2017年6月27日 (火)

917m.【U塚奮戦記】全日本社会人選手権に参戦!(2017年6月24日(土)、25日(日))

 戸田で行われました全日本社会人選手権。昨年に懲りず、今回は年代別種目が上がり50歳以上シングルスカルに参戦して参りました。同じ6月に全日本マスターズが同じ戸田で開催されたせいか、昨年と比べると今年はどの種目も参加者が少ない気がします。魚ローからも、次週の関西選手権(シングル2000m)を控えているせいか、今回は私一人の参加。大会前日の代表者会議参加、オールの運搬、借艇先へのあいさつなど、いつもは監督まかせのところを自分で行い、いい経験になりました。結果は惨敗となり、昨年同様の悔しさもありましたが、喪失感ではなく何かしら次につながるものを得た気がします。

 

オールの運搬

さて、オールは借艇先から借りればいいのですが、普段使い慣れているマイオールを送ることにしました。大会1週間前の日曜日の朝練終了後、梱包し宅急便に持ち込むと見た瞬間に「長すぎてダメです。」と受付を拒否されます。いくつか宅配業者を回ったり電話で確認しましたが、やはりダメ。日曜日はあきらめ、過去、個人でオールを送ったことのある魚ローのS村さん、O川さんにアドバイスをいただき、ギリギリの水曜日にS川急便に持ち込むことに。HP上、営業時間は21:00まで。仕事を早めに切り上げなんとか車で5分前に滑り込み。ところが作業している人はいるものの、事務所はカーテンが閉めてあります。「今日から営業は20:00までになりました。」なぬーッ!あきらめかけましたが、なんとか食いさがり、今回限りということで快く受けていただきました。

 

借艇

TOBT橋さんのお力を借り、TOB会から船をお借りすることになりました。外国艇のHG○、DELTA製のM島、いずれか試し乗りして艇を決めていいとのご配慮をいただき、大会前日の金曜日3時半頃から試乗させていただきました。まず、HG○。細長くきれいな船ですが、外国艇のためか、ハイトは一番下げても18cm。こりゃ高すぎる。続いて、M島。乗りなれているDELTA製でもあり、しっくりきました。

T大艇庫では、Uヘッドコーチ、Oマネージャー、OBの方、医学部の方々など皆さん、親切にご対応いただき、また、きさくに声をかけていただき本当に感謝しております。この場をお借りし深く御礼申し上げます。今年は30名の新入部員で総勢80名とのことで、素晴らしいと思うとともになんとも羨ましい限りです。ますますのご発展をお祈り申し上げます。

 

予選

シングルスカル(50歳以上)の参加は12名。プログラムを見ますと皆さんよくお目にかかるお名前がずらり。体格もご立派。そのうち、私と同じ50歳の方も4名おられます。

624日(土)9:10予選A組。1レーンY本さん(パルテ会)、2レーンU塚、3レーンS川さん(ボート団塊号)、4レーンS藤さん(新潟RC)、5レーンN江さん(巽ローイングクラブ)、6レーンT橋さん(秋田ゼロックス)。「アテンション、・・・(赤点灯)・・・(青点灯)!」。「スタートやり直し」。どなたかがフライングしたためスタートやり直しです。「アテンション」の後、しばらくして赤の電光板が点灯するため、ついスタートしたくなる気持ちはよく分かります。2回目は問題なくスタート。いつもの調子でスタートだけは抜け出ます。3レーンから6レーンは見えているものの、1レーンの方は速く、すでに姿が見えません。他のクル―にも300mぐらいですでに並ばれ、500mではすでに抜かれています。500mごとのラップはほぼ同じタイムで通過したものの、コンスタントを落とし過ぎ。5位と10秒以上離され、922076位ゴール。

レース後は、悔しさと情けない気持ちを抱えながら、3時過ぎまで男子シングルスカル決勝など他のレースを観戦。さすが、皆さん力強い漕ぎで艇速もよく伸びています。いったんホテルに戻り、昼寝。そう言えば、せっかくいつでも使えるよう艇庫横にシングルを置かせていただいたので、6時ごろから夕練。外はまだ明るくたくさんのクル―が練習しています。ハイトを少し調整し、スタート付近まで行って帰ってくる約4km。帰りにどこかの女子クオドとつい並べて漕がしていただきます。艇速は、205/500mで漕げてます。なんや漕げるやん!なんか明日は行ける気がしてきます。2000mのゴールラインに向けてCOXが「ラスト10本!」。つい力が入ります。

 

順位決定戦

625日(日)8:40順位決定戦。1レーンU塚、2レーンS川さん(ボート団塊号)、3レーンY本さん(パルテ会)棄権、4レーンT良さん(四神会)、5レーンT橋さん(秋田ゼロックス)。目標は500mまでは必ずついていく、その後はたんたんと大きく漕ぎフィニッシュを強調し水を押す、でした。スタートはまずまず。その後、自分から見てレーン右手側に寄り過ぎます。なんとか修正します。500mでは5レーンのT橋さんをおさえます。ビリじゃないぞー、自分を励まします。その後、ジリジリ追いつかれ、抜かされます。んー、やっぱり艇速出ないなあ。気持ちの弱さかなあ。技術も体力もだね~。

審判艇はどのレースもそうでしたが、昨年と違い、最後尾の私を抜き去ることはせず、なんとか我慢しながら横についてくれています。おかげで昨年のように大きく波をかぶることはありませんでした。

1250m・・・1500m・・・1750m。最後だ上げろ!もう苦しすぎる。無理!心の葛藤が続きながら、なんとかゴール。結果は、912534位。

 

コンスタントの艇速が後少し楽に上げられたら、随分楽しめるレースになるような気がします。気持ち、技術、体力。それぞれを改善させ、次はもっと楽しめるレースにしたいと思います。

 by U塚
Img_7445

Img_7463_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

916m.全日本マスターズ打ち上げ

18日の日曜夕方、全日本マスターズの打ち上げを行いました。打ち上げと言っても飲み屋での宴会ではなく、大量に撮影された動画と写真の上映会という形式で魚崎のクラブハウスで実施。パソコンとプロジェクターを持ち込み、食べ物飲み物は事前に買い出ししました。

 

集まったのは13名。その中でY本邦さんとK川さんはマスターズに参加はされなかったものの、打ち上げには参加いただき場を盛り上げていただきました。有難うございました。

 

動画・写真を見るのはとにかく楽しく、皆さん大いに盛り上がり、あっという間に2時間が経過してお開きとなりました。おかげで集合写真を取り忘れてしまいました。大変失礼しました。また、T橋さんにはお菓子類を、O川さんには日本酒を、N川さんには手作りのおつまみをたくさん差し入れていただき有難うございました。

 

来年の会場は熊本・菊池市の班蛇口湖です。移動が少し大変ですが、出来るだけ多くの皆さんで参加して、大いに盛り上がりたいものです。

 

By N谷
Img_7372

Img_7373

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

915m.6月の定例クォド練習

6/18の日曜日、定例のクォド練習をしました。このところ、2回臨時のクォド練習が続いてまして、皆さんスキルアップに積極的にお取り組みいただいており、たいへん有難い状況です。

 

この日のメンバーは敬称略で、C:N谷、S:K川、3:N川、2:M田、B:K瀬です。M川さんはスカル乗艇2回目、K瀬さんもまだ数回目です。

 

練習メニューは例によって1本漕ぎ、NWときどきLPでした。今回のクルーはフォワードのオールの動きがなかなか揃わず、その分1本漕ぎを入念に行いました。徐々に慣れていきましょう。

 

この日は他に、H詰さんとU南さんがダブル、Y山さん、N波さん、T橋さん、U塚さん、Hさん、I川さんがシングルでした。特にU塚さんは翌週の全日本社会人選手権に向けて追い込んだ練習をこなしていました。皆さん、お疲れ様でした。Dsc_0127

Dsc_0186

Dsc_0189

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

914m.またまた臨時のクォド練習

17日の土曜日、スカル発展途上(失礼!)の皆さんが集まりましたので、臨時のクォド練習を実施しました。メンバーは敬称略でC:N谷、S:H詰、3:K川、2:I上、B:T田です。

 

例によって深江橋からノーフェザー漕ぎを交えての一本漕ぎで芦屋浜水路へ。そこからはノーワーク時々ライトパドル、パドル。最後の1.5kmはレート19のUT漕でした。

 

この日は朝から風が強く、それなりに波もあって良いコンディションではなかったのですが、このクルーはバランスが抜群に良く、安心していられました。特に皆さん素早いキャッチとスパッとクリーンに抜けるフィニッシュが出来ており、更にフォワード時のリズムが見事に統一されていて、とても発展途上などと言えない出来でした(失礼の段、ご容赦ください)。後はハイレートに対する慣れだけですね。

 

他にはダブルでY山さんとK瀬さん、シングルでU南さん、N波さん、T橋さん、U塚さん、H田さんでした。H田さんは乗艇の後はクラブハウスでエルゴを引いたようです。皆さんお疲れ様でした。Cimg3596

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

913m.東京から魚崎へ、強力オアーズパーソン来たる

東京から大阪へ転勤になった強力オアーズパーソン、魚崎に来たる。私(T)と同じ東京のクラブチーム「キラーホエールRC」で漕いでいたI君。年齢的には、会社でも魚崎RCでも、ばりばりの働き盛りの中堅。さっそく、魚崎へ見学に。そして、全日本マスターズレガッタではキラホで活躍。翌週には、魚崎で私とダブルスカルで初練習。彼も私と同じ、スイープオールしか漕いでいなかったもののやればできるの精神で、まずは、快晴の下、enjoyrowing。にしては、次第に水面のコンディションがひどくなり、手に汗rowingとなってしまった。それでも、芦屋浜まで往復、海から六甲山が見える光景にほっと一息つきながら、I君に魚崎rowingを体験してもらいました。

By Tの
Image1_2




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

912m.第10回全日本マスターズレガッタ IN 戸田  1* Fカテゴリー(60~64歳)

今年は第10回記念大会です。マスターズシングルでのFカテゴリー初めての参戦です。

レースNo.20 1032分スタートです。1時間前に配艇受付をすまし、『かもめ2号』艇のリギング。

30分前に蹴り出しました。昨日の大荒れとは打って変わってさざ波、順風です。

対戦相手は1.N村さん、2.K登さん、3.T屋さん、4.K井さん、5.N波、6.A木さん1.2.4.レーンの3人とは第5回大会IN戸田(初めてのシングル1000mレースでした)で対戦。

2.レーンK登さんとは第6回大会IN愛知池で、4レーンK井さんとは第7回大会IN館林で対戦。

いずれも歯が立たずおいて行かれてます。

5分前にスタート位置につけ、心を落ちつかせ深呼吸を繰り返します。

『アテンションゴー』ピッチはさほど上げずバランスに注意してスタートしました。

おや、真っ直ぐ進んでる。今回は審判艇から注意を受けません。

大きく、最後まで強く引き抜くを心がけて500m、ピッチは24S/m。遅いが上げられません。

750mまで何度も漕ぐのをやめようかと思ったことか。写真を見ると顔に出てました。

ラスト200mでピッチを28まで上げて『プゥ』。4分47秒でゴールでした。

しんどくても止められないのがボートですね。体力つけて楽しく頑張ります。 (by N波)
Dsc_7508

Dsc_7520

Dsc_7523

Dsc_7525

Dsc_7539

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

911m.遅くなった『決起集会という名の前夜祭』報告

10回全日本マスターズレガッタに向けて魚崎ローイングのメンバーは62日夕方埼京線戸田公園駅前の『肉の葵屋』さんへ集合しました。

参加者はN谷監督、K合さん、H詰さん、T橋さん、O川さん、U塚さん、T野さん、N川さん応援団長のY山さん、N波です。Nボート協会からTさんも参加してくれました。

お店の2回を貸し切って飲み放題を満悦しました。皆さん明日レースがあることを忘れています。

Tさんから、国際都市神戸を活かした海外のボートマン(ウォマン)を魚崎ローイングにどうやって導くのかをご指導いただき、すごく参考になりました。

料理の中では、さすがお肉屋さん、大きな『爆汁メンチカツ』を皆さん平らげてお開きにしました。

皆さんレースに影響はありませんでしたか。(by マレーの鯨)
Dsc_0012

Dsc_0002

Photo








| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

910m.シングルスカルレース初参戦!

6月11日シングルスカルでレース初参戦しました。

第7回KAKOWAWAスプリングカップ大会with県民大会です。

 

幸い沈はしなかったものの、進行方向に背を向けて走るボート競技の難しさを感じさせるレースになりました。

 

まず予選。4レーンからスタート。アテンション!少し間をおいてGo!!

スタートの一漕ぎ目は、オールが水を捕らえましたが、2漕ぎ目でバランスを崩し、どうやら艇の方向が右へ変わったようです。後ろを振り向けど、コースブイは確認できず川の左岸を概ね目印に漕いでいると、審判艇から私の名前を連呼する声が聞こえます。これは、コースアウトで失格なのかな?と思っていましたが、審判からコース方向に誘導する声がけをいただき、大きく蛇行しながら500mゴールラインで、なんとかコースに戻りました。結果3分52秒。結果600m以上は漕いでいたのではないでしょうか?(^_^;)

 

続いて敗復に参戦。こんどは1レーン。

左手に黄色いブイ、右手に赤いブイがあります。今度はレーンをしっかり意識して丁寧に漕ごうと思いました。それでも少々向かい風を感じ、2コースとの境目の黄色いブイに近づいているのはわかりましたが、何とかレーン内にはいたようです。400mを超えたと思い、そろそろゴールかな?と思って漕いでいたら、岸から「あと50mよ!」と女性の声。ラストスパート!結果は3分1秒と、少々不本意な結果ではありましたが、いい経験です。

 

また、次回に向けて練習します。ありがとうございました。

 

By H
Img_0135

Img_0136

Img_0140

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

909m.全日本マスターズエイト

男子エイトカテゴリーE(平均年齢55-59歳の部)は1日目の1216分スタート。順風のいいコンディション。メンバーはI藤、T橋、O川、U南、R、N波、H詰、T崎、T野。平均年齢は59.25歳。

レースは5杯レース。
 1レーン 名古屋RC-
 2レーン 団塊号九州連合
 3レーン 矢切RC
 4レーン 団塊号ミドル
 5レーン 魚崎ローイング

5クルーとも平均年齢は59歳であるが、クルー内での年齢差は名古屋RC-Bは44歳、団塊号九州連合は23歳、矢切RCは14歳、団塊号ミドルは16歳、魚崎ローイングはかくいう私が最高齢で20歳。

出艇前にスタートとスタートハイピッチ、クオータ毎のイベント、ラストのレートあげを確認。隣の団塊号ミドルをターゲットにするも、ここはクルー編成がそんなに早い時期ではないことを知っていて、1レーン、3レーンも警戒。

1レーンは30歳の若手を入れた名古屋大OBの東京クルー。バウは1年先輩で、負けるとこの後の懇親会から1年間、何かにつけ「勝った勝った」といびりまくられるので、我がクルー、メンバーがそろっての初レースであっても、何とか勝ちたい。

 

 スタートから4レーンに出るも、なんと一番向こうの1レーンが先行するという私にとって最悪のスタート。イベントが入るが1レーンとの差が縮まらない。1レーン、5レーン我々、3レーンの順で500mを通過。その後3レーンが抜けだし1着でゴール。我々は3着。後半のタイム落ちがまったくなかった(後半の方が速かった)矢切RCに脱帽です。

 結果は以下の通りでした。(順位、500mと1,000mタイム)
1レーン 名古屋RC- 2位 1:49.60 3:45.07
2レーン 団塊号九州連合 5位 1:55.22 3:51.11
3レーン 矢切RC 1位 1:51.58 3:42.24
4レーン 団塊号ミドル 4位 1:52.64 3:50.26
5レーン 魚崎ローイング 3位 1:50.94 3:47.64

 

 予想通り、この後の懇親会で先輩にいびりまくられましたが、5月に入り水曜に2×、木曜にエルゴ(そのためのクラブハウスへの往復に3時間の自転車こぎ)、土日4×+またはエイトの週4日の練習を約3週間行ったことで1,000mのスタミナがつき、実に久しぶりに身体つきが変化していることに気づき、我ながら驚きでした。クラブハウスでのエルゴの平日利用を楽しみに、ひきつづき頑張る決意をしたH詰でした。
Dsc_7986_2

Dsc_8059_2

Dsc_8068_2

Dsc_8079_2

Dsc_8084_2

Dsc_8090_2

Dsc_8098_2

Dsc_8977_2

Dsc_8999_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

908m.6/11加古川でスカルレースに初挑戦

I川です。KAKOGAWAスプリングカップボート大会with県民大会に出場しました。昨年秋から魚ローに参加して以来、初めてのスカルレース(500m)です。結果は予選通過し、決勝で5位でした。腹切り、空振りの連続でまっすぐ進まず、特に決勝レースでは1レーンのはずが気がつくと5レーンを漕いでいました(汗)。。。まだまだ技量不足で、とても全力を出し切れたレースではありませんでしたが、これに懲りずにいつか2000mのレースに出場できるように頑張りたいと思います。N谷監督には艇の運送から現地でのサポートまで、終始お世話になりありがとうございました。
Img_0142

Img_0143

Img_0144

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧