« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月30日 (金)

721m.サンフランシスコ湾で1Xを漕いで来ました

20151023日夕方、我がアメリカの母校S大学ビジネス・スクールの卒業30周年のクラス同窓会(1985年卒)が開催され出席しました。大学は、サンフランシスコの南約100kmの町Palo Alto(パロ・アルト)市にあり、シリコン・バレーの中心です。
この機会に大学のボート部を訪ね、1Xを楽しみました。
ボート部は強豪チームとして知られています。世界選手権、オリンピックの常連です。1964年の東京オリンピックにも参加しています。
艇庫は大学から10km離れたRedwood市にあり、サンフランシスコ湾に面しています。
艇庫は3階建ての立派なビルです。上等の船が沢山ありました。
Head Coachは約束の午前10時にやってきて上等のウイング・リガーの1X艇を用意してくれました。本当は学生と一緒に8+を漕ぐつもりでしたが、この日はMen’sの朝練は6時半に始まり、すでに学生は大学に戻ったとのことでした。(残念!)
また、Women’sはこの日は試合遠征中で2人のみが留守番。この2人が艇の出し入れを手伝ってくれました。
まず、1Xをしばらく楽しみました。ウイング・リガー艇は初めての体験でオールがどこまで前に出ているのかわかりづらいですね。波のない広い湾で漕ぐのは爽快です。
1Xのあとは、同道してくれた同級生のMichel(パリ在住、ボート経験なし)と沈覚悟でXをやろうと誘いましたが、拷問はいやだ、ということで叶わず。
彼は、翌日もっと恐ろしいセスナを操縦しました。誘われましたが、曲芸飛行でもやられたらそれこそ拷問ということで丁重に断りました。
今回、Head Coachは大先輩(要するに年寄り)が来たということで大学のボート部とは何の関係もない私を歓迎してくれてました。また、彼には、魚崎RCはいつかHead of the Charlesに参加するつもりでいる、その時には、S大学と勝負をしましょうと言っておきました(The impossible dream:見果てぬ夢)。Thank you, Mr. Head Coach!
いつか機会がありましたら今度は魚ローの皆様と一緒に遠征したいものです。
By IYStanford1Stanford2Stanford3Stanford4Stanford5

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

720m.第3回HAT神戸レガッタに参加しました

25日の日曜日、HAT神戸レガッタに参加しました。
HAT神戸レガッタは兵庫県ボート協会と神戸市漕艇連盟がボートの普及を目指して、日本におけるボート競技発祥の地である神戸市のHAT神戸エリア前の運河で実施するものです。

試合はシングル、ダブル、ナックルで一般、高校生、男女といった区分に加え、
男女混合、親子、小学生等々、多彩な種目が距離300mで実施されました。

我が魚ローからはシングルで7名(U南さん、T橋さん、T野さん、O川さん、T多Dさん、N谷と浜寺RCとしてY本邦さん)、ダブルではT中さんとN波さんの熟女+アラ還ペア、カッター選手のK原+K谷ペア、またKFでは魚ローのメンバー(T本さん、D源さん、O川さん)含むS賀大OBの皆さんがエントリーされました。シングルではエントリー8名のうち7名が魚ローですので、実質クラブ内No.1決定戦です。

結果はシングルではT多Dさんが実力どおり優勝、2位はN谷、3位はT橋さんでした。熟女アラ還ペアは伊T親子ペア、T崎+K村ペアに敗れ3位、カッターペアは2艇参加の一般ダブルでは勝ったものの、同漕のK戸高校ペアに接戦の末破れ残念でした。また、S賀大OBクルーは惜しくも準決勝敗退でした。(試合結果を十分確認せずに撤収作業に入りましたので、もしかしたら間違っているかもしれません。その際はご容赦ください)

この大会は使用艇の全てと機材の多くを魚崎から運ぶこともあり魚ローも裏方として参加しました。前日準備から当日の撤収まで、試合に参加していないメンバーにもご支援いただき有難うございました。

当日は風が強くスタート位置になかなかつけられないクルーが続出。試合進行が大幅に遅れたのが影響し、撤収が一段落したのが19時でした。皆さんお疲れ様でした。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

719m.京都レガッタ打ち上げ

17日の土曜、先日参加しました京都レガッタの打ち上げを夙川駅前のイタリア料理店で行いました。参加は7名と、幹事の日取りの設定が悪く参加できない方が多くなってしまいました。申し訳ありませんでした。

 

例によって話のテーマは盛りだくさん。全日本マスターズ、世界マスターズ、関西でのワールドマスターズゲーム、オッ盾や関選といった2000mの試合等々のストイックな話題だけでなく、エンジョイローイングをどうやって盛り上げるかのテーマも。

 

また、ボートだけでなく神戸マラソンに参加するS村さん、T野さん、U塚さんが熱くマラソン談義もされていました。

 

女性客でいっぱいのお店におっさんばかりの団体が陣取る事3時間超。ご迷惑をおかけしました。P1000183


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

718m.新しい仲間が来られました

17日の土曜、新しいメンバーの方が来られました。

K本工大OBのM村さんで、最近関東から西宮に引っ越してこられ、ブログを見て問い合わせいただき、この日初乗艇となったものです。

 

現役時代はずっとフォア(Sサイド専門)に乗艇との事で、スカルは殆んど経験が無いとの話でしたので、スカルに慣れていただくためにN谷とダブルに乗艇し芦屋浜水路を通って西宮浜まで足を伸ばしました。

 

一緒に漕ぐとなかなかどうして、しっかりスカルオールを操っておられました。Bサイド(左手)のフェザーに慣れバランス感覚が戻ってくればたちまち上達しますよ。

 

この日は初めて乗艇にもかかわらずいきなり11Km漕いでしまい、足腰に来たとの事。しんどい思いをさせまして申し訳なかったです。M村さんは翌18日にはエイトにも乗艇していただきました。これから宜しくお願いします。Dsc_7391Img_0873_2








| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

717m.サンシャインワーフのイベントに参加してきました

朝練でいつも芦屋浜に向かう際、オートバックスやスポーツデポ、マクド、ヤマダ電機にびっくりドンキーのあるサンシャインワーフを見ながら漕いでますが、12日の祝日、そのサンシャインワーフでキッチンカーコレクションというイベントがあり、朝練終了後にY山さん(奥さんもご一緒)、N波さん、N谷の4人で顔を出してきました。
キッチンカーとはワンボックスやトラックを改造してホットドッグや焼きそば等、食べ物を提供できる改造車の事です。
当日は北海道から沖縄、更にトルコまでの料理をカバーしたキッチンカー30台 くらいが集合して味を競いました。鶏から揚げ、ラーメン、丼もの、ハンバーガー、 焼肉、たこ焼き、それとケバブ等々、11時頃には家族連れでいっぱいになる程 のなかなか盛況な楽しいイベントでした。
当然ながらアルコールも入り、心地よい海風に吹かれて皆さんたちまち出来上が り。海から見上げるだけでなく、たまには陸から海を眺めるのもいいものです。P1000179


P1000176


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

716m.京都レガッタ エイト

10月11日(日)、琵琶湖漕艇場で開催された第50回京都レガッタにエイトで出場しました。距離は1000m。メンバーはI藤(C)、T橋(S)、O川(7)、U南(6)、M川(5)、N波(4)、I田(3)、U塚(2)、Y本(B)。鉄人U塚さんはシングルスカルとの掛け持ちで、1日に5レースをこなします。参加クルーは学生中心に10クルー。社会人クルーは魚崎、瀬田工OB、瀬田漕艇クラブ女子エイトの3杯です。艇は龍谷大の Red Zeppelin をお借りしました。
<予選>
1004時スタートの5杯レース。決勝に行ける上位2杯に残る可能性はほとんどないので、勝負はせずマイペースできっちり1000mを漕ぎ切ろうという作戦で臨みました。琵琶湖では珍しくほぼ無風の好コンディションですが、スタート地点では少し右に流されます。スタート数本は右隣りの京大Bについていきましたが、すぐに見えなくなります。左隣の女子エイトとは差が開いていきますが、その向こうの学生2艇はよく見えません。どうやら300mあたりで水があいたようです。ラスト100mでピッチを1枚だけ上げて4位でゴール。タイムは以下の通り。
順位 クルー      レーン    タイム
1   京大B        2    3’05”42
2   同志社大B     6    3’20”31
3   滋賀大経済・魁斗 5    3’21”48
4   魚崎RC       3    3’34”78
5   瀬田漕艇クラブ   4    3’57”04

 

<敗者復活戦>
1244時スタートの6杯レース。少し風と波が出てきました。このレースではいちかばちか2位を狙って前半から勝負をかけることにして、左隣3レーンの滋賀大経済に勝つことを目標にスタートしました。100mまではうまく滋賀大の頭を押さえて数シートリード。コンスタントに落とすと、学生が1本1本出てきます。足けりを連発してこらえようとしますが、あっさり抜かれて置いていかれました。300mを過ぎると水中がにぶくなって艇速が落ちます。ラストは気をとりなおしてスパートを入れて5位でゴール。6レーンの瀬田工OBクルーとはあまり差がなかったようですが、4位争いをするには位置が遠すぎました。
順位 クルー            レーン タイム
1   大阪大学            4  3’22”21
2   滋賀大経済・Autoetrada  5  3’23”94
3   滋賀大経済・魁斗      3  3’30”56
4   瀬田工OB夕照会      6  3’41”32
5   魚崎RC            2  3’45”92
6   瀬田漕艇クラブ        1  4’05”74

私は1000mレースをパドルで漕ぎ切るだけの体力がありませんでした。魚崎運河の乗艇では心肺系を鍛える練習は難しいので、冬場にエルゴをひいて来シーズンに備えるか、エンジョイローイング派に転向するか、悩ましいところです。P1000162_2


P1000163


P1000164


P1000175


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

715m.【U塚奮戦記】京都レガッタシングルスカル(一般)に参戦(2015年10月11日(日))

京都レガッタのシングル(一般)とエイトにダブルエントリーしましたが、シングルは予選1本程度と軽く考えておりました。ところが、N谷監督からのレーススケジュールを見ると、なんと、シングルは予選、敗復、の後、どんな結果でも決勝があるレース。

シングル3回、エイト2回の合計5回。約1時間毎のシングル、エイト交互の1000m。最後はエイトからシングルまで30分しかなく、スケジュールがタイトな厳しいレースとなりました。

予選

予選はレースNo.1でこの大会1番の9:00スタートです。7時半ごろ琵琶湖到着後、リガー取付など手伝ってもらい、準備運動もそこそこに蹴り出し。服装は次のエイトのためにローイングスーツの下は黄緑の魚崎RCのTシャツ。シングルとエイトの間は時間がほとんどなく、この服装は正解でした。

ステッキボート近くに行くと、各選手が集まってきます。学生が多く、皆さん見るからに良い体格。場違いのレースにエントリーしてしまったか・・・。

1レーン滋賀大学生(体格は良いが初心者か)、2レーン私、3レーン同志社大学生(体格は小柄ながら締まっている)、4レーン龍谷大学学生(アジア選手権クオド日本代表。やっぱり見た目に違う)、5レーン京都大学生、6レーン瀬田漕艇クラブの方。

 アテンション、ゴッ! スタートは4レーンも横目に見える好スタート。直後に1本Sサイドのオールをひっかけ、大ブレーキ。1レーンと3レーンの学生との戦いとなりました。3レーンは前半視界に入っており、500m近くまではいい感じ。これやったらこの人には勝てるかも、と思いきや500m過ぎに少しずつ水をあけられてしまいます。1レーンは2レーンに入ったり、岸に近づいたりでかなり蛇行している様子。審判艇から何度も注意を受け初心者の様子。なんとか3レーンには追いつくべく750mを過ぎスパートを入れるも追いつかずゴール。6杯中5位となりましたが、タイムは以下の通りで、4分17秒と自己ベストは更新できました。

1レーン 4分25秒(6位)、2レーン 4分17秒(5位)、3レーン 4分12秒(4位)、4レーン 3分44秒(1位)、5レーン 3分55秒(3位)、6レーン 3分47秒(2位)。

敗復

シングル敗復あたりから横風が吹き始め、時よりおさまるものの少し白波も見えるラフコンディション。敗復は4杯となり、1~3位がC決勝進出です。予選は蹴り出し時にはエイトの皆さんの補助があり、ゴール後もN谷監督のサポートがあり助かりましたが、敗復時は皆さん各自の準備があり一人での本部艇庫前からの蹴り出しです。エイトの予選後でかなり脚も張ってくる中、早めにスタート地点に到着。風の影響で皆さんステッキボートにつけるのに時間がかかります。

2レーン私、3レーン京都大学学生、4レーン滋賀大学学生、5レーン京都大学医学部学生。

クイックスタートでアテンション、ゴッ!スタートから終始学生に出られ、審判艇を見ながらラフコンの中、苦しい漕ぎ。結果は4杯中4位。タイムは以下の通りで、3位にはラストあと少しで追いつけそうでしたが力及ばずゴール。

2レーン 5分00秒(4位)、3レーン 4分43秒(2位)、4レーン 4分25秒(1位)、5レーン 4分58秒(3位)。

D決勝

エイト敗復終了後、今日2度目の途中下車。次のシングルD決勝が本日5本目の1000mです。風の影響で各レース遅れ気味となったものの、予定通りにスタートさせようとしているようで、エイト後シングルスタートまで30分しかありません。またレーンプレートも取り替える必要があり焦りましたが、本部受付で貸与していただきセーフ。レースは予選で戦った同志社大学学生との2杯レースです。風が強くなり、ステッキボートにつけるのに何度も失敗。やっとつけてもSサイドのチョイローを常に繰り返していないとすぐに艇が大きく流れてしまいます。これだけで右腕が疲れます。

3レーン同志社大学学生、4レーン私。

クイックスタートでアテンション、ゴッ!3レーンの学生さんも今日3回目の1000mのせいかお疲れの様子。スタートからしばらくは相手を見ながらレース。中盤以降は学生少しずつ出られ、これまた、審判艇を見ながらラフコンの中、苦しい漕ぎ。結果は2杯中2位。タイムは以下の通りで、500m以降厳しい展開でゴール。

3レーン 4分51秒(1位)、4レーン 5分00秒(2位)。

課題
 1000mを半日で5本は脚、背筋等に痛みが出て苦しいものではありましたが、意外と漕げてしまいました。ただ、課題は以下の項目で今後のトレーニング、プランニングで気をつけ、低レベルながら自己ベスト更新に向けまた頑張っていきたいと思います。

・中盤以降の筋持久力。
・スカルローイング技術。
・レースプラン。
・現地到着からレース間の水分補給等の準備、計画。

by U塚Photo↑シングルスタート直後
Photo_2 ↑シングル前半

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

714m.京都レガッタ・マスターズシングル

10/11の日曜日、恒例の京都レガッタにマスターズシングルで参戦してきました。試合は一発決勝で参加6クルーのうち5クルーは瀬田ローさんのメンバーです(N瀬さんは棄権が出たので男性の試合に唯一女性で参加)。

A
達さんにどこまで食い下がれるか、8月末のびわ湖レガッタで逆転負けを食らったN井さんにリベンジできるか、また、手術明けからの体力回復がどの程度進んでいるか、色々テーマを持って試合に臨みました。

結果はA達さんには惨敗、N井さんにも後半逆転負けの返り打ちで3位に終わりました。強い斜め逆風と波で、魚崎で波には鍛えられてる私には有利な展開だったはずが情けない結果です。復活の道のりは厳しいなあ。

気を取り直して次頑張ります。
Pa110646 1 P1000173

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

713m.四万十レガッタ1×【動画】

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

712m.びわ湖レガッタ60歳以上1×【動画】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

711m.びわ湖レガッタ40歳以上1×【動画】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

710m.神戸市民レガッタ 2X決勝【動画】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

709m.神戸市民レガッタシングル中級 決勝【動画】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

708m.2015WRMRの報告会

30日の水曜日、期末のあわただしい日でしたがY山さんの事務所で今年のワールドマスターズ(WRMR)の参加報告会を行いました。

当日はWRMRに参加した4人(T橋さん奥さん含む)の他に10名の方にご参加いただきました。ご多用中有難うございました。

Y山さんが撮影された写真約1300枚を順に上映しながら、時折解説を入れてビール・日本酒・焼酎・ワイン・ウイスキー・バーボン+弁当+おつまみで宴会です。O川さんには大量に酒類の差し入れをいただきました。たいへん有難うございました。

大会では日本から参加された他の団体はいずれも早めに現地入りし、事前練習をしてから本番に臨まれていましたが、我が魚ローは参加者が仕事持ちのため、毎回練習無しの即本番。短期集中のスケジュールでしたがその分中身は濃く、ベルギー観光も回りきれないところもたくさんあったものの、かなり充実していたと思います。ツアーコンダクターをしていただいたY山さんに感謝です。

漕ぐ方ではH詰さんと現地で合流して舵手無しクォドの1000mにも初挑戦出来たのがハイライトでした。結果は伴わなかったものの、舵手も仰せつかった私にとっては新鮮でとても楽しかったです。魚崎でも4X-は是非欲しいですね。

WRMRは来年はデンマーク・コペンハーゲン、再来年はスロベニア・ブレドで実施されます。参加人数は多い方が楽しいし、行けば「何故もっと早くから参加しなかったのか」と後悔する事請け合いです。皆さん是非今からご検討ください。P1000148


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

707m.2015和歌山国体

今日の記事は『ときどき涛溟会』のお話しです。

9/27~9/30の間、琵琶湖漕艇場で「2015 紀の国 和歌山国体」が開催されました。予選レースを応援しに行ってきました(N波さんも宿舎まで激励に行かれたとか)。
高知選抜は2×で出場(有光・石上ペア:奥から2つめの2レーン)。
琵琶湖漕艇場に久しぶりに『高知選抜~』の名前がコールされました。
大健闘でした。
Img_8819Img_8820
レース結果はコチラから↓
http://www.kirokukensaku.com/kokutai/kokutai_index1.html




| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »