2018年9月13日 (木)

1074m.東京五輪、ドイツ代表ボートチームが城崎で事前合宿をすることに決定

N谷です。随分先の話で恐縮ですが、東京オリンピックのボート競技で、ドイツ代表チームが城崎の円山川漕艇場で合宿を張る事になったと記事が出ていました。宿泊も城崎温泉街の旅館との事。合宿日程は2020年7月3~19日。参加人数はスタッフ入れて約50人。
円山川の下流は潮の干満の影響で時間帯によってきついラフコンになるのが欠点ですが、その時間帯を外して練習すれば距離は10Km取れるし、また城崎温泉は外国人観光客に大人気なので、その点もプラスになったと思います。
これは是非とも見学に行かないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

1073m.ルイーズさん壮行会兼加古川スカルレース残念会

N谷です。9日の日曜に六甲道近くのレストランに有志が集まって9/14にケンブリッジに向けて離日するルイーズさんの壮行会と、9日に実施予定の加古川スカルレースが川の増水のため中止になったのを受けて、その残念会も兼ねて実施しました。
ルイーズさんはこのレースにせむどんさんとダブルで出漕予定で、ケンブリッジ大のカレッジのボート部に入るに先立って試合経験を積む予定で、仕上がり具合も順調だっただけに残念な結果に終わってしまいました。また、Y山さん、N川さん、M村さんもワールドマスターズ前のシングルの調整試合が無くなり肩透かしに終わってしまいました。
ところで、ルイーズさんが魚ローに来るようになってから、地味~な魚ローがパッと明るくなって、女性一人で苦労されていたN川さんにも良い相方が出来たところでしたが、ケンブリッジ留学で1年間のお休みです。現地ではかなり厳しく勉強させられるようですが、ボート部も頑張って貰って1年後はまた神戸に帰ってきていただきたいですね。
また、私は当初留学は2年間と思い込んでいて、2年目くらいにテムズ川でボートを漕ぐツアーが出来たらと考えていましたが、1年ではちょっと難しそうです。ボートの聖地ツアーはまた別の機会に考えたいと思います。
オッ盾会場から直行で参加いただいたN波さん始め、雨の中お集まりいただいた皆さん、お疲れ様でした。ルイーズさんの今後のご活躍に期待したいと思います。

2018_0910_05553300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

1072m.魚崎艇庫も台風21号の高潮にやられました

N谷です。先日の台風21号はすごかったですね。関空が象徴的ですが、阪神地区の海岸沿いはどこも高潮にやられて大きな被害が出ました。

Yahooニュースに、魚崎艇庫近くの商業施設が腰まで冠水している写真が掲載されるのを見て、雨が上がるのを待って慌てて艇庫に駆け付けましたが、周囲はひどい状態でした。
魚崎艇庫も高潮被害から免れず、地面(床)から30cmほど冠水しました。普段は満潮時でも海面から2メートル以上の高さにあるのですが、津波以外は大丈夫と思っていたら全く読みが甘かったです。
幸い、艇とオールはラックの上に設置されていますので被害は無し。その代わり地面に直接置いている冷蔵庫や洗濯機、低い位置に置いていた電動工具等は皆海水にやられました。シャッターも水圧で曲がってしまい、途中までしか上がりません。
台風以降、ぼちぼちと片付けを始めていましたが、8日の土曜は雨の中、魚ローメンバーが集まり、艇庫内の散乱状況を整理しました。出たゴミは分別して各自持ち帰り、家庭ゴミとして処分しました。

皆さん、雨の中お疲れ様でした。また、県ボート協会のT橋さんが雨にもかかわらず応援に来ていただきました。有難うございました。
2018_0904_19133500

2018_0904_19134000

2018_0904_19135800

Image1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

1071m.【U塚奮戦記】オッ盾最終練習!(2018年9月1日(土))

来週の土日に行われます、オックスフォード盾レガッタ(エイト2,000m 戸田ボートコース)の最終練習を行いました。シートは、COX K合さん(本日の助っ人)、整調H田さん、7I色さん、6M田さん、5O川さん、4S原さん、3Y本(邦)さん(本日の助っ人)、2N波さん、バウU塚。

今年は整調のH田さん、4S原さんが魚ローとしては初参加ですが20歳代の現役同然。また、7I色さん、6M田さんも若手でパワフルであることが特徴です。

来週に本番を控え、レース形式の15001本をメインメニューにし、スタートからスパート、コンスタントレート30、ラスト150mスパート、という内容でレースをイメージすることを目標にすることを練習前ミーティングで共有。これまでの練習でCOXI藤さんが協調してきた、キャッチからしっかり、を再確認。また、スタート、スパートからのコンスタントへの落とし際を落としすぎないよう意識しようとクルー内で一致。

ウォーミングアップ後、さっそくスタート練習から始まり、スタートからスパート、コンスタントを何本かやると、あっという間に一番端の浜風大橋を超えてしまいます。スパートでは、130秒台/500mも出ています。やはり、シングルと違い、エイトは速いですね。艇を回転させ、はやくも1,500mのメインメニューです。正直、「もう行きますか」と思いました。COXK合さん、長い休憩を漕ぎ手にさせませんね。さすがです。

スタート、スパートからコンスタント。キャッチからの力強い漕ぎでバランスも良くいい感じです。コンスタントもぴったりレート30で安定しています。途中、やや艇速が落ちましたが、平均では何とか150/500mは維持できそうです。本番で最初と最後のスパートが決まれば、720秒を切る魚ロー最高記録も期待できそうです。

皆さん、お疲れ様でした!体調に気をつけて来週の本番に臨みましょう!本日の助っ人、K合さん、Y本(邦)さん、ありがとうございました。
by U塚
2018_0901




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

1070m.相模湖での二回目練習

サラソタでの世界マスターズ ダブルスカルエントリーの為、今日はパルテ会のO口さんと二回目の練習をしました。相模湖は早朝からの一雨もあってか前回より暑さも凌ぎやすくなっていました。湖面はとても静かです。前回と同じく団塊号のI田さんのサポートをもらいスタートしました。コースを熟知しているバウのO口さんから、ともすれば右にカーブする整調の私にいろいろなアドバイスをもらいます。スタート練習ではひどい曲がりが無くなりましたが肩の力がなかなか抜けません。その分蹴る力にまわって欲しいのですが。

2キロを往復し一休み。後半の2キロ往復はキャチからハンザウェイを早くとる事に注意しながら終了です。試合モードを入れての二部練習、合わせて8キロおよそ4時間をなんとか最後まで出来たのは、褒め上手なO口さんのタイミングの良い一声のお陰です。ありがとうございました。

休憩タイムでいただいたI田さん栽培のミニトマトは後半の私のエネルギーになりました。ご馳走さまでした。次回お二人にサラソタでお会いするのを楽しみ相模湖を後にしました。by N川
Img_2140

Img_2143

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

1069m.関西選手権打ち上げ

M村です。
関西選手権の打ち上げ、土間土間(尼崎)で行いました。
出席はY本さん、H詰さん、N波さん、N谷さん、O川さん、T田さんと私(M村)です。
今回の大会(40歳以上M1)ではT田さんが2位、N谷さんが3位となる好成績だったこともあり、ビールやハイボールがどんどんオーダーされました(飲み放題コース)。
N谷さんの年齢を感じさせない漕ぎと、T田さんの後半の伸びがすごいと皆さん感じていました。
話の中で、Y本さんとH詰さんの昔懐かしい話や漕ぎ方の話で盛り上がり、更にお二人から来年、全日本マスターズにダブルスカルでメダルを狙う宣言が飛び出し、お二人もまた年齢を感じさせません。
来年の開催地は大阪(浜寺)なので魚Rから多く参加し、ナックルや混成も含めてメダルを狙うことになりましたの皆さん頑張りましょう。
練習で頑張り過ぎて、棄権しない程度にお願いします。
Dsc_0100

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

1068m.初試合に向けての準備着々

N谷です。19日は9/9の試合に向けてルイーズさんとダブルの練習をしましたが、風が強く波が高かったため芦屋は諦めて住吉に向かいました。

メニューは30本パドル4本をいずれもレートは26~27で。その後スタートスパート練習を多めに実施、最後にレート26で500mパドルを実施しました。パドルの方はルイーズさんも徐々に自分に負荷をかける「追い込む練習」が出来つつあるように思います。スタートは最初の5本をレートを低くして31~32でやるとほぼ失敗無く出来るようになってきました。

ルイーズさんにとって初めての試合まであとわずかですが、切れ込んだりすることも少なく、後は500m漕を繰り返しできるようになれば結構やれると思います。

その一方で、この日の艇は通常オアロックはBサイドを高く設定するのですが、何故かSサイドの方が高く変更されており、愚かにも私がそれを見落としたため、終始艇がSサイドに傾いたまま漕がざるを得なくなってしまいました。リギングをよく知らない高校生が変更したと思われますが、気づかず出艇したのは私のミス。そのためずっとSサイドのブレードを水面を擦りながら漕いただため、ルイーズさんに水しぶきをかけまくってしまいました。ごめんなさい。

試合まであとわずか。残りの練習を頑張りましょう。
Dsc04754

Dsc04769

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

1067m.久し振りのシングル2000m、関西選手権

N谷です。8/12の日曜は浜寺での関西選手権の40歳以上M1Xに出漕して、2年ぶりに、しかも1日に2000mを2回漕いできました。

今回の関選は魚ローから8名がエントリー。残念ながらY本邦さん、N波さん、せむどんさんが故障と体調不良で棄権となってしまいましたが、T野さん、O川さん、M村さん、T多Dさん、N谷の5名が出漕し、関西に魚ローあり!とアピールしてきました。(試合に出たのは計11クルー)
試合は予選、決勝とあり、予選を勝ち抜くと3時間40分後に決勝と、高温・強い日差しの中、マスターズ選手にはなかなか過酷なレギュレーションでした。
私の予選は4艇中2艇上がりでY本さん、N波さんと同組でしたが、お二人が棄権のため完漕すれば決勝進出でした。コンディションは弱い逆風でタイムは期待できないので適当に流せばよかったのですが、前半せっせと漕いだため後半は結構苦しくなり、最後の500mはライトパドルみたいな漕ぎになってしまいました。タイムは8分59秒。
決勝は予選よりも少し強めの逆風で、予選の反省からタイムを捨てて前半抑えて後半ばてないように臨みました。最後150mはラストスパートも入れられたし、2000mトータルで結構コントロールした試合展開が出来たと思います。但し、前半と比べて後半のタイムの方が5秒速く、結果論ですが最初の500mをゆっくり漕ぎすぎたようです。なかなかうまくいかないものです。タイムは8分48秒。
試合そのものはG神さんがブッチギリで優勝、T多Dさんが2位、私はT多Dさんに少し及ばず3位となりました。それでも2位、3位を魚ローで取れて少しは面目を保てたのではないかと思います。
エンパッハ+SRDの自艇をお貸しいただいたY本さん、有難うございました。3位になれたのもこの艇のお陰です。酷暑の中、応援をいただいた皆さんも有難うございました。
Img_2257

Img_2199

Img_20180812_122518

Img_2286

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

1066m.Rさんの結婚披露パーティ

英国人のRさんは魚ローに入り、コーチの指導の下わずか三カ月でシングルをマスターした女子のホープです。

ご報告が遅くなってしまいましたが、7月20日の夕方からポートピアホテルのプールサイドで彼女の結婚披露パーティーがありました。
親しみやすいキュートな性格の彼女に魚ローメンバーは家族も含め 10人がお祝いに参加しました。金髪の彼女は、瞳と同じ色のブルーのカクテルドレスに身を包みいつもの笑顔で幸せいっぱいの花嫁さんです。花婿さんは日本男性、「彼女はぼくの太陽だと」とのコメント。明治の女性作家が言った言葉「元始、女性は太陽だった」を思い出しました。平塚らいてうさん、ここにも太陽のような女性がいます!
パーティーの楽しい抽選では、なんと魚ローから3名も当選しました。その際のインタビューではM村さんの小学生のお嬢さんがハキハキとお祝いを伝えられたりと、我がクラブは参加したいろいろ国の方々の印象に残ったと思います。お二人からいっぱいしあわせをもらいメンバーはほろ酔いで帰路につきました。
 by N
0183

0186

0178

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

1065m.しんどいレース2本 関西選手権

マスターズ40歳以上男子シングルスカルの部に出漕しました。TT田です。

早朝より車を走らせ620分ごろに浜寺に到着した。大急ぎで艇の準備をした。ろくなアップもせずに、予選に向かった。天気は晴れ、風はあまり感じない。

 

(予選)

レース№64 マスターズ男子シングルスカル予選 7:30 

12位決勝進出

1レーン G神さん(黄門RC

2レーン M尾さん(島根選抜)

3レーン 棄権

4レーン TT田(魚崎ローイングクラブ)

5レーン M村(魚崎ローイングクラブ)

 

Attention Go!

いつも通り、スタート失敗、ここは想定通り。3位のスタート。しかし、後ろを振り返ると、1レーンと2レーンが見えている。「これはまだチャンスがある」と思い、差があかない程度についていった。

1500mを超えたあたりで右に2レーンが見えた。チャンスと思い、ペースを上げてみた。ここからペースを上げるのはかなりきついが、ここで負けると決勝に進めない。必死に漕いだ。何とか追い越せた。

2位でゴールできた。「これで、決勝に残れる。」これが素直な感想です。

 

昼までに何とか体力を回復させた。さあ、決勝だ。

 

(決勝)

レース№88 マスターズ男子シングルスカル決勝 11:12 

1レーン H(和歌山ローイングクラブ)

2レーン N谷(魚崎ローイングクラブ)

3レーン G神さん(黄門RC

4レーン TT田(魚崎ローイングクラブ)

5レーン S木(セブンエイトRC名古屋)

6レーン CャメロンGレン(タウランガOB会)

 

作戦としては、2レーン、3レーンに先行されると後がしんどいのでとにかく先に出てそのまま逃げ切り。というプランで行こうと思いスタートにつけた。

横風があったので、艇の方向を気にしている間に、ロールコールが始まっていた。「知らない人の名前が呼ばれたぞ(2レーンが名前を間違われていた)あれ?」などと思っているうちに、「Attention」赤旗が上がる。艇の向きも合わせていなかったし、まだスタートする気分じゃなかったので、一回仕切り直ししたいなあと思い、フライングした。ごめんなさい。

「よし、自分のペースに戻そう。」

 

2度目のスタート

Attention Go

スタートがバッチリ決まった。3レーンに次ぐ2位でスタート。1000mを過ぎた時点で2位につけている。1位のG神さんにはどんどん離されていく。3N谷さんともまあまあ離れている。「今日は2位かな?」とのんきに思いながら、漕ぎ続けた。

ところが、3位が離れてくれない。離れないどころかどんどん迫ってくる。1200mあたりを過ぎてからこっちも必死になってきた、必死に漕ぐ分、体力がなくなってきた。N谷さんはすごい勢いで追いついてくる。何とか2位でゴールした。1000m地点では5秒近くあった差が、ゴールでは1秒まで追い上げられた。

ここ数年間なかった、しんどいレースであった。

 

(おまけ)

予選が730分と早朝なので、ひそかに7月ごろから5時に起きる、早起きの練習をしていた。レース当日も5時過ぎに起きて支度をし、浜寺に向かった。でも、出艇までに時間のゆとりがない。おかしいな、と思い、2年前のブログの記事を読んでみると、4時過ぎに起きていた。1時間違っていたようである。しかし、早起きの習慣をつけていたので、予選のレースでは力を出せたような気がしている。予選突破できた一つの要因と思われる。

Img_2098

Img_2113

Img_6124_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧