« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月25日 (水)

473m.第4回加古川オータムカップ

9月22日(日)快晴。無事オータムカップ開催されました。
ナックルフォアで1クルーの参加です。
今回初参加のK知大OB(涛溟会)の堀Eさん、
遠路はるばる愛媛川之江から参加していただきました。
また、広島からも同じく涛溟会の鳥Zさんも参加です。
ありがたいことです。ありがとうございます。

さて、予選は、
C:樋G、S:キャミー、3:Y本、2:堀E、B:横Yのメンバーです。
相手は、いわ○ーずさん、しゃ○とりむしさんの3杯レースです。
スタートまでに距離でスタート練習をします。
コックス樋Gさんの太い声がとても良く響きます。
今日初めての顔合わせですが、なかなかバッチリです。
スタートに付けて、挨拶して、
アテンション・ゴッ!!
スタート成功!頭ひとつ出ています!!
距離は500mだっ!大きく漕ごう!
みな慌てず騒がず、しっかりオールを合わせます。
左右の艇を見ながらのレース。楽です。
ピッチ27ぐらいで安定して漕げています。
段々差も開いて、水も空いて来ました。
独漕に近くなって来たので、スパートも何も入れずそのままゴール!
タイムは2分32秒54で見事1位通過です!Photo 予選クルーPhoto_2 予選スタート前Photo_3 予選1位通過!Photo_4 エンジンペア

準決勝は、
整調がキャミーさんから鳥Zさんに代わります。
キャミーさんはお役御免でビールを飲んで至福の時を過ごしています。
相手は、神鋼○むらーずさん、関熱かっ○の島さんです。
予選タイム的には2分30秒~32秒で3クルーとも互角です。
接戦が予想されます。
さぁ、スタート練習をしながらスタートにつけます。
○むらーず整調のせむどんさんにご挨拶して、
アテンション・ゴッ!
今度はスタートで出られてしまいましたっ!
しかし、落ち着いてコンスタントに落とします。
半艇身ほど遅れていますが差は開きません。
相手が足蹴りを入れると、樋Gコックス間髪を入れず対抗します。
追いつきそうで追いつきません。
かっ○の島さんは段々離れて行き、
○むらーずさんとの一騎打ちになって来ました。
お互い、足蹴りを入れ合い、そのままラストスパートへ・・・
しかし結局、差は詰めれずに惜しくも2位でゴール。
タイムは予選とほぼ変わらず、1秒程早くなっただけでした。

目標としていた決勝進出はなりませんでしたが、
準決勝の3組9クルーのタイム的には3位のタイムだったので、
それで満足。
残念でしたがノンアルで健闘を讃えて乾杯!

堀Eさんは実に29年振りにオールを握りました。
とてもはじけていました。
私も6年前はそうでしたので、とても気持ちが良くわかります。
その頃の年も51歳でほぼ同じ頃ですね。

久し振りに握るオールの感触。
スタート前のあのどきどきする緊張感。
アテンション・ゴッの時のあの爆発感。
勝っている時の気持ち良さ。
負けている時のあのしんどさ。
ゴール後のぶっ倒れたい気持ち。
艇から上がった時の開放感と達成感と虚脱感。

忘れられませんね。
また漕ぎたくなりますよね。
また来年もぜひぜひがんばりましょう!!Photo_5 準決勝さぁ行くぞっ!Photo_6 準決勝前Photo_7 準決勝クルー

ペガサス

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

472m.World Masters Regatta・観光編

8日の日曜はMIX種目の日で我々の試合は無し、ということでHelsinki行きの飛行機が出発するまでMilano観光を行いました。

Vareseのホテルで朝食をとってからMilanoへ電車で移動。まずはダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を展示してあるサンタ・マリア・ディレ・グラツィエ修道院へ。 駅のコインロッカーが故障との事で、スーツケースをガラゴロ引っ張りながら現地に着いたら、事前予約なしでは見学不可との事。

やむなく見学はあきらめタクシーで中心部へ。レストランで打ち上げを兼ねた昼食をし、スーツケースは店で一時預かってもらい(Y山さんのイタリア語での交渉力は素晴らしい)、身軽になってスカラ座、ガレリーア、ドゥオーモと定番観光コースを回りました。

その後、Milano-Malpensa空港へ移動。空港ではマスターズレガッタに参加した フィンランド人の団体と知り合いましたが、1人はメダル5個、もう1人は4個と随分荒稼ぎをしたとの話でした。聞けばソウル五輪の代表でダブルでBファイ ナルに進出したとの事で、すごい体格をしてました。

Helsinkiでの乗り継ぎに30時間ほどかかるのでそこで一泊して翌日は市内観光。ずっと体調不良のN波さんはホテルで静養。その間Y山さんとN谷は街中をぐる ぐる回っていました。

Helsinkiは目立った観光スポットも無いところですが、街はきれいでノンビリ過ごすには良い所ですね。夕方飛行機に乗り込み10日朝、関空に戻ってきました。

体調不良で随分としんどい思いをしたN波さんには申し訳なかったのですが、イタリア遠征を堪能しました。来年のオーストラリアは10月開催で、ちょっと日程的に厳しくて参加はどうなるかわかりませんが、再来年のベルギー、その次のデンマークには是非とも参加したいですね。

今回の遠征では、大会エントリー、借艇申込から飛行機・宿の手配、更には現地のガイド・通訳まで、全てY山さんにおんぶに抱っこで、N波さんと私は殆ど金魚のフンのように後をついて回るだけで済みました。改めて深く感謝申し上げます。Photo_2 ガレリーアPhoto_3 ガレリーアの中のレストランで打ち上げPhoto_4 スーツケースを預かってくれたレストランの店員とPhoto_5 ドゥオーモPhoto_11 ミラノ・スカラ座Photo_12 マルペンサ空港にてFINの団体と。中央が元ソウル五輪選手Photo_6 ヘルシンキの市場Photo_7 ヘルシンキの大聖堂 Photo_9 昼食をとったシーフードレストラン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

471m.World Masters Regatta ・Galaパーティ

我々の試合が全て終わった土曜の夜にGalaパーティが行われました。Galaバーティとは音楽の生演奏付のパーティの事。 去年のドイツではディナー形式のコース料理でしたが、今回はバイキング形式で ダンススペースも有り断然明るい雰囲気でした。

日本人の参加はM大艇友会、WKマスターズの皆さんと我々URC3人。我々の隣の席はデンマークから来た3人組でした。

席に着くやY山さんとN波さんが持参した日本酒と梅酒をデンマークの3人に振る舞います。デンマーク人のBloch氏がクルマの運転があるから、と酒を飲まないのでY山さんが「大丈夫。少々の酒ならこちらの警察は捕まえないよ」と話をしたら、「いや、実は僕は警官なんだ」と警察手帳を見せられ、一同大笑い。

Y山さんはナポリから来たイタリア人団体とオーソレミーオの大合唱。N波さんは各国の団体に日本酒を振る舞います。私はブラジル人団体とサンバを踊っていました。

パーティのノリはイタリア人とブラジル人が双璧ですね。ゲルマン系、北欧系の人達は皆おとなしく酒を飲んでおり、なかなか面白い光景でした。但し、皆ダンスはうまい!

会場で大好評だったのがM大艇友会の皆さんの「祝」の字が入った手ぬぐいのプレゼント。大量に用意したのにたちまち無くなる人気でした。

パーティの終わり頃(その頃には日本人で残っているのは我々のみ)に2020年五輪が東京に決まったと言うニュースが伝わり、周りの外国人が我々に向かって「Congratulation!!」。

パーティが終わりすっかり酔っ払ってやっとの思いでつかまえたタクシーに乗ってホテルに着いたのは深夜でした。Photo デンマークの3人とN ドイツ人団体に日本酒と梅酒を振る舞うN波さんY ナポリから来たイタリア人とオーソレミーオを合唱するY山さんPhoto_2 パーティー会場のK合さんとH詰さんPhoto_3 ブラジル人とサンバを踊るPhoto_4 格好いいイタリアのチョイ悪おやじと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

470m.World Masters Regatta M大艇友会との混成4+,無念の失格。ついでにN谷のE1X,D1X

今回のワールドマスターズのハイライトのひとつがM大艇友会のK合さん、H詰さん、URCのY山さん、N波さん、N谷の混成4+でした。その名もMeishin Espresso Giappone」。専用のユニもY山デザインで製作していましたが、表題の通り無念の失格。原因はスタート時間に間に合わなかったため。
まず借艇がバウストロークのイタリアンリガー。迷った挙句整調と3番のリガーを入れ替え、これで時間をかなり浪費。更にルール通りに2000mスタート地点まで行ってから1000mのスタート地点まで引き返したためここでも時間が経過。更に20分遅れとの主催者発表が実はそこまで遅れていなかったため、スタート地点に着いた時には既に我が組がスタートした後。最終的に主催者判断で失格にされてしまいました。
う~ん残念。不注意といえばその通りなんですが、今年は参加人数が多いためか借艇できる時間がスタートの40分前で、去年より厳しかったですね。
COXのK合さんが一手に責任を背負込んだようになってしまい、申し訳ありませんでした。後から思えばアクシデントも亦楽し。次は是非リベンジしましょう。Photo_3 ↑M大艇友会との混成4+、無念の失格
N谷のシングルですが、E1Xが4分3秒で8艇中5位。D1Xが4分2秒で7艇中3位。目標の4分切りはかないませんでしたが、3位に入れて大満足。特にD1Xの試合が前半3秒差をつけていたスペインに後半追い上げられ、かろうじて0.7秒差で逃げ切る試合展開だったため喜びもひとしおでした。
とは言え、1位り選手は3分45秒、46秒のタイムで漕いでいるので先は長い。まだまだこれからですね。
我々以外ではM菱ボートクラブのH内さん(87歳)がK1Xで、同じくM野さんがJ-K2Xで見事に金メダル。すごいものです。

試合会場では昨年のDuisburgのように大型映像が設置されていないかわりに、全レース実況放送されていました。但し、3分間隔のスタートなので競ったレースが続くとアナウンサーは絶叫しっぱなし。スピーカーも大音量でうるさい事うる さい事。

また、選手には今年もタダビール券が配られ私もたらふく(10杯くらい)飲みました。試合終了後、日陰で飲むビールは最高で至福の時間でした。
E1x_2↑E1X、5位に終わるPhoto_4 ↑N谷、E1Xの結果Photo_5 ↑N谷、D1Xスタート直前。手前はISR、その向こうは3位争いをしたESPD1xesp ↑D1X、ESPとの3位争いPhoto_6 ↑N谷、D1Xの結果

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

469m.ワールドマスターズレガッタ参戦記 ③ G1X & F2X編

G1X:IY山出場(9月6日)
昨年のドイツDuisburgに続き、シングルスカル(1000m)に出場。
前回は、5分17秒で7杯中ビリ。今年は4分45秒、そしてビリ脱出が目標。
全部で7杯レース。相手は、アメリカ、イギリス、ドイツ、デンマーク、イタリア、そして、フランス。いずれもデッカイ。私は第1レーン。
やがて、Attention...Poo(ラッパの音)!
それゆけ。スタートはうまく決まった。ピッチ36。20m、並んでいる。50m、まだほぼ一線。
100m、まだ、みんな見えている。後ろに3艘、4位。迫ってくる。ピッチ31、抜かれてなるものか。
このまま行くぞ。500m、デンマーク、イタリア、フランスを後ろに見る。ピッチはなおも31。
一寸ハイペースではあるが、あと500m。このまま逃げ切ろう。
600m、後ろの3杯に並ばれて抜かれる。アカン、電池が切れてきた。ピッチは自然と落ちる:26。スピードもガタ落。やがて、”独漕”体勢。相手は全く見えない。
ゴールまで長い。観客席前を拍手の中で漕ぐ(残念ながら、前レースの優勝者表彰の拍手)。
やがて、プーッ:Finish。ああシンド。
前半:2分17秒60。後半:2分39秒42(バテバテ)。合計:5分7秒52。ビリ。目標に程遠い結果。

反省:ピッチ31は私には一寸ハイペース。まだまだスタミナ不足。
N監督のコメント:ロング漕練習をすることにつきる:Yes, Sir!G1x G1X リギング完了G1x_2 G1X さあ、行くぞ!G1x_3 G1Xいざ、スタート地点へG1x_4

F2X:Stroke:N監督,Bow:IY山(9月7日)
7杯レース。相手はフランス、イタリア、イギリス、オーストラリア、デンマーク、そして、ドイツ。
いずれもデッカイ、2m・100kg級か。スタートの練習をしながら、スタート地点へ。
オールは中々うまく合っている。余裕を持ってスタートへ。
Attention...Poo。うまくいったぞ! Pooo,Pooo, Pooo。アレッ。イタリアがフライング。スタートやり直し。Attention...Poo! 今度は各艇、一斉にスタートしました。それゆけ。N監督、絶対に着いて行きますよ。100m,ドイツ、オーストリア、デンマークとは横並び。400m、ドイツは一寸先に行ったか。デンマークには勝っている感じ。やがて500m,ドイツ、デンマークを抑えて通過。"N監督、足蹴り行きましょう。””OK。” それゆけ。あれ、今度はバテテいないぞ。Strokeのリードが良いのだろう。自分でも不思議なくらいうまく漕げている(と勝手に思っている)。やがてゴールイン。
太っちょペアーのドイツ、背高のっぽのデンマークを抑えて5位。3分58秒75。目標の4分切り達成。
嬉しい:Grazie, Sr N Coach!

漕後の会話:N監督『後半のタイムが前半とあまり変わらない。素晴らしいことだ。』
前半:1分56秒50。後半:2分02秒25。差:6秒75(今までは10秒くらいプラス)。
Grazie molto!

By IY山F2x F2X 出艇Photo F2Xのスタート。発艇台の様子F2x_2 F2Xスタート直前のGERクルーF2x_3 F2Xスタート直前のAUS(手前)とDENクルーF2x_4 F2X 手前より、舳先仏、英、日、デンマークF2x_5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

468m.ワールドマスターズレガッタ参戦記 ②

ボォンジョルノ。ワールドマスターズに初参戦してきました。
N波の参加種目は初日E1×、F4+、E2×。2日目D1×の4Heat。
オールはロンドンオリンピックで大石選手が使用したスカルオールを使用することができましたが、結果は思うように漕ぐことができません。

第一レースのE1×ではピッチだけは27ですが、力が入っていません。
ほぼノーワーク状態での1000m漕。4分41秒。いかんと思いながら次のレースF4+に向うも残念ですがスタートに着けませんでした。E1x↑E1X、ゴール直前N ↑N波さん、D1Xの結果

初日3レース目のE2×にN谷監督と参戦しかし、私の力なさ漕で艇速がのびません。
400mまで7位でしたが置いていかれ、4分01秒のN谷監督には申し訳ない結果です。E2x ↑E2X、無念の最下位2 ↑E2X、しんどかったPhoto_2 ↑N波さん、E2Xの結果

2日目、私の最終レースのD1×では発熱がおさまり少し楽な状態で大石オールを使って漕ぎだしました。
500mまでは4位になったFRAの選手とせっていましたが、やはりおいて行かれ6位でフィニッシュ。Dscf1088 Photo ↑D1X、FRAに放され惜しくも6位Photo_3 ↑N波さん、E1Xの結果

私の初ワールドマスターズは終了しました。
とても残念で悔しい思いで帰国しました。
ひとつだけ、イタリアの女子高校生が一生懸命お世話してくれて皆、素直で、かわいかったわ。
チャオ。 byN波Photo_2 ↑初日終了。ビールがうまい.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

467m.ワールドマスターズレガッタ参戦記 ①

2013年9月5日から8日までイタリアのVarese湖で行われました標記のレガッタに魚崎ローイングクラブ(URC)よりN監督、N波さん、IY山の3人が参加しました。
昨年のドイツDuisburgに次いでURCとしては2回目ですが、N波さんは前回は仕事の都合で直前にキャセルせざるを得ず、今回が初めてです。

VareseはMilanoの北西40kmに位置する風光明美なリゾート地です。

9月4日は関空からヘルシンキ経由でミラノ空港に着き、そこからVareseまでは電車です。バスに乗り換え、夕方遅く、ホテルDe Filippiになんとか着きました。

翌日9月5日は余裕を持って、参加登録と借艇チェック、また、パーティー会場のチェック、そしてコースの下見です。

試合登録はすんなりと終了。地元の高校生がボランティアーで種々手伝ってくれます。

借艇チエック:試合前30分に来いとのこと。これは、リギングの時間もないぞ。
いやな予感(翌日より40分前に変更)。そして、艇の置き場を確認。ものすごい数。
時価ウン億円!

さて、コースの下見。天気は上々ですが、一寸暑いくらい。コースは素晴らしい。
スタートラインに向かって歩きましたが、コースに沿っての伴走路がありません。残念。
試合観戦は、スタートより500m地点からフィニッシュまでを見るのみです。

その後、Varese市内に戻り市内を散策。

あとは6日、7日の試合に備えて英気を養うのみ。

Buonanotte!(おやすみなさい)。

By IY山
Varese_nord Varese Nord駅2_welcome_to_varese Welcome to Varese3 レガッタ会場門.4_registration Registration5 レガッタ会場:万国旗6_bow_plate Bow Plate貸出係Photo 受付。対応するのは地元バレーゼのの女子高生7_maria 配艇係 中央:なじみのMaria!8 借艇エリア9 コース

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

466m.オッ盾の打ち上げ

8/31、西宮の焼肉屋(食べ放題飲み放題)でオッ盾の打ち上げを行いました。
出席はオッ盾参加メンバー(仕事で不参加のN波さん、濱Dさん、横浜在住のO太さん除く)と、事前練習に助っ人としてご支援いただいたT畑さん、T橋さん、T島君、それに戸田で応援いただき写真も撮影していただいたH口さんの11名でした。(勿論、T島君は未成年なのでソフトドリンクのみ)

また、神戸市漕艇連盟のB田会長から戸田でお会いした際にカンパをいただいており、それを今回の会費に充当させていただきました。

店にはせむどんさんがパソコン、伊Tさんがプロジェクターを持ち込み、壁にY山さん持参のシーツを張ってオッ盾の様子をスライド上映したり、K所さんの先輩が撮影してくれたYouTubeの敗復の動画を見ながらワイワイガヤガヤ。

その場では、「ここが悪かった」「あそこがまずい」と言った批評は一切無く、のんびりと「楽しかったねえ」という話に終始。このあたりのマッタリさ加減も魚ローのいいところでしょうか。
とはいえ、試合に参加した各人は今回の試合結果を踏まえ、それぞれ胸に秘めたる思いはあると思います。また、今年は参加しなかったけれど来年は、とお考えの方もおられると思います。来年の参加はまだ未定ですが今から楽しみです。

今回のオッ盾参加にはいろんな方のご支援をいただきました。この場をお借りして改めてお礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

465m.カナダからの手紙、No.5

尼K@
N谷さん、ご無沙汰しています。
こちらは日もすっかり短くなり、545分からの早朝ローイングは今週でお終いです。

今朝もダブルを漕いできたのですが、暗いうちから漕ぎ出して638分の日の出の頃には3キロ沖でした。それでも朝日の中で漕ぐのは気持ちのいいものです。

610日の朝会開始以来、今日まで結局35日漕いだことになります。(明日からの3連休は天気が許せば毎日出る予定ですので38日かもしれません)その半分くらいはMattとの中量ダブルスカルですが、息子と同い年の高校生とのダブルやおばさんたちとのクオドなど、けっこう楽しめました。特に、可愛い女子高生との朝焼けの中でのダブルの時は、このままどこまでも漕いで行きたい気分でした。(会話はほとんど理解出来ませんでしたが)

9月からは朝は7時開始になりますので、水曜日の午後会(午後6時半から)と土日の朝会の週3日だけになります。それも雪が降り始める10月末までくらいまででしょうから、週に一度くらいは天気が良ければ出社を9時にして朝会に出ようと思っています。

レースは私の認識不足で、各地で結構盛んに開かれています。Mattとは来年はダブルで出場しようと話していますが、機会があればそれまでにシングルでも出てみたいと狙っています。

来年の春までにはレースの情報を仕入れておきますので、ご期待下さい。

夏休みに遊びに来た息子(本物)とのツーリングダブルの写真を添付しておきます。

皆様によろしく。852
Orillia,ONです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »