« 929m.大学生の体験乗艇 | トップページ | 931m.ボートって難しいですね »

2017年8月20日 (日)

930m.【U塚奮戦記】淡路島1周に挑戦!(2017年8月17日(木))

淡路島1周に挑戦して参りました。ボートではなく、ランニングでもなく、自転車です。自転車屋の担当者から淡路島1周を薦められました。「私は朝7時くらいに出発し約6時間くらいで戻ってきます。とにかくまず行ってみてください。いいですよ!」

1周約150km。初のロングライドにしては長すぎるかもとは思いましたが、トレーニングの一環としてチャレンジすることにしました。

 

行きはよいよい帰りは恐い

1500円の駐車場に車を置き、7:17岩屋をスタート。平坦な道が続き順調。最初は元気もあり、つい飛ばしてしまいます。雲行きが怪しくなり雨が降り出します。しばらくトンネルで雨宿り。自転車屋にもらったサイクリングマップだけを頼りに進みます。カーナビもなにもありません。塩屋で道を間違えます。海岸沿いのつもりがどんどん山に向かうためUターン。なんとか海岸線に戻ります。生石公園近くでまた道を間違え時間ロス。その後、苦しい登り坂が続きます。若い男性が軽~く抜いていきます。なんとかモンキーセンター付近に到達。この時点で11:00。早めのお昼に淡路島カレーを選択。大きなタマネギも入っていて、うまい!

スタートしてすでに4時間近く経過してまだ半分も過ぎていない。昼過ぎには帰る、と言い残して家を出ており、カミさんの不機嫌な顔が頭をよぎります。これはやばい。先を急がなければ。

海岸線のきれいな景色を左手に爽やかなライドが続きます。これが醍醐味か。スピード感といい、風を切る感じといい、素晴らしい!

灘土生を過ぎてまた登り坂、そして下り坂の繰り返し。後半に入り、太ももが張り出し疲れが出てきます。お尻も痛い、手の平も痛い、肩も右の腸脛靭帯と足の甲も・・・。力を入れて踏み込めずスピードが出ない状態でただひたすら漕ぎ続けます。スタートした岩屋まで25kmとの標識。う~ん。あと少し。やっと明石海峡大橋が見えてきます。なんとか駐車場に無事、到着。時間は16時を過ぎています。途中何度も休憩を入れたものの、約9時間は漕ぎ続けたことになります。その割には意外と時間ははやく感じました。

 

感想

炎天下の下、自然を体でしっかり感じた体験でした。車だとクーラーが効いて涼しい車内で外の温度や音、風を余り感じません。また、道もカーナビに従うまま、といった感じです。自転車のおかげで、ジリジリと照りつける太陽、風を切る音、蝉の鳴き声、鳥のさえづり、潮の香り、野生のニホンジカなど自然をダイレクトに感じることができました。マップを見ながら迷いながら進んだ道ですので、しっかり体が覚えています。次はたぶん迷わないと思います。改めて自転車はすごいと思います。なぜなら、自分の力で自分の体を150km以上動かせるのですから。また、チャレンジしてみたいと思います。今度はもっと短時間で。あるいは、何泊かして散策しながらもっとゆっくりと。

最後になりましたが、いろいろとアドバイスいただいた自転車屋の方、途中、笑顔で挨拶してくれたチャリダーの皆さん、反対車線まで膨らんで横切っていただいた車やトラックの皆さん、そして、一人旅を許してくれた家族に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

 by U塚
Img_8094_2
Img_8056

Img_8083

Img_8086_2
Fullsizerender_1
Fullsizerender_2

Fullsizerender

|

« 929m.大学生の体験乗艇 | トップページ | 931m.ボートって難しいですね »

コメント

すごい。この一言です。マスターズゲームに自転車で出られるかも。種目あったかなぁ?

投稿: マレーの鯨 | 2017年8月21日 (月) 21時31分

魚ロー2人目の「淡一」お疲れさまでした。
次は琵琶湖一周の「琵琶一」に挑戦ですね。

投稿: N谷 | 2017年8月21日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/65685773

この記事へのトラックバック一覧です: 930m.【U塚奮戦記】淡路島1周に挑戦!(2017年8月17日(木)):

« 929m.大学生の体験乗艇 | トップページ | 931m.ボートって難しいですね »