« 699m.2015WRMR E1XとD1X | トップページ | 701m.2015 WRMR G1X(IY) »

2015年9月24日 (木)

700m.2015 WRMR F2X

2012年ドイツ、2013年イタリアに続き、F2X60-65歳未満)に出場しました。

N監督とのコンビでのWRMR出場はこれで3回目です。

8杯レ-スです:オランダ、国際混成チーム、イギリス、デンマーク、フランス、ウクライナ、ドイツ、そして我々URC、日本代表(このレースに関する限り)。

コースは全長2000mで途中の1000m地点がスタートです。この日のスタート地点への指示は、

2000m地点まで一旦行き、1000mを漕いで、スタート位置につくというものです。素直に指示に従っていたところ、我々は3回にわたり、コールを受けました:Hurry up! 失格になってはまずいと思い、あわててスタート100m手前のプレ・スタートに行ってみると、まだ、3組前までのスタートの艇がウヨウヨ。なあんだ、びっくりさせるな、という気持ち。

やがて、8杯スタート。初めてです。壮観です。

スタート5本、スパート10本。コンスタントは28

この夏は、二人とも練習不足で、それゆえ、バテルるだろうということで、軽めのスタート、低めのコンスタントピッチです。しかしながら、コンスタントは30から31になってしまいました。

100mくらいで先発組5杯にはすでに差をつけられています。しかしながら、ドイツ、ウクライナとは

700mぐらいまでほぼ並んでいましたが、この辺りから、じわじわと差を付けられました。800m、最後の力を絞り漕げども追い付けず。ついに、フィニッシュはシンガリ。

こんなはずではなかった。過去、2回はいずれも2艇を後ろに従えてゴールをしたのに残念無念。

結果:42536(前半2878、後半21658)。逆風とはいえ、良くありませんね。因みに、ドイツでは40007。イタリアでは35875

N監督、来年Copenhagenで雪辱戦をしましょう。

By IY
F2xF2X出廷
Photo↑プレスタート
Photo_4↑スタート
40m40m付近
700m700m付近
















|

« 699m.2015WRMR E1XとD1X | トップページ | 701m.2015 WRMR G1X(IY) »

コメント

Y山さん、力不足で申し訳ありませんでした。
腰痛悪化前に比べシングルの1000mで
10~15秒持ちタイムが悪くなっていましたので、
それがもろに出たものと思います。
来年までにはしっかり復活を期したいと思います。

投稿: 整体師 | 2015年9月24日 (木) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/62343154

この記事へのトラックバック一覧です: 700m.2015 WRMR F2X:

« 699m.2015WRMR E1XとD1X | トップページ | 701m.2015 WRMR G1X(IY) »