« 898m.瀬田川ねんりんピックに参加して | トップページ | 900m.バリバリの若手登場、第2弾 »

2017年6月 2日 (金)

899m.超弩級新人現る

527日の朝練に超弩級の新人が現れました。

S大学ボート部OBのM田さんです。同じボート部のI川さんの後輩です。

仰ぎ見るほどの大きい方。お尋ねしましたところ、187cm、100kg。

しかも魚ローでは若手の41歳。学生時代は、シェルフォー、シェルエイトのストロークサイドを漕いでいたとのことで、スカル艇は初めてです。

当日は、2Xのストロークに乗ってもらい、私はバウです。

M田さんのストレチャーの位置は私の独断で決めてやおら乗艇です。

当日は、波が高く、バウの私がバランスをとり、M田さんには、まずは思いのまま漕いでもらいました。

さすが、シェル艇の経験があり、若さと体力で馬力十分。キャッチもバウはすっきり垂直に入っています。

キャッチの要領は、ご本人はマコンオール時代の理論ですぐに漕ぎ出すとの理解。ここで、キャッチの位置でオールを垂直に水に入れるチャッポン、チャっポンの練習(Blade water-entering training:正式な英語ではありません)を30回。

そして、一本漕ぎ(Pause paddling:正式な英語です)2030回。

このあとは、運河を4kmほど行ったり来たり。さすが、両サイドとも、キャッチはバッチリ。フィニシュも完璧。

これから何回か2X, 4Xで練習すれば1Xですぐ独り立ちできると思います。

それにしてもすごいパワーの仲間が来てくれたものです。1Xで国際試合に出ても体格的に引けをとらず、いい試合ができると思います。また、年齢制限がないオッ盾等のエイトでの強力エンジン。活躍を期待します。

Hurray!


BY IY

2017527_in

|

« 898m.瀬田川ねんりんピックに参加して | トップページ | 900m.バリバリの若手登場、第2弾 »

コメント

久しぶりの乗艇お疲れ様でした。ボートをエンジョイされたようでよかったです。次回は一緒にダブルスカル漕ぎましょう(^_^)/

投稿: I川 | 2017年6月 2日 (金) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/65358372

この記事へのトラックバック一覧です: 899m.超弩級新人現る:

« 898m.瀬田川ねんりんピックに参加して | トップページ | 900m.バリバリの若手登場、第2弾 »