« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月30日 (木)

975m.甲子園浜BBQツアー

11/26の日曜日、恒例の甲子園浜BBQツアーを実施しました。参加したのは大人11名、子供2名。敬称略でY本邦、H詰、N川、N波、O川、M村、K久川、K瀬、伊T省夫妻+伊T家のお子さん2名、N谷。エイトとシングル、クルマ移動班に分かれて朝練終了後の魚崎運河を出発、甲子園浜まで片道7.5Kmの行程です。行きのシングルはM村さんでした。

 

昨年もでしたが、この日は芦屋浜水路でウェイクボードの大会が行われており、しかも昨年より大会規模が拡大し、1700mの水路をフルに使い同時に2名が競技をしていました。おかげで水路内は波の止む間が無し。試合だと普段以上に気合が入るためかモーターボートの起こす波も一段と大きく、COXをしていたN谷の操舵ミスで大波をやや斜めに受け艇内水浸し。皆さんの荷物を濡らしてしまいました(COXも自業自得で尻がびしょ濡れ)。申し訳ございません。

 

西宮の跳ね橋を通り、今津灯台を過ぎて甲子園浜に到着し上陸。クルマ班の伊T省さんが先回りして機材・食材を運び、お子さんと炭の火起こしをしてくれていました。

 

BBQが始まると場を仕切るのはN川さんで、買い出しした牛、豚、鶏、野菜の他に、イカ、ハタハタ、マメアジ、スケトウダラ、焼きおにぎり、マシュマロをご自宅から持参していただきもBBQを豪勢なものにしていただきました。目から鱗がマシュマロで、炭火で焼いて食べると滅茶苦茶おいしい。各自持ち寄った酒類もいただきながら、皆さんすっかり満足し当初の2時間の予定が3時間を超える滞在となってしまいました。

 

帰りはエイトのCOXがO川さん。M村さん、伊T省さん、N谷が漕手。Y本さんがシングル。クルマは伊Tさんの奥さんが運転して帰路につきましたが、COXはかなり酒が回っていたのとサイド負けが極端で操舵に四苦八苦。皆でワイワイ言いながらの乗艇となりました。

 

魚崎艇庫に着いて後片付けと余った飲み物、食材を山分けして解散となりました。伊Tさんのクルマ出し、N川さんの食材の段取り有難うございました。M村さんとY本さんのシングルの写真が無くてすみません。来年も宜しくお願いします。

 

By N谷
Img_0211

Img_0214

Img_0215_1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

974m.ロングレース2連発

初冬恒例のロングレースが始まり、広島での2レースに参加してきました。

レース1

先ずは1112日福山漕艇場での芦田川ロングレースです。自宅が広島ですのでいつかはA級コースの芦田川で漕いでみたいとの思いとFacebookでの友達T橋さんの地元コースで漕ぎたいを実現してきました。11日神戸魚崎での朝練12000m練習終了後福山へ駅から漕艇場まではバスかと思いきやレンタサイクルの看板が目に入りママチャリで、地元高校生に案内されながら漕艇場入り。明日参加することを説明し借艇のリギングをさせてもらい準備を。でも昼からの芦田川は荒れています。白波が立っているため出漕はあきらめコースの下見。東広島(以下西条)の自宅?へ。孫が出迎えてくれます。これがなかったら福山に泊まっています。あちゃー言ってしまった。

翌日6時西条を出発し45分で福山漕艇場へ。芦田川大橋から見るコースはベタなぎ、絶好のレース日和です。KF、シングル含めて一斉スタートです。順調に上流に向かいスピードコーチを見ながら2000m先のターン場所へまずまずのコース取りでターンでき折り返し。

2回目の折り返し地点では1分加算のブイが気になって大きくコース取りすぎ大廻。
ゴール手前で娘と(この娘とアジア大会を見に福山漕艇場に行きました)孫が「じっちゃん頑張れ」の声援を受け。手を振るわけにいきませんので大きくうなずき、結局6700メートル漕いでゴール。一般の部で2位になり準優勝の盾をいただきました。1位は福山ボートクラブの中学生でした。さすがA級コース。漕ぎやすい環境に大満足でした。
Kimg1276

Kimg1294

Kimg1295

Kimg1298


レース2

 

福山でのレース1週間後1119日太田川でのロングレース第25回オータムレガッタに参加。今年で連続4回目。今年は自艇でなく借艇で参加しました。前日の夜広島入りし当日の730分に会場に着。リギングを行い930分にスタート年々スタートゴール地点が今までより下流に伸びています。これだと全漕8500m位かな?上げ潮で順流。      P22でも235/500m.。楽に漕いで行けます。でもターンブイまで長い事。ブイの位置が今までより東によっていて左周りのターンができなくバックローで引き返しやっとターンでした。下流に向かいますが汐の影響かスピードが出ません。(単なる疲れ)
ゴール地点に娘と孫と娘婿が応援に来てくれています。ここでも「じっちゃん頑張れ」。
でもうなずく力なしでゴール。漕行距離8900m、5111“で今年のレースを無事終えることができました。福山漕艇場の皆さん、太田川ボートクラブの皆さん、広島工業大学漕艇部の皆さんありがとうございました。感謝。
(byマレーの鯨)
Photo
3000

5500

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

973m.人生初マラソン完走!!

I川です。1119日(日)に人生初のフルマラソン、神戸マラソンを無事完走しました!!

今回は魚崎RCの団体ボランティア出場枠で参加させていただきました。

事前準備では足を痛めて20kmまでしか練習できず、当日は完走できるのか不安と緊張のぶっつけ本番でした。

2万人の出場ランナーの最後尾からのスタートとなり、序盤はランナーの隊列にあわせてゆっくりペース。

15km付近から自分のペースで走れるようになり、未体験ゾーンとなる20kmを通過。

体調は特に問題はなく余裕かと思っていたところ、25kmを過ぎたあたりからだんだん足が張ってきて苦しい走りに。

しかし、ここで、沿道から大会ボランティアで参加されていたN谷さんをはじめ魚崎RCの皆さんから温かい応援をいただき、元気回復!!

そのままゴールへと思いきや、やはり30kmを過ぎるとますます足が張ってノロノロペースに。

最後は沿道からの声援に支えられて約5時間かけて何とかゴールしました。

ゴール後はやり遂げた喜びと安堵感と達成感に満たされました。(これがマラソンの醍醐味なんですね!!)

今から2年前までは過食と運動不足のメタボおじさんでしたが、魚崎RCに参加して積極的に運動するようになり、フルマラソンを完走できるまでに持ち直してきました。

マラソンはボートを漕ぐうえでも有酸素系のトレーニングになると思いますので、これに懲りず、また次の機会に向けて体力向上に努めたいと思います。

最後に、このような貴重な機会を与えていただき、温かい声援をいただいた魚崎RCの皆様、本当にありがとうございました。
Img_0204_1

Dsc_0332

Dsc_0331

| | コメント (2) | トラックバック (0)

972m.ヘッドオブ瀬田及び太田川オータムレガッタ打ち上げ

11/23の祝日、阪神尼崎駅近くの焼肉屋さんに集まり標記の打ち上げを実施しました。当日は試合のメンバー(太田川の試合はN波さんのみ参加)や事前練習で助っ人に入っていただいた方々も含め11名が集合。料理は当然食べ飲み放題で、男性3200円、女性2900円。K合さんのご発声で乾杯の後は例によってひたすら食べ且つ飲みまくりで、店の人もその勢いに驚いていました。

試合の話題は当然として、来年1月にある大津でのエルゴ大会にも話題が移り、大会前に一度魚崎でタイムトライアルを企画しようという事になりました。但し、距離は2000はしんどいので500mで。もっとも500のタイムから2000のタイムも類推できますので、馬鹿にしたものではありません。

単に漕ぐだけでは面白くないので、賞金レースに出来ればと思います。大津の大会に参加しない人でも腕試しでトライアルには参加していただきたいですね。詳細は後日ご案内します。

ということで、皆さんすっかり満足した所でお開きとなりました。

By N谷
Img_0207

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

971m.神戸マラソンの沿道ボランティア

1119日開催された神戸マラソンの沿道ボランティアに神戸漕艇連盟から参加しました。昨年は連盟枠で神戸マラソンにエントリーさせていただいたので、今年は、その御礼の意味もありました。
フルマラソンは、平成11年の篠山から参加。福知山、京都、奈良、東京など、もう20回以上走っていますが、ボランティアは初めてでした。やはりフルマラソンは、多くの人々に支えられて成り立っていることを再認識しました。
数日前の予報では、かなりの冷え込みとされていましたが、当日は時折強い風があるものの、晴天で適度に寒く、マラソン日和であったと思います。
今年の神戸マラソンには、魚崎ローイングクラブから漕艇連盟枠でI川さん、一般抽選枠でT野さんが参加。 また気仙沼市から来たアスリートの友人Oさん、職場の同僚Fさん、そして妻も走りました。みんなの応援もできてよかったです! RUNNETのサイトから「応援ナビ」アプリをスマホにDLすると、ランナー現在位置が地図上に表示され、応援に役立ちました。便利な世の中になったものです。
リザルトは、気仙沼のOさん2時間56分41秒、Fさんは3時間28分台でサブ3.5目標どおり。そして妻は、今年2月の姫路城マラソンの記録を4分短縮し、3時間24分31秒と自己ベスト更新。
素晴らしい!ExcellentSo Cool!  女子総合117位で、来年はシード枠で出走決定だそうです。
さて、11月26日は抽選で初当選した大阪マラソンに参加します。もちろん沿道ボランティアさんを始め、大会を支えていただいている皆さんに感謝しながら走ります。
ありがとうございます。
By H
Img_0201

Img_0202

Img_0203




| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

970m.2017 Head of The Seta 男子エイト

1119日今年最後のレースに参加しました。

メンバーは、敬称略でC:K合、S:I之上、7:O川、6:H田、5:M渡、4:M田、3:F澤、2:U南、B:Y本邦。

漕手平均年齢48歳。今年大学卒業の若手2名が入り、昨年より11歳若くなり、男子エイト出場14クルーの内13番目のスタートです。

参加クラブチームの争いでどこまで上位を狙えるかが楽しみです。

天気は晴れですが気温10度と寒く、9時4分スタートに向け瀬田川を漂っていると舵手付男子エイトスカル(オクトフル)を発見。1艇だけですがレースに参加されていました。

瀬田川大橋をランニングスタート。流れに乗り名神高速下を通過。COXはHead of The Seta初めてとのことですが、サイドの漕ぎがんばりを指示しながら最短のコーナリングで攻めます。

すると12番スタートのパルテ会を追い抜きます。14番スタートの浜寺ローイングが視界に入り昨年のデットヒートを思い出しますが、今回は距離を開けたまま折り帰りに到着。

ターンに時間をかけてしまい、ストップ休憩は一瞬で水分補給済み次第すぐに出発しましたが、8秒の時間超過。

復路は逆流ですが、なしクオド2艇に抜かれたものの他に迫られる場面なく、快調にゴールまで自らとの戦いでエイトを進めます。

タイムは27分40秒。昨年は26分23秒でタイムでは遅くなりましたが、昨年男子エイト13クルー中12位から今年14クルー中10位の結果でした。

素晴らしい運営の中、沿岸から声援をいただき、気持ちよく漕げました。また京大さんには大変お世話になりました。ありがとうございました。(O川)
Unnamed
1_3
2_3


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

969m.ヘッドオブ瀬田シングル参加

少し小雨が残るものの瀬田川も琵琶湖も凪でベストコンディション状態です。早速ランニングスタートの位置に着くのに大曲りをし、もたついてしまいます。気を取り直し橋脚を振り向くと先にスタートの瀬田ローのN 瀬さんもN西さんも既に姿が小さくなっていました。先ずは瀬田の唐橋の難関をクリアしホッとひと息。京滋バイパス付近の曲線にも何とかしがみ付き進めました。先スタート男子シングルのNコーチや岸に待機の浜寺マスターズのA谷さんら声援をもらい気合いが入ります。やっと赤いコーナーです。他に艇は見えず、私なりの精一杯の最短距離で折り返しをする事が出来ました。ココからは岸から等間隔をのアドバイスを思い出して行きます。後ろには瀬田川を難所を熟知した瀬田ローのS氏、前には浜寺マスターズのO谷先輩に挟まれて進みます。
まるでスピードコーチと進路計に守られているような気持ちになりました。瀬田の唐橋と過ぎやっとゴールです。ここまで来れたは借艇やコースレクチャーをして頂いた瀬田ローのN瀬さんY木さんのお陰です。感謝感激!^_^応援頂いた方々ありがとうございました。シングルでの初挑戦を橋脚にぶつからずに漕ぎ切る事が出来てホッとしているN川です。

Unnamed


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

968m.スピードコーチのテストマッチ

今日は初めての"Head of SETA"にシングルで参加ました。
今日は一昨日、手に入れたスピードコーチを取り付けてよくわからないままスタート地点へ行きました。
スタートがよくわからない。試合10分前に
N川さんに近づき確認! なるほど、呼ばれると順次スタートです! よく見ているとT内さんがスタートしていました。
スタートして直ぐに「スピードコーチ」をGPSモードにするのを忘れていることに気づきました。
WMRのときはそのままにしましたが、今回はロングレースなので船のスピードを緩めてスピードコーチを「Ready」に入れるとあっという間に2艇ほど抜かれました。 すると、どこからか、聞き覚えのある応援の声が聞こえてきました。あの紫のT内さんの奥さんのジャージだ! さすがマネージャー完璧だ!
見ていると皆さんゆったりと漕いでいる。おそらく、ピッチは23~25と推測されますが、私な26~29で漕いでいます。なのにどんどん追いつてくる。後で挽回しようと思いましたがスピードコーチををみると現在の距離の表示がない。操作もわからないのでさすがに今日はピッチとタイムだけを頼りに漕ぐことにしました。
今日は
N谷さんとリギングしたおかげで船は漕ぎやすく、波もなく、最高のコンディションでした。コース取りには注意したつもりですが、良かったのか悪かったのかよくわかりません。最後の2~300mは一人旅状態でした。タイムは36分切ったかな?
目標はリギングを覚えること、試合で焦らないことだったので、まずまずの感触来年はもっとタイムを縮めるぞと思いました。
Img_0195

結果は下をクリック!
「2017Head1.pdf」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

967m.【U塚奮戦記】ハルカススカイラインに挑戦!(2017年11月12日(日))

 あべのハルカス非常階段、60階を駆け上るハルカススカイランに参加して参りました。ハルカススカイラインは、日本初の「バーティカル・ワールド・サーキット」のオフィシャル大会として、大阪の天王寺にある日本で一番高い超高層ビル、「あべのハルカス」で行われるものです。「バーティカル・ワールド・サーキット」とは、2009年にスタートした世界の主要都市の超高層ビルで開催されている、ビルの頂上を目指して階段を駆け上る階段垂直マラソンレース(バーティカルラン)の世界サーキット戦だそうです。フィニッシュのあべのハルカス展望台「ハルカス300」を目指して総数1,610段、60階を魚崎ローイングクラブのアスリートランナーT野さんと(組は別ですが)駆け上りました。

 

 最近の健康状態は、左上腕に激痛が走る五十肩に、食べたらお腹が痛なる胃腸炎と痛みに悩まされる日々。ハルカススカイライン当日の朝も一定の方向に急に腕を上げた為に強烈な激痛が走り、布団の上でのたうち回る、といった状況で当日まで参加は悩みました。ただ、このレースの参考タイムは、エリートランナーが約10分、私たちが参加する一般ランナーは約20分(徒歩で約30分)とマラソンのように長くなく、また、手すりを右手に持ち右回りに登っていくため、痛めている左上腕にはあまり影響ないかも。せっかくのチャンスだし、ダメもとでチャレンジすることに。

 

 いよいよスタートです。一般ランナーの参加は1,500人。五人ひと組で30秒ごとに順番にウェーブスタートします。作戦は、最初は2段飛ばしで行ける所まで行き、その後は1段ずつでも決して止まらない、です。スタート直後、すぐに息が上ります。非常階段ですので窓もなく閉塞感が漂います。苦手な人にはきついかも。スタート前の大会MCが言っていた、「6階ぐらいで心が折れそうになる。」とは裏腹に、気付けばもう12階。最初は元気で2段飛ばしですので進みがはやいです。

 ここからが正念場。1段ずつですと進みが遅いです。呼吸も苦しい。29階。まだ半分以上もあるのか。もう倒れ込みたくなるくらいのつらさ。少しずつですがコツもつかみます。手すりはしっかりつかみ反動に使います。また、少し前かがみだとちょっとだけ楽に感じます。40階あたりでミドルスパートの2段飛ばし!しかし、1階分程度しかもちません。

 50階を過ぎると自分の年齢と重なり、よくぞここまで来た、と自分をほめたくなります。最後は微妙に階段1段の高さがこれまでより少し高くなっており、天井も低くなります。なんとか展望台にたどりつき、1周、周回してゴール!結果は、1730秒。T野さんは先にゴールして待ってくれています。T野さんは手元の時計で14分台の模様です。マラソンオリンピアンの猫ひろしも11分だそうで、3分差、さすがです。ちなみに、優勝は、ポーランドのピーター ロボジンスキーという選手で840秒台だそうです。とても同じ人間とは思えません。

ゴールしても呼吸が苦しいというか気管支全体が苦しく、なかなかおさまりません。咳も出てしばらく苦しい時間が流れます。意外と太ももはトレーニング不足で疲労がたまっていないせいか、全く筋肉痛は感じません。1日置いて、明後日くらいに痛みが出るのかもしれません。

 

 自分の体を脚を使って垂直に移動させ筋持久力を競う。時間も比較的短時間。ボートのトレーニングにいいかもしれませんね。来年は是非、クラブの皆さんもいっしょに参加しましょう!

 

 レース後は、T野さんと串カツとビールで乾杯。大変、お疲れ様でした!串カツ、うまい!おっと、食べ終わって思い出しましたが、昨日、医者に、揚げ物は避けてください、と言われたばかりでした。お腹痛くないし、まっ、いいか。

 by U塚
Img_8302
Img_8305
Img_8306

Img_8311
Img_8313
Img_8317
Img_8321
Img_8328

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

966m.櫻正宗蔵開き

113連休の中日4()の練習後、酒蔵巡り第二弾として、櫻正宗を訪ねました。メンバーはN波さん、N谷さん、K瀬と、現地合流のN川さん。

10時から開場予定にて、950分頃現地入りしましたが、既に多数の方がご来場。規模は小振りながらも、人気の高さが伺えます。

蔵元社長、代議士さん、地区代表の方々による鏡開きの後、お待ちかねの新酒の振る舞い酒です。試飲用の恒例ミニミニサイズのプラカップに一人3杯まで。少し寂しさを感じながらも長い列へ。

まずは一人2杯を頂き、N波さんに確保頂いているラグジュアリーシート(酒瓶ケースの椅子とテーブル)へ戻り、早速カンパ〜イ!

この振る舞い酒、ほんのり甘口ながらもスッキリ爽やかな味わいで、大変美味しいお酒。これを味わえただけでも来た甲斐がある程でした。

ミニミニカップで喉も潤った所で、有料販売の搾りたて生酒500mlへ。こちらはスッキリながらももう少し腰の入った味わいで、女性に例えると、振る舞い酒はピチピチ爽やかな女子高生、生酒は少し大人びた女子大生といった所でしょうか。どちらも甲乙つけがたしです。

これから本番を迎える酒蔵巡りの話で盛り上がっていると、N川さんがご来場。改めて乾杯の後、N川さんご持参の酒の肴(イカの炊いたんとワカメの干したん、大変美味しかったです。有難うございました)でまた一杯、もう一杯。 隣では町内の元JK達が、タッパウェアに詰めたお手製惣菜を広げて、酒盛を始めています。

魚ローの歴史を伺ったり、北朝鮮対応を論じたり(?)、盃も話も舞い始めると、気付けば空瓶が3(4本?)。一線を超えてしまいそうな勢いでしたが、名残惜しさが頃合にて、そろそろお開きに。ほろ酔い心地を楽しみながら、夫々帰路に着きます。

これからも続々と酒蔵イベントが有る様にて、次回も楽しみに参加させて頂きます。 よろしくお願い致します。

K瀬*
Img_0192_2


Img_0187

Img_0190

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

965m.京都レガッタ兼HAT神戸レガッタ打ち上げ

2週連続で台風にたたられた29日の夕方、三宮のしゃぶしゃぶのお店で京都レガッタ兼HAT神戸レガッタ打ち上げを実施しました。両大会とも10/15の同じ日に実施され、魚ローメンバーは京都レガッタにエイトで、HAT神戸レガッタはナックル(出身大学OBクルーの一員で)とシングルで参加しました。

 

午後になっても風と雨が止まずヤキモキしましたが、幸い夕方には雨も上がり参加の皆さん無事集合。参加したのは敬称略で五十音順にU南、U塚、T多D、T田、N谷、N波、M田、M村、W辺の9名。幹事のN谷の日程設定が悪く不参加の方が多くなってしまいました。また、料理はしゃぶしゃぶ(牛、豚、鶏)の食べ飲み放題。例によって皆さん食べまくり飲みまくりでしたが、牛肉の味がイマイチで、ちょっと店の選定を誤ってしまいましたね。重ね重ね申し訳ございません。

 

今回の京都レガッタは魚ロー初の女性COXをW辺さんに務めていただきタイムもそこそこでしたが、例年と違い学生クルーに純粋1年生、2年生クルーが無かったようで、結構レベルが高く学生の壁に跳ね返された形となったようです。それでも試合中はW辺COXの叱咤激励に漕手の皆さん我を忘れて頑張ったとの事でお疲れ様でした。来年のオッ盾にもメンバーが集まるようなら是非COXをお願いしたいものです。

一方、HAT神戸レガッタは殆どの皆さんが1試合漕いだだけで終了。後はひたすら雨の中の撤収作業になりくたびれました。こればかりは仕方ないですね。

 

今シーズンも大きな試合はヘッドオブ瀬田を残すのみとなりました。参加予定の皆さん頑張りましょう。

 

By N谷
Img_0184


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »