« 858m.浜福鶴蔵開き | トップページ | 860m.ボート魂に火を点けて »

2017年1月30日 (月)

859m.【U塚奮戦記】大阪30Kに参戦!(2017年1月28日(土))

大阪30K

今年のフルマラソンは姫路城マラソンに当選し、それに向けた練習を続けています。2月が本番のため、1か月前に30km程度のペース走を入れるのは有効、とのことで今年は初めて大阪30Kにチャレンジしました。大阪30Kとは、淀川沿いを周回し30kmを走る大会です。

主催者側によりますと、30km走の効果は長時間走ることによる次の3つがあるそうです。

①グリコーゲンを溜めこむ能力が高まる。

(エネルギー源のグリコーゲンを一時的な枯渇状態とすることで溜めこむ能力が高まる。ハーフでは難しいとのこと。)

②マラソン向きの脚づくりができる。

(毛細血管を刺激することで筋持久力がつき、また、着地時に脚や関節にかかる体重の3倍の負荷に耐性がつく。)

③長時間のランニングに対する精神的な耐性がつく。

(「きつい」「つらい」という脳からのブレーキへの耐性がつく。)

スタート~中盤

スタートは自己申告に基づき、フル換算でフル3時間以内、フル3.5時間以内、フル4時間以内、フル4.5時間以内、フル5時間以内等目標別にウェーブスタートです。私の目標は4時間以内です。それぞれにペースメーカーが付き、レースを引っ張ります。魚崎ローイングクラブのアスリートランナー、T野さんから、「がんばってペースセッターに食らいついて!」の激励メールを受け、気持ちも盛り上がります。

快晴のもと、いよいよスタート。ペースは5分40秒/kmとの表示でしたが、最初から速め。手元の時計では、5分23秒/km。速い~、ついていけな~い、と思いつつもT野さんの激励メールを思い起こし奮起。ペースメーカーを30mくらい先に見ながらなんとかついていきます。5kmも経たないうちに、トイレ~。水分補給はしっかり摂ろうとスタート前に多めに摂ったせいか、トイレに離脱。トイレから出るとペースランナーははるか彼方。う~ん、気が萎える。どうにか追いつき、ペースメーカーの真後ろにピッタリつきます。こうしてたくさんの人と一定のペースで走ると、一人の練習ではできないいい練習になります。一人だと、ついペースが上がったり下がったりでペースを一定に維持するのは難しいものです。

レース後半

途中の給水で脚を緩めるとあっという間にペースメーカーは離れてしまいます。気持ちがグラつき、走り始める時に脚が重く感じます。そこで、水分補給をする時はペースメーカーの前に出るようにしました。20km過ぎからそうしてみると、いつのまにか一人旅状態。脚も軽く感じ、つい調子に乗って5分16秒/kmペースに。いかんいかんと思い5分30秒/kmペースに戻すも、さすがペースメーカー、差が変わりません。このまま最後まで軽く行けそう、なんて気持ちがよぎり、何人か抜き去ります。これがランナーズハイというものでしょうか。

ところが、28km付近の給水から急に脚が重くなり痛みも出てきました。やっぱり来たか、と思いつつ、ボートコースの2,000mを想像し、あと少し、あと少しと自分を励まします。手元の時計であと1km。う~ん。苦しい。脚が上がらず大幅ペースダウン。ここでもボートコースの1,000mを想像するも、こんなに1kmって長かったっけ、と思うほど長く感じます。手元の時計では30kmになっています。コース設定間違ってねえか?とクレームをつけたくなるくらい長く感じます。ふと後ろを見るとそこにはペースメーカーが・・・。最後の力をふりしぼり、なんとか抜かれずゴール。

記録は、手元の時計で2時間49分。後半ペースを上げれるだけの脚力をつければ、サブ4も夢ではなさそうです。

レース後

ゴール後、ペースメーカーと握手。お世話になり、ありがとうございました。写真も一緒に撮らせていただきました。彼も姫路城マラソンに出場するそうです。当日会えれば嬉しく思います。

ゴール後にスポーツドリンクと完走Tシャツ、ミニカップめんが配られます。そのほか、バナナ、カステラ、ポテトチップス、スポーツドリンク、水、カップめん用のお湯があります。市販の物で素朴ですが、疲れ切った後には程よいです。また、走った後向けのストレッチ指導がステージで行われました。完走した多くのランナーもストレッチ。短い時間でしたが、知らないストレッチポーズもあり、とても参考になり、疲れが取れるような気がしました。

 

姫路城マラソン本番は、2月26日(日)。前半と後半にアップダウンがあるコースで苦戦が予想されますが、50歳初のフルマラソンでサブ4を目指します。

 

 by U塚
Img_6807

Img_6809_2
Img_6813

Img_6814














|

« 858m.浜福鶴蔵開き | トップページ | 860m.ボート魂に火を点けて »

コメント

すばらしい!ボートと一緒、リズムとペースを刻むといいランができますね。

投稿: T野 | 2017年2月 8日 (水) 00時49分

相変わらず疲れ知らずですごいです。
フルマラソンもそうですが、30kmでも
想像を絶する世界です。

投稿: 整体師 | 2017年1月30日 (月) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/64827886

この記事へのトラックバック一覧です: 859m.【U塚奮戦記】大阪30Kに参戦!(2017年1月28日(土)):

« 858m.浜福鶴蔵開き | トップページ | 860m.ボート魂に火を点けて »