« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月31日 (金)

876m.中川運河ロングレース初参加

小雨交じりのコンディションでしたが、レース中は降らず。水面はおだやかで、気持ちよく4.7kmを漕ぎ切ることができました。N監督の日頃からの丁寧なご指導と、レースで同乗いただいたおかげです。
ありがとうございます。

途中、何箇所もの橋脚を通過するのですが、シングルで何度も振り返り、方向を微妙に制御しながら、あの距離を一定のペースで漕ぎ続けるには、体力と技術を要すると思います。

来年は、シングルで出場できるよう練習していきたいと思います。

この大会、参加費700円、借艇料500円と本当にリーズナブルですね。
レース後は、おにぎりと豚汁をいだだき、抽選で景品もあり。魚ローでは、O川さんが陸前高田のわかめスープ当選。
おめでとうございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

875m.中川運河ロングレース初参加体験記

326日、名古屋漕艇センターで行われた中川運河ロングレースに魚崎RCから2(O川、T野)1(H、N谷)で参加してきました。男子は地元高校生にマスターズクラスが混じった感じの17艇、は棄権があって魚崎RC1艇の出漕でした。雨模様の肌寒いあいにくの天気でしたが、風、水面とも穏やかなコンディション。このロングレースは約5㎞の間に架かる9つの橋をくぐってゴールを目指します。しかも、橋脚の間が狭い橋もあり、なんともスリル満点です。レースは10時半から、を皮切りに3分間隔でスタートです。魚崎RCは、小川、但野、とスタートし、みな無事ゴールしました。私はといえば、ゴール手前3つ目の橋脚にあわやの寸止めで、一旦停止のタイムロスありの、後続Aさんに追いつかれる恐怖を感じながらも、ロングレースは楽しめました。社会人は地元ボートクラブ、瀬田RCからの参加があり、そして、地元高校生は男女とも活気があって、こういうコースを魚崎の高校生も体験できたらいいのになと思います。閉会式では、抽選会、おにぎり、豚汁の振る舞いがあり、和やかな手作り感いっぱいのレースです。シーズン幕開けの漕ぎの課題探しにもなりました。初参加ではありましたが、オススメのレースです。

ByT野
Img_0062_2

Image2

Img_0064

Image1_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

874m.第15回魚崎アーモンド祭り

3/25の土曜日、恒例の神戸市水環境センター主催のアーモンド祭りが実施されました。生憎アーモンドの花は低い気温が続いたため一分咲き程度。それでも多くの来場者で魚崎遊歩道はごった返しました。

神戸市漕艇連盟も例年通りナックルの体験乗艇とエルゴ体験コーナーで参加です。魚ローも有志が、また甲南大、神戸高校、東灘高校のボート部員もそのお手伝いで参加しました。

 

今年は例年以上に体験乗艇が人気で、本来10時から14時までの間に実施の予定が、申込多数のため前後1時間ずつ繰り上げ繰り下げして実施しましたが、それでもお断りする方々が多数出ました。

また乗艇するのも、これまでは乗るのは子供と相場が決まっていましたが、今年は年配の方も数多く乗艇されました。ちょっと新しい傾向です。

 

エルゴコーナーはH詰さんが担当されましたが女性に大人気でした。H詰さんがエルゴのカロリー計測機能を訴えてダイエットにも効果あり、とのトークが人気の要因です。

「女性には年齢関係なくカロリーの話が一番興味を持ってもらえるんだ」との事。おっしゃる通りです。

 

その他にも、小さい時からこの体験乗艇に参加しエルゴも漕いだ地元の中学生が、この度目出度く神戸高校に合格し「ボート部に入るつもり」との話がありました。こういう成果をみるとなかなかホッとさせられます。

 

という事で、皆さん長時間大変お疲れ様でした。

Dsc_3244

Dsc_3179

Dsc_3354

Dsc_3112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

873m.酒蔵開き冬の陣最終回

311日土曜日

浜福鶴、菊正宗そして最終回は今まで訪れたことのなかった今年創業300年を迎える沢の鶴酒造さんの蔵開きに行ってきました。

朝練を終えたN谷代表とN波はT野さんに魚崎から約4km西の蔵まで送ってもらい、現地集合のN川さんの3名で堪能してきました。

開場が1130分からというわけでまずは資料館クイズラリーで酒粕をゲット。福袋を買い求めても開場まで1時間あります。ショップに行けば試飲があるかと思い入ります。

やはり無料試飲を。まだ火を入れていない原酒(アルコール度18%)まず、ぐいっと。

ショップ内で蔵開き会場で飲む為のお酒を買い。また試飲をぐいっと。濃いフルーティーな味わい。『うまい』またぐいっと。監視の目がないので、またぐいっと。試飲6杯。これは試飲ではありません。完全にただ酒。二人とも出来上がり蔵に向かいます。30分前行列ができていて、飽きないための趣向として大道芸を披露してくれます。やさしい心遣い。

開場すると皆さんふるまい酒を1杯もらい、福袋に一目散。N波はテーブル確保に向かいます。おかげで舞台の正面一番近いところをゲット。その後有料酒の列に並びます。

ここの有料酒のカップはなんと普通サイズの紙コップで、なみなみ注いでくれます。

しかも100円。すごいサービスです。あても100円。ショップでお酒を買ってこなくてもよかった。無料試飲でエンジンがかかり。グビグビと進みます。N川さん持参のおつまみでさらにお酒が進みます。テーブルに同席となった賢そうな3人グループの方とボートの話とかワイワイ。

舞台では社長さんの挨拶があり。また樽の薦巻きの実演あり、タレントさんのトーク歌謡ショーありで大変にぎわっていました。

帰る時写真撮影のサービスがあり。いたせりつくせりの蔵開きでした。来年も行こう。

灘郷、魚崎郷はサービス満点。(by マレーの鯨)
Kimg0814
Kimg0815
Kimg0813

Kimg0821


Kimg0819


Img_0050_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

872m.Y本さん慰労会

3/4の土曜日、三宮の居酒屋でY本さんの慰労会を実施しました。
Y本さんは2008年の魚ローの立ち上げに携わり、以降ずっと代表として魚ローの活動を支えてきましたが、体調面のこともあり、今回退任となったものです。
とは言え、魚ローの会員として継続してボートに携わっていくとの事です。引き続き宜しくお願いします。

慰労会の場では昔話に花が咲き、なかなかの盛り上がりでした。ナックルの市民レガッタに出漕することから始まり、その頃は魚崎にもわずかの艇しかなかったのですが、今では仲間も艇も増え、海外にも活動の範囲が広がり、(たぶん)兵庫県で一番活動の盛んな団体になったと思います。今後もY本さんの志を引き継いで、仲間と共に楽しいローイングを目指したいですね。

当日の料理のコースは飲み放題だったのですが、お店がグラス交換を厳密に実施したため、コップ・グラスの最後までしっかり飲まされ、会の盛り上がりも相まって思いの外酒量がかさみました。

おかげでお開きになるころは皆さんすっかり出来上がってしまいました。皆さん無事に家に帰り着いたのでしょうか。

By
N谷
Dcim0119


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

871m.クォド練習(2017年3月5日(日))

今朝もクォド練習を行いました。シートは、整調:U南さん、3番:K戸さん、2番:N川さん、BHさん、COXU塚 でした。快晴のもと、コンディション抜群の中での蹴り出しとなりました。メニューは、技術練習、ローピッチのライトパドル中心で芦屋キャナルパーク、浜風大橋往復の約8km。まずは、ハンドル位置確認のためフィニッシュポジションでチャポチャポ。次にキャッチポジション。続いて、腕漕ぎ、上体漕ぎ、ハーフスライド漕ぎ。4人一緒だとあまりうまくいかないため、整調ペア、Bペアごとに分けて行います。経験に差があるため整調ペアよりBペアをやや長めに実施。それにしても3番のK戸さんはクォド2回目にして完璧。確か1本オールの経験しかなかったと思いますが・・。

Bが切れ込んだりしてなにか漕ぎにくそう。ご自分で気づかれましたが、ローロックを反対にしてオールを装着していました。そりゃ漕げんわ。初心者が乗られていることを意識し、COXとして蹴り出し前によく確認しておくべきでした。反省。   

次に、深江大橋から浜風大橋までほぼノンストップでライトパドル。ピッチは約21程度。前半はバラついていたものの、少しずつオールも合ってきました。帰りは1本漕ぎで潮風大橋過ぎまで。それからは深江大橋までローピッチライトパドル。Bペア中心にオールの擦り、キャッチ時のつかみが気になり指摘させていただきました。キャッチは少し両腕を上げること、フォアードはオールが水面を擦らないようハンドル位置を少し抑える、肩に力をいれない、猫背にならないよう背筋を伸ばす、などなど細々と言って漕ぎづらかったと思います。言葉だけでは理解しづらいので、今日のように初心者の方は前に経験者を乗せてマネしながら漕ぐと体で覚えられていいかもしれませんね。皆さん、お疲れさまでした。

今日はグッドコンディションの中、M田さん、T野さん、N谷さんがシングルでストレスフリーのいい汗を流されました。私も漕ぎたかった・・・。

 

 by U塚
Dsc_2648

Img_6899_2
Dsc_2669

Dsc_2676

Dsc_2685

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

870m.2017年2月26日東京マラソン「NewWay、NewTokyo」

東京マラソンは、2011年以来2回目の当選でした。そして、今回は、コースが変わる「NewWay」の第1回目の大会でした。

快晴の910分、小池知事のピストルの号砲でスタート。今回の目標は、初めて東京を走った2011年の時の記録3時間31分の記録更新です。更新するには「どこかの区間で冒険する必要があるな」と思いながら、いつものように、梱包用のテープに前回記録の5㎞ごとのラップを書いて左腕に貼り、右腕には、3時間半のラップペースを書いて貼り、5㎞ごとにチェックします。私なりの東京マラソンの魅力は、広い道路、途切れない沿道の応援の人垣です。応援のプレッシャーで、とても歩くなんてことはできません。

最初の10㎞、両腕に貼ったペースと時計をチェックすると、思ったよりスピードが出ていたので、今までの経験から「後半失速のまずいペース」でした。次の10㎞、ペースを落として行きます。そして、私のゲンカツギ、「給水は全部取る」です。これを続けながら、いよいよ20㎞地点です。時計は1時間33分、右腕テープのラップは1時間40分、「ペースが落ちていない!」ですが、呼吸、足とも異常なし、を確認しつつ、中間地点到達。こうなったら、この10㎞は、行けるところまで行こう!です。私にとっては、未知のスピード領域です。30㎞地点。時計は2時間20分、左腕テープの前回記録は2時間28分。もうゲンカツギもやめました。給水地点は素通り、無心に駆け抜けます。次の10㎞、いよいよ、ラストクォーター、嫌気と足がつるのを無視して、あと5㎞、あと3㎞、あと2㎞と距離表示が減るのだけを楽しみに、ついに40㎞まで到達。時計は、3時間11分。右腕テープのラップは3時間20分。「自己ベスト更新いける!」残りは、今年変更になったゴールの東京駅を目指し、丸の内に入ります。
ところが、予想していなかったことが。丸の内ロードは石畳で、足の踏ん張りがきかず、よろけるし、足がつるし、せっかくの雰囲気を感じることなく、ようやくゴールにたどり着きました。しかも、ゴールは警察の大型車両で視界がなく皇居の広場も見えず残念でした。タイムは3時間2326秒。ネットタイムは3時間2131秒でした。自己ベストを更新することができて、わざわざ行く、東京を走った甲斐がありました。

Img_3074


Img_3075

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

869m.【U塚奮戦記】姫路城マラソンに参戦!(2017年2月26日(日))

1万1千人(フル7,366人)のランナーが走る、姫路城マラソン(フル)に参戦して参りました。昨年4月の徳島マラソンから約10ヵ月。人生7回目のフルマラソンは徳島マラソンよりも30分短縮し、4時間239秒。快走に加え、自己ベストを更新することができました。

後半型

マラソン指導の第一人者、小出義雄著「マラソンの強化書」を参考に昨年11月からフルマラソンに向けた本格的が練習を開始。この本に書かれている通りの練習はできませんでしたが、脚と心肺の強化を意識。今までのフルマラソンは、フルマラソンに向けた練習ができていなかったことが改めて分かりました。ハーハーと息が上がる追い込んだスピード練習を週2日、長い距離を走るのを週1日というのが基本ルール。風邪を引いたり、仕事が忙しく帰りが遅くなったりとなかなかこの基本ルール通りとはいきませんでしたが、自分なりに意識して取り組んでみました。また、レースのペース配分は後半型を意識。これまでのマラソンを振返ると、行けるところまで最初から飛ばす先行型だったり、後半の疲れを意識しない平均ペース型だったのが良くなかったと思います。30km過ぎの走りに備え体力を温存する後半型がマラソンに適した考え方のようです。

レース

晴天の中、姫路城をバックに黒田官兵衛ならぬ「黒田寛平」こと間寛平さんによる激励応援の後、いよいよスタート。決して最初から飛ばさず、ゆっくりゆっくり。30kmからペースを上げるために抑えて抑えてを自分に言い聞かせます。前半後半にアップダウンがあるコースですが、あまり起伏を感じず気持ちよく走ります。また、空気もきれいで、暖かい応援を受けながら、あら、もう15km25kmとあっという間に距離が進みます。いよいよ30kmを通過。さあ、ペースを上げるぞ!意外と脚の痛みもなくペースを上げます。他のランナーが歩き出したりする中、風を切って走ってる。今までになかったんじゃない?気持ちの中は「ヒャッホー!」。

35kmを通過。んー、脚が重い。脚が思うように上がらない。でもこれまでと違い脚がつることはありません。ペースは落ちたものの、前へ前へ、を意識し進みます。やっぱりゴールは遠いー。ゼッケンに書かれた名前を見て沿道から「U塚さん、頑張れ!あと少し。」と声をかけてくださる方が何人もいました。ありがたい応援です。このペースでは4時間切りは難しいなあ。そう思いながら、周りのランナーはラストスパートに入っています。歩きたい気持ちを抑えて最後の力をふりしぼります。やっと姫路城が見えてきた。城の門を入ってすぐゴールかと思いきや、ぐるっと回ってゴールなんだー。

ゴール!やったー!50歳にして自己ベスト更新。そう言えば、これまでのフルマラソンの中で給水を除いて歩かず走り切ったのは初めて。フルマラソンを走り切った、という充実感でいっぱいになりました。

ランナーウォッチを写真に撮り、魚ローのアスリートランナーで同じ日、東京マラソンに参加しているT野さんへ送信。T野さんも自己ベスト更新し、3時間23分で完走されています。素晴らしい!さらなる自己ベスト更新を目指し頑張ります!楽しみます!

 

 by U塚

Img_6881

Img_6884_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

868m.東京マラソン参加レポート

◆2017年2月26日。東京マラソンに参加してきましたのでご報告します。

 

2週間前から風邪をひいてしまい、練習がほとんどできていなかったため、

せめて4時間半以内で完走を!と思っていましたが、なんとか目標タイム以内で完走できました。

 

グロス4:28:21   ネット4:21:03

 

天気もよく、沿道の応援も素晴らしく、楽しんで走れました。

 

昨今、全国各都市でフルマラソンが開催されるようになりましたが、先陣を切ったのは東京マラソンでしたね。

今回は、皇居前がゴールにコース変更され、セキュリティー対策も強化。前日受付時のリストバンド装着で替え玉を防ぎ、当日は手荷物検査、X線ゲート、ペットボトル禁止等、空港入口のような入場チェックもありました。

 

それでも、35千人もの参加者をスムーズに誘導できる大会運営、マネジメントは素晴らしいものがあります。

 

◆2017申込は次の通り。私は8度目のエントリーで初当選。

 

1)マラソン  321,459人※1    抽選対象 ※226,370人)約12.2

1 過去最高の申込者数。

2 抽選対象の数字は、マラソン【35,500人】から先行受付、チャリティランナー等の定員数を差し引いたもの。

 

◆地方のフルマラソンでは、例えば篠山や神戸でもコースが狭く、スピードダウンせざるを得ない箇所がありますが、東京にはありません。道が広くて気持ちよく走れるのです。

走りながら、東京の都市計画に「まちづくり屋」として感心していました。

 

コースでは、雷門を正面に見て右折直後にスカイツリーが正面になるところや、銀座も東京らしい景観を楽しめます。

レースを支える1万人のボランティアさんの笑顔も良い。

 

当選できたら何度でも参加したいレース。今後も毎年エントリーします。

 

◆ps・・・

 

同日、妻は姫路城マラソンに参加していました。

自己ベスト更新!

ネット3時間28分48秒。女子50位。

脱帽しています。

Kincorch_2
Koide

1

2

3

4
5
6
7

Tokyomidal_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

867m.兵庫県ボート協会総会

25日はT内さんご夫妻の来訪、菊正宗蔵開きと続いて、最後の行事が兵庫県ボート協会総会への参加でした。魚ローからはY山さんとN谷の2名が出席しました。

 

例年行われる議事に続いて、昨年から各水域の活動状況報告の場があり、今年は魚ローとしては試合の参加報告ではなく、その場をお借りして魚ローのPRをさせていただきました。勿論、蔵開きでさんざん酒を飲んだ後の酒臭い息と赤い顔をお詫びしつつ。

 

総会が終わってから懇親会となったのですが、そこで皆さんが興味を持たれたのがワールドマスターズの事。特に今年は風光明媚なブレド湖で開催とあって、一層皆さんの興味を引いたようです。

 

Y山さんと私は「待ってました」とばかりに、その楽しさのPRに努めました。仲間が増えれば楽しさも倍増ですからね。

 

中高生の育成年代をどうやって底上げするかはもちろん重要な事ですが、自分たち(中高年)がボートを楽しむことも、負けず劣らず重要であるというのが魚ローとしての考えです。

 

ワールドマスターズなんかは「大人の楽しみ」を満喫できる格好の場と思います。理解者が増えると嬉しいですね。
5c

6c

7c








| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

866m.菊正宗蔵開き

25日の朝練終了後の10時から、恒例の菊正宗蔵開きに行ってきました。参加メンバーは朝練からの続きでY山さん、U南さん、N谷、それと岡山から来られたT内さんご夫妻も特別にご参加。現地合流でT橋さんとN川さんの計7名でした。

 

菊正宗の蔵開きは昨年もかなりの人出でしたが、今年は一段と大賑わいで、メイン会場は何を買うにも行列で人波をかき分けかき分けしないと前に進めないほどでした。地元が盛り上がるのは良い事です。

 

大人気の福袋会場は混雑を避けるため別会場になったものの、それでも長蛇の列でした。私は家族の命令もあり福袋2袋確保したものの、中身充実で重い事。

 

先発隊のY山さんとU南さんが確保してくれた立ち飲みテーブルを囲んで、持参したり模擬店で買ったおつまみを肴に宴会開始。酒が進みたちまち出来上がりました。酒がおいしい。

 

11時半に記念撮影して解散。T内さんご夫妻は蔵開きは初めてとの事で、その後も現地に残りイベントを色々見学されたようです。

 

次回は3/11の沢の鶴です。Dcim0113

4c





| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »