« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月31日 (水)

993m.エルゴ大会の打ち上げ

1/28の日曜に先日実施のマシンローイング近畿大会と12月に実施しましたグラブ内エルゴ500mトライアルの打ち上げを合わせて実施しました。参加は全部で11名。御影の鶏料理屋に集結。2980円の飲み放題でした。

近畿大会は魚ローとして過去最多の9名で参加。日ボHPの全国の結果を見ても常連の強豪に交じり、40代以上で結構魚ローの名前が目立つようになってきました。有難い事です。

特筆すべきは70代で参加されたH詰さんで、お話によると片道45分かけて自転車で魚崎まで行き、エルゴ練習後はまた元の道を戻るという結構ハードな練習を繰り返され、試合当日はエルゴを引いても軽く感じるくらいで前年記録の大幅アップにつながったとの事。素晴らしいですね。見習わせていただきます。

クラブ内500mトライアルも結構皆さんに楽しんでいただけたようで、短時間で終わるし、気軽なイベントとして定着させたいですね。

ということで、手応えを感じられた方も多く、その分打ち上げも大いに盛り上がりました。皆さんお疲れ様でした。

By N谷
Img_0272


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

992m.今年初めてのエンジョイエイト練習

21日の日曜日、今年初めてになるエイト練習を実施しました。メンバーは敬称略でC:N谷、S:せむどん、7:H詰、6:N波、5:M田、4:K瀬、3:U南、2:N川、B:I川です。風もなくコンディションは抜群で芦屋浜水路はベタ凪状態でした。

練習メニューはレート16~18のロング漕。持久力強化を図りたい方は水中強く漕いでB2練習。楽に行きたい人は軽めの負荷でB1練習を。1艇の中で目的の違うメンバーが混在する練習となりバランス面では四苦八苦。しかし、そこはエンジョイ練習であり、このクルーで試合に出る訳でもありませんので皆さんには割り切っていただきました。その反面、一人一人のペースに合わせた練習になったのではないかと思います。更に後半になると皆さん慣れてきてバランスがぐんとよくなりました。

また、I川さんとM田さんは普段Sサイドしか漕いでいないので、こういう時にBサイドにチャレンジしてスキルの幅を広げていました。これもエンジョイ練習の目的の一つですね。

申し訳なかったのは西宮浜でUターンする際、COXのミスでラダーロープがラダーに絡まり、海洋体育館の船台に緊急避難して練習時間をロスしたこと。すみませんでした。

この日は他にO川さん、U塚さん、K久川さん、T多Dさん、I之上さんがシングルでした。皆さんお疲れ様でした。

しばらく寒い日が続きますが、シーズンが始まるまでじっくり漕ぎこんで体力・スキル両面の向上を図っていきましょう。

By N谷
1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

991m.蔵開きシリーズ第3弾

昨年10月白鶴、11月櫻正宗に続き121日蔵開き第三弾『浜福鶴』の蔵開きに行ってきました。例のごとく7時からの朝練で汗を流し、その勢いで6名の呑兵衛が艇庫から歩いて10分の浜福鶴に。会場はこじんまりとしていますが、畳の縁台が準備され、あての屋台も豊富です。のん兵衛仲間は、N谷、U南、H詰、T野、N川、N波(敬称略)いつものメンバーです。各自あてを準備しての参加。ふるまい酒をいただき各自めいめいに有料試飲酒を飲んでます。屋台からもあてを調達『鹿肉のから揚げ』『おでん』『たこ焼き』『焼きそば』。売店から美味しい酒『生酒、雄町、純米吟醸』を購入しグビグビ。3本を空に。

ほろ酔い気分で隣の縁台の方に写真撮影を依頼すると、なんと「神戸商船大漕艇部OB」の方です。商船大のエイトを魚崎艇庫で保管していること、つい3時間前に乗艇していたことをお話して是非とも一度魚崎艇庫に来てほしいいとお誘いしました。

いい出会いをしてほろ酔い気分でお開きにしました。

浜福鶴の蔵開きには若い女性がたくさん来られています。
お酒っていいですね。次は第4弾2月の菊正宗です。
(by N波)
Img_0263

Img_0265

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

990m.エルゴ大会で自己ベスト更新!!

I川です。大津市で開催された全国マシンローイング大会近畿ブロック大会に出場しました。

現役時代を通じて初めてのエルゴ大会出場です。

2000mT.Tはそのハードさからなかなか練習で取り組めていませんでしたが、今回の大会に臨むに当たり、目標タイムは735秒、スタート200mはレート32でスパート、そこからコンスタントに落とし、レート281800mまで水中維持、ラスト200mは再びレート32にあげてスパートというレースプランを立てました。

レースは1415分からでしたので、エリートレースの観戦を楽しんだ後、食事やアップも余裕を持って行え、万全の状況でスタートを迎えました。

いよいよスタートです!まずは200mスパート。固くなることなく水中も予定通りのタイムが出ています。スパートからコンスタントへの移行も水中タイムを落とし過ぎることなく順調に決まり、1000m地点でアタック10本。このあたりからだんだんキツくなってきましたが、ここが我慢のしどころと自分に言い聞かせて水中は155秒以内を維持。周りからの魚ローの皆さんの応援も気持ちを後押ししてくれます。しかし、体はますますキツくなってきたので、1250m1500m1700m地点で3度アタック10本で水中維持。そこからラスト200mはレート32のスパートでゴールしました。

結果タイムは7357!!ほぼ目標タイムを達成できました。ボート再開後の自己ベスト更新です。

現時点で自分が出せるほぼベストタイムが出せたということで大満足の大会でした。

最後に、2000T.Tの事前指導をいただいたN谷監督、車出しいただいたU塚さん、T野さん、そして、応援いただいた魚ローの皆さん、本当にありがとうございました。今日の結果を踏まえてこれからも体力、技術の向上にますます練習頑張りたいと思います。
Img_4507


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

989m.29年ぶりの「全国マシンローイング近畿大会」出場

1月14日(日)に「全国マシンローイング近畿大会」(5059才・軽量級)に出場しました。私自身、大学3回生の冬に1989年の第1回大会に出場しており、昨年4月の魚ローとの出会いにより、29年ぶりに、まさかの2回目の出場となりました。当時は、「エルゴ大会」のイベント名で、地味に開催されましたが、当日の熱気溢れる会場の雰囲気に、大変、驚きました。

目標タイムは、745秒。昨年1224日の「魚ロー500mタイムトライアル」での玉砕戦法失敗の反省を活かし、本番は、N谷監督推奨の「イーブンペースのレース運び」を念頭に、レーススタート!結果は、①153 156 157 158のペース配分で、7447でゴール!目標タイムをクリアできました。序盤のオーバーペースや後半の踏ん張りどころを魚ローメンバーの方々の声援のおかげで、何とか我慢することができました。また、直前のエリートクラス出場のN谷監督、最高齢H詰さんの気持ちのこもったレースからも、大いに刺激を受けました。

大変、力になるご声援・刺激を有難うございました。その他にも、自身の高校・大学の現役ボート部員の頑張りを間近で見ることも出来、大変有意義な一日となりました。また、この日は奇しくもセンター試験最終日、私自身も2,000mテストの重圧から開放され、帰宅後に最高に美味しいビールをいただきました。ボート復活2年目の今年は、本格的にレースに出漕すべく、エンジョイローイングの中で、長い距離をしっかり漕いで、漕力・技術向上に努めてまいりますので、今後とも、宜しくお願いします。
K久川

 

Img_8549

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

988m.全国マシンローング近畿大会に参加してきました。(2018年1月14日(日))

毎年、滋賀県立体育館「ウカルちゃんアリ―ナ」で行われる、日本最大級のローイングエルゴの祭典(今大会は過去最大の920名のエントリー)、全国マシンローイング近畿大会に魚ローの皆さんと参加してきました。今年は魚ローから最多となる9名の参加です。中でも注目は2回目の参加となる70歳代のH詰さん、第1回の近畿大会以来の約30年ぶりの参加となるK川さん、自宅にエルゴを設置し練習に励み、最近マイオールを新調したI川さん。皆さんの最近のクラブハウスのエルゴ使用状況や試合プランの作成などから大会にかける意気込みを感じます。そして、今大会の最大の目玉は、なんと言っても招待選手、ニュージーランドのEric Murray選手。ロンドンオリンピック(2012)・リオオリンピック(2016)M2-(男子ペア) 金メダリスト。2009年以降、世界選手権・ワールドカップにおいて7年間無敗の王者です。魚ローの皆さんと是非、記念撮影を、と考えていましたが、大会スタート時からEric選手の回りには握手や記念撮影を求める人だかり。Eric選手は金メダルを持たせてくれるなどのサービスも。次第に行列ができる盛況振りとなりました。
さて、魚ロー注目のお三方の結果は、事前の意気込み通り、素晴らしいものとなりました。今大会2名の70歳代参加のうちの一人、H詰さんは、驚異的な記録87秒。K川さんはプランを上回る744秒、I川さんは初参加と思えない735秒となりました。皆さん満足の結果だったと思います。お三方以外でも、今回、初のマスターズエリートでの参加のN谷監督732秒。魚崎のタイムトライアルで驚異的な記録をたたき出したS村さん726秒。大会使用エルゴを購入し大学後輩に寄贈するN波さん823秒。マラソンサブ3.5ランナーのT野さん89秒。今回自己ベストを更新したO川さん800秒。U塚810秒。それぞれの思いを出し切った好記録だったのではないでしょうか。皆さん、お疲れ様でした!来年もそれぞれの目標を持って是非参加しましょう。
Eric選手との記念撮影ですが、打合せや大会全体の記念撮影などお忙しそうであきらめかけましたが、最後になんとかつかまえることができました。気さくなEric選手、ありがとうございました。そして、写真撮影を担当してくれたM田さん、会場設営などご準備いただいた大会関係者の皆さま、大変お世話になりました。心より感謝申し上げます。
by U塚 
Img_2038

Img_2064

Img_2069_2

Img_2087

Img_2096

Img_2110

Img_2120

Img_8532

Image3_2
Img_8566



                                  

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

987m.今年初めてのクォド練習

1/7の日曜はエンジョイクォド練習を行いました。当初はエイト練習を予定していましたが人数が集まらずクォドに切り替えたものです。参加は敬称略で、C:N谷、S:U南、3:M田、2:N波、B:M村です。

芦屋浜水路は素晴らしいベタ凪で、練習内容はエンジョイという通り、軽~い負荷のローレートノーワーク、時々ライトパドルでローイングを堪能しました。漕手の皆さんは各自のスキル向上にじっくり取り組んでいただけたと思います。漕行距離は11km。

冬場は静かな水面の日が多く、寒いのを我慢すればスキル向上には絶好の期間です。是非積極的にご参加いただきたいですね。

この日は他に、T野さん、O川さん、K久川さん、U塚さん、I之上さんがシングル。もちろん安全のためにお互いの姿を見ながら。また、Y山さんがエルゴ練習でした。皆さんお疲れ様でした。

By N谷
Img_0243

Img_0248

Img_0251

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

986m.2018年初漕ぎ

1/3、神戸市漕艇連盟主催で恒例の初漕ぎを実施しました。この日は朝から生憎のみぞれ交じりの雨のため参加者の足が鈍ったようで、例年より少なく30名ほどが集まりました。魚ローの他にはRC神戸、甲南大、東灘高校の皆さんです。

女性陣がぜんざい、豚汁、おでんの準備をしていただいている間に各自エイト、クォド、ダブル、シングルに乗艇です。時折雨にたたられましたが、風はそんなに強くなかったので、なんとか乗艇できて良かったです。

揚艇後は上記のぜんざい、豚汁、おでんをもう食べられないくらい堪能しました。準備有難うございました。

今年一年、事故無く怪我無く、ボートを楽しみたいですね。宜しくお願いします。

By N谷
Dsc_7583

Dsc_7726

Dsc_7749

Dsc_7842

Dsc_7852

Dsc_7863

Dsc_7866

Dsc_7575

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

985m.魚崎ローイングクラブ10周年

始まりは20074月に大川での大阪シティレガッタで29年ぶりにオールを握った事です。

高知大学のOB総会で中村さんから誘いを受けて、ナックルに乗り込みましたがスタートに向かうまでの爽快感に、忘れていたものを思い出しました。

そして、市漕連会長の故中村勇司さん(神戸高校OB)の誘いを受けて魚崎運河で漕ぎ始めました。最初の年は「高知酔鯨」のクルー名で市民レガッタに出ましたが、20083月に魚崎ローイングクラブを立ち上げました。

50過ぎてのスカル挑戦。最初の年に5回沈しました。

モットーは「漕ぎたい時に、漕ぎたい人が、漕ぎたいだけ」。スローガンは「関西三大ローイングクラブ、滋賀の〇〇ロー、大阪の〇〇ロー、神戸の魚ロー!」。

みなさんのおかげでここまで継続することができました。これからも敷居の低い、ゆるい繋がりの大変ユニークな地域クラブとして神戸市漕艇連盟と一体となって発展されるよう願っております。
魚崎ローイングクラブ 初代代表 山本達也


Pict0006

Pict0012

0250

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »