« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月30日 (水)

758m.中川運河のロングレースに参加

327日(日)名古屋市ボート協会が開催するロングレースに参加してきました。魚崎から参加は2010年以降、開催中止以外の5回連続となります。

今回は、N波さん・N谷監督・O川の3名での参加です。私は10年前愛知県に住んでいて、中川運河はボートができそうな水域だと思っていましたが、名古屋港漕艇センターがあるとは知りませんでした。

N波さん・N谷監督は何度も中川運河ロングレースに参加されていて、朝
6時、車にスカルを積み魚崎を出発。私は初参加で、ただ乗せていただき、ついていくのみでした。8時半に漕艇センターに到着。天候は晴天。運河は穏やかに漂っています。今回男子シングルスカル3艇での参加のため、N波さんがアトム・O川がハマダ1を持参使用、N谷監督は借艇しました。

9時から開会式、第
43回ロングレース開催で40クルー程の参加があり、コースの全長5.5kmにかかる橋(8箇所)の通過に関する注意説明を聞きました。魚崎の参加経験者からも事前に聞いていましたが、オールの先が橋げたにすりそうな場所もあるとのこと。主催者から、『スタートから4.5kmはスカルでは後方の橋を振り返りながら確認し(橋手前100mにブイあり)景色を楽しみながら競争に執着しすぎないように、最終1,000m(レースコース)で競争してください』との説明で、少し安堵です。

今回の参加クルー内容は、男子1
× 14クルー、女子1× 7クルー、男子2× 4クルー、女子2× 4クルー、KF5クルー、男子 3クルー、エイト1クルーで、旭丘高校・津高校の高校生らが大多数です。1030分の男子1×から始まり、エイトが最終で12時頃にはすべてのクルーがゴールします。

私は
2組目、1033分スタートで、瀬田RCのA達さんと高校生の3杯の組合せ。N波さん・N谷監督は同じ5組目、1045分スタートで、旭漕会の方と3杯の組合せ。私は940分に出艇し、5.5km上流のスタート地点に向かいます。はじめは1,000mコースをゆっくり北上。運河は幅も広く静かで周りの景色を眺めながら、倉庫群の間を進みます。背中の風を冷たく感じますが、正面から晴天の日差しが照りつけて、長袖シャツでは汗ばむ陽気です。いくつか橋を通過し、狭い所で「ガリガリ」オールをキッチリこすります。スタート地点に出艇から40分かけて到着。1組目が定刻よりも2分早くスタートしたのを確認し、スタート地点に向かいます。3艇適度に横間隔をつけて並んだら各艇コールの後アテンション・ゴー。

2
艇にはすぐに離されて、運河右側沿いにコースをとり、最初の橋と唯一のドッグレッグを後方確認しながら曲がると、後はゴールまで一直線のロングコースをひたすら漕ぎつづけます。ラスト200mで後の組の高校生に追いつかれましたがラストスパートの余力は残っていません。タイムは2846秒。障害物競走的要素もあり、なかなか面白いまたチャレンジしたくなるレースでした。
Dcim0191_2
Dcim0187_2
Dcim0193

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年3月25日 (金)

757m.マスターズFカテエイト始動

20日の日曜日、マスターズに出漕するFカテエイト(通称エンジョイエイト)が始動しました。
とはいうものの、正式メンバーには5人足りず、ほとんど普段のエイト練習状態でした。メンバーは敬称略で、C:K合、S:T橋、7:N谷、6:T本、5:Y本邦、4:D源、3:F田、2:I戸、B:Y山です。
エンジョイエイトでもあるのでゆっくり行きましょうという事で、最初はT橋さんの指導で技術練習をメインに。その後レート18、20、22を段階的に上げ下げするライトパドルでロング漕。しかし初めて7番を漕ぐ私(N谷)が整調に常時合わせる事ができず、バランスで苦戦した原因になったように思います。申し訳ありませんでした。
とは言え先日のDカテエイトほどではありませんが、そこそこ負荷があってマズマズのスタートになったのではないかと思います。
この日はエイトの他は、増Dさん、せむどんさん、T多Dさんがシングルでした。皆さんお疲れ様でした。
Image_9


Image_10


Image_11


Image_12


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月24日 (木)

756m.瀬田川練習+鶴喜蕎麦その後は

3月19日瀬田川で汗を流し、蕎麦で腹を満たしその次は
山の上の造船所、そうです世界でも珍しい水辺から遠い
日本で唯一レース艇を作っている「桑野造船㈱」の工場見学に行ってきました。
1月に艇を引き取りに伺ったとき小沢社長様から「3月19日は工場見学できますよ」
とのお誘いに8名で押しかけました。
レース艇の製造工程の説明を聞きながらだんだんと出来上がっていく過程を見せていただきました。
皆さん職人技を持っていらして、「少しでも速く進む艇を提供する」の思いが伝わってきます。
作業の手を止めてもらいすいませんでした。
最後に小沢社長を囲みディスカッションを行い。世界のボートメーカー状況、
艇の製作技術では桑野造船がWintechの兄貴分だとか、リギングの話、力学の話とか
聞かせてもらいずいぶん勉強になりました。わざわざ時間をとっていただき感謝いたします。
桑野造船の従業員の方にもあらためまして感謝いたします。
8名を代表しましてby マレーの鯨Img_4354


Img_4350


Dcim0181



 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年3月23日 (水)

755m.瀬田川練習&桑野造船㍿ボート製作現場見学会

3連休初日、N波さんプロデュースの瀬田川練習&桑野造船㍿見学会を行いました。参加者はN谷、N波、T橋、S村、O川、U塚、T多D、T野の8名。まずは瀬田川での乗艇練習。N谷監督のご尽力で京都大学さんからダブルスカル4艇をお借りして、約1時間、社会人クラブや学生たちで賑やかな瀬田川での練習をエンジョイしました。普段は魚崎では見ない、なしペアやなしフォアと一緒にそして波を気にせず漕げるのは気持ちがいいですね。納艇後、桑野造船さんに向かいますが、ちょうどお昼時、途中のお蕎麦屋さんで昼食としました。事前にY山さんに坂本の有名なお店を紹介していただきリサーチ。11時半ころ到着、8人が着席したあと続々とお客さんが入って来て、すぐに席が埋まるほどの名店のようでした。各々好きなそばを注文していただきました。私は釜揚げそば、つゆとしっかりからんで美味しかったです。ちょっと小ぶりのサイズで物足りない人もいたかもしれませんね。昼食後、桑野造船さんに向かいますが、ブログをバトンタッチします。
T野Image2


Image1

Image_4

Image_5Image5


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月15日 (火)

754m.マスターズDカテエイト始動

13日の日曜日、全日本マスターズに出漕予定のDカテゴリーのエイト(通称ガチンコエイト)の初練習を行いました。
メンバーは敬称略で、C:K合、S:せむどん、7:O川、6:U南、5:I色、4:N波、3:N谷、2:U塚、B:T野です。但し、正式メンバーでは3人欠員で、U南さん、I色さん、N谷が助っ人で入りました。
練習メニューはW-UPのあと1500mライトパドル(レート23~24)を2本、3本ダッシュの30本パドル(レート28~30)のインターバルを数本、1000mパドルを1本で、漕行距離は13kmでした。
フォワードでSサイドに傾く艇の癖は変わりませんが、にも関わらずバランスはマズマズ。助っ人で入った私(N谷)が言うのも変ですが、強度的にもちょうど良い練習になったと思います。
私個人としてはBサイドを漕ぐのが1年振りくらいで、最初は体がBサイド用の動きができず、ストロークレンジが短くなり、ブレードも浮き上がり気味でバランスに悪影響を与えたのではないかと反省しています。すみません。正式メンバーの皆さんはこの調子で頑張ってください。
この日は他に、Y山さんとT本さんがダブル、N川さんとM村さんがシングルでした。皆さんお疲れ様でした。P1000357

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

753m.初体験

228日8+練習。すっかり忘れて朝寝坊のN波が艇庫につくと、監督が点呼をとってました。そう、今日の8+のCOXは魚崎では初めての女性です。あちゃ~。遅刻してすいません。メンバーは(敬称略)CW辺女史、S:M7:W辺、6:U南、5:F田、4:N

3:N上、2:M村、B:Y本。船台より優しい声で「蹴り出そう」、「オールメン用意はいいか」の掛け声がかかり、いつもと違った思いで芦屋浜に向かいます。青木沖の荒波(今日は比較的静かでしたが)の中しっかりとした指示と舵取りで深江大橋まで2000mのウォーミングアップ。そこから初めてのクランクコースを進み芦屋浜に到着。1500mのライトパドル。

折り返しで芦屋浜西の橋までのライトパドル。シングルのU塚さんが並漕してきます。

8+もピッチが上がり最大25まで。シングルを置いていきます。橋の下まで来たら「ラスト300」の掛け声が。普段なら「うそやぁ。話が違う」と思うところですが、優しい掛け声に「よっしゃぁ~」と思ったのは私だけ?

普段舵を引いている加古川や以前の愛知池、鶴見川とは違った海での舵とりはどうでしたでしょうか。還暦前の私にとってはとても新鮮な感じのローイングでした。感謝。

8+本日は約10,000m漕。 そのほかにシングルで、N谷監督、TT田、O川、U塚 

M田の14名でした。(by マレーの鯨)Fullsizerender_1Fullsizerender_2Img_4007











| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

752m.兵庫県ボート協会総会に出席してきました

2月28日の日曜に兵庫県ボート協会の総会がありましたので出席してきました。総会の冒頭に昨年中学生の全国大会1位になった中学生男女の表彰式が行われました。1000mのタイムは男の子が3:50、女の子が4:05で大したものです。


総会そのものは議案に沿って淡々と進行し終了しました。その後は県内各水域の取組事例の報告。加古川、円山川、洲本、相生湾、兵庫運河、そして魚崎。時間もないのでササッと日頃の活動状況を話して終わりましたが、決して恵まれたとはいえない環境で皆さん頑張っているなあ、という感じてした。

総会の始まる前に安全講習会があり、日本ボート協会の安全マニュアルの内容を元にポイントの説明がありました。魚崎では万事徹底出来てるかというと「?」ですが、スカル再乗艇(沈の回復)練習はどこもあまりやってないようで、毎年コツコツ継続している点はまあ、褒められるべき取組ではないかと思います。(艇を壊したり、シートを沈めてしまったり、色々ありましたが)

あと気になったのは、指導者向けの保険というもので、スポーツ団体のメンバーが仮に「事故等については全て自己責任」と一筆書いていても指導者の責任は免れず、損害賠償請求の対象になるとの話でした。そのための保険もあり年間6000円程度で加入でき、最大1億円の保証の出るものがあるようです。私なんかは指導されることの方が多く、たいした指導も出来てませんが、それでも万一の時のために検討する余地はありそうです。P1000356

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

751m.通常練習からの菊正宗蔵開き体験

227日魚ロー通常練習。参加はN谷監督、N波さん、N西川さん、U塚さん、T野。ダブルスカル2艇、シングルスカル1艇に乗り込み、気温低めながら、水面が割と穏やかでみな芦屋浜を往復しました。

でも、実は、今日のメインイベントは他にありました。地元の酒蔵、菊正宗の蔵開きです。予定があったU塚さんは残念でしたが、他の4人で訪問。10時からだったので9時半頃、艇庫を出発して10時少し前に到着しましたが、既にたくさんの人の行列ができていてみなびっくりです。はやる気持ちを抑えつつ行列に並びました。

会場入りすると、まず振る舞い酒をいただきました。練習で乾いたのどを潤しながら、進んで行くとさらにすごい行列がありました。福袋購入の列です。そして、有料試飲のテントがあり、その前にたくさんのテーブルの用意がありました。立ち飲みコーナーです。

さっそくみな、升酒や、大吟醸、純米酒などのお酒を買って乾杯。一息ついて周りを見渡すとあちらこちらに蔵開きの強者どもがいました。試飲などという域を超えた、つまみ、酒のあてを持参しての宴会が始まっていました。それでも私たちは、N川さんがおつまみを持ってきていただいたおかげで楽しめました。みなで、感心しながらも、勉強になりましたねと帰りました。次回の蔵開きはきっと存分に堪能できることでしょう。

TのP1000338P1000340Image1_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »