« 723m.2000mレースに参加して | トップページ | 725m.大阪レガッタ、3年振りの2000mの試合 »

2015年11月 7日 (土)

724m.【U塚奮戦記】私の「全日本選手権」大阪レガッタに挑戦!(2015年11月1日(日))

私の「全日本選手権」

大阪レガッタ、シングルスカル2000mに参戦して参りました。ご存じの方ばかりでしょうが、2000mはオリンピック、全日本選手権クラスの距離。国内の多くは1000mのレース。関西に居ながら2000mのレースに参加できるのがこの大阪レガッタ。大変ありがたいレースです。私の中の「全日本選手権」です。

スタートから出られる

昨年に続き2度目のチャレンジになります。昨年は魚崎RCはT田さん(Tall)のみでしたが、今年は5人中4人が魚崎RCのメンバー。1レーンN谷さん、2レーンT田さん(Tall)、3レーン初チャレンジのO川さん、4レーン私、5レーン加賀梨RCのO村さん。憧れの美しいエンバッハをY本さんにお借りし、意気揚々、気合い充分でスタート地点へ。風も落ち着き、ほぼ静水の良いコンデション。何回経験してもスタートは何とも言えない緊張感に包まれます。「ツー、ミニッツ。」「各艇は方向を正しなさい。」「N谷、・・・T田、・・・O川、・・・U塚、・・・O村、・・・アテンション、・・・・ゴッ!」
スタートは私の得意とする所。スタートは出てあとはすぐにピッチを落とし淡々と漕ぐプランでしが、スタートを失敗した模様のO川さんを除き、スタート直後からN谷さん、T田さん、O村さんの姿が横目でチラリ程度しか見えません。焦ったせいか、コンスタントピッチは30を切る程度と考えていたところを、32まで上がってしまいました。

審判艇に抜かれる

 スタート後の前半、N谷さんら3人は視界に入りません。ただ、そんなにトップとは離れてていないと思い込んでの必死の漕ぎ。審判艇が微妙に近づいては離れての繰り返し。審判艇との競争です。吉本新喜劇風に言うと「抜くんかい、抜かんのかい、抜くんかい、抜かんのかい」を繰り返し、抜きたそうな審判艇。私としてはトップとの差がそんなにあいていないと信じ込んでおり、「なんでこんなに近づくんかいな。そのままでいいやないの。」と思いながらの漕ぎ。その後、一気に審判艇に抜かれ、「やっぱ、行くんかーい!」
審判艇の通った後は、「波ヤメロ、波ヤメロ、波ヤメロ、審判艇が通った後のナ―ミーッ!」となり、静水のグッドコンディションから一気にラフコンへ。「漕がれへんやんかーい!」
少しは遠慮した抜き去り方はないのか!後には審判艇のエンジンから出る排気ガスのおまけ付き。後で審判艇に抗議してやろう、と思いながらの必死の漕ぎを続けます。

スパート!

 やっと
1600m付近まで来ました。蹴り出した桟橋くらいのところで、観客もいます。あと残り少し。ここでスパート!観客席側からは残念ながら応援の声すら聞こえず、後ろ(進行方向)を見る余裕もなく苦しい漕ぎが続きます。1800mくらいからも長い!ゴールはまだか!ビールはまだか!(違うか!)スピードコーチをチラ見し、8分台が出せるかもと思いきや無残にも時を刻みます。「ブッ。」やっとゴールです。記録は906秒でした。

 現実

 ゴールした後もN谷さん、T田さん、O村さんがおり、この時点でも、そんなに差があったとは思っていませんでした。ゆっくり桟橋に向かい、Y本が待っててくれています。鼻息荒く「(審判艇が抜く必要があるくらい)トップとそんなに間があいてましたか?!」との質問に、冷静にY本さんが「あいてましたね。」の一言。「うそー!」と思いながら、レース中の自分が写った写真を見ると「がーん。」アゴが地面に落ちてしまいました。トップのT田さん、N谷さんは遥か彼方、点にしか見えません。これでは審判に文句は言えません。逆に、レースの進行を妨げて審判の皆様に謝らないといけないほどです。
 こうして、私の「全日本選手権」は終了しました。それなりには自分でトレーニングを重ねてきており、また、Y本さんからは立派な艇をお借りしていながら、審判艇に抜かれるなど情けない結果となり悔しい思いがこみ上げます。でもあきらめません!昨年の大会からは30秒程度記録が短縮できたことを励みに、来年こそは8分台前半を目指して頑張ります!
 最後になりましたが、大切な艇を惜しみなくお貸しいただきましたY本さん、大会を運営いただきました大阪ボート協会、浜寺RCの皆様、写真撮影をしていただいたN波さん、いっしょにレースに出場いただいた魚ローの皆さんに感謝を申し上げます。ありがとうございました。
  by U塚
Photo
↑観客多い!

Photo_2
↑出漕!

Photo_3
↑スパート!

Photo_4
↑レース結果

P1000212

|

« 723m.2000mレースに参加して | トップページ | 725m.大阪レガッタ、3年振りの2000mの試合 »

コメント

U塚さん、いつも通りのチャレンジ精神、素晴らしいですね。
タイムも30秒短縮で、これからまだまだ短縮できますよ。
お互い頑張りましょう。

投稿: 整体師 | 2015年11月 7日 (土) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/62622427

この記事へのトラックバック一覧です: 724m.【U塚奮戦記】私の「全日本選手権」大阪レガッタに挑戦!(2015年11月1日(日)):

« 723m.2000mレースに参加して | トップページ | 725m.大阪レガッタ、3年振りの2000mの試合 »