« 844m.共用のライフジャケット購入しました | トップページ | 846m.今年最後のクォド練習 »

2016年12月23日 (金)

845m.幻のオリンピック選手、魚崎RCへようこそ!(2016年12月10日(土))

S賀大OBには、幻のオリンピック選手と呼ばれる方がおられます。日本が出場をボイコットしたモスクワオリンピック(19807月~8) 、男子ダブルスカル日本代表、A吉さんです。

※当時は冷戦下で東欧諸国の盟主的存在であるソ連(現・ロシア)で行われたこのオリンピックは、前年197912月に起きたソ連のアフガニスタン侵攻の影響を強く受け、アメリカをはじめ集団ボイコットという事態に至りました。

 

私たちが大学生のころは話す機会はあまりなく、A吉さんの講演は聞いたことはあるものの、モスクワオリンピックのことやボート競技自体のことを語り合うこともなく、なんとなく遠い存在でした。1年半前のOB会で再会。現在は茨城県に住まれボートとは無縁の生活とのこと。オリンピックに参加できなかったことや当時相当ハードなトレーニングを経験されたことがトラウマとなってあまりボートにはいい印象がないのかなあ、と思いつつ、なんとか誘い出そうとお声かけはしたものの、あまりその気はなさそう。ただ、ポツリと「シングルはもう一度漕いでみたいね。」と一言。是非、魚崎へ漕ぎに来てください、とお誘いし、やっとそれが実現しました。

茨城県から十数時間かけて車で到着したA吉さん。車の中のA吉さんはやはりガタイがいい。まるでフランケンシュタインが車を運転しているような感じ。「ようこそ!魚崎へ」話もそこそこに早速シングルスカルに乗艇です。O川さんと私もシングルに乗ります。最初はぎこちなく、「ま、まさか、沈したりしないでしょうね。」と思うくらいの漕ぎ。聞けばスカルオールを握るのは30年数年ぶりとのこと。風もありラフコンの中、漕ぎにくそうでしたが1本1本確かめるようでした。数十分もすると勘を取り戻したようにゆっくりながらスムーズな漕ぎ。途中、A吉さんに追いつこうとするとすぐに引き離されます。やはり闘争本能が蘇るのでしょう。芦屋キャナルパークに向かい、浜風大橋を過ぎて折り返し。途中、宮川に寄り道します。コンディションのいい宮川では少し強い脚蹴り。まるでハンマーを強く打ちつけるよう。宮川を離れ、帰りもゆっくりとしたノーワーク。オールで1本1本水を押す感覚を味わいながら魚崎へ戻ります。ここまで来るとはじめこわばっていたA吉さんの表情も余裕の笑顔に変わっています。

乗艇が終わり、A吉さんの宿泊ホテルがある大阪でお好み焼きを囲みます。ボート談義に花が咲き、3人ですが4人前を注文しあっという間に完食。さらに、事前にお願いしていたボート現役時代の写真をホテルのロビーで見せていただきました。オランダで出場された世界選手権のダブルスカル、国体で現在のS田漕艇クラブ、A達さんと並べるシングルスカルの写真などなど。話は尽きませんが、次の日のOB会のエイト乗艇を控えているためはやめの散会となりました。これだけ長い時間、憧れのA吉さんと話ができたことは生涯忘れることができないでしょう。また、是非、魚崎に来ていただきボートを楽しんでいただきたいと思います。

by U塚
Img_6480

Fullsizerender

Img_6537_2

Fullsizerender_1

Fullsizerender_2

















|

« 844m.共用のライフジャケット購入しました | トップページ | 846m.今年最後のクォド練習 »

コメント

U塚さん、O川さん、すごい先輩がおられて
素晴らしいですね。
お話を伺うだけでも得るものが多いと思います。
茨城にお住まいなのが残念ですが(笑)。

投稿: 整体師 | 2016年12月24日 (土) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/64661611

この記事へのトラックバック一覧です: 845m.幻のオリンピック選手、魚崎RCへようこそ!(2016年12月10日(土)):

« 844m.共用のライフジャケット購入しました | トップページ | 846m.今年最後のクォド練習 »