« 803m.オッ盾エイト練習 6回目(最終回) | トップページ | 805m.⑤ 2016WRMR プライベート・パーティー編 »

2016年9月24日 (土)

804m.④ 2016WRMR シングルH1X編

ダブルF2X編でも書きましたが、私は3月から5月まで左足怪我の治療に専念し、練習はゼロ。         

6月から1Xでリハビリローイングを少し始め、8月は負荷を増やし、9月になりスタート練習を含め、500mを数回トライアル。スタミナ不足は心配でしたが厚かましくも試合に出ました。1Xでは、本人の実力のみが頼り。  

3年前のイタリアでの1XGでは、最初の500mは前半飛ばして217秒(私としては良いタイム)。後半は、スタミナ不足で250秒。1000mは帳尻が合って(?57秒。                              

今年は、怪我で練習不足でのスタミナ不足、3年の加齢(Hカテゴリーになりました)より、N監督のアドバイスは、『前半、245秒のペースで漕ぎ続け、オーバーペースにならないように。そして後半頑張れば何とか、530秒でゴールができる。』このことを念頭に試合に臨みました。目標はビリにならないこと。              

レースは、コース順に、1:棄権、2:イギリス、3:デンマーク、4:クロアチア、5:ロシア、6:ジャパン、7:フランス、8:ノルウエー。7杯レース。やがて、国名によるコール。逆風が吹き、波がさざ波以上にあり、一寸いやな気持ち。

AttentionPoo! スタート3本、そしてスパート10本。(練習ではスパート8本目ぐらいで私としてはmaxスピード)。そしてコンスタントへ。レートは30。これでは、バテルと思い、27にダウン。やがて、100メートル。他の選手は、飛び出しているが、2つ隣のノルウエーとは、並んでいる。よし、彼について行こう。しかしながら、徐々に引き離され、200mから既にビリ。ストロークコーチを見る:アカン、240/500mだ。少し力を入れて漕ぐ。スピードが上がらない。左足の蹴りが弱いせいか。だんだんスピードが落ちて来る。250秒、やがて310秒。途中棄権はみっともない。上半身で精いっぱい漕ぐ。やっと、3分位。800に到達。あと、200メートル。頑張るぞ。250秒台がやっと。1000m, Poo! ゴール。念のため、5本余分に漕ぐ。疲れた。これでは、6分は超えているかもしれない。(6.03.94:最悪、穴があったら入りたい気持ちです)。                            

反省、反省。足を完治させ、来年目指して、一からやり直します。(一寸、情けないBlog記事でした)。        By IY
Photo
皆で急いでリギング

H1x
H1Xいざ出陣

Photo_2
ゴールまであと少し








|

« 803m.オッ盾エイト練習 6回目(最終回) | トップページ | 805m.⑤ 2016WRMR プライベート・パーティー編 »

コメント

Y山さん、お疲れ様でした。
コツコツ練習を続ければ体力は必ず回復しますので、
粘り強く行きましょう。

投稿: 整体師 | 2016年9月24日 (土) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/64247618

この記事へのトラックバック一覧です: 804m.④ 2016WRMR シングルH1X編:

« 803m.オッ盾エイト練習 6回目(最終回) | トップページ | 805m.⑤ 2016WRMR プライベート・パーティー編 »