« 1084m.Sarasotaの空のD1X、E2X | トップページ | 1086m.2018 WRMR 国際交流編 »

2018年10月11日 (木)

1085m.2018 WRMRに2年ぶりに参加しました

20163月、私は脊椎管狭窄症を患い、一時は歩くことも出来ず最後の参加は少し持ち直した2016年9月のデンマークにおける大会でした。このときは、2012年以来のWRMRでの試合パターン、N谷さんとの2X,そして1Xで出場しました。今回も同様です。
今年年初から、しばらくは、エルゴでリハビリトレーニング。4月からは、乗艇でのリハビリトレーニング。5月にはオール日本でK合さんと2X出場(結果はビリ)。5月には加古川で500mの1Xに出場。1000mの1Xは9月の加古川の試合が、台風の影響で中止になり、いわばぶっつけ本番の1X出場でした。よい記録は、期待は出来ないことはわかっていましたが、それにもかかわらず、N谷さんには2Xに付き合っていただきました。


① 2X:

この日は天気は快晴。しかしながら暑い。借艇はSarasotaのボートクラブのもの。重量級用でNさん曰く、安定性がよいからまあいいか。Nさん:ストローク、Y山:バウ。

蹴り出したあとはスタート台までは2キロ。途中になってバウに舵操作のペダルがついていることに気がつきました。

ストローク、バウを交代しようかという話が出ましたが、すでにポンツーより大分離れていることもあり、そのまま行くことにしました。これが、悪かった。途中、ペダルの使用練習です。私は、元来外股です。

外股にすると、ストローク側に曲がる、内股にするとバウ側に曲がる、ということをしっかりと頭に入れました。
この日は、波風があり、艇はストロークサイドに流されます。スタート台についたものの方向はまっすぐには定まらず、常にバウサイド・バックロー、ストロークサイド・ローです。このような状態のまま、Attention...ウィ~ン(goの電子音)。

各艇スタートしましたが、わが艇のっけから、ストロークサイドへ進みます。Nさんの右強く、右強の大号令が発せられます。私は、左(内股)に舵を切ります。ところが、強く漕ぐと足はまっすぐになっていたようで、ますます、艇は、ストロークサイドに進み、ついには、隣のコースに侵入。幸い、隣の艇は先に進んでいて接触事故はなし。

右強くの号令にしっかりとオールには力を入れていますが、どうも舵のペダルが力を入れるたびに、内股になっていず、まっすぐ、あるいは、外股になっていたのだと後になって思います。艇はさらにストローク側に進み、100から150mあたりでさらに2つ隣のコースに侵入し、併走状態の艇とオールがぶつかり、両艇ともストップ。当然失格と思い、しばらくストップしていましたが、審判艇よりは、何も指示がありません。いずれポンツーまで還らなければならないと思い、ノーワークでまずは、1000m地点まで漕いでいきました(今度はあわてず、舵のペダル操作は出来ました)。そして、ポーンツーまで帰還しました。
このレースでは失格したものだと思っていましたが、記録はビリ、73秒と発表されていました。
Nさん、せっかく2Xにお付き合いいただき失態を演じましてすみません。さらに

は、ぶつけた相手にはまことに気の毒なことをしました。再度すみませんでした。フロリダの空は真っ青でした。私の心も真っ青です。

2xtniy_1

2xtniy_2

② 1X:

2Xのあと、1時間半後のスタート。Nさんはじめ、オール、艇を完璧に準備していただいていましたので、すぐ発艇することが出来ました。一人ではとても無理です。ありがとうございました。
いよいよスタートです。先ほどの2Xの試合と同様、波風があり、艇はストロークに流されます。必死でまっすぐにしますが、すぐストーローク再度に流されます。やがて、国名でコールが始まりました。コールが終わり、Attention時には20度ほどストロークに傾いています。審判は容赦なく、ウィ~ン(go! そままスタートスパートすれば2X時と同様、ストロークサドに曲がり、隣のコースに行くこと必死です。それゆえ、普通の漕ぎ方でスタートし、右を強く漕ぎ、レーンの中央を漕ぐように努めました。

必死で漕ぐものの、中々進みません。やがて、500m。まだ、500mもあるのかと思い必死で漕ぎました。陸からは声援の声がしますが、期待に添えません。やっとのことで1000mゴールイン。61秒。まだ、スタミナが回復していないことと、膝の痛みでこの恥ずかしい記録。再度、リハビリに努め、いつの日にかまともに漕げるようになりたいものです。(写真で見ると脛が水面に対して垂直になっていません。今の私ではこれが限度です)。
1xiy_1

1xiy_2

今回の遠征には魚崎RCの同行者に足手まといでご迷惑をおかけしました。サポートありがとうございました。

By I

|

« 1084m.Sarasotaの空のD1X、E2X | トップページ | 1086m.2018 WRMR 国際交流編 »

コメント

ダブルは私がバウを漕げばよかったですね。
リギングの時に迷ったのですが、判断を
誤りました。申し訳ありません。

投稿: N谷 | 2018年10月12日 (金) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197899/67255409

この記事へのトラックバック一覧です: 1085m.2018 WRMRに2年ぶりに参加しました:

« 1084m.Sarasotaの空のD1X、E2X | トップページ | 1086m.2018 WRMR 国際交流編 »