« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

865m.岡山のT内さんご夫妻が魚崎来訪

25日の土曜日、早朝から品川リフラクトリーズのT内さんと奥様が魚崎に来られました。実は縁あって今年のワールドマスターズ行ではT内さんご夫妻と魚ローメンバーが行動を共にすることになり、事前の挨拶をということで、岡山を朝4時に出発して来ていただいたものです。

 

事前に朝練にもご参加いただけると伺っていましたので、早速ダブルに乗艇していただきました。水先案内人はN谷です。(その間奥様にはY山さんが魚ローやワールドマスターズについて色々とご説明)

 

ご存じの通り、T内さんは50代では日本一と言えるほどの実力の持ち主。同乗させていただく私(N谷)にとって名誉な事である上に興味津々。風無し波無しの絶好のコンディションで芦屋浜に向かって漕ぎ出しました。

 

今年に入って初めての乗艇との話でしたが数ストローク漕いで愕然。ノーワークで軽く漕いでいるのにストローク後半からフィニッシュにかけての艇速の伸びが違う。強い人はこういうものか、と改めて感心しました。

 

普段の練習はひたすらUT漕(低レートロング漕)との事で、深江から西宮浜往復8kmをレート20で漕ぎとおしました。スピードは終始2:15/500m前後で、私は結構汗をかき息も弾みましたが、T内さんは汗もかかず呼吸も乱れず。

 

後で伺うと、普段のシングルの練習(UT漕)ではレート17で2:20/500m、レート20で2:10/500mの巡航スピードとの事。私より500mで20秒以上速く、あまりの差に唖然としました。この日は往復12kmの距離でしたが、お付き合いいただき有難うございました。たいへん良い刺激をいただきました。

 

この土日は東京マラソン等各地でマラソンの大会が開催され、魚ローのメンバーもそちらに出かけたりして、朝練参加はY山さん、U南さん、O川さん、N谷の4名でした。

 

Img_6866_2
1c

2c

3c








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

864m.2月19日クォドルプル練習

天気予報では曇りでしたが、本日は風が冷たくも好天でした。

クォドルプルの練習のメンバーは、整調 U南、3番 U塚さん、2番 K戸さん、バウ T野さん、COX N波さんです。K戸さんはクォド乗艇は初めてとのこと。

スカル技術向上を兼ねての練習です。

 

深江大橋までは波が高くノーワークで進みましたが、橋を越えると波なし風なしの絶好のコンディションです。ここから、芦屋浜まではノーワークとライト(ローピッチ20程度)パドルを繰り返して順調に進みます。バランスもよくしっかりと漕いでいる感じです。

芦屋浜では、一本漕ぎでフォワード出だしとフィニッシュを確認しながら漕いでいきます。

その後はまたノーワーク、ライトパドルの変化漕ぎ。

 

芦屋浜水路を折り返してからは、水中強くを意識した3本ダッシュ付パドル10本。

ピッチは26。最初はオールがあっていないところもありましたが、3セット目からはなかなかいい感じに。

と思っていると、4セット目数本こいだところで、整調のSサイドオールがシャフトの真ん中から折れてしまいました。ブレードは船の後方に浮いています。

オールが折れるほど力が伝わったのかと思っていましたが、ひびが入ったのを修理したオールだったようです。

この後は艇庫まで三人漕ぎで帰艇。

出艇前にオールをもっとよく見るべきと思っています。

 

この日はクォド以外に、ダブルスカル M村さん・N谷さん、シングルスカル M田さんが

朝練参加でした。

 

By U南Kimg0789

Kimg0795_2
Kimg0790





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

863m.2017年度 魚ロー総会を実施しました

2/12の今年一番冷え込んだ日曜に魚崎クラブハウスにて2017年度魚ロー総会を実施しました。時間は朝練終了後の10時からで参加は15名でした。


例年通り昨年の活動報告、会計報告、今年の活動予定と予算の説明の後、個別案件や役員の交代の説明・報告をさせていただきました。

 

今回、魚ロー設立以来のメンバーである代表のY本さんが代表を降りることになりました。長年の魚ローへの貢献お疲れ様でした。感謝申し上げます。後任はN谷がやらせていただく事になりましたので、どうぞ引き続きのご支援宜しくお願いします。また、新たにTのさんも役員に加わっていただきました。宜しくお願いします。


議事の中で特に論議が盛り上がったのが安全面でした。U塚さんからは練習中に本人が熱中症や脳梗塞等で意識不明に陥った場合の緊急連絡先把握の重要性について問題提起がありました。

扱いは要注意ですが、本人が意識不明になる事態でも即座にご家族に連絡が取れ、救急隊員に持病の有無、常用している薬等の情報を提供できるよう情報を管理しておくことが事態の悪化防止につながります。特に中高年にとっては切実な問題です。参加者全員納得し、やり方を考えようとなりました。

普段は本人への連絡先を知っていれば事足りますが、その本人が倒れてしまったら連絡先の確認のしようが無く、たちまち立ち往生してしまいますからね。

会議の後は軽食・アルコールを入れての懇親会。12時に一旦お開きにしましたが、話は尽きず2時頃まで楽しい時間は続きました。

今年も安全に気をつけて思い切りローイングを楽しみましょう。Img_6861




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

862m.瀬田ローさんを訪問しました

2/11の土曜にT中さんと一緒に瀬田ローさんを訪問しました。訪問理由は今年のスロベニアでのワールドマスターズレガッタ(WRMR)で、T中さんが瀬田ローさんの女性陣とW4Xで出漕することになったため、挨拶と今後の練習スケジュールの確認でした。
 この日は大津はかなり雪が降り、訪問時間の10時半頃になっても日陰の路面にはシャーベット上の雪が残っていました。当初は朝一に瀬田川で練習して瀬田ローさん訪問の予定でしたが、かなりの降雪と聞いて魚崎で漕いでから移動に切り替えました。正解でしたね。
お会いしたのはWRMRまとめ役のN瀬さんとN西さん、それといつもお世話になっているSteveさんでした。もうお1人のクルーメンバーのO田さんは本日はお仕事との事でお会いできず残念でした。
私からはT中さんに「瀬田ローの皆さんはT中さんに楽しんでもらうためにスロベニアくんだりまで行くのではない。最低でも皆さんの足を引っ張らない程度のスキルを身につけないと参加の資格はないですよ」と厳しく話をさせていただいています。
 という事で、3月以降、T中さんが何回か瀬田に通って一緒に練習する事になりました。また、前哨戦として全日本マスターズにも同じメンバーで参加することが決まりました。
T中さん、頑張ってください。お願いしましたよ。
Img_9685



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

861m.雨中のクォドルプル特訓

2月5日(日)は前日の晴天とは打って変わって寒さの上に雨降り。唯一の救いは、冬にしては波は穏やかでありました。

春先からのボートシーズンに備え、スカルをBeautifulに、かつ、Powerfulに漕ぐための朝練です。メンバーは、S:I川さん、3:N川さん、2:HTさん、B:Tさん、そして、C:Y山。整調にはバリバリのRowerであるI川さんに座ってもらい、Beautiful and powerful rowingを目指しました。

まずは、基礎編:魚崎運河内でオールを水面に対して、直角に入れる練習(私の表現では、チャッポン、チャっポン:どなたか正式の表現を教えてください)。
最初は、オールはシートの中央位置で、次に、キャッチの位置で、そして、フィニッシュの位置で、各30回。その次は、一本漕ぎ(Pause paddling)50回。深江海峡は本日は、波静か。深江大橋までの約1.5kmはノーワークでウオーミングアップ。

応用編:深江橋をすぎ、芦屋キャナルまではいつもどおり波静か。雨のお蔭で邪魔者のウエークボートは出現なし。鬼のいぬ間の洗濯です。当初の計画通り、強めの練習をしました。
最初は、ノーワーク(10本)、ライトパドル(20本)のセットを3回位。次に、ノーワーク(10本)、ライトパドル(20本)、パドル(1020本、ピッチ:2528)のセットを5セットくらい。寒さの中でも強めの練習で皆様、体は温まったものと思います。本日は、合計10kmのローイングでした。皆様お疲れ様でした。

春先の試合に向け、皆様頑張って行きまっしょ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

860m.ボート魂に火を点けて

先週(1/29)と今週(2/5)、会社のボート経験者にお試しローイングに来てもらいました。先週はコンディションは悪くありませんでしたが、お試しなので、彼が整調、私がバウのダブルスカルで艇庫前の水域を往復。それでも、5kmほどは漕ぎました。寒いことは伝えていたので、防寒対策は万全だったのでよかったです。そして、スカルオールはとても久しぶりだと聞いていたのに、フェザーは様になっていたし、キャッチ・フィニッシュも違和感なしでした。

今週は、先週の様子から遠出もだいじょうぶだと思い、ダブルスカルで芦屋の先まで行こうと話をしていました。早朝からあいにくの雨降りでしたが、予定通りで漕ぎ出しました。青木の海はうねりで、彼もさすがに驚いたかもしれませんが、深江橋から先は穏やかな海面でお互い力みも抜けて、しっかり漕げました。それでも、お試しなので、無理なく1617の低レートで戻ってきました。往復10km。冷たい雨は降り続いて、びしょ濡れになりましたが、彼のボート魂に火がついてくれたらいいですね。今日は、シングル、ダブル、クォドルプルとにぎやかな艇庫になりました。また、お待ちしています。

T野。
1

2




| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »