2017年10月19日 (木)

963m.雨のHAT神戸レガッタ

I川です。1015日(日)に神戸開港150年記念イベントの一環としてHAT神戸レガッタが開催されました。
魚ローからはN谷さん、U塚さん、M村さん、N川さん、I川の5名がシングルスカルで参加しました。
また、それ以外にも母校OB会クルーやスタッフとして複数の魚ローメンバーが参加されました。
当日は朝から生憎の空模様。それでも開会式があった10時頃まではなんとかもちましたが、それ以降は雨・雨・雨。。。
結局、天候が回復する気配は無く、昼過ぎに55レース予定されていたうち、23レース終了した段階で無念の途中中止となりました。
決勝が行えなかったことから、レースの景品は予選通過クルーでジャンケンとなり、成年男子1×は魚ローメンバーが見事全勝し景品(某地元企業のウスターソース)をGETしました!!
大会終了後は全員びしょ濡れになりながら後片付けをして、夕方4時ごろ解散となりました。雨の中皆さんお疲れ様でした。
また、片付けにあたっては偶然艇庫に居合わせた京都レガッタ組の皆さんにもお手伝いいただきありがとうございました。

Dsc_0308

Dsc_0315

Dsc_0319

Dsc_6656

Dsc_7019

Dsc_7037

Dsc_7209

Dsc_7290

Dsc_7464

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

962m.京都レガッタ2017Coxの反省日記

2017.10.15京都レガッタエイト出場クルー皆様、雨の中、激漕誠に有難うございました。腰痛筋肉痛風邪等大丈夫だったでしょうか?


予選結果蹴りだし9:15発艇10:121着京大A(3:09:13)2着阪大(3:10:77)3着同大B(3:16:06)4着魚崎(3:36:79)
スタート(レート40)スタリキ(3938)コンスタント(39→徐々に々に33)200すぎ足蹴り3(34.5)→650で足蹴り3(34.535)→ラスト100スパート(3638)


スタートはバウサイ側に流れていたのと漕ぎが若干ストサイ勝ちだったので、バウに直前まで漕いで貰って、それでもスタートスタリキは右に蛇行して申し訳なかったです。スタートスタリキは艇速も出て現役の学生と遜色なく、コンスタント入って半艇身出られ、更にじわっじわっと一艇身離されるところ、Cox離されたくない気持ちが先走って早め足蹴りで離されまいと粘りつつ500m、そして後半ミドルスパートからが学生諸君速かった! 加古川秋季リーグの前哨戦ということで雄叫びとともにパワー爆発です。

我が魚崎ローイングもレート32予定が34.5!同大が650くらいでちょいっとだれたところをうちは一漕ぎもだれずに漕ぎきって少し差を縮め(素晴らしいがんばりでした)、ラストスパート漕ぎきってゴール。
(
ちょうど同時刻に愛知マスターズに出漕していたW辺から東郷エイトタイム4:13との報。愛知池は風波はあったようですが、魚崎エイトのタイム聞いて速い!と悔しそうでした)

Cox
のスタートへ行くまでのコースどりが良くなくて藻の繁殖地帯を漕がせたり、着岸は要領を得ずあわや橋桁に接触しそうなりすみませんでした。COXの手際がよく、漕手に気持ちよく漕ぎだけに集中してもらえたら、あと5秒は速かったと反省です。
また足蹴は200は早すぎ、トータルで最も1000mを速く漕ぎきるため400で入れるを修正頂き敗復へ。


11:35
蹴りだし発艇12:121着京大B(3:14:43)2着同大B(3:14:66)3着関学(3:16:16)4着魚崎(3:34:70)
スタート直前CoXミスでスタート地点手前の大ブイに接触してしまい漕手の気を散らしてしまいましたごめんなさい。
レースはスタートスタリキ予選より速い艇速出て(レート40)コンスタントも38→34.5へスピードを無駄にせず、漕手は進みました。
若干ストサイ勝ちで3レーンに寄りつつ、ぎりぎりまでブレーキになって艇速を落とすラダーを引きたくない気持ちが強く途中寄りすぎてバウサイにはブイを叩かせてしまって申し訳なかったです


400
で足蹴を入れ、600すぎで入れ、しんどいところを漕手は素晴らしく粘ってくれました。ラストスパートは38.5までレート上がりゴールまでビシッと漕ぎきってくれました。心よりありがとう、です。
漕手を気持ちよく漕ぎだけに集中できるようにするのがCoXなのに、至らぬCoXで不安や怖さでご負担をかけました、皆さんの助けで私はたのしい時間を過ごせました。感謝です。

そしてオール運搬してくださった車組皆様、帰りも艇庫までいろいろかたづけ有難うございました。また京大の皆さんには大変親切にして頂きました。ユニフォームを見て学生さんが「魚崎さんですね!」と声をかけてくれて、魚崎ローイングの歴史を感じました。
ボートの大先輩から、並べて競うレースの醍醐味、また一方で自然(川等)を相手にゆっくりと伸びやかに遊ぶ醍醐味、ボートは奥が深くていろんな醍醐味があると聞きます。またぜひ機会あらばご一緒させて頂けたらと思います。宜しくお願い致します。


参考 決勝 1着京大A(3:07:65)2着阪大(3:08:19)3着同大A(3:09:34)4着瀬田ロー(3:11:76)5着同大B(3:13:58)6着京大B(3:14:52)

読んで頂きありがとうございました。W辺
Fullsizerender_1

Fullsizerender


Img_8237


Img_8239

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

961m.NEW FACEご紹介

ある日、会社の同僚K上君が「ボートを漕いでみたい」と話かけてきたので14日、魚崎で体験乗艇をしました。
 K上君はボートは全くの未経験ですが、ずっとサッカー部だったので、その体力と若さでボートの上達も早いでしょう。
 彼はハキハキした真面目な性格です。
 早速、11月の「Head Of Seta」に出場したいとのことです。それはさすがに無理と言いましたが、冬の間にじっくり練習したいと意気込んでおりますので皆さんどうぞ宜しくお願いします。
(By M村)

Img_0178

Img_0179

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

960m.2017びわ湖レガッタ打ち上げ

11日の水曜にびわ湖レガッタの打ち上げを行いました。参加したのはK合、Y本邦、T田、U南、N波、T野、O川、K戸、U塚、I之上、N谷の11名。平日に実施するのはあまり前例がないのですが、大阪在住者が7名、兵庫在住も勤務先が大阪が3人ということで北浜の中華料理屋に集合しました。

 

びわ湖レガッタではKFの60歳以上クルーが40歳以上クルーに勝ったこともあり、打ち上げの場では試合の勢いそのままに60歳以上クルーの皆さんに圧倒されていました。

 

2980円の食べ飲み放題、料理もマズマズという事で、皆さん料理を注文しまくり、それを残らず平らげるという健啖家ぶりを発揮。十二分に元を取ったのではないかと思います。おススメのお店でした。

 

たまには平日の打ち上げ実施もいいですね。また企画します。

(By N谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

959m.2017年度、ワールドマスターズ報告会

毎年恒例のワールドマスターズ報告会ですが、今年のスロベニア・ブレド大会の報告会を4日水曜、Y山さんのご厚意によりY山さんの勤務先の十三の事業場のレストランで実施しました。このレストランはお酒類の持込みOKで、店側が用意した寿司や盛り合わせ料理(1人1500円と格安)をいただきながら、岡山のT内さん差し入れのクロアチアワインも含め各自持参したアルコール類を堪能しました。

集まったのはワールドマスターズ参加メンバー含め総勢14名(敬称略で、I川、U南、O川、K合、T橋夫妻、T田、N谷、N波、N川、H詰、M村、Y本、Y山)。

Y山さんが撮影したものを中心に膨大な数量の写真を流しながら歓談。名大艇友会で参加されたK合さんとH詰さんがブレド城から撮影された動画や写真も披露されました。

とは言え全体として量が多すぎて、宿泊したホテルでハンガリーから来た団体がO川さん差し入れの松竹梅を味わっている様子は披露できずじまい。残念でした。

お詫びですが、去年もそうでしたが、今年も酒を飲むのに忙しく皆さんの写真を撮るのを忘れてしまいました。ということで写真は無し。申し訳ありません。

(By N谷)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

958m.エイト練習の報告

9月30日(土曜日)は京都レガッタ出漕予定のエイト練習でした。

前週は台風のため練習ができず、今回でクルーを組んで三回目の練習でした。

メンバーは以下のとおりです。(敬称略)

C:W辺、S:I之上、7:U南、6:M田、5:H詰、4:H田、3:M渡、2:N波、B:T野

助っ人はH詰さんにしていただきました。有難うございました。

 

初めにシックスメンからのオールメンノーワークでアップを終え、一本漕ぎの技術錬を20本しました。若干ファイナルのばらつきはあるものの、バランスはまずまずとれていました。

次にライトパドルをレート22→24→22とし各500m、計1500m漕ぎました。ライトパドルでは水中が上がらずレートをあげにくいのか、無理矢理上げるリズムになりバタついてしまいました。そこで、一旦技術練習でキャッチの確認を行いました。

続いて、3本からパドル10本(レート30)+ノーワークのインターバルを5本行いました。そして、ノーワーク5ライトパドル5→3本からパドル500m2本行いました。レートは3133まで上がりました。

僕自身、久々にエイトでパドルを漕いだので、レートに体がついていけずパドルの後半はバテてしまいました。水中を強くしリズムよくレートを上げれるよう気を付けたいです。

最後にスタート練習を行いました。スタート1本、3本、5本でリズムと水中を確認してから、スタート5+スパート10本を2本行いました。スタートは全体的に少し力みすぎてるのか、バラついていました。スパートに入ると少し安定してきた感じでした。

 

10月1日(日曜日)も引き続きエイトの練習でした。メンバーは以下のとおりです。(敬称略)

C:N谷、S:I之上、7:U南、6:M田、5:R、4:H田、3:M渡、2:N波、B:K久川

助っ人はRさんとK久川さんにしていただきました。有難うございました。

まずは技術練でファイナルとキャッチの姿勢で、それぞれ一枚しっかりつけることを意識しながら行いました。続いて、手漕ぎと上体漕ぎで一枚でドライブするのを確認しました。

メインメニューはノーワークからのパドル500mのインターバルをレート27,28,29,304本で、艇が一番走るレートを探りました。パドル入り始めはなかなかレートが上がらずバタつきましたが、中盤からは安定してきて、後半は艇速が徐々に落ちていきました。レートで比べると29が一番安定して進んでいたように思います。水中を強く蹴ってリズムよくレートを上げて、ファイナルを合わせればもっと良くなると思いました。

その後、スタート練習に入り、腰の負担を考慮しスタートはいきなりグッと押さないで、じわっと押す感じで、スタート3本、5本、5本+スパート10本行いました。じわっと押す感じのほうが艇は安定していて、バランスも良く加速感もありました。本番もこのスタートでいくと良いかなと思いました。

全体的にみると、フォワードのスピードが合っていないのか、キャッチ前に片側サイドに傾くのが少し気になりました。時間があれば、ライトパドルのロングで良くなるかと思います。僕自身では、インターバルでかなり息が上がっていて、さらに手の皮がめくれていたので、レースまでに少しでもエルゴを漕いで体を慣らして、ドライブ中は肩の力を抜いて漕げるよう意識していきたいと思います。

(By M田)
Img_0155_1


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

957m.二度目のデビュー

URCブログ927mでシングル(ツーリング艇)デビューを報告致しましたK瀬です。 今回は念願の通常艇でのシングルデビューを果たしましたので、ご報告させて頂きます。

 

あれから、「いつかはクラウ*」の古いコピーでは有りませんが、「いつかは通常艇」を目標に練習に励んできましたが、 56日にダブルオールを初めて握って以来5ヶ月、漸く山の頂きに到達出来ました。 (頂上ならぬ水上の空気は清々しく、仰ぐ陽の輝きはいつにも増して美しく、何と素晴らしい朝だったでしょう)

 

当日は波もうねりも殆ど無く、絶好のローイング日和。 その日のパートナーのかもめ号を、N監督に教えて頂いた通り丁寧に船台にセットし颯爽と離台、とは参りません。 乗艇してジタバタしている所を、見かねた方にオールを押して頂き何とか出艇。 住吉浜に向かって漕ぎ出します。

住吉川河口は多少うねりが有りましたが、「グリップの高さを揃えていれば大丈夫」と念仏を唱えながら乗り切り、住吉浜へ。 

静かな水路では、これまで教えて頂いた事を、アレコレカレコレ考えながら一本一本丁寧に進めます。 水路を往復する内に次第に力も抜け、今のストロークはどこがまずいと感じられる様になります。 「次はそこを注意して」とトライすると、次は別の不具合確認。

改善活動も一進一退、長い道程です。

 

まだまだ漕ぎたい気持ちは一杯ですが、今日は白鶴詣が有ります。 名残惜しくも住吉浜を離れ、艇庫へ戻ります。

着艇時には、監督他皆さんに拍手で迎えられ、相当ご心配をお掛けしていた事を感じながらも、険しい山から降りてきたアルピニストの高揚感で練習を終えました。 これからも次なる山の高みを目指し、チャレンジして行きたい次第です。

 

小生斯様にまだ技術・体力共に至らぬ初級者ですが、ボートを漕ぎたい気持ちだけは強く、これからも帰阪時は練習に参加させて頂きますので、皆様引き続きご指導賜ります様、宜しくお願い申し上げます。 (K)
Img_0156_1

Img_0157_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

956m.H29年 酒蔵開き第1弾

魚崎ローイング恒例の酒蔵開き第1弾が始まりました。

101日日本酒の日に、朝練の後有志5名(皆のんべぇ~)で『白鶴酒造蔵開き』に行ってきました。

酒蔵めぐりでは何回も訪れていますが、私は白鶴の蔵開きは初めてでした。

貧乏人の飲んベイの性でしょうか。むろん、無料試飲が目当て。

福袋の引換券をゲットした後は資料館にまっしぐら。勝手知ったる場所です。

すぅすぅす~、と試飲会場所に到着。アッと驚き、試飲のバリエーションの多さにびっくりやら嬉しいやら。いけないことだと知りながら約10種類を3巡。それだけで、大満足し、朝練の疲れを癒してくれました。ほろ酔いでイベント広場で宴会の始まりです。

有料試飲をグビグビ。Instagramに投稿していただいたカップ酒もごくごく。

白鶴酒造さんと神戸大農学部がコラボして熟成したお酒もいただき、いつものべろんべろんちょっと前のいい気分で帰りました。美味しかった。旨かった。ありがとうございました。

本当に魚崎はいいところですね。次は、櫻正宗です。
by マレーの鯨)
Kimg1163
Img_0158

Img_0159

Img_0169

Kimg1187

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

955m.【U塚奮戦記】びわこレガッタに参戦!(2017年9月24日(日))

びわこレガッタ、40歳以上シングルに参戦して参りました。

この大会はシングルスカルを始めた47歳の時に、初の1000mを漕いだ思い入れのある大会。

参加メンバーは毎年だいたい同じ顔ぶれで(私を除き)ベテラン揃いです。

今回は自艇のクラシック艇、DELTA製の「凌」で参戦です。

 

予選

スタートは8:24。水面は鏡のようで穏やかです。予選2組。3杯中2上がり(と組合せに書かれていました)。お相手は、S田ローのK田さんとAクアのY田さん。いずれもベテランでこれまで勝ったことがありません。今日は1レースで終わりか。

アテンション、ゴッ!スタートはうまくいき飛び出します。K田さん、Y田さんを見ながらパドルに落とし込みます。Y田さんが上ってきません。相当、腰の具合でも悪いのか。205/500mペースで進んでいます。素晴らしいコンディションの中、キャッチのひっかかりを感じながら、フィニッシュでしっかり押し込みます。呼吸も苦しくなく、あっと言う間に500mを過ぎます。岸からの応援につい、手を振りたくなるくらい余裕です。後半からは少し苦しくなり、K田さんに抜かれます。でも、まだ、Y田さんは追いついてきません。

ラスト。ついに、Y田さんもスパートをかけてきました。なんとか逃げ切りゴール!Y田さんに勝った!気分は3分台でも出ているんじゃないかと思うくらい快漕でした。結果は414秒。レベルは低いですが自己ベストです。

 

決勝

クラブハウスで決勝まで休憩です。Y田さんは予選落ちで相当落ち込んでいるんだろうと思いきや、なぜか余裕の笑顔でお知り合いと会話されています。N谷監督が電話で本部に決勝のレーンを確認します。予選1組、2組出漕者全員決勝に進んでいます。予選はなんだったのか・・・。

10:56スタートです。N谷監督は4レーン、私は6レーン。早朝と違い、左手から風を受け続けます。スタート地点でストロークサイドはちょいローし続けないと船がすぐ流されます。

アテンション、ゴッ!ストロークサイドに流されたままスタートしてしまい、5レーンに近づき、審判艇から何度もコールを受けます。波もはたきながら、艇速は伸びません。ふと横目で1レーンのY田さんを見るとかなりトップと競り合っている感じです。全員決勝進出を予選の時から知っておられたか。ついあきらめモードになってしまいグダグダのドべでゴール。皆さんも同じコンディションなのだから最後まであきらめてはいけない、と反省しきりです。

1位F川さん355秒。3分台、素晴らしいです。N谷監督によると最後のスパートがすごかったそうです。体格も締まってます。蹴り出し後の艇が止まったままのバランス練習もすごいです。

2位N谷監督404秒。さすがです。ワールドマスターズの疲れも全く見られません。

3位Y田さん407秒。決勝にかけてましたね。

4位T野さん408秒。いつ並べても歯が立ちません。

5位K田さん413秒。いつも安定されておられます。

6位U塚   421秒。また、一からやり直しです。

 

最後になりましたが、S田ローの皆さん、大変お世話になりました。N谷監督、N川さん、魚ローの皆さんもいろいろとご配慮いただき、ありがとうございました。また、よろしくお願いします。

 

By U
Img_8220_1


Fullsizerender_3

Fullsizerender_4

Img_8254_1_2





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

954m.50代最後のシングル1000mの試合:びわ湖レガッタ

9/24のびわ湖レガッタ40歳以上シングルは私にとって50代最後の1000の試合でした。ワールドマスターズから帰国して2週間足らず。長旅の疲れからか腰痛がまた悪化してましたので、何とかゴールまで持ってくれますようにと祈りながらの出漕でした。

 

魚ローからはU塚さんと私の2クルー出漕。結果は6クルー参加で2位。決勝ではスタートを失敗、ラストスパートも不発で和歌山RCのF川さんにコテンパンにやられましたが、順風、若干の流れの影響もあり、予選が4分03秒、決勝が4分04秒と久し振りの4分5秒切りが達成できて大満足です。

 

こうなると腰の痛みもどこへやら。欲が出て何とか4分切りを達成したくなりますね。現金なものです。

 

船台を使わせていただいた瀬田ローさん、お世話になりました。一緒に大会に参加した魚ローの皆さん、応援ありがとうございました。

 

By N谷
Img_4081

Img_4091

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧