2014年12月29日 (月)

607m.今年最後の朝練

12/28の日曜日、今年最後の朝練を行いました(29日から艇庫のある魚崎遊歩道は年末年始立ち入り禁止になるため)。

参加メンバーは敬称略で、クォドでC:N谷、S:N波、3:F澤、2:T本、B:Y山、シングルでT多D、U塚、増Dの皆さんでした。(T多Dさんだけ写真がなくてごめんなさい)

前日は風なし波なしモーターボートなしのコンディションでしたが、この日は若干の風と波があり、8時過ぎからは例によってモーターボートが出てきました。

クォドの練習メニューはW-UP、C-DOWNの他はレート21~22の4Km漕を2本。息がはずむ程度の軽い負荷でゆったりと漕ぎました。トータル12Kmの漕行距離でした。

T本さんはスカルを漕ぎだして間がないため左右同じオールさばきをするのに苦労されていましたが、これは慣れの問題ですのでしばらくの辛抱です。

冬場は寒い代りに凪の日が多く漕ぎやすい環境になります。低レート低負荷で長距離をしっかり漕ぎこんで持久力向上を目指すと共に、各自の技術課題の克服に努めましょう。

今年一年間お疲れ様でした。来年も楽しい試合やイベントが目白押し。大いにローイングを楽しみましょう。魚ローの皆さんが良い新年を迎えられますように!!


Image_2


Image_3


Image_4


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月25日 (木)

606m.大掃除でオール・艇の整備

12/21は魚崎艇庫とクラブハウスの大掃除の日でした。ベタ凪のめったにないコンディションで9人が参加した朝練の終了後、掃除のために集まってきていただいたメンバーも加わり、クラブハウスでは周囲の草刈、艇庫ではオール・艇の整備を行いました。

艇庫での作業はオールでは、
 ・ひび割れたウェアプレートの交換
 ・ブレードピッチの修正(ウェアプレート部分を削る)
 ・グリップの交換
 ・ブレードの塗りなおし
ボートでは、
 ・ローロックカバー角の調整
を実施しました。

魚崎では個人艇が1艇と個人オールが数セットありますが、それ以外はすべて共有艇・共有オールですので上記の作業は必須になります。(カナダのバリーRCでは艇により使用するオールが決められていましたが、オールが潤沢に無いとこういう事は難しいですね)

作業終了後はクラブハウスに移動してN川さんの作ってくれた鯛飯をいただいて終了しました。(私とT島君はH口さんの告別式に出席しましたので食べ損ねましたが・・・)

皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月24日 (水)

605m.訃報:H口さんがお亡くなりになりました

K学大ボート部元監督で魚ローのメンバーでもありましたH口さんが、12/19永眠されました。
H口さんが初めて魚崎に来られたのは2012年の5月。長らくボートに乗られていませんでしたが、73歳にして魚崎で漕手として復活されスカルにも挑戦されました。
翌2013年には全日本マスターズにエイトの漕手として参加され、見事に1000mを完漕。7月の桂湖合宿ではエンパのシングルに乗艇、すっかりスカラーとして独り立ちされていました。
その年の秋に体調を崩され、しばらくご無沙汰して居りましたが、今回の訃報に接することになり誠に残念無念です。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
合掌。P1030097

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

604m.エンジョイ・エイト

今年は、魚ローは8+のレースには、全日本マスターズ、オッ盾、京都レガッタ、そして、ヘッド・オブ・瀬田の4試合に出場しました。
それゆえ、8+の朝練はことごとく試合に向けての練習。練習といえどもそれなりに、シンドイものです。本日は、試合から離れてのエンジョイ8+です。
メンバーは、C:I藤さん、S:TT田さん、7:K森さん、6:E本さん、5:O川さん、4:K間さん、3:T野さん、2:IY,B:YKさん。7:K森さん、6:E本さんは最近魚ローに最近来られるようになった、若手のバリバリです。4:K間さんは本職はコックスですが、助っ人で漕手。S:TT田さんと2:IYは本職のバウサイドから、ストロークサイドにコンバートです。
本日も、天気晴朗なれども波高し。しかも気温は4度。魚崎運河から漕ぎだし、深江大橋までの1.7kmは波風が高く、ワンペアーが交代でバランスをとり、6人漕です。気温が低く、一向に体が温まりません。
深江大橋を過ぎて、オールメンでノーワークで漕ぎだしますが、初顔合わせのメンバーが多く、波風が高く、オールがうまく合いません。また、メンバーの出身校がそれぞれことなり、漕法の違いが影響しているのかもしれません。
しばらくしてライトバドル20本、パドル20本位を繰り返しながら、芦屋キャナルを抜け、香櫨園沖まで到達。
ライトパドル、パドルになった時は少しはリズムが合って来たようです。
6kmほど漕いできたのに一向に体は温まりません。手は冷たい。
休むより、漕いでるほうがいいということで、ほどなくUターン。帰りも、ノーワーク、ライトバドル20本、パドル20本のセットを何回か繰り返し、深江大橋に到着。
ここから魚崎運河までは、波が高く、また、向かい風。ワンペアーが交代でバランスをとり、6人漕です。
漕げども漕げどもなかなか進みません。ストロークコーチをみると、345/500mのぺース。やっとのことでポンツーに到着しました。
I藤さん、コックスをしていただきましてありがとうございました。漕いでいても汗が出るどころか、一向に体が温まらず、寒い日でいた。寒い日のコックスは拷問ですかね。幸いなことは雨が降らなかったことですね。
また、K間さんは本職はコックスですが、助っ人で漕いで頂き有難うございました。8+エンジョイローイングは中止寸前でしたがおかげさまで楽しむことができました。
N監督、メンバー編成に関しましては前日夜遅くまで助っ人探しをやって頂き有難うございました。
みなさん、今年も全日本マスターズ、オッ盾、京都レガッタ、そして、ヘッド・オブ・瀬田にエイトで参加しましょう。(老頭児としては年齢で貢献できるマスターズはともかく、魚ローは最近バリバリの若武者が増え、はたして、シートがあたるやら。)
この日は、8+のほか、N波さんとM田さんが1Xを楽しまれました。
By IY

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

603m.冬の寒いのに朝連

1116日のヘッド・オブ・瀬田が今シーズンの最終レースでした。
来年3月末の中川運河ロングレース(5.5km)までレースはありません。
この日は晴れ。しかながら、波風がたち、気温は4度。そのような中、魚ローの諸氏は来シーズンに向け、練習熱心です。なんと、朝練には7人も参加。
T島さん、N波さん、T畑さん、T野さんは1X。
O川さんとIYは2Xでエンジョイ・ローイング。
波風が強く魚崎運河を挟み東西1km位を往復していましたが、T畑さんとT野さんはなんと波風が強い深江浜を越え、芦屋キャナルまで遠征:北海道ボーイは氷が張っていなかったらどこへでも行くのですね。
T本さんはツーリング1X。波風が強いのにも拘わらずにスムーズなローイング。
もすぐ競技艇乗艇ですね。
みなさん、冬のうちにスタミナをつけましょう。
By IY

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

602m.魚崎RCでエイトの夢かなう

佐賀大学ボート部関西OB会で、これまで主に大阪で行われるナックルフォアのレースに参加してきました。
大会で目にするシェル艇は羨望の的で、特に60歳超のOBにとっては、まだエイトが学校になかったこともあり、一度エイトを漕いでみたいと夢を語られていました。
今回魚崎RCからエイトをお借りし、また当クラブの池Dさんにも漕手として助っ人いただき、佐賀大学関西OB会メンバーでのエイト乗艇が実現しました。
メンバーは、コックス植Kさん整調田Mさん・7番U塚さん・6番井Uさん・5番O見川さん・4番古Kさん・3番池Dさん・2番D源さん・バウO川です。
OBクルー の年齢は、60代2名、50代4名、40代2名で、エイト初体験ならびに20年以上ぶりが内6名という、長年思い描いていた夢がかなったドリーミングチームの構成です。
天気は快晴、波も穏やかなことから、芦屋浜に向けて出漕しました。
現役時代にはなかったスピーカーから聞こえる、コックスのキャッチ・ローの音声に乗り、皆信じられない程無難にローイングしています。
時刻が9時を過ぎていたこともあり、何度もモーターボートに止められましたが、ノーワークからライトパドル10本を繰り返しつつ、1時間半で芦屋浜を往復し戻ってきました。
乗艇後のメンバーの感想は、エイトはバランスが良くて意外と漕ぎやすかった、ライトパドルで も10本以上はきつくて無理、等々楽しくエイトを満喫することができました。
今回の計画を決定したのち、11月末と12月初めに、OBの方2名が60歳代の若さでお亡くなりになられました。
この機会にエイトに一緒に乗ってもらおうと、御二人の写真も一緒に乗せて乗艇しました。
きっと喜んでいただけたと思います。
最後に、一緒に乗艇いただいた池Dさん、芦屋浜までシングルスカルで伴漕の上写真を撮影いただいたN谷さん、ご協力いただいた魚崎RCの皆様方に感謝申し上げます。
ありがとうございました。Image

Image_2

Image_3

Image_4

Image_5

Image_6

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

601m.またまた若手の新人さん登場

7日の日曜にO山大ボート部OBのE本さんが魚崎に遊びに来てくれました。前週のK森さんに続いての20代の若手の登場です。ボートを漕げる環境を探していたところ、たまたま魚ローブログを見て兵ボに問合せして私の電話に連絡してきてくれたものです。

話を聞けばシングルの乗艇経験は豊富そうで(O山大はシングルで強い女性スカラーを輩出してますね)、また、この日は9時からS賀大OB会の皆さんがエイト乗艇で混雑する事もあり、いきなりですが7時からの朝練に参加してもらう事にしました。この日は先週ご紹介のK森さんも一緒です。皆で芦屋浜に向けて蹴りだしました。

うねりのある新明和前の水域はさすがに面食らったと思いますが、何とか深江橋まで到着。そこからはN谷と一緒に芦屋浜水路、西宮浜から海洋体育館前をぐるっと回って深江橋まで、ローレートでゆったりした8km漕を実施。K森さんはTall多Dさんと一緒に同じコースを回ってました。前後入れて12kmの乗艇でした。

自宅が舞子ということで魚崎までだいぶ距離がありますが、気が向いたら遊びに来てください。Image


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土)

600m.加古川みなもマラソン30㌔の部」出場報告

1130日。快晴、気温暑い。10:50スタート。4:30のペースセッターについて行く作戦。10㌔まで快調。

12㌔くらいからペースセッターにちょっとずつ遅れだしたが20㌔まではほぼイーブンペースで1045分ペース。20㌔過ぎると足が止まってしまい残りの10㌔はキロ5分ペースに抑えての完走を目指してひた走る。が思った以上に走れずキロ6分くらいにペースダウン。25㌔の折り返し場所に気付かず1㌔行き過ぎ。途中スタッフの人に聞いたけど、「もう少し先」って言われ走り続けたもののやっぱりタイム的におかしいなって思い直して引き返したらさっきのスタッフが追いかけて来て謝られた。けど後の祭り、2㌔余分に走るはめになった。

2㌔余分に走った後のラスト5㌔はつらかった!とにかく、自分に言い訳せず歩かずゴールを無心で目指して完走!多分、ラスト10㌔は1時間くらいかかったかなぁ。余分に走った2㌔を除き約2時間25分くらいかなぁ。トータルタイムは2時間40分くらい。2㌔余分に走って10年くらい前に走った青梅マラソンとほぼ同じだから進歩はしてるかな⁈

 

魚崎RC但野1


2


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月 5日 (金)

599m.ヘッドオブ瀬田打ち上げ

30日の日曜にヘッドオブ瀬田の打ち上げを行いました。参加したのはY山さん、Y本邦さん、N川さん、N波さん、T橋さん、T野さん、T多Dさん、M川さん、T島さん、N谷、それと試合当日応援で駆けつけて動画の撮影もしていただいたM野さん。総勢11名で、阪急岡本駅とJR摂津本山駅近くの居酒屋に集まりました。
中でもT野さんは加古川での30Kmマラソン完走後に駆けつけてこられました。タフですねえ。

料理は豚しゃぶ他の食べ飲み放題、税込み2990円で、例によって皆さんモトが取れそうなくらいにしっかりと食べ且つ飲まれていました。

今年は全日本マスターズに始まり、オックスフォード盾レガッタ、京都レガッタ、ヘッドオブ瀬田とエイトで4レースに出ました。魚ローだけではメンバーが揃わない時は他団体の方にも入っていただきましたが、コンスタントにエイトの編成が出来るようになって嬉しい限りです。来年も同様のレース参加を目指したいと思います。(ワールドマスターズにもエイトで出たいですが、こちらはもう少し時間がかかりそうです)

当日はすっかり酔っ払ってしまい、集合写真を撮るのを忘れてしまいました。今回は写真無しです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月 4日 (木)

598m.若手の新人さん登場

30日の日曜日、魚ローブログを見て問い合わせしてきてくれたH大ボート部OBのK森さんが遊びに来てくれました。

 

10月に東京から神戸に転勤になり、ボートを漕ぐ環境を探していたとの事。自宅は垂水との事なので少々遠いですが、頑張って早起きしていただいて遊びに来てください。

 

この日は8時半に艇庫に。芦屋には行けないため住吉方面にシングルで出かけました。戸田、茨戸と内水面でのローイングから一転、うねりのある海水での乗艇になったため、かなり違和感があったと思いますが、普通に漕いでました。中高年と違いバランス感覚は大したものです。

 

艇庫前~住吉を2往復して終了。次回は芦屋浜に行きましょう。P1010125


| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧