« 734m.太田川オータムレガッタ参戦記(ダブルスカル) | トップページ | 736m.【U塚奮戦記】登山マラソン編(2015年12月5日(土)) »

2015年12月 8日 (火)

735m.【U塚奮戦記】太田川オータムレガッタ(シングルスカル)に参戦(2015年11月29日(日))

 広島県の太田川で行われる第23回オータムレガッタに参戦して参りました。距離8.5㎞とロングレースは初めての挑戦になります。参加クルーはKF1艇(KFのみ4㎞)、シングルスカル2艇、ダブルスカル5艇、フォア6艇、エイト1艇の合計15クルーでした。魚崎ローイングクラブからはN波さん、T橋さんのダブルスカル、U塚のシングルスカルの2クルーの参加です。

移動

前日の土曜日のマンホールサミットの乗艇後、N波さん、T橋さん、U塚で車移動です。話はそれますが、私が大学生(28年くらい前)の頃に買った「ボート競技」という本があります。T橋さんの大学時代のコーチ、須藤武幸氏が書いたものです。以前からご本人に確かめたかったのですが、その本の写真にT橋さんのようなお姿が。車内でT橋さんにお見せすると、やっぱりそれは、昭和55年全日本選手権エイト優勝クルーで2番を漕いでいるT橋さんでした。小さな写真ですが、立派なお体で力強い漕ぎの様子が分かります。

運転は4時間くらい続きます。確かめられてほっとしたこともあってか、睡魔も襲い、途中でN波さんにバトンタッチ。広島はやっぱり遠いです。Photo

↑大学時代のT橋さん

太田川艇庫

やっと広島に到着し、太田川を視察です。川幅が広く穏やかな川です。川のそばには大学等の艇庫が並んでいます。広島大学、広島工業大学、広島皆実(みなみ)高校、広島修道大学、それぞれ立派な艇庫です。まずは、艇をお借りする広島工業大学にご挨拶。スカルのバック台、6~7台並べられたエルゴ、ローイングタンク、数多くの艇などなど私が学生の頃と比べると設備は随分恵まれているように感じます。桑野造船の社長もおられ、お会いできて大変光栄でした。「是非、工場を見に来てください。」ときさくに話してくださるとてもおやさしい印象です。Photo_2


↑太田川艇庫

N波さん亭

N波さんのご自宅に到着した頃はもう真っ暗。お若い奥さま、赤ちゃん、それにワンちゃんがお出迎え。お若い、と思いきや、娘さんとお孫さんでした。

お好み焼き屋をご予約していただいており、車で送り迎えまで。おいしい広島のお好み焼き、牡蠣などをしっかり堪能しました。お風呂、翌朝の朝食までご準備いただき、また、「還元水」やおつまみなどたくさんの情報、またお土産まで、ありがとうございました。

スタート

Filippi艇のシングルをお借りし、10時頃蹴り出し。KFを皮切りにシングル、ダブル、フォア、エイトの順で30秒間隔のランニングスタートです。私は3番目。「3番 魚崎ローイングクラブ U塚さん スタートしてください。」ピッチ25程度をキープして淡々と漕ぐ計画です。多少、波があるものの艇のおかげかスムーズに漕ぎ出します。FilippiFilippi


折り返し

 1000mを超えたくらいでしょうか、はやくもダブルが近づいて来ます。山口大学、島根の親子クルー、次々と抜かれます。低いピッチとは言え息が上がります。折り返し近くになると黄緑のTシャツが近づいて来ます。N波さん、T橋さんのダブルです。折り返しを過ぎたところでT橋さんから応援の掛け声。なんとか奮起し漕ぎ続けます。

アクシデント

 折り返し地点を過ぎて間もなく、N波さん、T橋さんのダブルにあっさり抜かれます。

帰りは逆流となり行きよりも長く感じます。それでもピッチ25はなんとか維持して漕いでいると、フィニッシュで後にぶつかる違和感を感じます。よく見ると左のレールがズレています。なんとか手で動かそうとするも動きません。私の出艇前の確認不足です。また、左手の平の皮がめくれ、なぜか足の裏がつり出します。半泣き状態の中、時々スタッフの方々からの応援の掛け声、「ファイト!」。気持ちを切り替え漕ぎ続けます。

ラスト

 手元のスピードコーチでは8.5㎞を過ぎているのに、なかなかゴールしません。気がめいりますが、途中、自分が蛇行したせいでしょう。後ろ(進行方向)を見るとなんとかスタートした所が近づいてきています。ラストスパートをかけ、なんとかゴール。終わってみるとあっと言う間でした。

結果は、シングル2杯中2位。

1位 太田川ローイングクラブ O植さん 41分31秒

2位 私                           47分01秒

レベルは低いですが、47分間漕ぎ続けることができ、ピッチを維持し完漕したことに少し自信がつきました。

レース後

 全てのクルーが無事ゴールし、レース終了です。N波さん、T橋さんのダブルは学生らを相手に5杯中3位。1位2位とも僅差です。クルー名「アラ還」ながら、圧巻です。

表彰式後に一人一人に豚汁が振る舞われます。あったかくほっとします。

 

ローカルで手作りですがアットホームなレガッタでした。艇をお貸しいただいた広島工業大学の皆様、O椋さんはじめ大会スタッフの皆様、N波さんのご家族の皆様、N波さん、T橋さん、大変お世話になりました。ありがとうございました。Photo_3


↑桑野造船社長と記念撮影
23Photo_4
 by U塚

|

« 734m.太田川オータムレガッタ参戦記(ダブルスカル) | トップページ | 736m.【U塚奮戦記】登山マラソン編(2015年12月5日(土)) »

コメント

お疲れさまでした
昨年の私の記録は49'23"でした
U塚さん立派なタイムですですよ。
遅い私がいうのもおかしいですが。
また、ロングレースに参加しましょう。

投稿: マレーの鯨 | 2015年12月11日 (金) 21時19分

U塚さん、初めてのロングレースお疲れ様でした。
神戸マラソン同様、アクシデントがあってもめげずに
最後までやりきる意志の強さは尊敬します。
ロングレースも慣れですので、これからどんどん
タイムが良くなりますよ。

投稿: 整体師 | 2015年12月 8日 (火) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/62828051

この記事へのトラックバック一覧です: 735m.【U塚奮戦記】太田川オータムレガッタ(シングルスカル)に参戦(2015年11月29日(日)):

« 734m.太田川オータムレガッタ参戦記(ダブルスカル) | トップページ | 736m.【U塚奮戦記】登山マラソン編(2015年12月5日(土)) »