« 678m.四国高知でのレガッタ情報 | トップページ | 680m.エイト定期練習 »

2015年6月24日 (水)

679m.【U塚奮戦記】浜寺レガッタ参戦

500mを4本漕ぎ、合計タイムを競うというユニークなレース、浜寺レガッタに参戦してきました。

キャリア失敗

U塚車でシングル2艇とオールを運ぶ予定であり、購入しておいた新キャリアを朝練後取付けるつもりでした。お店では1時間もあれば取付けできる、との説明でしたが、箱から出して取扱説明書を見ると、「・・・!???」。取付け方が全く分かりません。

N谷監督のすばやい判断で、ご自身のキャリアをわざわざご自宅に取りに行っていただきました。取りに行っていただいている間、N波さん、Y山さんに手伝っていただき四苦八苦。あと少しのところでしたが、N谷監督車で運ぶことに・・・。N谷監督、N波さん、Y山さん、私の準備不足で大変ご迷惑をおかけし本当に申し訳ございませんでした。次回より前日までに準備します。(反省)


レガッタスタート

私のキャリア失敗のため予定より大幅に遅れ、浜寺漕艇場に12時近くに到着。リガー等取付準備で12時過ぎ。スタート10分前くらいに船台発艇と慌ただしいものとなりました。

1本目。1レーン、若い初心者らしきお兄さん、2レーン、私、3レーン、ベテランらしき男性、4レーン、N波さん、5レーン、女性、6レーン、ご高齢の男性。「各クル―は方向を正しなさい。」「ツーミニッツ。」「間もなく発艇いたします。」「アテンション、ゴッ。」昨年はランニングスタートだったそうですが、ウォ―タ―マンが艇尾をしっかりつかみ、審判艇からの指示と旗を合図にスタートです。コンディションもよく、まずまずのスタート。その組では運よく先頭で気分も盛り上がってきます。同じ組のN波さんも見えています。N波さんがだんだん近づいて来る・・・。ところでゴールはどこ?ゴールがどこかわからず必死の漕ぎ。N波さんが漕ぎをやめたのを見て、イージーオール。通常のレースのゴール時になる「ブッ」という音はなりませんでした。

2本目。1本目のゴール後、皆さんゴール地点にノーワークで向かいます。「組やレーンに関係なく、船をつけていただいて結構です。」との案内。ゴール地点まで来るとつい、休まずつけてしまいます。私は1本目に続いて2レーンです。メンバーもほぼ同じです。今度はゴールが分かっていますから安心です。「アテンション、ゴッ。」250m過ぎから苦しくなります。漕ぎのレンジの狭さを自覚しながら、今度の組もなんとか1着でゴール。

3本目。皆さん、休む気配もなくまたまたスタート地点へ。朝からのバタバタで水分、栄養補給をしていないせいか、スタート前に右手親指がつりはじめます。右足ふくらはぎ下あたりもつりそうです。軽くマッサージしなんとか落ち着きました。「アテンション、ゴッ。」今度はいつもの悪いくせが出始め、Sサイドに曲っていくのがわかります。修正しながらなんとかゴール。

4本目。ラストです。さすがにしんどいです。N波さんに「最後ですよね。」と確認。「アテンション、ゴッ。」疲れが出たせいか、蛇行しているのが分かります。2レーンスタートですが、気が付いたら1レーンにいます。修正しながらなんとかゴール。

4本とも1着のゴールでしたが、各レースとも目標にしていた2分を切れず、トータルは8分38秒となりました。


感想

 この大会は、レースとしてのスタートの緊張を4回味わえるユニークなものでした。艇を並べ1回ごとの距離も500mと短いので、インターバルトレーニングにもなると思います。課題としている、技術面(オールのすり、レンジの狭さ)、柔軟性、体幹、筋持久力を改善させ、自己タイム更新に向けて来年も是非、参加したいと思います。

 

 by U塚Dcim0127Dcim0125_2








|

« 678m.四国高知でのレガッタ情報 | トップページ | 680m.エイト定期練習 »

コメント

U塚さんに4戦完敗でした。
出直しです。

投稿: マレーの鯨 | 2015年6月24日 (水) 23時05分

U塚さん、N波さん、お疲れ様でした。
ちょっと逆風でしたのでタイム的には厳しかったですね。
今年は手術明けで参加できませんでしたが、
この大会は楽しくて私も大好きです。
来年は参加するぞ!

投稿: 整体師 | 2015年6月24日 (水) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/61787124

この記事へのトラックバック一覧です: 679m.【U塚奮戦記】浜寺レガッタ参戦:

« 678m.四国高知でのレガッタ情報 | トップページ | 680m.エイト定期練習 »