぶよくなると思います。
最後に行ったスタート練習は結構揃っていてスムーズで、手応えはありました。
なお、艇を出す時に整備に時間を取られ、出艇に手間取りご迷惑をお掛けして申し訳
ありませんでした。次回はちゃんと行くと思いますので、ご容赦下さい。(by監督)Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

425m.4月13日(土)

夕方練習というのを取り入れてみました。参加者は▽N谷監督▽N波さん▽T畑の3人。この日は朝方に大きな地震が起き、昼過ぎにも余震が相次いだため、余震由来の津波が発生していないことを確認したうえで夕練を実施しました。
が、この日はうねりが強く、新明和付近は四方八方から押し寄せ、浸水する始末。
行きだけでパンツがびしょびしょになってしまいました。それが深江の東西の水路に入ると見事なまでの静水。深江~芦屋の南北の水路は若干うねっていました。
芦屋の水路に入ると再び静水も、モーターボートが2艇出没。無慈悲に走り回り、ここでも浸水。足蹴りを入れると、ストレッチャー付近にたまった水が艇の外に出るくらい浸水しました。
西宮浜にたどりつくと、ヨットやカヌーが大量に出ていました。ヨットは西宮浜の南側(阪神高速湾岸線より南側)で練習していたため、夙川河口付近で漕いでいる分には問題ありません。ただカヌーは夙川河口で練習。ゴールを背に漕ぐボートと違い、カヌーはゴールを前に漕ぐため、同じ「進行方向に向かって右側通行」という原則を守っていても、カヌーとボートはかち合ってしまう。衝突事故の危険性がある訳です。具体的に書くと、ボートが南側から夙川河口に向かって漕ぐ時は、東側の海面(西宮浜側)を通ります。この水路を、夙川から南側に漕ぐカヌーが通る訳です。スカルが夙川から南下する時は西側の海面(芦屋側)を漕ぎますが、同じ海面をカヌーは南側から夙川に北上する訳です。
 つまり、スカルにとっては、見えない後ろからカヌーが迫ってくる、という状況。カヌーは進行方向を見ながら漕いでいるのでスカルが迫ってくるのは見えているはずなので衝突事故が起きる可能性は低いと思いますが、ボート側も注意が必要です。
夕練を続けていく時は、海洋体育館や周辺の大学カヌー部艇庫に注意を喚起しておく必要があるかもしれません。
4月は21日(日)と27日(土)に夕方練習を試験的に行おうと思います。この時にカヌーがどれくらい漕いでいるかも見極めたいと思います。参加される方は午後3時に魚崎艇庫にお越しください。神戸港に沈む夕日を見ながら漕ぐのもおつなものですよ!(T畑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

424m.初ロングレース

3/31(日)名古屋の中川運河ロングレースに参加してきました。
那○監督、横○さん、難○さん、○畑さんと5人で参加しました。
当日の天気は曇り。鈴鹿山脈を過ぎたあたりからなんとなく雲行きが怪しくなってきました。
今回のレースのポイントは5500mの距離と、そこに架かる9ヶ所の橋の橋脚の位置。所々狭いです。
レースは5500mですが、スタート地点までその距離を漕いでいかないといけません。それだけで結構なアップです。アップアップです。。
今回は○畑さんと同組。
初のロングレースを祝福するようにスタート直後から土砂降りの雨になってしまいました。すぐに艇の中に水がたまってしまい、重い重い。
○畑さんと実力が伯仲しているのか、4000mあたりまでずっと1~2艇身差でランデブーしてました。橋脚がせまってくるたびにどこの橋脚の間を通過するか、はたまた通過できるところが1ヶ所なら○畑艇と接触しないようにペースを変えたり・・ コース取りを考えるのはいつものレースとは違いました。
5500mだと最後は力尽きるんだろなと思っていましたが、最後まで同じペースで漕げました。やはりペース配分は大切ですね。
今年初のレース、楽しかったです。
(by T田)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

423m.3月31日

魚崎RCとして昨年から参加している名古屋・中川運河でのロングレース(5・5㌔)に今年も出漕してきました。今年はN谷監督、Y山巌、N波、T田、T畑の5人が参加しました。シングルスカルの全参加者は14人。内5人ですから、大部隊です。山本さんの斡旋でトラックを借りて、スカルを3台積み込み、午前6時、魚崎の艇庫を出発。天気予報は雨でしたが、何とか最後まで持つかなあと漠然とした期待を持ちながらのスタートでした。

 Y山さんは第1レース(午前10時半スタート)。タイムは3244秒でご本人は「昨年とタイムが変わっていない」と憮然たる表情でした。第2レースはN谷監督とN波さん。もう一人は瀬田RCのA達さん。A達さんが2539秒で全体の3位(全体の1位は高校生の2441秒)。N谷監督は後一歩及ばず26分台。N波さんは28分台。ここから雨が本降りになりだしました。第3レースはT田さんとT畑、地元中川運河RCの方の3艇レース。地元組がするすると抜け出し、魚崎組で団子レースも、橋桁をくぐる度にT畑はオールをぶつけ、艇を止める始末。雨の中、桜をめでる余裕もなく、T田、T畑ともに29分台でゴールイン。

 雨の寒さで、艇をつけると足をつる人が続出するレースでした。とはいえ、各自、来年は雪辱すべく自己目標を設定し直しておりました。ちょっと残念な今年の初レースでした。1 2 3 4 5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »